スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成の「三島由紀夫烈士」現れる!・・・石川護国神社での自決「杉田智烈士」

平成の「三島由紀夫烈士」現れる!・・・石川護国神社での自決「杉田智烈士」(22歳)金沢大学4年生
 
 
「憂国の杉田智烈士」は、三島由紀夫氏を尊敬する純粋な愛国者
 
杉田智烈士の自決は「平成の三島由紀夫烈士」に値する!
 
 
憂国の士・・『杉田智(さとし)烈士』のご冥福をこころから祈ります
 
 
12月8日 「石川護国神社の清水澄博士の碑」の前で
 
「割腹自決」した大学4年(22歳)の青年の名は、
 
金沢大学4年生の学生
 
「杉田智(さとし)」
 
金沢大学4年生の学生
 
平成元年4月5日生まれ
 
北海道出身。金沢大学人間社会学域にて学ぶ
 
ゼミにおいては、
 
「日本の安全保障」について研修
 
12月8日九時四十五分ころ発見・収容される。
 
場所は金沢市石引きの石川護国神社の境内。
 
「清水澄先生碑の前」
 
服装は黒いスーツに白いワイシャツ。
 
腹部を切り、自らが首を切られたもよう。
 
隣にはバッグ。その中に身分証明書をいれ
 
その上に、雨にぬれないようにして日章旗が置かれていたと聞く。
 
清水澄博士 は大日本帝国憲法に殉死された愛国者。
 
明治元年金沢市に生まれ、東京帝國大学法科を卒業後、 学習院大学教授となり、明治三十八年法学博士。枢密院議長の要職をになわれ,帝国憲法の否定に抗議され入水自殺された方。この石川護国神社には大東亜戦争聖戦大碑が国思う有志にて設立されている。
 
作法といい、場所、日にちといい、現下日本に対して憂国の思いにて自決された事は疑いようもない。
 
昨日までに、清水先生の碑の移転問題がありそれに対する抗議かと推測される方もいたが、遺書はあると言うものの発表されていないために主張内容は不明のままであります。
 
警察は単なる自殺として処置しようとしているとしか思えない。
 
こうした青年の魂からの叫びを世に問わないで葬ることがどうして出来ようか。
 
マスコミは隠すことでしょうから
 
「行為の事実が闇から闇へと消えさせられる」のは、
 
自決せる杉田智氏の本意ではいはず・・・
 
この世に何らかのメッセージを残したいはずだと思います。
 
 
 
 杉田智(さとし)大命鎮まりませと祈り奉る
 
 心より哀悼の意を表し、御霊の靖からん事をいのります。
 
清水 澄博士
 
慶応4年石川県金沢市出身。東京帝国大学法科卒。学習院大学教授、明治38年法学博士号取得。
宮内庁及び東宮御学問所御用掛となり大正天皇・昭和天皇に憲法学を進講。
行政裁判所長官・枢密院顧問官を経て、昭和21年に最後の枢密院議長に任ぜられる。
日本国憲法の成立に日本の国体の危機を憂えたが、 自らの想いとは別に公人としての最後の責任を
全うするため、最後の枢密院議長として新憲法の審議に尽力。
同年9月25日、熱海の錦ヶ浦に身を投じて自決。翌朝、左手に数珠を持ったお姿で発見された。
 
自決の辞
新日本憲法の発布に先だち私儀憲法案を公表したる団体及個人ありたり 其中には共和制を採用する
ことを希望するものあり 或は戦争責任者として今上陛下の退位を主唱する人あり 我國の将来を考
へ憂慮の至りに堪へず 併し小生微力にして之が対策なし 依て自決し幽界より我國体を護持し今上
陛下の御在位を祈願せんと欲す 之小生の自決する所以なり 而して自決の方法として水死を択びた
るは楚の名臣屈原に倣ひたるなり

元枢密院議長  八十翁 清水澄  法學博士  昭和二十二年五月 新憲法実施の日認む


追言
小生昭和九年以後進講(宮内省御用係として十数年一週に二回又は一回)したること 従て龍顔を拝し
たること夥敷を以て陛下の平和愛好の御性質を熟知せり 従て戦争を御賛成なかりしここと明なり
 
 
青山霊園
東京都港区
文学博士清水 澄墓
 
石川護國神社
石川県金沢市
清水 澄博士顕彰之碑
碑文
憲法学者 清水 澄博士(金沢市東山三丁目ご出身、学習院教授、行政裁判所長官、枢密院顧問官、
同副議長、同議長)は、大日本帝國憲法が廃止され、占領軍司令部が強制した日本国憲法制定の日、
即ち昭和22年5月3日、日本国と天皇制の将来を憂慮され、幽界よりわが国体の護持と皇室のご安
泰、今上陛下の御在位を祈願しようと自決を決意され、憂国の至誠極まる所、泪羅の淵に身を投じた
楚の国の中心屈原の故事に倣い、9月25日、こよなくその風光を愛されていた熱海の錦ヶ浦の波涛
に愛国赤心の躯幹を投じられたのであります
 
 
 
 
 
 
Yahoo!アバター

↓            ↓  
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ(文字をクリック)
 


転載元: 世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で、命がけ!」

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/362-cda62c54

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。