スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党閣僚の問題発言・・・「逃げなかったバカな奴がいる」

 

「逃げなかったバカなやついる」 東日本大震災の津波避難で平野担当相 

2011.10.18 18:37 野田内閣

 
 平野達男復興対策担当相
 平野達男震災復興担当相は18日、東日本大震災の津波被害に関し「私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカなやつがいる。彼は亡くなったが、しょうがない」と述べた。福島県二本松市で行われた参院民主党の研修会のあいさつで語った。犠牲者やその遺族への配慮を欠いた発言で、進退問題に発展する可能性も出てきた。
 平野氏は、大震災時に堤防の門扉を閉めに行った消防団員や、安全とされた避難所などに逃げた人が津波にさらわれ犠牲になった例を紹介した上で、同級生の話を披露。研修会後、記者団に「不快な思いをされた方には心からおわびする」と謝罪した。
 平野氏は参院岩手選挙区選出で当選2回。7月に被災地への“暴言”で辞任した松本龍氏の後任として震災復興担当相に就任、9月に発足した野田佳彦内閣で再任された。野田内閣では9月に鉢呂吉雄経済産業相(当時)が東電福島第1原発事故の周辺地域を「死の町」などと発言し、就任9日目で辞任している。
 平野氏の発言に対し、自民党の大島理森副総裁は記者団に「首相の任命責任と閣僚として適格か追及しなければならない」と語り、小野寺五典衆院議員(宮城6区)も「私の同級生も何人も亡くなったが、『バカ』という言葉は使えない。遺族を傷つける軽率な発言だ」と批判した。民主党の斎藤恭紀衆院議員(宮城2区)は「平野氏は一生懸命やってきたと思うが、台無しだ」と語った。


2011.3.14 AM10:00 仙台空港付近(海から3キロ~4キロ地点)


 
 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
私はこんな記事を見る度に東北出身者である事を「恥」に思う。
 
地元宮城県を想う気持ちは変わらないが
 
その宮城県から選ばれた国会議員は民主党が大多数である。
 
衆議院だけではなく参議院も地方議員も・・・
 
 
 
岩手県選出の平野達男復興担当大臣(以下復興大臣)の発言
 
 
「私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカなやつがいる。彼は亡くなったが、しょうがない」
 
 
これは国会議員として、復興大臣として、立場をわきまえない不適切な発言であると言える。
 
 
これが一般の東北人の発言であるならば
 
 
誰も気にも留めない会話の一部である。
 
 
せめて平野達男復興大臣が大泣きしながら同じ言葉を発したら
 
 
何の問題にもならなかっただろう。
 
 
田舎では大阪で使う「アホ」と同様に使い方がまちまちであり
 
 
「バカ」と「バーカ」は違うのである。
 
 
相手を心配して「あのバカ!」と言う時もあれば、
 
 
怒りを込めて「あのバカ!」と言う時もある。
 
 
少なからず国会議員としての自覚があるのであれば
 
 
方言、ニュアンス、イントネーションに気をつけ
 
 
話さなければいけない。
 
 
関西から選出された国会議員が「アホ」だの「どアホ」だの
 
 
使っているような事は聞かない。気をつけているのであろう。
 
 
 
平野達男復興大臣が問題発言した場所は
 
 
同じ東北(福島県二本松市)であり、
 
 
同じ民主党の身内の中である事が
 
 
言葉の使い方を甘くさせた。
 
 
その場にいた人が「同郷」だけならまだしも
 
 
記者団がいるその場での発言である。
 
 
悲しみのこもったものでもなく、
 
 
泣き崩れるようなものでもない、
 
 
「逃げなかったバカな奴がいる」との挨拶の一文。
 
 
完全に自身の立場を忘れ、遺族に対して配慮も無く、
 
 
亡くなった同級生のご冥福をお祈りするような気持ちで
 
 
語ったわけではない事が感じられる。
 
 
 
「岩手県から選出されたバカな奴が小沢一郎であり、平野達男である」
 
 
「宮城県から選出されたバカな奴が岡崎トミ子であり、安住淳である」
 
 
 
 
生死の分かれ目である72時間を
 
民主党政権は放置していた。
 
新聞見てもTVつけても福島原発の事ばかり
 
たまに映し出される大きな避難所の光景と被災地の航空映像。
 
永遠と続く安否確認の名前と住所の羅列
 
そして繰り返される『ACのコマーシャル』
 
食料、飲料、燃料の情報が全く無く
 
政府が被災地に対し何らかの対策を施したという報道は無し
 
地方自治体は「生活協同組合」通称『生協』からの物資しか
 
避難所に提供しない。
 
いつ届くか解らない援助物資を
 
ひたすら待ち続ける地方自治体。
 
沿岸部では生きるための略奪と
 
私利私欲のための略奪、強姦が横行する。
 
治安の回復に努めたい警察の人員も足りず
 
心ある有志が集い、自警団を結成する。
 
ライフラインの復旧が進まないエリアが多数あり
 
無政府状態の中で、自衛隊と民間が力を合わせて
 
過ごしたあの時期。
 
 
 
 
ここからは宮城県仙台市の話になるが
 
 
私が3.17に仙台市役所に出した要望の1つ・・・
 
 
『全国チェーンのコンビニ、スーパーの食料品を、市の予算で買い取り、各避難所へ輸送してほしい』
 
 
そんな要望も秘書課が握りつぶしむなしく終わる。
 
東日本大震災の真っ只中であるのに
 
全てが縦割り行政で
 
全てが法に則って粛々と・・・
 
震災直後に市議会議員を全て招集し
 
市の権限を最大限に使うべきであったにも関わらず
 
市議会には議長と受付の二人だけ。
 
誰一人市議会議員は集まらない。
 
予算の使い道の承諾さえも取れず。
 
せめて仙台市長が緊急指令なるものを
 
各区役所に発令してれば
 
食料、飲料は
 
各コンビニや各スーパーから調達する事もできたであろう。
 
 
一人当たり、【クリームパン1/3、キャラメル1個】
 
で、一日を過ごしたエリアがあるというのに
 
場所によってはコンビニに行列ができており
 
カネのある奴が買い物をしてお腹を満たす矛盾が生じる。
 
 
 
 
 
 
そんな72時間どころか
 
震災からの7日間を
 
上記の様に被災地の住民は過ごしていながら
 
民主党の議員共はなんの手も打たずに
 
放置していた。
 
7日目以降は自衛隊等からの支援が増え
 
民間企業の努力もあり
 
食料、飲料は次第に入ってくるようにはなったが
 
それでも一部の地域だけである。
 
「買占めは止めましょう」だの
 
「ボランティアはまだ必要なし」だの
 
「まずは義捐金を・・・」だの
 
そんな政府の対応を知らないのか?東北人は?
 
議員が車でもヘリででも被災地へ乗り込み
 
何が必要かを現地で情報収集した人間がいるのか?
 
 
物資の輸送路や調達場所も
 
東北が駄目なら関東、
 
関東が駄目なら北陸、
 
北陸が駄目なら東海、
 
東海が駄目なら関西
 
物資の輸送、燃料の輸送を
 
全国の運送業者の力を借り、
 
ピストン輸送する事が何故できなかったのだ?
 
【辻本清美】なる極左の人間がボランティア担当大臣になり
 
その極左が関与する
 
ピースボートの連中に
 
物資を横流しし、輸送を滞らせた事が
 
どれだけ罪であるか。
 
何でもかんでも自衛隊に運ばせる事しかしなかった民主党は
 
本来の輸送システムを甘く見すぎた。
 
自衛隊のトラックは物資輸送には向かない作りである。
 
民間業者を使うべきであった。
 
阪神淡路の時も同じだっただろう。
 
机上では知りえない事を
 
国民は提案、要望として提供しているのである。
 
私だけではない。
 
全国に多数の提案、要望が届いているはずである。
 
それらに聞く耳を持たない議員と公務員が
 
日本国民の生命、財産を守るなんて
 
よく言えたもんだ。
 
 
そしてこの国には
 
 
「責任をとらなかったバカな奴らがいた」
 
 
と、笑われて終いである。
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/425-76ca6542

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。