スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間が無いからこれでも簡潔にしたはずなんだがな・・・京都街宣批判コメントについて

ニコニコ動画にあがっている私の街宣に否定的な人はいる。というかほとんど否定的コメントである(笑)

http:// www.nic ovideo. jp/watc h/sm198 43518(7:40~)
http:// www.nic ovideo. jp/watc h/sm198 43638(~2:15)


自民党は信用ならないとか、白票を投じたとか、今の自民党が米国従属だからとか、そういう演説の言葉に批判しているのでしょう。

でも、よーく考えてみて下さい。

安部総理は凄い人ですよ。親米ポチと言われる事もあるが期待持てますよ。応援してますよ。政権奪取後の「安全運転」は当然だし、最初は韓国に対して強硬姿勢をとるのを止めたのも解ります。米国の忠告を聞いているのも仕方のない事。政権を安定させる為には大事な部分ですし。憲法は無効と知っていながらも、国会の中で言えることも言えない事もある事位解ります。これまでの自民党歴代総理の中で私自身の期待度が高いのも安部総理です。

しかしながら「戦後レジュームからの脱却」というものは、戦後の自虐史観から抜け出し、真実の歴史を知り日本に誇りを持ちましょうという事ではないのでしょうか?

歴史を紐解いた時に出てくるのは

…欧米列強白人至上主義による亜細亜各国の植民地化(国益・利権・原住民の奴隷扱い
…米国による非武装国民の大量虐殺(原爆投下)
…戦勝国である米国主導の不平等な東京裁判
…敗戦国である日本国(朝鮮半島・台湾除く)に対するGHQの占領・洗脳
…そしてGHQが日本に押し付けた占領憲法である。


歴史を紐解き、西洋諸国による植民地を批判し、米国主導で進められた大東亜戦争を批判し、使ってはならない原爆という化学兵器で人体実験を行った米国を批判する事が安部総理には出来るのでしょうか?批判はしなくても、それが歴史的真実だと定義づけ、日本国の統一歴史認識として用いる事が出来るのでしょうか?

安部総理のみならず、どんな志が強い人間が総理になろうとも、上記の「戦後レジュームからの脱却」は実現不可能であると私は考えている。そのスローガン自体が反米である事に気づかないのであればなおさら。さらに言うならば、安部総理は戦後レジュームからの脱却という言葉を利用して選挙を戦い、政権運営を行っているのではなかろうか?とさえ考えてしまう。戦後レジュームからの脱却を掲げるのであれば、占領憲法(日本国憲法)を無効とする事こそが、脱却の第1歩である事を、いわゆるネトウヨの頭の中には無いのでしょう。

そして占領憲法と解っておきながら、その憲法を何度も改正すればいいのではないか?という人も居るでしょうが、米国の押し付けた憲法を認めるということは、天皇陛下の「象徴」という蔑まれた扱いをも認めることになる。我が日本国の元首である天皇陛下・御皇室を週刊誌のネタにする様な現代にさせてしまったのは、間違い無く占領憲法(日本国憲法)であり、戦後の日本の議会であり歴代総理大臣である。その歴代総理大臣の中で「占領憲法は無効である」と公に向かって発言しているのは安部総理だけである。http://www.nicovideo.jp/watch/sm7153195その部分では安部総理を応援し、支持もする。頑張って欲しいし、安部総理を悪く言う政党叩きを個人的に行っていこうと思う。

しかしながら、安部総理が67年間放っておかれた改憲というものに着手し実現したとしても、占領憲法下での改憲では「国民」も「国益」も「領土」も守れず、憲法の解釈の違いという名の下に日本国内でゴタゴタが続き、米国の悪行を国際社会へ糺す事も出来ず、経済・国防を米国に内政干渉されたままであると断言する。


私の考えというものはあくまで理想であり、現実的ではないことは重々承知である。その様な考えでも訴え続ける私の言霊がいつの日か実現に向かう事を信じなければ、今の政治も国際情勢も良くならない。我々のご先祖様を貶められたままの歴史認識・学校教育では私は死ぬに死ねない、死んでも死にきれない、そういう想いで演説を行っているのである。


ニコニコ動画で批判コメントするのも構わないが・・・
 
・最大の敵はどこなのか?(米国) 
・日本の歴史上最大の汚点は何なのか?(自主憲法着手せず) 
・数ある拉致問題、領土問題、人権問題、全てを解決に導く大事なものは何なのか?(大日本帝国憲法を基本とし現代版に改正)
 
そこから考えて欲しいと思います。朝鮮人だの左翼だの日本にゆすりたかりをする連中を叩くのも大事だが、それ以上に「大事なもの」を私はこの時の演説で話したつもりであります。コメントにて批判した方の脳内の方が、「目先の政局しか見ていない」ので心配でなりません。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/221-dfa506c9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。