スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンイレブンに排除措置命令=弁当見切り販売で制限-独禁法違反と認定


セブンイレブンに排除措置命令=弁当見切り販売で制限-独禁法違反と認定・公取委
6月22日15時5分配信 時事通信

 コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)が、フランチャイズ(FC)契約を結んだ加盟店に対し、賞味期限が迫った弁当やおにぎりを値引きして売る「見切り販売」を制限したのは、独禁法違反(優越的地位の乱用)に当たるとして、公正取引委員会は22日、同社に見切り販売を可能にするマニュアル整備などを求める排除措置命令を出した。
 セブン側は「見切り販売は価格競争や売り上げ低下を招く」などと主張していたが、公取委が制限を不当と認定したことで、実質的に値引きを禁じ、定価販売を基本としてきた経営方式にも影響を与えそうだ。
 公取委によると、同社のFC本部は契約書で「商品価格は加盟店が自由に決められる」としているにもかかわらず、見切り販売を行った加盟店に「二度とやるな」と命じたり、従わない店に契約の打ち切りを示唆したりするなど、取引上の地位を利用して、販売方法を制限した。
 同社の契約では、商品の廃棄が出た場合、原価損は加盟店側の負担とされており、公取委は「本部の拘束は加盟店の合理的判断で負担を軽減する機会を失わせた」と判断した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090622-00000079-jij-soci


業界ナンバー1を自負しているこのセブンイレブンと言う会社は、表向き優良会社の印象を消費者に与えているが、内部事情は酷いものなのだ。例えて言うならば『独裁恐怖政治』である。

【セブンイレブンの正体】【セブンイレブンの真実 鈴木敏文帝国の闇】という本の中には裏のセブンイレブンの内情が暴露されている。もちろんこの2冊は「セブン&ワイ」(雑誌、書籍、CD、DVD全般のネット予約販売)では扱っておりません。相当隠したいのでしょうね。一般の本屋さんでも見かけないので、欲しい方はアマゾン等のネットショッピングで購入しましょう!

何が独裁かというと、CEO(鈴木敏文代表取締役会長)の一言は『絶対』なのである。それは社内だけの話ではなく、フランチャイズ契約をしているオーナー、商品を作っている工場、共同配送している運送会社にまで及ぶ。そこにはセブンの仕事に関わっている会社の売り上げなど考えておらず、赤字を喰らわせる事も日常茶飯事。そんなCEOの取り巻き共も服従している為に、会社の利益になる事を進んで行っている。・・・利益になる事ならいいのでは?と思う人がほとんどでしょうが、泣いてる社員、関連会社が沢山いることを忘れてはいけない。

コンビニ業界の成長はセブンがあるからと言う人もいる。ローソン、ファミマもセブンと同じ方式をとり、スーパーのように安売りはせず、フランチャイズ契約をしたオーナー店の発注を増やす事だけを押し進めた。売れ残りの商品は加盟店の廃棄となり、原価もしくは原価+αを本部に支払わなければならない。詳しくは上記の本を読んで欲しい。

売れ残りを無くす為に努力しているお店もあるが、バイトやセブンのトラックに乗っている配送員に買ってもらったり、身内にしか勧められない。値引きがOKであれば、廃棄を少しでも減らす事が出来る。それを公に禁止とは言わず、値引きをした店舗には、本部から社員が四六時中店を見張りに来る。しつこい位に売り上げのチェック、レジの締め時間になれば本部の売り上げを社員が計算し、お金をその場で持ち帰る。本部の人間が店舗周辺で怪しい風貌でうろうろしているので、お客さんが寄り付かなくなったお店もあるほどだ。





まだ記憶に新しい、GPライダー『ノリック 阿部典史』の事故死はセブンイレブンの配送車両が原因の事故である。事故の報告を受けた本部はトラックの看板を真っ先に隠すように要請したほどだから、ニュースではシートが被せられた状態でTVに映ったのである。セブンのイメージを守る為なら、何でもするのが現在の【鈴木敏文会長帝国】なのである。





まだまだ書き足りないので、続編を近々書こうと思います。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/1032-ba94b003

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。