スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金正恩を崇めるポジティブキャンペーン

 
発表から1週間  進む遺訓統治 正恩氏の仁徳強調 
2011.12.26 19:44 北朝鮮

 
金正恩氏(共同)
 北朝鮮の金正日総書記の死去が発表されて26日でまる1週間となった。この間、後継者で新指導者の金正恩氏は「最高領導者」と呼ばれるまでになり、北朝鮮当局は国営メディアを通じ、正恩氏による党や軍などの三大権力掌握を間接的にアピールしている。一方で、正恩氏の国民に対する“情け深さ”も強調しており、国内向けの新たな宣伝工作を展開している。
 金正恩氏を「もう一人の金正日同志」(労働新聞)とする北朝鮮では、金総書記の遺訓を守り国家を運営する「遺訓統治」が進められている。そんな中、北朝鮮メディアは、金総書記の弔問場や追悼場を訪れる国民のために、正恩氏が防寒対策を指示したと報じた。
 ラヂオプレス(RP)によると、朝鮮中央通信は25日、「弔問場に3万余りの温かい飲み物や花の屋台、1万余りの医療哨所が設置された」と伝え、正恩氏を「愛の化身」と表現。朝鮮中央放送などは、この指示を「金正恩同志の熱い恩情」とし、正恩氏を「もう一人の慈愛深い父」「人民の実父」と形容している。
 情け深さや奥ゆかしさといった「徳」を強調した宣伝は、金総書記に対し日常的に行われてきた。北朝鮮の憲法には「人民の中にあって人民のために一生涯をささげる」という意味の故金日成主席の「仁徳政治」という言葉がある。正恩氏の“恩情”には、仁徳政治を金日成主席から金総書記を経て引き継いだもの-と国民に解釈させる狙いがうかがえ、徳を強調する報道は、政権の正式発足に向けて繰り返されそうだ。
 一方、労働新聞は25日、金総書記が生前、自分の銅像の建立に反対していたと報じた。金総書記は「領袖(金日成主席)の霊前で立てた誓いを実現するための重大課題が残っている」とし、建立を求める幹部らの考えを一蹴したといい、同紙は“奥ゆかしい”逸話として伝えている。


 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
 
 
朝鮮中央通信曰く、金正恩は・・・
 
 
「愛の化身」
 
「もう一人の慈愛深い父」
 
「人民の実父」
 
 
・・・だとさ。
 
 
支那への脱北者が戻るという事態になっている。それは金正恩の熱い温情でもなんでもなく、指導者が代わると同時に脱北者が罰せられるかもしれないという噂が飛び交っただけである。
 
【丹東(中国遼寧省)工藤哲、ソウル西脇真一】「早く(北)朝鮮に戻らないと、罰せられるらしいぞ」。総書記死去の知らせが流れた19日夕、丹東在住の北朝鮮住民に緊張感が漂った。この日、丹東在住の北朝鮮住民の1000人近くが一斉に帰国したという。
 

 
 
日本に住む在日朝鮮人の皆さんは慈愛深い「愛の化身」の元へ帰らないのだろうか?
 
 
 
戦後の帰国事業で「地上の楽園」とされたあの大地へ帰ってみてはどうだろうか?日本にいれば差別されるでしょう?日本の政治の流れとして、在日朝鮮人に対する対処も厳しくなっているはず。家庭を持ち子どもが出来ても日本の公立学校を選ばない朝鮮人は朝鮮初級~中級~高級学校を選ぶだろう。しかし大阪では朝鮮学校の補助金には条件が付けられている。東京都では補助金を認めていない。
 
そんな住みにくい日本より、北へ帰国すれば全て丸く収まるでしょうに。日本語を話す在日朝鮮人が祖国でどのような役割を果たすか?
 
再び日本人を拉致するのか
ハイジャックするのか
スパイ養成するのか
 
日本の公安当局の目をかいくぐる事無く、必要とされる人材となるはずだが。。。北へ帰国する事もなく、北へ帰国したいと名乗り出る人もいない。
 
 
金正恩の作られた虚像で北朝鮮人民さえも騙せていない朝鮮労働党、朝鮮中央日報。恐怖政治を行ってきた結果が先日の金正日死去に伴う人民の自作自演の泣き姿。全世界に大根役者振りを露呈した。それでも金正恩の虚像を作り上げなければ北朝鮮という国を維持できないのか?過去に「デノミ」を行って朝鮮人民の反感をかったのも金正恩の政策だった。やること成すこと裏目に出るから恐怖政治は永遠と続く。強制労働も続く。強制収容所でも人権無視の方針で精神的肉体的苦痛を与え続ける。何も変わらない、変わる訳ない。
 
 
韓国も同様に、嘘で過去も現在も未来も塗り固め、その嘘を剥がそうとする者を排除し、日本の国益を蝕み、国籍も取らず日本に巣食う。それを擁護する人権弁護士、左翼政治家、左翼過激派団体。今の日本には差別や人権を叫ぶ輩が政治家とつながり、役所とつながる。それが日本のガンであると分っていながら何の対応も出来ない日本政府。
 
過去の記事にも書いているが、在日韓国朝鮮人全てが悪いわけじゃない。悪い奴はとことん悪く、いい奴はとことん良い。私の周りに居た在日と呼ばれる奴らは皆、日本に帰化して日本の教育を受けて、立派な生き方をしている。本当はそういう連中が悪い事をしている同胞を糾すべきなのである。糾す事が出来ないその理由・・・
 
 
「朝鮮民族」
 
 
だからなのである。民族性が問題なのだ。
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/360-fc92a52d

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。