スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児死亡し母重体、別居10歳姉が発見 大阪、育児相談の過去

 【育児放棄】・・・死亡
場所:大阪府大阪市西成区北津守
加害者:母 (30) 睡眠薬飲み意識不明(育児疲れによる自殺未遂?)
被害者:女児(生後10ヶ月)
被害状況:不明
育児放棄時期:2011年6月29日~PM7時30分発見
逮捕日:


乳児死亡し母重体、別居10歳姉が発見 大阪、育児相談の過去

2011.6.30 14:24
 29日午後7時半ごろ、大阪市西成区北津守のマンション4階の一室で、この部屋に住む生後10カ月の女児が倒れているのを、近くに住む姉(10)が発見。連絡を受けた祖母(50)が119番した。室内には母親(30)も倒れており、病院に搬送されたが意識不明の重体。女児は既に死亡していた。西成署が死因などを調べている。
 西成署などによると、母親と女児の2人暮らし。いずれも台所でうつぶせの状態で倒れており、目立った外傷はなかった。姉が訪れた際、玄関は施錠され、窓の鍵もかかっていた。別の部屋からは、睡眠導入剤などが見つかった。
 昨年10月と今年6月、「子供の泣き声がする」と通報があり、同署員が訪れたところ、母親が育児による疲れを訴えるなどしたため、大阪市こども相談センター(児相)に通告。同センターは、女児にあざがないことなどから、身体的虐待はないと判断し、保護はしなかった。
 姉は近くに住む祖父母と同居。母親と連絡がつかないため、祖母が姉に様子を見に行かせた。


スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/390-c0e89a5a

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。