スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPの裏に隠れているもの

 
15分の動画ですが判りやすい。
 
 
 
さらに15分の動画ですが判りやすい。
 
 
 
¥¤¥᡼¥¸ 1←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
 
TPPとは何の意味なのか?最近では「環太平洋パートナーシップ協定」もしくは、「環太平洋戦略的経済連携協定」というのが一般的に使われている。
T・P・Pのそれぞれの意味を考えた時に、Tが何なのか判らない。日本語訳を英語に直すとPPPである。【Pan Pacific Partnership】 騙されているのは間違いない。マスコミが誤魔化しているのでしょう。
 
 
どちらにしても米国が主導権を握り、覇権国家「支那」に対する脅威を見せ付けるためのTPPである事は確かである。金が無いから日本に圧力を加え、YESとしか言わない日本の金を吸い上げるものであると感じる。
実際に・・・何が危険で何が行われるか?のルール作りはまだ先である。日本がそのルール作りに参加する事も出来ない。そんな中で賛否を問うなんて馬鹿馬鹿しい。ルールの判らないものに参加する事自体、自殺行為である。あちこちのブロガーさんのコメントにも書いたが、日本は借金まみれの米国が用意した「福袋」を時価で買わされるのである
 
 
 
それを解かった上で「グローバル化」という呪文に惑わされ、参加表明した野田は売国奴の何者でもない。「時価」がどんなものか知らされた時に、国内企業、雇用、保険、金融、農業、漁業・・・が軒並み崩れ去る。
 
世界で日本の商品が売れると思いきや、各国で輸入制限されたときに日本はどうするのか?チリやニュージーランド、ブルネイやシンガポールなどの国に、日本車が飛ぶように売れるとでも思っているのだろうか?売れたとしても工場は海外である。さらに関税撤廃しても物価の高い日本の車は高級車なのである。あくまでも日本の最大輸出国は米国である。米国が輸出を2倍にするとか言っているが、輸入は2倍にすると言ってない。米国国内の雇用と経済の回復を第一にと考えているオバマの頭の中は来年の選挙に向けた米国国民向けのアピールである。
 
 
日本が行うべきことは何を守り、何を自由化すべきかを議論し、TPP加盟国との協議に向けて日本の立場を明確にする事である。
 
 
それと同時に、中東から段階的に引き上げさせている兵隊の次なる駐留地は豪国である。テロとの戦いを「きっかり10年」でケリをつけた筋書きを、今度は支那の覇権主義に対して向けようとしている。支那との全面戦争を避けるためにTPPを利用した多国間の防衛協定も結ばれるはずである。つい最近、オバマは豪国に、ヒラリーは比国に出向き、ここ数年先の駐留予定の国々をまとめあげようと画策している。
 
 
そんな中での日本の普天間移設問題。米国は辺野古への基地を求める。普天間移設を進めようとも中々進まない。最悪のシナリオ「普天間基地現状維持」を避けようとする民主党政権は、沖縄の仲井間知事の反対を「特措法」にて跳ね除ける・・・そんな所でしょう。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/385-7d8e394c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。