スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら 2012.8.15 反天連スネーク抗議の模様

 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
 
一昨年靖国に訪れたときに反天連のデモ隊を九段下交差点で見ていた私。そのデモ隊を追いかけるかの様に水道橋まで付いていってデモ参加者数人に抗議の声を上げた。不意を突かれた形でそそくさと駅へと入っていったその姿を見て思った。
 
 
【こいつらに抗議は栄養剤。靖国神社に近い九段下では覚醒剤】
 
 
去年は動画を見てただけだが、今年は靖国参拝ついでにデモ隊をひたすら撮影する事にする。しかも間近で。顔がばれたくない人は特に嫌がるだろう。心のどこかで『やましいデモ』に参加しているという気持ちがあるならば、何よりも抗議となる。主義主張を知らしめるためのデモのはずなので撮影されて当たり前。しかし今年のスタート地点で撮影は肖像権?プライバシー?の侵害などと、都合のいい解釈を言いのける反天連デモ隊。なんともその思考は参加者さえも唖然とさせたのではないか?とさえ思う。
 
 
そんな訳で水道橋付近のYMCAから九段下までスネークする事になる。全ての動画をアップすると抗議者の行き過ぎた行為の犯罪立証となりうる場面もあると思うので、数枚の画像と短い動画だけをアップします。全編見たい方はYoutubeで検索し、他の動画をご覧下さい。抗議の声をあげずに歩くと、こんな事ができるという見本としてご覧下さい。
 
 

 
反天連デモ隊出発から10分、先導車の後ろに潜り込む。リアガラスに映る反天連の天野書記長(多分)。
距離にして50センチ。
 

 
何かに驚愕する天野書記長(多分)。何かとはなんでしょう・・・┐(´∀`)┌
 

 
九段下手前で再びデモ隊に潜り込む。デモ隊は誰が仲間か誰が抗議者か解からなくなるほどに隊列ぐちゃぐちゃである。もちろん機動隊も訳がわかっていない。
 

 
誰一人追い出しにかからない。このデモ参加者は本当に在日なのか日本人なのかさえ解からない。共産党の党員のおっさんも混ざっているのではないか?とさえ思う。
 
 
すんなり入れるんです。機動隊は無言撮影者の対応に困っている様子。
 
 
どうしてこうなったかを説明すると、紫のTシャツ(帽子、ロンゲの人)が抗議していた右翼団体の一人にプラカードを結果的に投げつけた形となった。そこでフリーズした紫Tシャツ。右翼側が怒鳴り散らす。その間、機動隊は紫Tシャツともうひとりの参加者を追い抜く(追い抜く際にデモ隊列から外れる形に)それを途中から見た黒Tシャツ(メタボ体系)が抗議者と勘違いをし、「お前はあっち側だろ!でてけ!」などといいながら押し合い・・・そんな光景です。
 
この動画の途中から聞こえるドスの利いた抗議、そしてコールは関西から遠征してきた純心同盟山本氏である。コールの文言にもあるように、反天連の天野書記長は数年前にエロ本を3冊万引きしてニュースになった人間である。もう還暦近いんじゃないか?(多分本人の画像上記貼付け済)
 
 
反天連(反天皇制連絡集会)の名前にもある【天皇制】。これは制度なんかではない。反天連という文字だけを見ていたら・・・『制度でもない天皇制というものに反対し、天皇陛下の脈々と続く皇統、血筋を護る真っ当な団体』・・・に見えてくるから不思議である。日本語マジックである。
 
 
そんな日本語の難しさを理解できてない所を考えると、天野書記長始めとする参加者一同は、読解力の無い日本人か、在日コリアンか。そう考えてしまう私である。
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/257-ce7c9c6d

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。