スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警鐘会・愛国 矜持会による韓国総領事館抗議街宣(平成25年1月6日)

 

↑凛風やまと獅子の会 なお様 

↑国家主権を考える会 中野様 

↑愛国 矜持会 竹井様 

↑警鐘会 田村
 

←ブログランキングクリックお願いします。
 
 
竹島不法占領から60年が経ち、李承晩ラインを一方的に引いた歴史的事実を韓国の歴史から完全に消した。そして李明博が去年大統領として初めて不法上陸した。
 
戦時中の慰安婦を日本軍が軍の指令の元に朝鮮半島から強制連行してきたという、捏造歴史を作り出した韓国と日本の左翼。
 
 
その様な韓国の都合の良い歴史捏造・歴史隠蔽が韓国国内での教育に取り込まれ、国家ぐるみで反日政策・教育を行った結果が、『靖国神社へ火を放った支那人放火犯の、「日韓犯罪人引渡し条約」破棄ともとれる蛮行』である。
 
 
靖国神社へ火を放った【劉強】なる38歳の支那人が、国外へ逃亡。その後韓国の在韓ソウル日本大使館に火炎瓶を投げ込む。韓国当局に逮捕~裁判にて懲役10ヶ月を喰らった。韓国での聴取の間に、靖国神社への放火を認め、出所後、日韓犯罪人引渡し条約に基づいて、日本が引渡しを求めていたにも関わらず、韓国の司法判断は犯罪人を日本ではなく支那へ引き渡す事を決定。支那へ帰った劉強は日本で政治的犯罪を起こして逮捕されずに帰還した「英雄」となっている事だろう。
 
 
民主党政権時の支那人漁船による尖閣諸島領海侵犯と同様に、李政権による司法の判断が歪められ、反日愛国を国家が許可している様な状況が、まかり通っている。どこまで日本国は馬鹿にされ続けるのであろうか?
 
 
米国は安部総理の発言した河野談話の破棄に怒りを示し、安部総理との会談を先延ばしにしている。そこには日本が韓国に謝罪し続けて欲しいという米国の思惑があり、さらにはTPPを初めとする経済協定で有利に進めようとする狙いがあろう。韓国が日本に対し国際社会の非常識を行おうとも、なんら反応しない米国。この様な国益に適う場合だけの内政干渉を行う米国は世界最大の悪党国家である。日本の政治家にはどうする事も出来なさそうである。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/223-46241575

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。