スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臓器移植法案 A案可決でいいの?本当に?


_______________________________________________________________________________

一転、臓器移植法案「A案可決」賛成263票 6月18日13時25分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000552-san-pol


 衆院本会議で臓器移植改正A案が過半数を得て可決、起立して一礼する中山太郎氏(奥中央) =18日午後1時23分、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)(写真:産経新聞)
 子供の臓器移植に道を開くかどうかが焦点となっている臓器移植法改正4案は、18日午後の衆院本会議で採決が始まった。臓器移植をめぐる法案の採決は平成9年以来12年ぶり。採決は国会提出順にA~D案が採決され、最初に採決にかけられたA案が263票と過半数を得て可決された。反対は167票だった。今後、参院で審議されるが、A案を成立させる流れが強まった。

 A案は「脳死は一般に人の死」と位置づけ、本人が生前に拒否しなければ、家族の同意で臓器提供を可能にする。また、15歳未満の臓器提供を禁じる現行法の年齢制限を撤廃し、子供の臓器移植に道を開く内容。

 共産党をのぞく各党は「死生観にかかわる」として党議拘束をかけず、議員個人の判断で投票した。共産党は「議論が尽くされておらず採決は時期尚早」として全員棄権した。与党と民主党は4案とも否決されれば全案を廃案とし、各案の獲得票数をもとに新改正案を作成して提出する方向で調整していた。

 4案は提出順に、A案のほか、移植可能年齢を12歳以上に引き下げるB案▽脳死判定基準を厳格化し、当面子供の臓器移植を認めないC案▽15歳以上は現行法を維持し、15歳未満は家族の承認などを条件に提供を認めるD案。

 4案は国会提出順にA~D案の順に記名投票で採決する予定だったが、A案が可決されたため、残りの案は採決されなかった。
______________________________________________________________________________

 本当にこの選択で良かったのだろうか?この可決方法で良かったのだろうか?

これまで『脳死=死』という考え方ではなかった。本人の意思、もしくは家族の同意がなければ
『脳死=死』とはならず、臓器提供も行われなかった。

その為、0歳~14歳までは移植は出来なかったので、移植が必要な患者さんとその家族はマスコミの力を借り募金を募ったり、自身の力だけで海外に移植を行いに行った。海外に行ってもドナーが現れるとは限らず、顔も知らないドナー待ち、順番待ちだった。今回のA案可決は0歳~14歳までの移植手術を望む家族に国内移植の光をもたらしている。

しかし『脳死』と判断されても自宅、病院で何年も看病している例も少なくない。機械に囲まれ人工で呼吸をし、体も温かい。その状態を家族は『死』と捉える事が出来ないだろう。今回のA案では『死』と判断されるので、自宅で家族の『遺体』を看ている事になる。死亡届を出すべき形なのか?私は違うと思う。






・・・何故A案の死の定義として『脳死=死』としたのか不思議である。定義は『臓器移植する際に死と認定』するべきではなかったのだろうか?脳死患者を持つ家族の気持ちを考えられてない!







それ以外の、臓器提供…本人の拒否がない限り家族の同意で可能 対象年齢…『制限なし』には賛成である。しかし、ここにも問題がある。
①口頭で拒否してもいいのか?書面(ドナーカード)なのか?
②脳死判定は正確なのか?(脳死と植物状態の医師による考え方の違い)
③脳死になった経緯(事故や病気なのか?暴行、臓器売買などの事件性はないのか?)


これからこの法案は色々と議論されていくようなので見守りたいと思います。。。

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/1039-40ff8145

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。