スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国総領事館への抗議街宣(平成24年10月20日)


 

 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
土曜のAM9時30分~ 抗議を行いましたが誰もいる様子なし。仕方ないので周辺住民、通行人にも解る様、そして米領の職員等がいても解る様に上記の場所で「地声街宣」15分ほど。道路を渡って米領反対側から「拡声器使っての街宣」15分ほど行いました。
 
 
沖縄県での米兵による性的暴行、強盗が起き、米軍の対応策として夜間外出禁止令(PM11時~AM5時)が無期限に敷かれる。それで犯罪が無くならないのも米軍であろう。日本国内で犯罪者を捜査・逮捕・裁判までできるのは日本が国内にて米兵を逮捕した時だけ。基地内に逃げ込めば米国側に捜査・逮捕・裁判する権限がある。その【日米地位協定】というものが明らかな不平等な協定であり、引渡しに応じる事も無かろう。
 
日米安保然り、地位協定然り、日米同盟然り、日本国憲法然り、日本は米国による実質的占領が続いており、米国の銀行となり、米軍の訓練場となり、米国の道具であり盾になっている。戦後67年間の政治家どもが目先の国益と、米国との不平等同盟に目を瞑ってきた結果が、日本国民への性的暴行・強盗・殺人という悲しい犯罪へと繋がっている。
 
いつ日本は真の独立ができるのか?『戦後レジュームからの脱却』をとりあえずは自民党 安部総裁に委ねるしかないのであろう。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/240-0af2afbf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。