スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪12団体の教職員組合「教育基本条例反対デモ」 ・・・有志達のカウンター攻撃

 

 

 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
後の情報によると、1000人規模の教職員どもが集まって、「反橋下」「反教育基本条例」を訴えて歩いていたようだ。大きく分けたら【日教組】【全教】がおり、細かく分けたら数十団体が「のぼり」「旗」「横断幕」を持って歩いていた。
 
日の丸行進参加者組が20人程が待ち受け、抗議の声を上げる。私は少し離れた所でハンドマイクにて抗議・・・のつもりがお馴染みの警備3人により静止。なぜか地声でも禁止。これが『言論の自由』に不当圧力を加える南警察の職権乱用である。私の身体を掴み拘束する暴行まがいの行為も行う。訴える事も可能ですよ・・・と書いてみる。貸し1つ増えたから覚えておいてくださいよY警部補。
 
警備との口約束もそこそこに構わず地声による「質問」をし続けた。
 
「先生!先生!何やってるん!?」
「橋下市長に脅迫文送りつけたの誰ですか?」
「自分の権利ばかり主張するのは何故ですか?」
「組合活動という名の政治活動を何故やるの?」
「ねえ、先生?現役??(意味深)」
 
ジジイ、ババアが大半で、元教師が混ざっていると思われる。他にも9条の会やら共産党やら、大阪府外の教職員組合の代表までものぼりを持って歩いていた。(東京、愛知、他・・・)
 
街行く人たちは「デモ隊」の正体が解からない。学校の教職員である事も解からない人が多い。教師が休日にデモしている理由も、公務員でありながら政治活動をしている違法性など余計に知らない人ばかりである。いつもの辻説法で訴えてばかりでは何も伝わらない。対象となるアカい連中が歩いているそれらに対して抗議をし、質問をし続ける。もちろんヘイトスピーチはしないが、こういう行動も必要であるとつくづく思う。
 
デモ隊が過ぎ去ったすぐ後に、ギャラリー相手に簡単な説明、教職員組合の思想教育を演説。それもすぐに警備の不当圧力により終わりとなる。
 
普段の辻説法には警備は理解を示し、場所を変えアカのデモ近くで行う辻説法は強制終了。それが国家権力の横暴と言わずして何というのか?何の違法性も暴力沙汰も起きる気配の無い形で行っているのに。ま、貸しは貸しですので、次回構わず行います。
 
日の丸行進参加者組の皆様、お疲れ様でした。
 
 
帰り際、ゴール地点の公園からそそくさと撤収するアカい教師たちを発見。
 

 

 

 

 
日の丸行進参加組2人程、ここまで抗議しに来てた。ひとりはニコ生放送中、もうひとりは大○郎さん。お疲れ様でした!
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/315-e499206a

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。