スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱射病?車内で幼児2人死亡 新潟 信じられない・・・


熱射病?車内で幼児2人死亡 新潟県三条市  6月21日16時44分配信 産経新聞

 21日午後0時半ごろ、新潟県三条市で「乗用車内で幼児2人がぐったりしている」と2人の母親(28)から119番があった。近くの病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。熱射病とみられる。

 三条署の調べによると、2人は三条市諏訪の会社員、高槻仁さん(33)の長男、奏(かなで)ちゃん(1)と次男、颯(はやた)ちゃん(生後11カ月)。高槻さんらは20日に関東方面に旅行に出かけ、21日午前5時半ごろ帰宅。乳児2人が寝ていたためそのまま車内に寝かせておいたという。午後0時半ごろ、母親が様子を見に行って異常に気づいた。

 同署によると、駐車場は屋根がないため直射日光が車内に差し込み、温度が上昇したとみられる。同署は保護責任者遺棄致死の疑いもあるとみて調べている。

 新潟地方気象台によると、21日の三条市は南から暖かく湿った空気が流れ込み、昼過ぎに29度を超える7月下旬並みの気温だった。観測予報課は「暖気の影響に加え、6月は日照も強いため、車内の温度はかなり高くなっていたと考えられる」と話した。


 毎年必ずこの手の事故が報道されているが、これは親による殺人である!
小さな我が子が密室の中で放置してる、さも日常の事のようなこの殺人は周りの住民、第3者も見かけたらなんとしてでも救うべきである。

1歳と11ヶ月の小さな子供に「助けて!」と叫ぶ能力があるだろうか?体温調節も出来ず、一人で歩ける年齢でもない。そんな可愛い我が子を「寝ている」からといって家に連れて行かないこの両親に、同情の余地はない!

旅行に出かけ疲れていたとしても、荷物を放っておいて子供だけでも連れて帰るのが、親として人間として当然の事だろうが!ミルクの時間、離乳食の時間など小さい子には手がかかる。2時間おきに夜鳴きするような子供が頼れるのは、父親と母親しかいないのである。この殺人の責任は相当重い!





これから夏に向けて熱さが厳しくなってくるが、パチンコ屋、大型ショッピングモール、コンビニなどの駐車場での子供放置がまた起こるかもしれない。未来のある幼い命がまたひとつ消えてしまわないように、個人単位で巡回パトロールを行っていこうじゃないか!放置する親に対して厳しく説得を行おうじゃないか!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/1033-2a3da353

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。