スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮また・・・ミサイル発射 アメリカの会見は・・・?


北朝鮮、ミサイル3発目も発射 「ノドン」の可能性も  7月4日12時48分配信 産経新聞

【ソウル=水沼啓子】韓国政府関係者によると、北朝鮮は4日午前、江原道(カンウォンド)元山(ウォンサン)近隣の旗対嶺(キッテリョン)ミサイル発射基地から日本海に向けて、短距離ミサイル3発を相次いで発射した。韓国の聯合ニュースが伝えた。1、2発目はこの日午前8時から30分の間に発射され、3発目は同午前10時45分ごろ発射された。国連安全保障理事会の制裁決議を無視する行為となる。
韓国軍当局者によると、発射されたミサイルは射程400~500キロのスカッドミサイルとみられるが、射程1300キロの中距離弾道ミサイル「ノドン」の飛行距離を短くして発射した可能性もあるとしている。スカッドミサイル、ノドンミサイルともに韓国全域が射程圏に入る。

聯合ニュースによると、政府関係者は「ミサイルは大気圏に向かってから落ちた。また、北朝鮮が2日に発射した短距離ミサイルは軍事訓練の可能性が高いと分析されるが、この日の発射は米国の独立記念日の前日(現地時間)に発射している点から、政治的目的ではないか」と述べたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090704-00000531-san-int

政治目的以外に何が考えられると言うのだ!軍事外交を主とするテロ国家が軍事訓練するという事は、近隣国にたいする脅迫外交にほかならない!ミサイル発射後のアメリカ外務省の会見では・・・

「また朝鮮がミサイルを発射したようですが心配ありません。いつもの事です。」

と楽観的に捉えた発表をしている。馬鹿げた考えである・・・これまでの北朝鮮の核実験、ミサイル発射に関連する流れを読んだらこんな発言は許されない!こんな発言をする背景には、先日のアメリカのミサイル発射も関係している。

米空軍がICBM発射実験=太平洋の目標に着弾  7月1日14時48分配信 時事通信

 【ワシントン1日時事】米空軍は1日までに、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を実施したことを明らかにした。ICBMは6月29日に米本土から発射され、約6700キロを飛行、太平洋上の目標に着弾した。
 実験は、バンデンバーグ空軍基地(カリフォルニア州)で実施された。ICBMは3段式ロケットの「ミニットマン3」で、先端部分には弾頭を装着せず、地下サイロから発射。大気圏に再突入後、太平洋のマーシャル諸島クエゼリン環礁近くの目標に着弾した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090701-00000100-jij-int

・・・【マーシャル諸島クエゼリン環礁】とは第一次世界大戦当時、日本軍が国連の監視の下『委託統治』していた太平洋に浮かぶ800もの島々の中にある。日本はその後国連を強制脱退させられ、この島をアメリカが攻めてきた(第2次世界大戦初頭)そして日本軍は惨敗、この島々はアメリカの手に落ちた。アメリカはこの島々に米軍の基地を造り、軍事拠点にした経緯がある。太平洋戦争終了後、この島々に住む島民がいるにも関わらず、広島、長崎原爆の何千倍とも言われる人体実験を兼ねた、核爆弾の実験場となるのである。現在は立ち入り禁止地域になっている・・・
マーシャル諸島ビキニ環礁核実験動画 http://www.youtube.com/watch?v=-l6Q8Q1smwg


アメリカがミサイル実験をした事により、北朝鮮は軍事訓練という名のミサイル発射を行ったと思われる。ニュースにはなってないが、他の西洋諸国でもミサイル発射訓練は行われているが、北朝鮮の「それ」とは中身が違う。日本、アメリカがこの問題をどう取り組んでいくのか?日本の政治状況がゴタゴタしている場合ではない!アメリカに対して、核の廃絶、北朝鮮の核に関わる動向を本気で考えてもらわねば、日本の未来はなく、北朝鮮の軍事外交を辞めさせなければ、アジアに平和は来ない!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/1017-1f405f52

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。