スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去~現在~未来

 
2009年6月9日
ヤフーブログ初記事
 
2009年6月~12月
右翼民族派団体の街頭演説に毎月通い聴いていた。
 
2009年年末~2010年3月初旬
右翼団体へ入り2ヶ月程で自分から辞めた。
 
2010年3月下旬~7月下旬
ある件にて某団体様へ謝罪~活動を勉強させて貰う。
 
2010年7月下旬~11月中旬
あちこちの街頭演説を傍聴。
 
2010年11月下旬~現在
ほぼ毎週日曜日に難波高島屋駅頭にて辻説法を続ける・・・現在90回目。
 
 
 
 
 私が右翼と言うものを意識しだしたのは18の頃であった。会社の上役にいわゆる任侠右翼がいた。どこまで本気でやっていたかは不明だったが、話を聞いているだけで「やべーな」って思うこと満載だった。当人はかなり良い人だったが。
 
その後24の時に働いた会社にも右翼団体の人が居た。その人の考えと言うものは、いわゆる「左翼は敵」「反共」であった。活動に参加してない人だっただけに、今思えばファッション的な要素があっただろうと思う。
 
 
右翼になりたいとか、街宣車に乗りたいとかそういうものは全くなく、強面のおっちゃんが政治を語るというギャップが新鮮であった。色んな政治の話を聞いていると勉強になる事が沢山あったのも事実。時は過ぎて10数年後、ネットが広まりPCを購入し様々な情報を仕入れることが出来るようになり、政治関連の動き、流れを注視するようになった。そして民主党政権が現実のものになるかもしれないという危機感の下、ブログを始め、街宣を聴き、団体に入った。2ヶ月で辞めるに至った経緯は想像すりゃ解ると思います。
 
 
それ以来、何故自分が活動を続けているか?何故街頭演説メインで動いているか?何故ひとりなのか?何故市民団体と呼ばれる人達の活動に混ざっているのか?
 
 
私が勝手に同志と思っている方々には、私の行動というものがダメな行動に映ってるかと思う。距離を置いている同志もいるし、影ながら応援してくれている方もいる。一緒に行動を共にする矜持会の竹井さんには感謝致します。全てを説明すれば長くなるので言いませんが、私の根幹にはやはり反米がある。その延長線上に今行っている活動があると思っている、だから市民団体に混ざるのです。ただ混ざるのではない・・・演説を通し、様々な会話を通し、私の考えを広めている。受け入れてくれない人もいるし、何故か敵視してくる人もいる。解ってくれるまで話をするのもいいですが、顔見たらわかる・・・アホに吹き込まれてるんだろうなと。悲しい輩だこと・・・。
 
 
私は国籍で人を見る目が変わる様な人間ではない。どんな思想でもどんな人間でも話したいのである。話さえも拒む様な人は残念ながら見る目を変えるしかなく、喧嘩腰の人には喧嘩腰で対応するしか無い。そのスタンスは変わらないと思うし、在日外国人が理解を示せば一緒に行動するでしょうし、真逆の思想を持っていても部分的に合致すれば一緒に行動するでしょう。国籍問わない私の門戸は広いのです。外国人の日本での政治活動は名目上禁じられているのでやれることは少ないでしょうが。
 
今後の活動を考えると、何に重きを置くかいつも考え迷いが生じる。日本国内の事、海外の事、様々である。共通して言えるのは【人道問題】であると思う。一人でやれることなんてたかが知れてる。やらないよりやった方がよい。何事も結果を求めず最終的にたったひとりからでも感謝されれば良いと思っている。拉致にしても、東日本大震災にしても、原発関連にしても、チベット・ウイグル・南モンゴルの支那共産党政府による弾圧にしてもだ。命に軽い重いも無い。無実の罪の人たちが人道的虐待を受けている現在、発信していく必要があるし、抗議もしていかねばならない。関係各所へお願いしに回る事も大事であるし、インターネット上の情報統制、情報操作、情報遮断の影響が極めて少ない日本がやるべき事ではないかと思っている。
 
これまでの活動(国益・領土)と共に、【人道問題】を加えて地道にやっていこうと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

時間が無いからこれでも簡潔にしたはずなんだがな・・・京都街宣批判コメントについて

ニコニコ動画にあがっている私の街宣に否定的な人はいる。というかほとんど否定的コメントである(笑)

http:// www.nic ovideo. jp/watc h/sm198 43518(7:40~)
http:// www.nic ovideo. jp/watc h/sm198 43638(~2:15)


自民党は信用ならないとか、白票を投じたとか、今の自民党が米国従属だからとか、そういう演説の言葉に批判しているのでしょう。

でも、よーく考えてみて下さい。

安部総理は凄い人ですよ。親米ポチと言われる事もあるが期待持てますよ。応援してますよ。政権奪取後の「安全運転」は当然だし、最初は韓国に対して強硬姿勢をとるのを止めたのも解ります。米国の忠告を聞いているのも仕方のない事。政権を安定させる為には大事な部分ですし。憲法は無効と知っていながらも、国会の中で言えることも言えない事もある事位解ります。これまでの自民党歴代総理の中で私自身の期待度が高いのも安部総理です。

しかしながら「戦後レジュームからの脱却」というものは、戦後の自虐史観から抜け出し、真実の歴史を知り日本に誇りを持ちましょうという事ではないのでしょうか?

歴史を紐解いた時に出てくるのは

…欧米列強白人至上主義による亜細亜各国の植民地化(国益・利権・原住民の奴隷扱い
…米国による非武装国民の大量虐殺(原爆投下)
…戦勝国である米国主導の不平等な東京裁判
…敗戦国である日本国(朝鮮半島・台湾除く)に対するGHQの占領・洗脳
…そしてGHQが日本に押し付けた占領憲法である。


歴史を紐解き、西洋諸国による植民地を批判し、米国主導で進められた大東亜戦争を批判し、使ってはならない原爆という化学兵器で人体実験を行った米国を批判する事が安部総理には出来るのでしょうか?批判はしなくても、それが歴史的真実だと定義づけ、日本国の統一歴史認識として用いる事が出来るのでしょうか?

安部総理のみならず、どんな志が強い人間が総理になろうとも、上記の「戦後レジュームからの脱却」は実現不可能であると私は考えている。そのスローガン自体が反米である事に気づかないのであればなおさら。さらに言うならば、安部総理は戦後レジュームからの脱却という言葉を利用して選挙を戦い、政権運営を行っているのではなかろうか?とさえ考えてしまう。戦後レジュームからの脱却を掲げるのであれば、占領憲法(日本国憲法)を無効とする事こそが、脱却の第1歩である事を、いわゆるネトウヨの頭の中には無いのでしょう。

そして占領憲法と解っておきながら、その憲法を何度も改正すればいいのではないか?という人も居るでしょうが、米国の押し付けた憲法を認めるということは、天皇陛下の「象徴」という蔑まれた扱いをも認めることになる。我が日本国の元首である天皇陛下・御皇室を週刊誌のネタにする様な現代にさせてしまったのは、間違い無く占領憲法(日本国憲法)であり、戦後の日本の議会であり歴代総理大臣である。その歴代総理大臣の中で「占領憲法は無効である」と公に向かって発言しているのは安部総理だけである。http://www.nicovideo.jp/watch/sm7153195その部分では安部総理を応援し、支持もする。頑張って欲しいし、安部総理を悪く言う政党叩きを個人的に行っていこうと思う。

しかしながら、安部総理が67年間放っておかれた改憲というものに着手し実現したとしても、占領憲法下での改憲では「国民」も「国益」も「領土」も守れず、憲法の解釈の違いという名の下に日本国内でゴタゴタが続き、米国の悪行を国際社会へ糺す事も出来ず、経済・国防を米国に内政干渉されたままであると断言する。


私の考えというものはあくまで理想であり、現実的ではないことは重々承知である。その様な考えでも訴え続ける私の言霊がいつの日か実現に向かう事を信じなければ、今の政治も国際情勢も良くならない。我々のご先祖様を貶められたままの歴史認識・学校教育では私は死ぬに死ねない、死んでも死にきれない、そういう想いで演説を行っているのである。


ニコニコ動画で批判コメントするのも構わないが・・・
 
・最大の敵はどこなのか?(米国) 
・日本の歴史上最大の汚点は何なのか?(自主憲法着手せず) 
・数ある拉致問題、領土問題、人権問題、全てを解決に導く大事なものは何なのか?(大日本帝国憲法を基本とし現代版に改正)
 
そこから考えて欲しいと思います。朝鮮人だの左翼だの日本にゆすりたかりをする連中を叩くのも大事だが、それ以上に「大事なもの」を私はこの時の演説で話したつもりであります。コメントにて批判した方の脳内の方が、「目先の政局しか見ていない」ので心配でなりません。

警鐘会による間髪入れない抗議街宣(平成25年1月7日)

 

↑韓国総領事館正面にてゲリラ的抗議街宣の始まり・・・5分程度

↑大阪府警第二機動隊の若造2人が高圧的な態度で間近に立ち職質。
足元が映っている機動隊Sは右の鼻の穴から鼻毛を出していた(大阪府警の不祥事)

30~40分の間、府警公安Mが違法街宣だといいのけて、法律論を展開。待ってましたとばかりにやり合っとりました。法律論争を仕掛けてきたクセに、途中から法律論を語らなくなる。用無しになったので下がらせた。そしていつもの場所にて抗議街宣を行う事にする。
 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
はっきり言って警察、機動隊とのやり取りは無駄である。その為に警備に電話を一本入れれば済む話であることは重々理解している。しかしながらそれを行う事は数ヶ月前からしなくなった。警察による一般人に対する「おい!コラ!」を誘導する為である。決してこちらは最初から強くは出ない。「なんですか?」程度に交わす。その後の警察の態度により、警察官たる職務を越えた「おい!コラ!」が始まる場合がある。職務質問にて自分の身元を必ず明かさなくてはいけないなんて法律はない。何か犯罪等の事実がありその被疑者に当たる人物を探している場合、もしくは犯罪を犯す恐れがある人物と認識した場合である。
 
抗議街宣は違法でもない。道路使用許可も府条例も抵触してない。拡声器の音量によって警告が出される場合は絞るだけである。近隣住民、店舗からのクレームが出た場合、移動するだけである。犯罪の匂いはどこにあるのだろうか?
 
警察諸君は攻める対象ではない。だからこそ法を遵守し、自らも法を勉強し、職務につかなければいけないと私から警告を出しておく。
 
 
これを参考にしたまえ!「オイコラ警察対抗マニュアル」

警鐘会・愛国 矜持会による韓国総領事館抗議街宣(平成25年1月6日)

 

↑凛風やまと獅子の会 なお様 

↑国家主権を考える会 中野様 

↑愛国 矜持会 竹井様 

↑警鐘会 田村
 

←ブログランキングクリックお願いします。
 
 
竹島不法占領から60年が経ち、李承晩ラインを一方的に引いた歴史的事実を韓国の歴史から完全に消した。そして李明博が去年大統領として初めて不法上陸した。
 
戦時中の慰安婦を日本軍が軍の指令の元に朝鮮半島から強制連行してきたという、捏造歴史を作り出した韓国と日本の左翼。
 
 
その様な韓国の都合の良い歴史捏造・歴史隠蔽が韓国国内での教育に取り込まれ、国家ぐるみで反日政策・教育を行った結果が、『靖国神社へ火を放った支那人放火犯の、「日韓犯罪人引渡し条約」破棄ともとれる蛮行』である。
 
 
靖国神社へ火を放った【劉強】なる38歳の支那人が、国外へ逃亡。その後韓国の在韓ソウル日本大使館に火炎瓶を投げ込む。韓国当局に逮捕~裁判にて懲役10ヶ月を喰らった。韓国での聴取の間に、靖国神社への放火を認め、出所後、日韓犯罪人引渡し条約に基づいて、日本が引渡しを求めていたにも関わらず、韓国の司法判断は犯罪人を日本ではなく支那へ引き渡す事を決定。支那へ帰った劉強は日本で政治的犯罪を起こして逮捕されずに帰還した「英雄」となっている事だろう。
 
 
民主党政権時の支那人漁船による尖閣諸島領海侵犯と同様に、李政権による司法の判断が歪められ、反日愛国を国家が許可している様な状況が、まかり通っている。どこまで日本国は馬鹿にされ続けるのであろうか?
 
 
米国は安部総理の発言した河野談話の破棄に怒りを示し、安部総理との会談を先延ばしにしている。そこには日本が韓国に謝罪し続けて欲しいという米国の思惑があり、さらにはTPPを初めとする経済協定で有利に進めようとする狙いがあろう。韓国が日本に対し国際社会の非常識を行おうとも、なんら反応しない米国。この様な国益に適う場合だけの内政干渉を行う米国は世界最大の悪党国家である。日本の政治家にはどうする事も出来なさそうである。

第90回 論叫警鐘辻説法 (平成25年1月6日)

 

↑凛風やまと獅子の会 なお様

↑愛国 矜持会 竹井様

↑国家主権を考える会 中野様

↑警鐘会 田村
 

←ブログランキングクリックお願いします。
 
 
平成25年最初の筆おろs・・・いや、「個の叫び」は買い物客で賑わう難波高島屋向かい側にて行いました。
 
「辺野古に基地を作らせない」のビラ配布の方々の地道な活動に賛同致します。場所を変更させてしまい申し訳御座いません。
 
 
お題・・・愛国日本・憂国日本(時事ネタ)
 
 
 
90回目の辻説法には飛び入りの方々が多数来てくれた事に勝手ながら嬉しく思います。我が辻説法では思想信条関係無しの飛び入り大歓迎で行われるので、時として街頭演説の様に思われますが、あくまでも辻説法で御座います。
 
 
平成25年元旦を自公政権で迎えられた事に嬉しく思っている人はどの位いるのだろうか?私的には「民主でガレキと化した日本の政治・経済・外交を自公という名のゼネコンが復旧し始めた」としか見えない。喜ばしい事もあるが、まだまだ不安要素はある。とりあえずは自公に復旧を急いで貰い、特に外交・防衛の部分でこれまでに無い安部総理の顔を見たいのである。
 
 
【戦後レジュームからの脱却】を掲げて安部内閣が歩んだ過去の尻拭いまでさかのぼり、日米同盟の強化・深化を行うのはひとまず特亜3国の為だけに限定しておき、
 
憲法無効~大日本帝国憲法の改正~自主憲法の制定
 
を行って欲しいものである。日米の同盟関係は確かに必要不可欠ではあるが、不平等なものである限り容認するわけにはいかない。日米安保も日米地位協定も日本が譲歩させられている条約であり、自主憲法の制定が現実のものとなれば、新憲法の下、日米での平等な国家としての条約締結が不可欠である。
 
言葉にするのは簡単であるが、米国の国益に適う日本国にさせられる感もあり、米国に対等にモノをいう国会議員を作り出さなければいけない。そういった人材が今の自民党にいるかは不明だが、豊かさを手に入れた日本は米国に対し歴史的にも経済的にも言う事は言わねばいけない。
 
 
即、米国にモノを言わせたいと思うのならば、多額のカネを握らせた小沢一郎を総理大臣に担ぎ出すしかいないだろうが、モノ言ったその場で何者かに暗殺されるという「大爆笑」を巻き起こすかもしれない。歴史に残るお笑いで東アジアは米国の支配下となる恐れもある。
 
 
せめて、生きている間に自主憲法制定が実現して欲しいものである。
 
 
 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。