スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第53回 論叫警鐘辻説法


 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
本日は雨予報…大阪マラソンの為難波以外での辻説法。
 
先週、東大阪の布施にて初の辻説法を行った。人通りは少ないがしばらくの間、地元にて定期的に行うことにすると決めた訳で。。。午前中は布施駅前にて1時間ほど訴えてきました。
 
お題・・・TPP 売国
 
朝からTPPの議論をさせる番組を見ていたが、何故かTPP反対派ではなく、TPP慎重派という形にされている。『議論の席に着かないことが国益に反する」というTPP賛成派には、「期待をさせといてお預けを喰らわす」事が日本の信頼感を損ね、後の国益をも損ねる事に気付いてないようである。それを知った上で議論の席に着くべきというのであれば、TPP賛成派は売国奴である。
 
1時間ほどの辻説法を終え、次なる○○市へ高速で移動。30分程で到着。車で場所を吟味し、数箇所場所を確認した末に決めた場所・・・
 

 
大阪府豊中市の【阪急曽根駅前】にて辻説法開始。何故ここを選んだかは下記の記事をご覧ください。
 
 
岡崎トミ子に引き続き、韓国ソウルの在韓日本大使館前で、韓国の反日団体と共に反日デモを行った『社民党 服部良一』事務所を構えるのが豊中市中桜塚。そこから程近い駅での辻説法を行うことにしたわけである。
 
お題…社民党 服部良一の売国行動
 
民主党の岡崎トミ子が今もなお国会議員の職に就き、国会答弁では言い訳に終始し、自ら国家公安担当大臣の役職を辞する事もせず、今に至る。それと同様に、社民党 服部良一が日本の血税で韓国に外遊し、日本の血税で反日デモに参加したとなれば、国会議員の資格どころか、日本人としての資格すら無い。血税で反日デモを行った事実を、地元である豊中市に広めなければいけない。抗議文、質問状も視野に入れ、これから毎週、豊中通いをする。
 
すぐに議員辞職してくれればなんら問題は無いが、そんな気はさらさら無いだろう。いつの日か訪れる解散総選挙の時に、有権者がしっかり判断してくれるように啓蒙説法を続けていこうと思います。
ただひとつ問題がある。比例代表で選ばれた議員である事。服部を糾弾しても、社民党を糾弾しても選ばれる可能性がある事が難点である。その時は再び服部個人の行った反日デモに対する罪、他を糾弾し続けるだけである。
 
そんな阪急曽根駅前での辻説法で、ひとりのお爺さんが激励してくださった。差し入れの品までもいつの間にか置いていって下さってた。お礼をいう間もなくお帰りになったお爺さんへ、この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございます!
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/416-7d15608f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。