スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国軍のベトナム戦争での民間人虐殺、ベトナムの子供「いやだ!韓国人じゃないか!」「みんな殺したよ!」「なんで殺したの?」ウェブマンガ「同じ戦争、異なる姿勢」韓国人「本当にこういうのを日本が見るべきだ」


 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、ベトナム戦争での韓国軍による民間人虐殺はご存知だと考えます。
 
ベトナムの子供「なんで殺したの?」~韓国軍の民間人虐殺、いつか解決すべき問題
 
ベトナムの子供はキャンディーを受けとらなかった。「今は大丈夫。はやく‘ありがとうございます’と受けとって」とそばの大人が助け舟を出した。それでも子供は「いやだ!韓国人じゃないか!」と首を左右に振って大声を張り上げる。

ベトナム戦争民間人虐殺慰霊碑のそばで木の棒を持って遊んでいた子供たちも韓国人に敵対的なのは同じだった。「みんな殺したよ!」と大きな子供が大声を張り上げるとすぐに小さい子供が「なんで殺したの?」と訊ねた。

ベトナム戦争当時、韓国軍の民間人虐殺を暴いたク・スジョン博士が今年の夏、ベトナムのクァンアイソン、ビンホア村で体験したことだ。そこは10年余り前、ク博士が直接調査した場所だ。当時は調査のためにきたが今回はベトナム公正旅行(?)参加者と一緒に来た。10年余りの歳月が流れたが、韓国人に対する村の人々の反感は全く弱まっていなかった。

村には‘韓国軍憎悪碑’が立っていた。憎悪碑には次のように刻まれている。「天をつく罪悪、万代に記憶するだろう!この虐殺で犠牲になった者の数は合計430人、そのうち268人は女性、109人は50才から80才まで老人、82人は子供、7人は妊婦だった。2人は生きたまま火に投げこまれ、1人は首を切られ、1人は腹を割かれ、2人は強姦された。2世帯は一人残らず抹殺された。」

10年以上、韓国軍の民間人虐殺に対する真相究明活動をしながらク博士は多様な圧力と脅迫を受けた。だが、彼を助ける人々と団体も現れ被害の村に対する支援活動を継続できた。彼は「今回、また行ってみると支援活動をしたところとしないところがはっきりと違いができた。支援したところは公正旅行訪問者らを暖かく迎えてくれたがそうではないところは相変らず反感を表わした。新しく憎悪碑をたてた所もあった」と話した。
ソース:時事in(韓国語) 抜粋
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1348327062/
 

 
民間人虐殺犠牲者慰霊碑を示すベトナムの子供たち()。慰霊碑に献花するク・スジョン博士(下)
 
>ベトナムの子供はキャンディーを受けとらなかった。「今は大丈夫。はやくありがとうございますと受けとって」とそばの大人が助け舟を出した。それでも子供は「いやだ!韓国人じゃないか!」と首を左右に振って大声を張り上げる
 
>ベトナム戦争民間人虐殺慰霊碑のそばで木の棒を持って遊んでいた子供たちも韓国人に敵対的なのは同じだった。「みんな殺したよ!」と大きな子供が大声を張り上げるとすぐに小さい子供が「なんで殺したの?」と訊ねた
 
多くの韓国人、特に若い世代は、ベトナムの子供たちの言動を理解できません。
 
日本の自虐史観の対照には韓国の自尊史観があると、筑波大学大学院教授の古田博司氏も指摘していますが、韓国は自国に都合の悪い教育はしません。
 
ベトナム戦争で、韓国軍が民間人虐殺をしたとうい事実を知らない韓国人は多いのです。
 
>村には韓国軍憎悪碑が立っていた。憎悪碑には次のように刻まれている。「天をつく罪悪、万代に記憶するだろう!この虐殺で犠牲になった者の数は合計430人、そのうち268人は女性、109人は50才から80才まで老人、82人は子供、7人は妊婦だった。2人は生きたまま火に投げこまれ、1人は首を切られ、1人は腹を割かれ、2人は強姦された。2世帯は一人残らず抹殺された。」

ベトナムのクァンアイソン、ビンホア村にある「韓国軍憎悪碑」に刻まれていることは事実です。
 
ネットで、ベトナム戦争での韓国軍による民間人虐殺を知っている日本人は、韓国人は残虐だという事実を知っています。
 
しかし、韓流ごり押しをしている日本のマスコミは事実を報道しません。
 
マスコミが捏造している韓流ブームに騙されている日本人は、韓国人は残虐だという事実を知るべきです。
 
ベトナム戦争での韓国軍の作戦は、「きれいに殺して, きれいに燃やして, きれいに破壊する」というスローガンの下に、残虐な捜索掃討作戦を繰広げました。
 
南ベトナム民族解放戦線(NLF)でさえも、残虐な韓国軍との直接交戦は避けようとしました。
 
(韓国軍)キム・イルランさんの場合

●「猛虎部隊」の分隊長として

「寝て起きたら戦闘、そしてまた戦闘。その繰り返しです。すると、戦場で人を殺すことまでが、ストレス発散方法になりました。誰がいちばん早く人を撃ち殺すかで、ビールを賭けました。人の命で賭けをしていたのです……」

「村ではベトコンを探し出すのが難しくて、私たちは見せしめのために村長の娘を木に吊るして腹を切ったんです。それでも、村長は何も言わなかったので、二番目の娘も同じようにして殺したんです。そして、三番目の娘を吊るしたら、とうとう村長が口を開きました。こうやってベトコンを全部探し出して、村長も含めてそこにいた人たちを皆殺しにしました。こんなことは数えきれないくらいありました。私たちは人間ではなかったんです……」
(ベトナム戦争に参戦した韓国軍元兵士たち)抜粋
http://www.asiawave.co.jp/KyonSukkyon1.htm
 
ベトナム戦争での韓国軍の残虐行為の様子を、ベトナム人の生存者が書き残しています。
 
韓国軍の掃討作戦は、一次的にじゅうたん爆撃等で作戦地域を公開して、地上軍が現場に投入されて村に残っている住民たちを即決処分した後、家を燃やしてブルドーザー等で村全体を押し潰す方式で展開した。
 
生存者の証言で共通な点は、無差別機関銃乱射、大量殺戮、妊産婦、女性に対する強姦殺害、家屋への放火などだ。
 
「女性と老人、子供たちを一ケ所に集めた後、機関銃を乱射して抹殺する」
「住民たちを家と一緒に、死亡者も生存者も全部燃やす」
「子供の頭を割ったり首をはね、脚を切ったり四肢を切断して火にほうり込む」
「女性を強姦した後に殺害して、妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す」
「住民たちを村のトンネルに追い詰めて、毒ガスを浴びせて窒息死させた」
「子供たちの口にキャンディーが含まされ、老人たちの口にはタバコが咥えられていた。村人を安心させながら、一ケ所に集めて虐殺する手段だった」
 

 
 
「第二次世界大戦後、我々はフランスとの戦争を含めて合計三十年間にわたって侵略者と戦ってきた。そのため国土は破壊され、経済成長は遅れてしまった。その中で特に残虐で野蛮なのは韓国軍であった。村を丸ごと焼き払い、死者の耳までそいでいった。アメリカの捕虜になった方が待遇が良かった。韓国の捕虜になったら殺されるのである。韓国兵はベトナム人を蔑み、人前で平気でビンタをとる。ベトナム人には美人が多いので、女は皆、慰安婦にさせられた。韓国との混血児は名乗りでないので、はっきりとした数は判らないが、一万人以上はいるはずだ」
(ベトナム戦争時における南朝鮮兵の暴虐)抜粋
 

 
ベトナム人の耳を斬って作ったと言われる首飾りをする韓国兵
 

 
ベトナム戦争当時(1965~73年)、韓国軍兵士や軍属の韓国民間人はベトナムで、強姦・非管理売春・現地妻の保有などをしていました。
 
韓国人とベトナム人女性との間には、「ライタイハン」と呼ばれる数万人の混血児が生まれています。
 
そして、ライタイハンが戦後放置された問題も、韓国は否認することができない歴史的事実です。
 
韓国人との混血児を産んだベトナム人女性は、韓国政府から何ら謝罪も賠償も受けていません。
 
ベトナム戦争当時の韓国軍総司令官、蔡命新は、「あれは戦争だった。誰に対しても償う必要はない」と公式的な発言をしました。
 
韓国政府は、米国から10億ドルの戦費を受け取っていながら、ベトナムへは援助としてわずか500万ドルしか支払っていませんでした。
 
しかも、これは賠償金ではありません。
 
1998年、金大中大統領がベトナムを訪れた際、ベトナム戦争への韓国参戦について「遺憾だ」と言及しましたが、韓国政府は直後に撤回しました。
 
韓国とベトナム戦争(3)

「これまでの通説では、アメリカの要請に応じて朴大統領は派兵を決意したことになっている。ところが、近年アメリカの研究者などのあいだでは、逆に韓国側から派兵を持ちかけたとする異論が出され、こちらの方が説得力を持ちつつあるのだ。いずれにせよ、アメリカは派遣されたすべての韓国兵に戦闘手当てを支払い、その大半は右から左に韓国本国へ送金された。これらを含む、アメリカからのベトナム特需の総額は十億ドル(当時で三千六百億円)をはるかに上回り、実質的には朝鮮戦争時の日本における朝鮮特需以上の利益を韓国にもたらしたのである」
(野村進「コリアン世界の旅」第六章「サイゴンに帰ってきた韓国兵たち」より引用)
http://www.bangkokshuho.com/archive/1997-2000/shuho/articles/848-1598/vietnam.htm
 
韓国人男性は、今でもベトナム人の女性を侮辱して「違法集団見合い」をしています。
 
韓国メディアは1月16日、ベトナム人女性たちが韓国人とみられる男性たちの前で、全裸になる動画がインターネット上で物議をかもしていると報道しました。
 

 
動画は、白いガウンに身を包んだ10人の女性が登場し、司会者に名前を呼ばれた女性は全裸になって男性の前をウォーキングして、男性が指差しながら品評する内容でした。
 
複数の男性が「韓国人」と言われたのは、ベトナムのメディアが「今まで摘発された韓国人男性の違法集団見合いと似ていると指摘する人が多い」と報道したからです。
 
韓国は、ベトナム戦争での自国の罪を認めないで、従軍慰安婦など歴史を捏造しては日本に謝罪と賠償を求め続けています。
 
そして韓国では、ドイツと日本を比較したウェブマンガ「同じ戦争、異なる姿勢」が話題で、韓国人は「本当にこういうのを日本が見るべきだ」としています。
 

 
敗戦国ドイツと日本を比較したウェブマンガ「同じ戦争、異なる姿勢」が話題~ネチズン「日本はこれを見るべき」

「同じ戦争、異なる姿勢」というウェブマンガが話題だ。

このウェブマンガは第二次世界大戦の敗戦国ドイツと日本の戦後の姿勢を比較している。

ドイツは「第二次世界大戦の責任を負って、謝罪します」とひざまずいた反面、日本は「戦争起こしたのが罪なの?謝罪なんてクソ食らえ」と言う。

ドイツは過去、ウイリー・ブラント大統領がユダヤ人墓地の前でひざまずいて反省のメッセージを発表した反面、日本は第二次世界大戦敗戦日を「終戦日」と言うなど戦争を起こしたことに反省もなく「私たちも被害者」と主張している。

このウェブマンガを見たネチズンは「本当にこういうのを日本が見るべきだ」と共感を見せた。
ソース:ニューデイリー(韓国語)
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1348322623/
 
 
日韓併合については本ブログで記事にしていますが、仮に、日本が大東亜戦争の加害者になるのであれば韓国は共犯者だという史実を、韓国人は理解していません。
 
ベトナム戦争での韓国軍による民間人虐殺について、今でもベトナムの子供たちは「いやだ!韓国人じゃないか!」「みんな殺したよ!」と大声を張り上げている事実を日本人は知るべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
 
 


転載元: 近野滋之『民族主義者の警鐘』

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/247-a17c4854

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。