スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第69回 論叫警鐘辻説法 (平成24年4月8日)

 

 

 
 
\¤\᡼\¸ 3←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
本日は晴天なり。いつものように予定時間がずれ込み、AM11:50分位に始まる。街行く人は多いのだが、待ち合わせの人々が少なく感じた。
 
 
お題・・・フリートーク(民主党→支那→大東亜戦争→教育)
             (原発→エネルギー→大東亜戦争→教育)
 
 
内容は置いといて、1人のおじいさんが戦争の話の時に近づいてきた。しばし、演説を聴いた後に話しかけてきてくれた。おじいさんが言う・・・
 
「あなたの様な戦争を知らない若者が、あの戦争を語ってくれている・・・嬉しいよ。頑張ってな。ひとりか?そうか・・・」
 
思わず「こちらこそ声をかけてくれて感謝致します。」とおじいさんを見たら涙を流していた。
 
政府は目先の国益を追い求め大事なものを失っている。大事なものとは今の日本を守り抜いてくれた英霊、戦没者の方々。戦後必死に働いて現在の豊かな日本を作り上げてくれたおじいさん、おとうさん世代。にも関わらず、教育は自虐史観が続き、総理大臣は反日国家に対して談話を発表し、日本の侵略戦争肯定論を繰り返す。年金受給者からカネをむしりとるかのような消費増税10%案。そんな戦後が歴史的にも経済的にも日本を作り上げてくれた方々を悲しませ苦しめているのではないか?
 
あと20年~25年経てば全世界で大東亜戦争を知る世代が天へ召される。戦争を知らない世代が、残されたVTR、資料などを見ながら戦争を語る事になる。そこで本当の歴史と言うものが証明されるのだろうか?今だからこそおじいさんの様な方が戦争体験を継承していく必要があるのではと思う。何か手助けになることがあれば・・・
 
 
そんな演説中にまたもや110番通報。
 
オマワリ3人が現れ、警備2人もついてきた。面倒なのでこちらから移動をする事に。10m離れた公衆電話前に移動するも警備が許してくれない。仕方なくいつもの御堂筋側に移って演説始めた瞬間に、元々の場所に【公明党】の街宣車が横付け。中から大勢の党員が出てくる。明らかに南署管内で禁止されている停止街宣の用意をしている。
 
すかさずハンドマイクで公明党に一喝!その後カメラ片手に公明党の関係者へ抗議。話を聞くと道路使用許可は取っておらず、警察に電話をして街頭演説する事を伝えただけ。いくら政党の政治活動であっても、選挙期間以外の違法停止街宣は許されない。違法性を指摘し警備が公明党と話をする。その後、公明党がとった行動とは・・・
 
 
松あきら 参議院議員
山本香苗 参議院議員
浮島智子 党女性委員会副委員長(次期衆院選予定候補=比例区)
他、公明党関係者(学会関連?)
 
公明党は道路交通法第77条ー4に抵触する違法街宣を行っている。しかし捕まらず撤収していったのは南署警備の裁量か?その様な権限はどこにあるのか?警備は『たった1分でも違法行為』と告げたのか?政党であれば許されて、政治団体であれば検挙するというのか?法をどのように解釈しても公明党は違法行為をしている事は明確である。さらに次期選挙の候補者を名前を挙げて紹介していた。これって違法では?その辺に詳しい方教えて下さいませ。
 
 
この一部始終が終わった後、【有志共闘会議の麻生様】がミナミに来られた。公明党の件を話すとやはり『公権力の矛盾、公明党の違法行為』に怒りを露にされておりました。この件は再び南署にて矛盾を指摘し、公明党に対する検挙を促していく事にする。と同時に公明党大阪府本部へ抗議しにいこうかな。
 
 
 
麻生様、長い時間お付き合い下さいましてありがとうございます。また来月の街宣は傍聴させて頂きます。お疲れ様でした。
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/300-550a081c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。