スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第94回 論叫警鐘辻説法(平成25年3月31日)


 

 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
3月の末日の辻説法は1時間程に留めておいた。13時~民族派団体様の街頭演説会の為である。
 
難波という地は左右保守問わず街頭演説や署名やビラ配りが行われている場所である。NPO法人やら募金団体やら盲導犬の育成・募金もやっている。さらに営利目的のティッシュ配りやチラシ配りまで行われる。
 
大阪市内の中でミナミ・キタの2大繁華街になっており、演説に向いている場所か?といえば向いていないのかもしれない。あらゆる欲求(物欲・性欲・食欲・・・)を満たされるお店が集まり、演説を聴くどころじゃないのかもしれない。しかしそういった場所で地道な活動をされてきた民族派団体様などがいた事で、【難波=街宣】というエンターテイメントともいえる「政治欲」を満たしてくれる場所が作り出されたのである。私はその何番煎じなのでしょうか・・・。
 
 
お題・・・占領憲法・新無効論
 
 
内容は省略。この場で2年4ヶ月もの間、毎週の様にひとり街宣を続けてきた。もうすぐ100回となるが回数や年月が問題ではない。これまで演説に何度も訪れる方がいる。一度も話した事はないが、必ず30分~1時間以上聴いてくれている。そういう人も政治に対する憂国の想いを抱いているに違いない。
 
形はどうであれ、不特定多数の人へ訴えかける弁士が増えていって欲しいと思うし、何らかの形で弁士養成に関っていければいいなと思ったりする。養成するほどの技量が私にはありませんが。。。
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/213-dc73f795

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。