スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党の民主党閣僚潰し

 

標的は…自民、問題閣僚追及で調査チーム

読売新聞 11月7日(月)23時6分配信
 自民党は、野田内閣の閣僚の「資質」を検証する調査チームを党内に設置した。

 同党議員が質問に立つ予定の8日の衆院予算委員会や、その後の国会審議に調査結果を反映させる方針だ。

 調査チームは石原幹事長の下に置き、主に新任閣僚の過去の言動を検証している。マルチ商法(連鎖販売取引)業者からの献金が発覚した山岡消費者相をはじめ、詐欺罪で有罪判決を受けた人物を秘書官に起用していた平岡法相、「安全保障に関しては素人」と発言した一川防衛相らを対象に調査を進めている。

 特に山岡氏に対し、自民党は今国会で参院に問責決議案を提出する方針を固めており、追及姿勢を強めることで、決議案提出に他の野党の理解を得たい考えだ。
最終更新:11月7日(月)23時6分


 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
これまでの民主党議員の問題を自民党は攻めきれておらず、東日本大震災という大災害と福島原発を盾にする民主党に、お手上げしている様にも感じている。
 
小沢一郎の西松献金問題は裁判係争中であり・・・
 
前原と菅の外国人献金問題は「知らない」「やましくない」「関わってない」などの言い訳で逃げている・・・
 
菅と鳩山と多数の民主党議員による拉致実行犯親族側への献金問題も言い訳にならぬ言い訳に終始する・・・
 
ご皇室に対する不敬な言動を行った4人(岡田克也、小沢一郎、中井洽、平井誠)も処分せず・・・
 
菅と仙谷による尖閣諸島漁船衝突事件も握り潰され・・・
 
問責決議案可決の馬淵と仙谷は自ら辞任せず内閣改造で誤魔化し・・・
 
野田総理の暴力団フロント企業からの献金疑惑も闇の中・・・
 
・・・挙げだしたらキリが無い!
 
自民党始めとする野党の力の無さが3年目の民主党政権を許してしまっている。そして現在行っているのが、現閣僚の様々な問題を攻めている。
 
山岡国家公安担当大臣の「マルチ商法献金」
 
一川防衛大臣の「安全保障に関しては素人」発言
 
平岡秀夫法務大臣の秘書官が有罪詐欺師(秘書官辞任)
 
 
全てに野田の任命責任があるにも関わらず、これまた野党は攻めきれない。各々の問題に対して証人喚問やら政倫審を行うような話もあるが、現時点で閣僚が言い訳を繰り返し、反省もせず、誤魔化し続けているようでは、時間の無駄である。
 
自民党は何をしたいのか?前原、菅、野田、仙谷に対する証人喚問を行う気は無いのか?消費税10%を実現させるまでは民主党を操りたいのか?TPPにしても原発にしても、民主も自民も賛成派の中には党幹部、総理経験者が目立つ。TPPの次は日韓EPAと日中韓FTAの参加を目指す野田に自民党は強く反対もせず、まるで大阪の反維新の様に協調姿勢を見せているかのようである。
 
 
国民の声はどちらにも届かない。国民に支持されている自民党の議員の意見は党内では影響力が無いようである。古参議員、派閥の長が力を奮っているようでは、次期政権交代時には何の期待もできやしない。
 
 
国会議員の定年制、選挙改革、政治資金規正法の厳格化、既成政党の解党、そして政界再編を求めたい。
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/409-4f45448a

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。