スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【辻説法は許可要らず!】 法のグレーゾーンで警察は金儲け?

 
←ブログランキングクリックお願い致します。
 

道路交通法 第七十七条
第七十七条  次の各号のいずれかに該当する者は、それぞれ当該各号に掲げる行為について当該行為に係る場所を管轄する警察署長(以下この節において「所轄警察署長」という。)の許可(当該行為に係る場所が同一の公安委員会の管理に属する二以上の警察署長の管轄にわたるときは、そのいずれかの所轄警察署長の許可。以下この節において同じ。)を受けなければならない。
 
 道路において工事若しくは作業をしようとする者又は当該工事若しくは作業の請負人
 
 道路に石碑、銅像、広告板、アーチその他これらに類する工作物を設けようとする者
 
 場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これらに類する店を出そうとする者
 
 前各号に掲げるもののほか、道路において祭礼行事をし、又はロケーシヨンをする等一般交通に著しい影響を及ぼすような通行の形態若しくは方法により道路を使用する行為又は道路に人が集まり一般交通に著しい影響を及ぼすような行為で、公安委員会が、その土地の道路又は交通の状況により、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るため必要と認めて定めたものをしようとする者

大阪府道路交通規則
(道路の使用の許可)
第15条 法第77条第1項第4号の規定による署長の許可を要する行為は、次の各号に掲げるもの(公職選挙法の規定に基づきすることができる選挙運動のためにするもの及び選挙運動期間中における政治活動として行うものを除く。)とする。
 
(1) 道路に、みこし、だし、だんじり、太鼓台等を出し、又はこれらを移動すること。
(2) 道路において、ロケーシヨン、撮影会、街頭録音会又はおどりをすること。
(3) 道路において、集団行進(学生生徒などの遠足、修学旅行の隊列又は通学、冠婚葬祭等による行列を除く。)、競技、仮装行列、パレードその他の催物をすること。
(4) 道路に人が集まるような方法で、演説、演芸、奏楽、映写、ロケーシヨン等をし、又は拡声器、ラジオ、テレビジヨン等の放送をすること。
(5) 道路において、消防、避難、救護等の訓練を行なうこと。
(6) 道路において、旗、のぼり、看板その他これに類する物を持ち、又は数人で楽器を鳴らし、若しくは特異な装いをして、広告若しくは宣伝をすること。
(7) 広告又は宣伝のためし、車両等に著しく人目をひくような特異な装飾その他の装いをして通行しくは人が集まるような方法で車両等に備えた拡声器を用いて通行しながら広告又は宣伝をすること。
(8) 道路において、人が集まるような方法で寄付を募集し、若しくは署名を求めること。
(9) 交通のひんぱんな道路に広告、宣伝等の印刷物その他の物をまき、又は交通のひんぱんな道路において通行する者にこれを交付すること。
(10) 道路において、ロボットの移動を伴う実証実験をすること。
(昭46公委規則12・平13公委規則13・平18公委規則4・一部改正)

私が、とある県議のブログに残した文面

辻立ち始めて約一年経過しようとしておりますが、1週間の申請で2000円x4週(5週)を申請し続けて年間96000円(実際は選挙期間中は辻立ち不可なので2011年は90000円程)払っております。大阪の難波駅前という場所もあってか他の場所より高いのです。申請は一度に付き2週まで。申請にかかる日時は7日間。ほぼ毎週のように警察署へ行かねば毎週の演説は出来ないようになっております。
 
そんな警察の道路使用許可に対してとても違和感を感じております。日本全国どの警察署でも辻立ちに関する内容が曖昧であるのが現状です。右翼団体は申請をしているが、左翼団体は申請せずに活動をしている実態を知っていただきたく思います。
 
道路交通法第77条には「一般交通に著しい影響を及ぼすような通行の形態若しくは方法により道路を使用する行為又は道路に人が集まり一般交通に著しい影響を及ぼすような行為」というなんとも判りにくい説明が書かれております。
 
上記の道交法条文を読み解くと、歩行者、車両の邪魔にならない場所での辻立ちであれば道路使用許可は要らないという認識になります。
その認識の下、辻立ち、流し街宣、車両を使用する停止街宣を行なうのが【日本共産党】です。共産党にも電話して聞きましたが、「大きな街頭演説会以外では道路使用許可を出しておりません。」との返答。所轄警察署の警備課や大阪府警にも聞きましたがはっきりとした回答は得られませんでした。もちろん共産党側にも逮捕者は出ておりません。
 
一方、右翼団体は申請を出した上で、著しく一般交通に影響がでるような形での抗議、啓蒙街宣を行なう場合もあるので、ある意味「保険」をかけているようにも思います。街宣車の音量に関しては道交法とはまた別な部分での話なので、各自治体での「迷惑防止条例」が適用する場合があると思っております。
 
そこで考えて頂きたいのですが、辻立ちや、車両を使わない街頭演説に関する道路使用許可というものはとても曖昧なものであります。警察の説明も曖昧です。『許可を出さずに政治活動する側』と『許可を出して政治活動する側』を混在させて放置させている所轄警察署や公安委員会は、本来貰わなくてもいい申請代を受け取り続けている・・・もしくは、本来徴収しなければいけない申請代を受け取っていない。
 
【正直者が馬鹿を見る】この様な事が放置され続けている事を是非知っていただきたく思います。
 
私はこの一年間申請を出し続けてきましたが、道路交通法第77条の法律で処罰される辻立ち方法では無い事日本共産党という政党が申請していない事大阪府警公安警備部、所轄警察の警備課の認識が曖昧な事を理由に、申請を出さずにこれから辻立ちを行っていくつもりです。もし逮捕される事があれば後日ご報告致します。

上記の文は県議に送った文面を一部、表現変更、省略したものです。
 
 

 
 
ここ一年間ずっと違和感を感じてきた。
 
大人数の歩道に広がり歩行者が避けて通る様な街頭演説ならまだしも、私はたった一人での演説。たまに飛び入りがくる程度・・・他の街頭演説との共存を図り、他の街頭演説が入った時には距離的に離れていたとしても、他団体の演説を優先させる事をしてきた。ティッシュ配り、献血の看板持ち、署名活動、募金活動などの人たちに「どけ!」の一言も言わずに演説場所をその時々でこちらから移動し変えてきたし、相手が道路使用許可を持っていようが持ってまいが、その場で活動している人たちは「先客」という認識で柔軟に活動してきた。歩行者の妨害をするような事もなく、苦情が来た事もあるが音量の問題。音を小さくして対応してきた。未だかつて通行妨害で苦情が来た事はない。
 
何故、辻説法1年目を期に申請を取りやめるか?それは上記の文面の通りである。私が逮捕される様な事があれば、それは不当逮捕である。警察に「苦情が来てるから終わり」と言われれば指示に従って移動するつもりである。それでも逮捕されるならば警察による言論弾圧、言論表現の自由を侵すものである。
 
そもそも・・・拡声器を使うための法律なんぞないのである。
 
問題なのは道路交通法にも大阪府の条例にも明記されていない辻説法、街頭演説を行うために、道路使用許可を取るように誘導した警察側が問題なのである。全ての行為、活動には『人が集まる様な方法で・・・』が条件としてつくのである。
 
 
皆さんの街に廃品回収業者の拡声器の音は聞こえて来ないか?灯油を売り歩くタンクローリーの拡声器の音は聞こえて来ないか?宗教団体の(特にキリスト教)街宣車が音出して走っていないか?それらは政治団体の街宣車とどう違うのか?ミナミを走り回る広告宣伝車のトラックなどは道路使用許可を出しているという。営利目的での車両、職種によっても道路使用許可を出さなくても捕まらない。その違いは何なのか?
 
 
東大阪市議選を勝ち抜いた現役の市議会議員が、週に3回、28年間駅前で辻立ちしている。
この議員と私の辻立ちはどう違うのか?(内容は違うが)私が捕まれば、この市会議員も捕まる。辻立ち以前に、スクーターの路駐は違反です(笑)ノボリを取り付けたままスクーターを走らせる事はしないと思うが、この形を28年間続けてきている。道路使用許可を出しているかは未確認であるが、政治資金収支報告書を見れば一目瞭然だろう。許可を出していれば【28年間x1週間2000円=268万8000円】の出費。無所属の議員がここまでお金を出すか?出していたら大阪府警に申請代の返還要求が可能かもしれない。
 
 
さらに民主党の衆議院議員 民主党愛媛県第一区総支部長である永江孝子議員が1000回の辻立ちをYoutubeにアップロードしている。
 
 
話を聞いているとこの辻立ちは選挙期間中。車の歩道乗り上げ、周辺の歩道通行の妨害も許される選挙期間なので何も言わないが、これは辻立ちでは無く、停止街宣である。これ以前の999回全てが選挙期間中という訳ではないだろうし、辻立ちの許可を取り続けていたのかも疑問である。これも東大阪市議同様に、政治資金収支報告書を確認すればわかる事である。
 
 
全ての事案を挙げだしたらキリが無いのでここらでやめときますが、辻立ち、街頭演説の違いも定義づけせず、左右、保守の活動に対して明らかに差がある。何が違法で、何が合法なのかは警察の胸三寸である事を糺さなければいけない。公安委員会に行って話してくるのも1つの正攻法ではあるが、私は面倒くさがり。自分の行動をもって体現いたします。共産党が捕まらずに私が捕まる事はあり得ない!私が捕まる時は共産党も東大阪市議もその他、許可無し辻立ちを行なう政治家の卵が捕まる時です。
 
 
不当逮捕となった際には、どなたか弁護士を紹介してください(笑)
あと、身元引受人も(笑)
 
 
最後に過去の大阪地裁の判例を載せておきます。

●大阪駅東口事件(判例時報922号21頁)
 事件は、1977年12月3日、「11・22在日韓国人留学生青年不当逮捕を救援する会」のメンバー17人が大阪駅前でビラ配付をしたところ、大阪駅長の構内ビラ配付許可と所轄警察署長の道路使用許可を受けていないとして警察官が妨害し、その際、警察官への暴行などで現行犯逮捕された原告が、不当逮捕として国賠を提訴したもの。
 大阪地裁判決(注4)は、
「(道交法77条1項4号は)『祭礼行事をし、又はロケーションをする等』と例示しているのであるから、その他の行事行動も、これらに類似する通行の形態や方法による道路の使用又は集合で、一般交通に著しい影響を及ぼすような行為を規制の対象としている」「これと類型を異にしているビラ配布まで規制の対象として予定してはいない」とビラ配付を原則として同条項の対象からはずしました。
 そして、同条項をもとに制定されている大阪府道路交通規則15条9号で要許可行為とされている「交通のひんぱんな道路において通行する者に印刷物その他の物を交付すること」についても、「小人数で通常の方法でなされるビラ配布は、交通のひんぱんな道路で行われる場合でも、許可を要しない」と明言しています。

上記はビラ配布ですが、辻立ちも同じです。歩道での活動で歩行者の通行を著しく妨害したり、人が集まる様な形態で行わない限り、道路使用許可というものは必要が無い。これが結論です。
ただし、集まってくるのが予想できる有名人、芸能人、一部の国会議員、一部の市会議員、知事、市長は許可が必要でしょう。許可なしで行う場合、人が集まってきたら終了するだけです。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/447-6eb57325

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。