スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「右から考える脱原発デモ」 2月5日に大阪で開催!

「右から考える脱原発デモ」 2月5日に大阪で開催!

※チラシできました。ご自由に印刷してご利用ください。
  (クリックすると拡大します)
»öÁ°ÇÛÉÛÍÑ1.jpg ¸¶ȯ¶äºÂ1.jpg
★日時:平成24年2月5日(日) 午後1時より集会 午後2時デモ出発

 ※当日、集会・デモの簡単なお手伝いをして下さるかたを募集しております。
 手伝ってもいいよ!とおっしゃるかたは、当日正午に現地にお越しくださいませ。

★集合場所:西梅田公園(大阪市北区梅田2-6)
 
 (クリックすると拡大します)
À¾ÇßÅĸø±à.jpg 2012-01-28-222818.png
↓マピオンでもご確認いただけます。
http://www.mapion.co.jp/m/34.69432063169828_135.493807111184_8/

※最寄り駅は、JR大阪環状線「福島駅」もしくは、阪神電鉄「福島駅」で、徒歩7分ほどです。
※JR大阪駅・JR東西線北新地駅・JR東西線新福島駅・阪急梅田駅・阪神梅田駅・
 地下鉄四つ橋線西梅田駅などからも、約10~15分で来れます。
※梅田地下街を通っても来れます。「大阪ガーデンシティ」方面に歩き、
 「6-13」号階段を上がると、そこが西梅田公園です。
デモコース:
西梅田公園~関西電力本店前~筑前橋~土佐堀通~淀屋橋交差点~御堂筋南下~
南海難波駅前~元町2交差点~難波元町小学校近くの元町公園付近(流れ解散)
※約5.5kmありますので、歩きやすい靴でお越しください。

(クリックすると拡大します)
2·î5Æü±¦¥ǥ⥳¡¼¥¹.jpg
↓Googleマップでもコースをご覧いただけます。
http://g.co/maps/4ajmm
★シュプレヒコールについて
当日、デモ参加者全員で、心を込めてコールするシュプレヒコールです。
・脱原発を実施し、子供たちの命と麗しき山河を守れ!(守れ!)
・食の安全を守るために、隠蔽体質をやめて、命優先の情報を提供せよ!(提供せよ!)
・被曝の危険にさらされ続ける、福島の子供たちを救い出せ!(救い出せ!)
・野田内閣は、緑と自然、そして子供たちの命のために、原発の再稼動をやめろ!(やめろ!)
・我々の麗しき山河を破壊する原発を停止し、代替エネルギーの開発を推進せよ!(推進せよ!)
・食の安全を確立するために、より厳しい基準値を策定せよ!(策定せよ!)
・マスコミは姿勢を正し、国民に危険を知らせる、真実の報道を提供せよ!(提供せよ!)
・大阪の水がめ、琵琶湖を危険にさらす原発を直ちに停止せよ!(停止せよ!)
・関西電力は、原発依存の体質を直ちに転換せよ!(転換せよ!)
・関西電力は、原発停止を電力不足の言い訳にするな!(言い訳にするな!)
・関西電力は、舞鶴や姫路、堺などの火力発電所をフル稼働せよ!(フル稼働せよ!)
・危険な原発を直ちに停止せよ!
・危険な原発は稼動させるな!
・緑豊かな山川(やまかわ)を、これ以上破壊するな!
・山を守り、川を守れ!
・海を守り、青空を守れ!
・人の命を守り、自然の命を守れ!
・食の安全と、子供たちの未来を守れ!
・脱原発を進めて、我々の安全を守れ!
・子供の命と自然を守るために、脱原発を達成せよ!

★ご留意いただきたい事項
1)防寒着など温かい服装でお越しください。雨天時には雨合羽などをご持参ください。
2)デモでは約5.5km歩きますので長丁場です。歩きやすい靴でお越しください。
3)全区間通してのご参加をおすすめしますが、参加者様のご都合や体調などにより、
 途中参加や途中離脱ももちろんOKです。お気軽にご参加ください。
4)当デモは、「麗しき山河を守れ」といった規定の幟(のぼり)を掲げて歩きます。従いまして、
 各団体名の幟や旗の掲示はご遠慮ください。
5)脱原発に関するプラカード等の持参を歓迎いたしますが、趣旨と関係のないプラカードの
 掲示や、脱原発デモにふさわしくない服装・言動はご遠慮ください。
6)当デモは、イデオロギーの枠を超えた参加を募っておりますが、「右から~」を標榜しております
 ので、国旗を掲げて歩きます。
7)集会およびデモの記録撮影及びライブ中継を予定しています。顔を写されたくない方は
 マスクなどのご用意をお願いします。
8)取材を希望される方は、当日受付にてお申し出ください。
9)デモを通じて、沿道の人々に主張を伝える方法として、たとえば、
 音楽や楽器などを奏でてお祭りのような楽しい雰囲気で沿道の人々に
 呼びかける「サウンドデモ」や、ひたすら無言でプラカードを掲げる「サイレントデモ」など
 様々なデモのスタイルがあります。今回開催する「右から考える脱原発デモ」は、
 拡声器もしくは街頭宣伝車からの掛け声に続いて、事前に有志で打ち合わせして決めた
 シュプレヒコールを、デモ参加者全員で魂を込めてコールするというスタイルが特徴です。
 音楽や楽器は用いませんが、ぜひ一緒に魂のこもった生声で沿道にアピールしましょう。
10)このデモの主催者や常連の参加者には、スキンヘッドの大男など、
 一見すると怖そうな風体の人も居ます。しかし、人を見かけだけで判断できないことは、
 「安田大サーカス」が証明しています。(来れば分かります) ぜひお越しください。  

「右デモ」ってどんなデモ?と思ったかたは、
下部に表示してありますYouTube動画をぜひご覧ください。
当ネットワークの呼びかけ人、針谷大輔氏も東京から駆けつけます。一緒に大阪の街を歩きましょう!
「右から考える脱原発ネットワーク」からの参加呼びかけ文
福島第1原発事故は、世界最悪の放射能汚染を引き起こし、麗しき日本の国土を汚し、
国民の健康をおびやかしています。にもかかわらず、政府・官僚・電力業界などの、
いわゆる「原子力村」は性懲りもなく、原発利権を温存しようと躍起になっています。
事故を境に、原発に反対する機運が盛り上がり、各地で数多くの脱原発デモが
開催されております。しかし、いまだに「脱原発派=左翼・革新勢力」という短絡的な
考えを述べる人々がいます。しかし、本当にそうなのでしょうか。
心から国を憂う愛国者であるならば、麗しき日本の国土を汚し、国民の健康をおびやかす
原子力発電には断固反対していくのは当然の流れです。
もはや、脱原発は、国民全てが最優先で取り組むべき最重要課題です。
私ども「右から考える脱原発ネットワーク」は、
「脱原発という目標の達成には、右も左も関係ない」と考えております。
従いまして、デモや集会にはイデオロギーの垣根を越え、様々な方々の参加を
募っております。
労働組合や政治団体主催のデモや、サウンドデモなどに参加したことのあるかたから、
デモ初参加のかたまで、ふるってご参加くださいませ。

◆これまでの活動
「右から考える脱原発ネットワーク」は、東京デモ、横浜デモ、船橋デモ、銀座汐留デモ、
アフターファイブバージョンデモ等、様々なデモを実施し、脱原発を訴えてまいりました。
回を重ねるごとに認知と支持が広がっており、デモ参加者も増加の一途をたどっております。
この状況を受け、「右から考える脱原発ネットワーク」の次のシフトとして、地方での活動を
開始することにより、原発の危険性をより広範囲で訴えてまいります。
福島第一原発事故によって、原発の危機管理体制と事故後の対応不備が露呈しました。
関東のみならず、日本全国において脱原発の達成は今後の最重要課題です。
関東以外で初めて、2月5日に大阪で開催する「右から考える脱原発デモ」にふるってご参加
いただき、関西圏においても脱原発を訴え、子供たちの命と麗しき山河を守りましょう!

スポンサーサイト

第62回 論叫警鐘辻説法

 

 
PCデータ破壊工作?により、PCをまたまたまた、買う羽目になった。
 
しばらくはPCのセキュリティ強化、データの復活を行うので、記事はなかなか書けないかと思います。しばしの間お待ちください。
 
 
本日の辻説法は1時間30分ほどで終了しましたが、他団体様の演説を傍聴することに。2つの団体様が来られ、どちらも脱原発の考えでした。守るべきものを誤ると命に関わる。若い女性、子供たちの数年後、十数年後の健康被害が出ないことを祈る。福島原発の今後だけではなく、核廃棄物の今後を考えていかねば何も解決しない。日本ではやはりあそこしかないだろう。。。
 
ドイツでも核の最終処分場を巡って反対派が抗議しているようだが、原発を無くす方向で政府が動いているにも関わらず、捨てる場所では反対する国民がいる。地下600mに放射能を封じ込める洞窟のようなものがあるらしい。岩塩の採掘場だったような所が候補地になっている。日本ではそういった地下深くに管理するような場所があるのだろうか?無いなら掘るしかないだろう。地震の影響も無く、地下水の汚染の影響も無い場所。国民はいつか決断を迫られるでしょう。今の政府が先送りにしても、次の政権が覚悟を決めることになろう。

2.5 右から考える脱原発集会&デモ in大阪 開催案内

2.5 右から考える脱原発集会&デモ in大阪 開催案内

期日:平成24年2月5日(日) 午後1時より集会 午後2時デモ出発

集合場所:西梅田公園(大阪市北区梅田2−6)
(最寄り駅:JR大阪環状線「福島駅」・阪神電鉄東西線「福島駅」より 徒歩7分ほど。)

デモコース:西梅田公園〜関西電力前〜筑前橋〜土佐堀通り〜淀屋橋交差点右折〜御堂筋南下〜南海難波駅前通過〜元町2交差点右折〜難波元町小学校近くの元町公園付近(流れ解散)

---------------------------------------------------------
東日本大震災によって福島第一原発事故が起こり、右から考える脱原発ネットワークが発足して東京デモ、横浜デモ、船橋デモ、銀座汐留デモ、アフターファイブバージョンデモ等にて脱原発を訴えてまいりました。

東京都内及び関東圏内で認知された右から考える脱原発ネットワークの次のシフトとして、地方での活動開催により原発の危険性を訴えます。

東日本大震災、福島第一原発事故によって露呈された危険な原発の危機管理体制と事故後の対応。

それは各地方にとっても、今後の重要な問題です。

大阪、関西圏においても脱原発を訴え麗しき山河を守りましょう!

右から考える脱原発ネットワーク 関西世話人 神鬼
-----------------------------------------------------------
また、当運動体の呼びかけ人でございます針谷大輔さんも参加されることが決定いたしました。
共に大阪の町を歩きましょう!

 
(注意事項)
1)防寒着など温かい格好でお越しください。
2)各団体の幟や旗及び趣旨にふさわしくないプラカードや服装・言動はお断りとさせていただきます。
3)記録撮影及びライブ中継を予定しています。顔を写されたくない方はマスクなどのご用意をお願いします。
4)取材を希望される方は、当日受付にてお申し出ください。

以上、よろしくお願いします。

街頭演説のお知らせ

 
平成24年1月29日  AM11:30頃~
 
南海難波駅  高島屋前
 
お題・・・色々
 
 
 
 
 
<注意事項>
道交法第77条、大阪府条例により、人が集まりだしたら演説中断します。
歩行者の邪魔になるような所で立ち止まる場合、注意致します。
<補足>
どなたでも飛び入り演説歓迎
酒、薬物禁止(当然)
思想問わず
批判は受け付けますが演説終了までお待ちください。

第61回 論叫警鐘辻説法



 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
数日間続いた雨も本日は止んだ。なかなかの確率で日曜日は晴れているこの数年。本日も予定より1時間遅れ(常習)で開始。
 
 
お題・・・核(脱原発と核武装)
 
 
TPPにしても、原発にしても、消費増税にしても、賛成派と反対派が分かれている。政治家、専門家の中でも意見が分かれる。ツイッターやらブログの中で自分と対立する考えを論破する事を生きがいにしているような人らがいる。よく分からないが、楽しいのでしょうか?
 
私は勉強不足なりにTPP反対、脱原発、消費増税反対である。TPPの議論以前に中身を知らずに、ルール作りに入れずに賛成とは言えない。原発は東電と政治家の関係が利権を生み、それが選挙にも強く影響しているからである。なによりも福島原発の二の舞は御免である。消費増税は官僚の傀儡法案の何者でもない。国民の生活を本当に考えているのか?疑問である。
 
野田が解散総選挙も辞さず、消費増税を貫く覚悟と言っている。では解散総選挙で消費増税を民意に問うという形になるかといったらNOである。消費増税法案成立後の解散総選挙と言ってる野田に覚悟は無い。歴史に名を残したいだけの売国奴である。その様な覚悟のない人間が、原発を稼動させようとし、TPPに参加しようとしている。将来、日本国民が困り果てた頃には野田は悠々自適の生活を行うのだろう。
 
 
本日コーヒー差し入れのおじさんありがとうございます。ただ、拾ってきたかのような青いパーカー、シルバーの指輪はどうしたらいいのか(笑)?お気持ちは有難く受け取りました。

亀井・・・まだいたんだ。

亀井氏「既成政党は賞味期限切れ」

2012.1.21 17:56
 
民主党大会であいさつする国民新党の亀井静香代表=16日午後、東京都内のホテル
 国民新党の亀井静香代表は21日、提唱する新党構想に関し「各党とも賞味期限が切れている。政界に従来の方程式が通用しなくなり新しい党が生まれてくる」と述べ、政界再編を目指す考えを強調した。広島県三原市で記者団に語った。
 同時に「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長が次期衆院選での独自候補擁立に意欲を示したことを「歓迎する」と表明。「共鳴する点がたくさんある。国を思う気持ちが同じなら連携することになる」と述べた。


 
 
 
お前は消費期限切れだ!
 
 
 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
 
国民新党が未だに政権与党である事を覚えてる人はどれだけいるのか?
 
内閣改造の際に選ばれない国民新党。民主党の体たらくにも檄を飛ばさず、喝も入れず、所属議員が少ない上に華もなく、「民主党の暴走を止めるのは国民新党しかいない!」といいつつも・・・
 
 
原発推進の動きも止められず(賛成か?)
TPP(賛成か?)
消費増税(賛成か?)
韓国5兆円支援(韓流か?)
慰安婦像設置問題(韓流か?)
社民の服部による反日デモ(やっぱり韓流か?)
 
 
様々な問題が山積しているにも関わらず、保守として考えねばいけない事案でさえも、な~んにも亀井から聞こえてこない。TV出てるか??
 
 
暴走を止めれず、暴走に混ざっているかのような国民新党が自称保守政党であるならば、消費期限がとうに過ぎて腐食し始めている。小沢の政局重視と同様に、亀井も政局重視である。大阪維新の会の勢いを感じ、「連携する用意はある」などと今に言うであろう。新党構想など誰が乗っかるのか?鳩山邦男、舛添要一の賞味期限切れ組が存在アピールする程度の新党であれば古い体質の政治家の集まりとしか思わない。
 
 
 
 
国民新党も亀井も・・・既に終わりです。
 
 
 

街頭演説のお知らせ

 
平成24年1月22日  AM10:30頃~
 
南海難波駅  高島屋前
 
 
お題・・・核
 
 
<注意事項>
道交法第77条、大阪府条例により、人が集まりだしたら演説中断します。
歩行者の邪魔になるような所で立ち止まる場合、注意致します。
<補足>
どなたでも飛び入り演説歓迎
酒、薬物禁止(当然)
思想問わず
批判は受け付けますが演説終了までお待ちください。

普天間基地移設の候補地を未だに模索?

 
 
首相 嘉手納統合「選択肢」
 
 

2012年1月17日 09時49分
(36時間8分前に更新)

 【東京】民主党県連の喜納昌吉代表代行は16日、野田佳彦首相と都内のホテルで会談し、米軍普天間飛行場の移設先として名護市辺野古沖を断念し、米軍嘉手納基地への統合を検討するよう申し入れた。喜納氏によると、野田首相は「選択肢の一つとして考慮の余地がある」として否定せず、一定の理解を示したという。2009年の政権交代以降、民主政権の首相が嘉手納統合案を「選択肢」と言及するのは初めて。喜納氏は17日にも内閣改造で副総理に就任した岡田克也氏と会談し、同様の考えを要請する。(銘苅一哲)
 会談は同日の民主党の党大会の終了直後、約20分間行われ、喜納氏とともに同党元副代表の石井一参院議員、政府側は首相、斎藤勁官房副長官、長島昭久首相補佐官が出席した。
 喜納氏は辺野古沖の埋め立ては仲井真弘多知事や県議会、稲嶺進名護市長が反対する中では不可能と指摘した上で、代替案として嘉手納統合案を検討するよう提案した。
 野田首相は検討を否定しなかったものの、「米軍内でも反対する意見があるようだ」とし、課題の多い案であるとの認識を示したという。
 嘉手納統合をめぐっては自民政権時に浮上したが、政府案としては採用されなかった。09年の政権交代後の鳩山内閣で外相だった岡田氏が日米閣僚級の協議で統合案を支持したが、周辺自治体の反発や米軍の運用上の問題も米側から指摘され、10年5月の日米合意で辺野古に回帰。合意以降は元首相の鳩山由紀夫、菅直人両氏ともに辺野古以外の案に言及したことはない。
 一方で、同党県連はこれまで普天間問題をめぐり県外・国外移設を主張し続けてきている。喜納氏は「今後県連内の意見を集約する」としているが、県連として統合案を掲げる場合には政策転換の説明責任が問われることになる。
 喜納氏は会談後、沖縄タイムスの取材に対し、主張が県外移設から嘉手納統合となった理由について「私が必要だと考えるのは普天間の即時返還と辺野古断念。移設が米軍基地内で処理できるなら沖縄全体の負担は減り、合理的だ」と説明した。
【沖縄タイムス】http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-17_28604/


 
 
\¤\᡼\¸ 1←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
 
野田総理がTPP推進を表明して米国との同盟関係を強めた形になっている。しかし、普天間基地移設を名護市辺野古沖へと進めるはずが、自民党時代に却下になった嘉手納基地の名前が挙がる。これでは鳩山の二の舞になりかねない。米国との関係性に亀裂が入れば支那が動く。再び尖閣諸島での漁船衝突の様な事件が起こるかもしれない。
 
沖縄県仲井真知事、名護市稲嶺市長、沖縄県民の反対派を説得もせず、総理になってから一度も沖縄を訪れない野田には、普天間移設は沖縄県側の県外国外断念を期待しているか・・・もしくは次期総理への持ち越し懸案としか考えていないように見える。
 
普天間移設が遅れれば遅れるほど、米国との同盟関係は悪化する。一度信頼を失った日本は、二度も信頼を失う道を辿るのか?TPPはその為の保険なのか?民主党の無策無責任が露呈し、沖縄県は鳩山の詐欺発言を実現させようと躍起になっている。
 
民主が妥協案を模索しても、沖縄が意地を張り続けても、結果的に喜ぶのはTPPという保険を手にした米国なのではないのか?今現在の世界情勢を見ても、イランの緊張状態が続き、北朝鮮の動向も不安定である。台湾は支那共産党寄りの馬総統が再選を果たし、ロシア、韓国、支那のTOPが誰になろうとも、日本を取り巻く情勢はなんら変わらない。日本独自で自主防衛するならまだしも、自衛隊に自衛権も与えず、米国との同盟関係を弱体化させるような方向へと舵を切っていく野田総理に、危機感を持たずにいられない。
 
こんな状態で「消費税増税」が決まった場合、100歩譲って日本の税収は増えたとしても、『イランvs米国』『韓国vs北朝鮮』の緊張から有事に変化した場合、日本は後方支援で米国に支援する事になるだろう。さらに米国ルールのTPPが実際のものとなったら、日本国民の日常生活は米国に握られる事になる。さらに普天間基地移設の結果がどうなろうとも、再び米軍により有期使用される事であろう。
 
野田・・・保身に走らず覚悟をもって解散せよ!

チーム関西主催 ビックカメラ前 捏造慰安婦問題街宣

 




 
 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
辻説法は警察官二人の不当要求?により1時間30分で終わる事になった。チーム関西主催の【新春・着物、和装デモ】韓国の従軍慰安婦・強制連行の嘘に騙されるな!のデモ終了を見届けて、その後ビックカメラ前での街頭演説会を傍聴させて貰う事にする。
 
役所や領事館などに直接抗議という形もアリなのだが、定期的に街頭で訴える大切さがどれだけ効果あるか分かった事が、傍聴していた私の感想である。普段私はひとりで演説している。どれだけ効果的か分からないのが本音だが、チーム関西は大人数、生中継で世論に訴えかける。とにかく多数の人が聞いているし見ている。TVでは絶対に放送しない韓国、朝鮮に関する抗議の声をあげている。途中脱線した気もするが、妨害する連中も来ず有意義な時間を過ごさせてもらった。
 
チャンネル桜でさえ放送しない市民団体の行動を一度まじかで見て欲しい。活動の方法論を語りだしたら十人十色。チーム関西を批判する人間も多数いるが、参加してからモノを言わねば失礼だ。民族派団体にしても同じである。実際に目の前で話を聞いて、判断しなければ失礼である。訴える内容は誰もが怒りを覚える韓国の日本に対するネガティブキャンペーン。反日国家の日本叩きである。その韓国と民主党がどのような関係を保っているか、報道、ネットを見ている人達に分からない人はいないだろう?
 
数人の弁士が交代しながら演説し、途中から来られた『桂田様』の演説を生で聞くことが出来た。後にご挨拶をさせて頂きました。ありがとうございました。
 
本日の「デモ~演説会」まで参加されてた方々、お疲れ様でした。
チーム関西の皆様、頑張れ日本の西谷様、おつるさん、桂田様、風邪引かぬようお身体ご自愛ください。また活動に参加、傍聴させて頂きます。
 

第60回 論叫警鐘辻説法


 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
日の丸行進の後に荷物を持ってきて、南海難波駅前にて辻説法開始。人通りはまばら。しかし聞いてくれている人、うなずいている人は多かった気がする。いつものビラをセットし15:00から始める。
 
 
お題・・・民主党の無責任政策
 
 
終わらない民主党政権。歴史に残る無残な政権。東日本大震災からもうすぐ一年が経とうとしているにも関わらず、地元の大きな変化も聞かない。福島原発も冷温停止しているかのような形で事実を隠し、福島原発周辺に帰りたいという住民の想いも薄れ始めていることだろう。韓国への5兆円の支援、ASEANへの2兆円の支援は日本がすぐにやらねばいけない事ではなかったはずである。日本を心配してくれているブータンのワンチュク国王夫妻に対する不敬行動、不敬発言は政治家のみならずフジテレビまでも知らぬ存ぜぬで通している。
 
誰が悪いのか?誰の得になるのか?誰が責任を取るのか?
 
 
日本は重症である。内部から腐っている。政治家は自らの保身に必死なのは仕方ないが、度が過ぎている。国民の民意のレベルが下がれば政治家も下がる。保守議員と自称する人間が「批判する者=敵」と認識するほどに、国民に耳を貸さない。耳を貸しても威嚇、威圧、恫喝に終始する。自分は真面目に政治に携わっていると自負している人間こそ、己の党の矛盾を糾さない保身に走る政治家である。
 
政治の場で1つの政策を実現するために、自分の選挙区に住む有権者だけを大切にしがちだが、本当にそれでいいのか?何期も連続で当選しなければ政策1つ実現できないのもわかるが、威嚇、威圧、恫喝を行い、自らの信念という殻に閉じこもっているならば、ネットで情報発信することを辞めればいい話である。
 
国民はいつか来る解散総選挙に向けて用意すべきだ。政治家を調べ、どんな考え方を持っているか、どんな背後関係があるか、真摯な態度で国民と接しているか・・・調べねばこれまで66年間の政治屋をせっせと作り出すだけである。民主党は解散、解党すべき政党であり、自民党は監視し続けないといけない政党である。今年の9月に「民主の代表選」と「自民の総裁選」が行われる。誰が選ばれようとも、解散総選挙はそれ以降になるだろう。
 
 
 
 

平成24年1月15日 【大阪】 日の丸行進会参加

 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
去年までの活動はひとりでの辻説法に終始してきた。(飛び入り参加有り)
 
 
その中で様々な人との出会い、様々な人からの激励、差し入れ等(カンパは拒否)有り難く受けてきた私でした。その様々な人とは普通の人はもちろん、右から左までおり個人から団体まで色々です。十人十色の考え方を勉強する機会にもなり、色んな裏情報も頂いた。思想は違えども共感する部分は尊重しながら活動に生かし、今後に生かすつもりである。そういった人達の行っている活動に今度はこちらから飛び込む想いが強くなっている。
 
 
ツイッターでのプロフィールで、私の思想を例えるならば「反米民族主義者との認識をお持ちください」と説明はしているが、いざ、活動となれば目の前の問題を捉え、地道な啓蒙、抗議をしなければ何も始まらない。同志の皆さんが「え?」というような事にも参加し、人との繋がりを広めて色んな意見を聞くために、今年からは様々な市民団体の活動、勉強会、講演会に参加していこうと思っている。その第一弾が「日の丸行進の会」への参加である。
 
 
主催 日の丸行進の会/頑張れ日本!
 

 

 

 
今回で第6回目の日の丸行進である。寒さや他のイベント事もあったようで、参加者は以前より少なめであった。それでも100人程が行進。行進しながら日本の唱歌を歌い歩く。
 
<唱歌>
日の丸の旗
お正月
一月一日
ふるさと
冬の夜
 
唱歌の途中に私たち(日の丸行進の会)の主張を連呼する(シュプレヒコール)
 
<主張>
祝祭日には日の丸をかかげましょう
国歌「君が代」を祝典では斉唱しましょう
日本の唱歌を守りましょう
がんばろう!日本!
勇気を持って日本を立て直して行きましょう
自衛隊の皆さんありがとうございます
自衛隊の皆さんは日本の誇りです
被災地の皆さんとともに支え合ってゆきましょう
国を憂う人は日の丸をもって集まりましょう
警察官の皆さんありがとうございます
 
 
今回参加して気になったことは、行進の隊列がバラバラだった事。警察の指導どおり横3列の縦隊で列の間を2mほど取ると、綺麗な行進の形が出来上がり、日の丸も重なる事は無いのですが画像のとおりうまくいかない。その辺りは民族派団体の行進(天長節、紀元節)を真似てもいいかと思った。
 
 
次回の行進は2月19日(日)となります。毎月第3日曜日に行われる模様。詳しくは「頑張れ日本」「日の丸行進の会」「チャンネル桜」などで告知をご覧ください。時間が合う限りこの行進には参加していこうと思っております。
 
 

街頭演説のお知らせ

 
平成24年1月15日 13:00~
 
第6回日の丸行進
新町北公園  (元厚生年金会館の南側公園)
 出発 13:30
主催 日の丸行進の会/頑張れ日本!
 
↑この行進に参加致します。
 
 
 
平成24年1月15日  10:00~(15:00~)
 
南海難波駅前にて辻説法
 
↑行進の前後に辻説法の予定。変更あるかもしれません。
 
 
<その後の予定は流れに任せて動きます。>

社民党 内部亀裂か?

 
 

社民党首選:福島党首の対立候補擁立へ 阿部知子氏ら

 社民党の阿部知子政審会長、照屋寛徳国対委員長らは12日午前、国会内で記者会見し、20日告示の同党党首選で、5選を目指す福島瑞穂党首の対立候補を擁立する意向を表明した。実現すれば、96年に社会党から党名変更して以来、初の選挙になる。
 会見には阿部、照屋両氏のほか、服部良一国対副委員長が出席。山内徳信参院議員は欠席したが、同時に発表した声明に名を連ねた。声明は「福島党首の在任期間は8年を超え、党勢は着実に後退が続いている」と指摘。阿部氏は会見で「(国政・地方)選挙に敗北したら、結果責任を取ることを含めての党首だ。それが一貫してなされてこなかった」と批判した。
 一方、福島氏は12日午前に党本部で開かれた党三役会議で党首選に立候補する考えを正式に表明した。【佐藤丈一】
毎日新聞 2012年1月12日 12時59分


瑞穂危うし
 

 
対立候補者は誰になるのだろうか?
 
 

 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
誰になろうとも知ったこっちゃないのが本音だが、2009年政権交代し政権与党になった社民党。【普天間基地の県外国外移設】に拘り、沖縄県のあらゆる労組を取り込んできた。その後「福島瑞穂少子化担当大臣罷免」となり、与党から野党に転落。政権与党に未練タラタラの辻元清美元国交副大臣が前原元国交大臣と抱き合い抱擁・・・
 

 
辻元「うち、本当はこういう結末避けたかったの。」
 
お昼のメロドラマか!
 
 
辻元が社民党を離党し無所属になり、現在は政権与党民主党へ入党。社民党の次なる党首候補を失ったショックに加え、党内の不協和音を何とかしないとと考えた瑞穂は、参院選敗北後に国民新党との『統一会派に了承』する。 http://blogs.yahoo.co.jp/wnjhr964/16128880.html 
 
 
その後、統一地方選で微妙な当選人数。政権与党をイチ抜けしたにも関わらず、世間の目は騙せない。普天間基地移設で瑞穂が頑なに反対していた頑固路線に違和感を覚えたのだと思う。瑞穂が党首になってから8年を超え、政治手法にも限界を感じている。事実上の瑞穂不信任案を突きつけたのが社民党の冴えないおばはん「阿部知子」。最近TVの討論番組にもチラホラ出てくるおばはんである。話し合いで党首交代しない理由はなんなのか?前回は瑞穂の説得により諦めたようだが・・・。
 
本日(1月12日朝刊)産経新聞に対立候補で名前が挙がっているのは・・・
 
・去年10月韓国ソウルの在韓日本大使館前で反日デモを行った一年生議員「服部良一」
・沖縄県議会x1、社会党から参院x1、社民党から衆院x3当選を果たしている普天間県外国外強硬派(社民自体が強硬派であるが…)照屋寛徳」
 
民主党以上の人材不足を抱え社民党が賭けにでる。数えるほどの国会議員と、地方議員、2万人の党員(驚愕)で代表選を行うようである。誰が党首になろうともこの亀裂は修復不可能。瑞穂が党首落選になった時にどんな役職になるのか不明。幹事長職辺りに落ち着くだろうが、顔も名前も知れ渡っている瑞穂が口を出さずにいられないだろう。そこで再び亀裂。少数政党には亀裂が入ったら代表選ではなく、話し合いで結論を出さねば社民党崩壊するだけである。
 
・・・以上の事を総合すると・・・
 
社民党はこのまま瑞穂に対立候補者を出して代表選挙を行い、亀裂が入ったままの状態で政治を行い亀裂が大きくなりる。待っているのは党の分裂、国会議員の離党!楽しみである。
 
 

第59回 論叫警鐘辻説法

 
 

ビデオカメラ忘れました・・・携帯電話での撮影。
 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
本日は晴天なり!AM10:00頃に大阪護国神社へ初詣に行く。参拝を済ませ、おみくじを引くと「末吉」・・・考え方の違う人との話で自分の意見を押し通すと関係がこじれる恐れあり・・・そんな事が書かれていた。見透かされている気もする。。。神社にて交通安全のステッカーを買い、すぐさまミナミヘ。
 
AM11:15分頃に辻説法開始。日曜日の割に少なかった街行く人々。しかし、辻説法を始めると遠巻きに人が足を止めてくれている。
 
 
お題・・・時事関連(民主党分裂~北朝鮮、韓国、支那~脱原発の重要性)
 
 
とある有志の方が作ったと思われる拡散ビラを両面刷って自由に持って帰って貰える様に置いといた。数名の方がそれに見入っている。この拡散ビラは民主党が解散総選挙するまでの間行います。男性の方から、うら若き女性までがビラを丁寧に折ってお持ちかえり・・・ありがとうございます!
 
説法の内容は・・・いつまで続くか分からない民主党政権の延命に我々国民の生活が道具にされ続けている。それが消費税増税であり、原発の廃炉原則40年であり、諸外国に対する政府の対応である・・・との内容。
 
今年2012年は世界で新しい大統領、主席、首相が生まれるかもしれない年である。日本の解散総選挙も今年に行われるかもしれない。我々国民の民意を完全無視してきた民主党政権に天罰ならぬ、民罰を与えねばいけない。選挙で落とす事だけではない。その後の左翼議員共の動向を監視し、東日本大震災~福島原発~韓国5兆円支援~支那国債購入~TPP参加(議論)参加表明、パンダ外交の尻拭いをさせねばいけない。いつまでもいつまでも・・・潰しにかからねばいけない政党であることをご理解ください。国民がたちあがって民主に対する抗議を行動に移して欲しい。
 
 
 

街頭演説のお知らせ

 
平成24年1月8日(日)
 
午前中 大阪護国神社参拝致します。
 
 
南海難波駅前 AM11:00頃~(決定)
 
豊中市阪急曽根駅前 PM3:30頃~(未定)
 
 
 
お題・・・時事関連
 
 
<注意事項>
道交法第77条、大阪府条例により、人が集まりだしたら演説中断します。
歩行者の邪魔になるような所で立ち止まる場合、注意致します。
 
<補足>
どなたでも飛び入り演説歓迎
酒、薬物禁止(当然)
思想問わず
批判は受け付けますが演説終了までお待ちください。
 
 
 

ゴルアアアアアアアアアアアアア!!警視庁~~~~!!

 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
 
警視庁お馬鹿過ぎるだろ? 

オウム真理教関係特別手配被疑者 指名手配写真の現在・・・

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/tehai/oumu.htm
 

 
警視庁のオウム指名手配犯の『平田』の部分を、恥ずかしげもなく
「検挙しました。」としている。
 
 
平田信の大晦日当日の出頭の経緯が接見弁護士から報告された。
 
大みそかから元日にかけて、オウム真理教の平田 信容疑者(46)が出頭、逮捕された。
17年近くにわたる逃亡の果てに、2011年大みそかの夜、警察に出頭し、逮捕されたオウム真理教の平田 信容疑者。
警視庁による防犯カメラの解析の結果、平田容疑者は大みそか、JR品川駅からJR大崎駅へ向かった疑いが強いことが新たに判明した。
そのJR大崎駅から、平田容疑者は、徒歩で大崎警察署へ向かった。
しかし、午後9時ごろ、平田容疑者は出頭しようと大崎警察署を訪れたが、1階からエレベーターを使って2階に上がらないと入り口がなく、わかりづらいことから出頭を断念、JR大崎駅へ引き返したという
接見した弁護士によると、その途中、公衆電話から、警察が開設しているオウム真理教の情報提供フリーダイヤルに、およそ10回電話したという。
しかし、話し中でつながらなかったため、平田容疑者は、自ら110番通報したとみられている。
「平田 信は大崎署の手配ですか?」と通報があったといい、対応した警察官が「警視庁の手配です」と答えると、「はい、わかりました。すみませんでした」と言い、電話が切れたという。
その後、山手線に乗り、3駅先の恵比寿駅で下車、そこで1時間以上、駅周辺の商店街を歩いたり、食事をしたとみられている。
恵比寿駅近くの店の従業員は、「1月1日の朝に、警察の方が、こちらに防犯カメラのことについて聞きに来ました」と語った。
そして平田容疑者は、恵比寿駅から東京メトロ・日比谷線に乗り、警視庁本部に近い霞ケ関駅へ向かった。
霞ケ関駅からおよそ200メートル、平田容疑者は警視庁に到着すると、門に立っていた機動隊員に声をかけたが、いたずらと思った機動隊員は、丸の内警察署に行くよう指示したという。
「平田 信です。出頭しに来ました」と話す平田容疑者に対し、機動隊員は「警察署や交番に行ったらどうですか? あちらに丸の内警察があります」と話した
これに対し、平田容疑者は「特別手配の平田 信なんですけど」と語ったという。
桜田門前の警視庁本部から丸の内警察署までは、距離にしておよそ650メートル。
歩いて丸の内警察署に着いた平田容疑者は、入り口に立っていた女性署員に話しかけた。
「特別手配されている平田です」と声をかけられ、驚く女性警察官に、平田容疑者は「ほら、僕、背が高いでしょ」と話したという。
そして平田容疑者は、入り口の階段を上がり、女性警察官と同じ高さに並ぶと、「183cmあるんですよ」と語ったという。
その後、指紋から平田容疑者は本人と確認され、署内は騒然
となったという。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00214643.html

懸賞金最大500万円があっちこっち歩き回り、警察に幾度も電話し、警察官に幾度も話しかけ、警察官に「平田信です。」と名乗っていながらも、たらい回しに合った可哀想な平田信。この時期に絶対逮捕されていなければいけない理由というものがあったからこそ、たらい回しに合おうとも最後の650mを歩いて丸の内警察署に出頭したものと思われる。
 
上記の接見弁護士の話の中には無かったが、丸の内警察署の女性警察官も、平田信と言われても信じず、嘘を言っていると思ったらしい。16年10ヶ月という逃亡生活の中で、当時10歳前後の子どもが警察官となり30歳弱。名前を知らないだの、顔が分からないだの警察官を擁護する意見もあるようだが、そんなものは言い訳にしか過ぎない。
 
日本の警察の検挙率は90%超えてる様な事を見聞きしたことがあるが、日本の歴史上3本の指に入るほどの、危険で凶悪な犯罪を行ったオウム真理教の指名手配犯が出頭しているにも関わらず、この有様である。
 
無実の人間を逮捕し、恫喝で罪を認めさせ、微罪で長期間身柄拘束する様な警察が、こんな体たらくでは警察の恥どころか、日本の恥を晒している。逮捕に至るまでに平田と関係した警察官、その直属の上司、さらに警視庁幹部の不手際を謝罪し、減給処分する位の反省が必要である。
 
 
 
警視庁のアホ~!(´・ω・`)y-・~~
 
 
 
大阪府警も他人事ではないぞ?指名手配犯の【小池】がどこかに潜んでるかもしれないのだから。

ちなみに私が指摘した「とある団体」の犯罪を調べろよな。今現在もあっちこっちで見かけるぞ?職務怠慢か?警務部に相談しようとも警務部も職務怠慢だろうから無駄足になるだろうな。今の警察には正義感の欠片も無い・・・駄目だこりゃ。
 
 

金正恩の意思というものはあるのか?


わが軍と人民は許さない」 北朝鮮が野田首相を名指し非難 拉致は「存在せず」
2012.1.3 18:13 北朝鮮
 北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、金正日総書記の死去に対し日本政府が公式に弔意を示さなかったことなどを受け、野田佳彦首相や藤村修官房長官を名指しして「日朝関係の展望をさらに暗いものにした。わが軍隊と人民は決して許さない」と強く非難する論評を配信した。後継指導者、金正恩氏の新体制になって北朝鮮メディアによる日本関連の論評は初めて。
 日本人拉致問題については、あらためて「もはや存在もしない問題」と主張。正恩氏が金総書記の対日強硬策を継承することが鮮明になった。ラヂオプレス(RP)によると、野田政権発足以降、野田首相を名指しで非難したのも初めて。(共同)


 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
野党に非難され
 
日本国民に非難され
 
言ったもん勝ちの敵国、『北朝鮮』にまで非難される野田
 
 
総理就任後の野田は、拉致被害者家族と面会し「拉致問題が解決するならいつでも北朝鮮に行く」との意欲を示した。・・・がしかし「拉致が解決しそうに無いなら北朝鮮には行かない」とも取れる発言には野田の他力本願的な本心が隠れている。
 
野田が北朝鮮との2国間協議の検討もせず、情報収集をすると言っただけ。その後支那に頼るような行動を見せている。もともと友好国とはいえない支那にモノを頼む方が間違いであり、尖閣諸島での事件を問題視せずに、北朝鮮による拉致問題解決に関する協力を求めに行っただけである。そしてドジョウはいいカモになる。支那国債購入の話はそういった経緯の下、始まったと思われる。
 
金正日死去を受け、野田がとった行動は強硬路線ではないが、様子見の姿勢ながらも経済制裁中の国家であれば当然の対応である。本当は経済制裁の追加も検討すべきであった。菅~野田の総理交代の際に何も引き継がれていない。拉致実行犯親族への献金を行った菅の最後の抵抗だったのかもしれない。
 
 
朝鮮総連の支持を受けている民主党
 
朝鮮総連の手足となっている議員も混ざりこんでいる
 
朝鮮帰化人までもが民主党に属している
 
民主党から拉致実行犯親族へ総額2億円もの献金が流れ
 
北朝鮮には核開発を止めろ!とはいえず
 
日本に蔓延する覚せい剤の取締りの根源を見ぬ振り
 
この様な連中だからこそ
 
拉致問題は解決に至らず
 
今に至るのである。
 
 
北が何と言おうと対話でどうにかなるなんて考えるだけ無駄である。まずは国内の在日企業、朝鮮総連、朝鮮学校を徹底的に調べ、在日韓国朝鮮人の総連関係者を取り調べる必要がある。
 
 
 
 
 
 
 

皇紀二六七二年の新春を奉祝いたし、貴方様には謹んで新年のお慶びを申し上げます。日本統治の台湾「助けてくれた日本人の将校さん」、韓国「捏造従軍慰安婦の碑」、本年も宜しく御願い致します







人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。

皇紀二六七二年の新春を奉祝いたし、貴方様には謹んで新年のお慶びを申し上げます。

昨年は格別の御厚情を賜りまして、ここに厚く御礼を申し上げ、本年もご指導、ご鞭撻の程を宜しくお願いいたします。

本年が貴方様にとって、日本国にとって、幸多き年となりますようお祈り申し上げます。

皇紀二六七二年 平成24年 元旦 財団法人・日本遺族会、近野滋之




東日本大震災発生により、世界各国から日本へ救助隊派遣や義捐金が贈られましたが、大東亜戦争終結まで同じ統治領(植民地ではない)だった韓国と台湾について、マスコミは韓国のことしか取り上げません。

台湾からは200億円を越える義捐金が贈られて、復興の支援にと訪日旅行もしていますが、一方の韓国は、在韓日本大使館前に捏造した従軍慰安婦の碑を設置するなど、上から目線で金をたかろうとしています。




私は一民族主義者として、真の日台友好を望む立場として、台湾による尖閣諸島・従軍慰安婦問題に抗議の記事を書いていますが、韓国が日本軍=極悪としていることが捏造だと証明するために、本日は、台湾統治時代の日本兵を簡単にご紹介させて頂きます。




助けてくれた日本人の将校さん

昭和20年の春、台湾南部を走る満員の汽車のステップに立ち、振り落とされまいと必死に鉄棒に掴まっている12、3歳の少女がいた。名は楊素秋(日本名:弘山貴美子)さん。

台南第一高等女学校(4年生の旧制中学)を受験するための参考書などを詰めたリュックを背負い、3日分の米と野菜を入れた布袋2つが両腕に痛いほど食い込んでくる。

隣に立っていた20歳ぐらいの日本人の将校さんが心配そうに「大丈夫ですか」と聞くが、もう返事をする気力も残っていなかった。将校さんが「その荷物を捨てなさい。早く捨てなさい」と言った。

ちょうど汽車は鉄橋にさしかかった所だった。鉄棒から片方の手を離して荷物を捨てた時、ゴーと鉄橋に渦巻く列車の轟音にハッとした楊さんは、左足をステップから外してしまった。「助けて」と叫ぼうとしたが、目の前が真っ暗になって、意識を失ってしまった。

遠くで聞こえていた大勢のざわめきが、段々と近くなってきた。誰かが頬を叩いている。「気の毒にね。いたいけな子供が。顔が真っ青だよ。」「いやぁ、その軍人さんがいなかったら、この子は川の中だったな。」

気がついたら、楊さんは知らないおばさんの膝の上に抱かれていた。おばさんはニコニコしながら「ああ、よかった。息を吹き返さなかったら、どうしようかと心配していたのよ」と、楊さんのおかっぱ頭を撫でた。

台南駅につくと、おばさんは楊さんを抱いて窓から外に出してくれた。窓の外には、あの将校さんが待ち構えていて、楊さんを抱き降ろした。

汽車のステップの上に立ち、自分の荷物を抱えて立っているだけでも大変なのに、その将校さんは気を失って転落しかけた楊さんをとっさに掴み、引っ張り上げてくれたのだった。下手をすれば自分も一緒に落ちてしまうかもしれないのに。

「あのう、、、お名前を教えていただけますか?」と楊さんが聞くと、将校さんはプッと吹き出し、「ハハハ、子供のくせに。いいから気をつけて帰るんだよ」と将校さんは手を振って、汽車に乗り込んだ。

爽やかな笑顔だった。汽車が遠くかすんで見えなくなるまで、楊さんはそこに立ちすくんでいた。将校さんへの感謝を繰り返し、武運長久を祈りながら。

楊さんは、その後、名前だけでも聞いておけばよかった、と50年以上も悔やむことになる。生きている間にもう一度お会いして、お礼を言いたい、、、そんな思いを抱きつつ、楊さんは戦後、成人してから小児麻痺の子供10人と健常者の子供20人を預かって育てあげた。

あの将校さんは自分の命を助けてくれただけでなく、他の人に尽くす力も与えてくれたのだった。

自分の国の兵隊さんは、こんなに素晴らしい

台南には日本陸軍の第2歩兵連隊が駐留しており、年に何回かある記念日には閲兵式があった。その行進の歩調は、イチニ、イチニとピッタリ揃っていて、沿道を埋め尽くした人々が、みな固唾を呑んで見とれていた。

ある日、演習があって、楊さんの家の前の木陰で休んでいた兵隊さんが立ち上がろうとした拍子に銃を落としてしまった。上官がそれを見て、兵隊さんに鼻血が出るまでビンタを張った。

ぶたれながらも兵隊さんは気を付けをしたまま、敬礼して「ありがとうございました」と言うだけだった。その敬礼は崩れず、実に格好良かった。

その様子を息をこらして見ていた楊さんは、子供心にも軍の厳しさを感じ取った。兵隊さんでだらしのない人は一人も見たことがなかった。自分の国の兵隊さんは、こんなに素晴らしいのだと、楊さんたちは誇りにしていた。

昭和18年、楊さんが5年生の時には、台南市でも米軍の爆撃が激しくなり、一家で祖母のいる大社村という田舎に疎開した。そこにも日本の若い兵隊さんたちがおり、日本語の話せる楊さん一家に、自然に遊びに来るようになった。

楊さんの母親は兵隊さんたちを自分の子供のように可愛がって、おやつやご飯をたくさん作って、たらふく食べさせた。満腹になって帰って行く兵隊さんたちには「明日もおいで」と声をかけた。

兵隊さんたちは、お礼代わりに、水汲みを手伝ってくれたり、また支給品の三角巾や薬を使わずに持ってきてくれた。

中には自分が使っていた立派な万年筆を楊さんの父親にあげようとして断られると、「お願いですから使って下さい」と半ば強引に置いていった兵隊さんもいた。

兵隊さんたちはお互いの間では「おい、こら」などと言っているのに、楊さんに向かうと「喜美ちゃーん」とニコニコしていた。子供にはとても優しかったのだ。

軍隊では時々映画を見せてくれるので、そういう時は「喜美ちゃーん、映画に行かんか」と誘ってくれる。楊さんは「はーい」と言って元気に家を飛び出す。5年生で小さな楊さんは周りが皆兵隊さんばかりで画面が見えないので、いつも肩車してもらうのだった。

(国際派日本人養成講座)抜粋
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h16/jog361.html



日本統治時代の台湾は「助けてくれた日本人の将校さん」と感謝をしていますが、韓国は捏造した従軍慰安婦の碑など反日国家で、平成24年は民主党政権倒閣・反日勢力根絶のために戦いましょう。

良識ある日本国民の皆様、拙いブログですが本年も宜しく御願い致します。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。