スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人2歳女児死亡・・・見殺し殺人となった。

 

【環球異見】
中国女児“見殺し”事件

2011.10.31 07:56 (1/4ページ)中国

 
サンデー・タイムズ(英国)
 中国広東省仏山市で車にひき逃げされ、通りかかった18人にも救助されず放置された2歳の女児が死亡、現場の防犯カメラ映像がインターネット上に出回り、中国内外に「驚き」「怒り」が広がっている。中国紙は「道徳の危機」を訴え、欧州メディアは世界第2位の経済大国・中国の暗部を強調。意外にも台湾メディアは抑制気味に報じた。

 ▼サンデー・タイムズ(英国)

中国では誰もが孤島だ
 23日付の英日曜紙サンデー・タイムズは中国・仏山で起きた事件について、「ひき殺した方が安くついたと運転手は語った」というマイケル・シェリダン極東特派員の詳細なリポートを掲載した。
 記事は、運転手が女児をはねた後、後輪で再びひいたことについて、「もし女児が即死していたなら2万元(1元=約12円)を支払えば済んだ。ケガだけなら(医療費で)何十万元を払わされるかもしれない」とテレビのインタビューで証言したことを取り上げる。
 四川省では、5歳の少年をはねて軽傷を負わせたトラック運転手が口封じのため改めてひき殺す事件が起きた。35歳の運転手は「いくら払えばいいんだ」と言ってのけたという。
 中国では路上の負傷者を助けた人が罪をなすりつけられる例が少なくない。女児ひき逃げ事件では18人が見て見ぬふりをして通り過ぎ、助けたのは「何も失う物はない」という廃品回収業の女性だった。その女性も騒ぎで大家から部屋を追い出され、いったん帰郷せざるを得なかった。
 
 
 
 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
世界に衝撃が走ったこのひき逃げが、死亡ひき逃げ事件となり、18人もの通行人の見殺し事件となった。
 
まだ2歳の中国人女児のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 
 
 
どんな独裁国家であれ、反日国家であれ、子どもには何の罪も無いのは当然のはずだが、ネットで書き下ろしている日本人の中には、2歳の少女に対する暴言なるものも見られる。日本人だって同様の事を起こすかもしれない。見殺しが横行するかもしれない。対岸の火事ではないのだ。憎むべきは国家体制であり、憎むべきは国家による教育である。その国家体制、教育により『生命<お金』の意識が高くなった支那人どもである。
 
 
この様な支那が世界のスタンダードになれるわけも無く、逆に現在の日本が支那スタンダードに近づいていっている事に危機感を持たねばいけない。政治家は支那に擦り寄り、日本企業は支那に工場を作る。それがカネ儲けの国益の為だけならば、日本は同罪である。日本企業で働く支那人に日本人の道徳というものを教育する事から始めて貰いたいし、政治家は支那共産党の顔色ばかりではなく、少数民族、支那人の弱者へ目を向け、支那共産党との付き合い方を考えていかねば、いつまで経っても拝金主義の日本国という影がついて回るだけである。
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/415-81be86a1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。