スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第53回 論叫警鐘辻説法


 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
本日は雨予報…大阪マラソンの為難波以外での辻説法。
 
先週、東大阪の布施にて初の辻説法を行った。人通りは少ないがしばらくの間、地元にて定期的に行うことにすると決めた訳で。。。午前中は布施駅前にて1時間ほど訴えてきました。
 
お題・・・TPP 売国
 
朝からTPPの議論をさせる番組を見ていたが、何故かTPP反対派ではなく、TPP慎重派という形にされている。『議論の席に着かないことが国益に反する」というTPP賛成派には、「期待をさせといてお預けを喰らわす」事が日本の信頼感を損ね、後の国益をも損ねる事に気付いてないようである。それを知った上で議論の席に着くべきというのであれば、TPP賛成派は売国奴である。
 
1時間ほどの辻説法を終え、次なる○○市へ高速で移動。30分程で到着。車で場所を吟味し、数箇所場所を確認した末に決めた場所・・・
 

 
大阪府豊中市の【阪急曽根駅前】にて辻説法開始。何故ここを選んだかは下記の記事をご覧ください。
 
 
岡崎トミ子に引き続き、韓国ソウルの在韓日本大使館前で、韓国の反日団体と共に反日デモを行った『社民党 服部良一』事務所を構えるのが豊中市中桜塚。そこから程近い駅での辻説法を行うことにしたわけである。
 
お題…社民党 服部良一の売国行動
 
民主党の岡崎トミ子が今もなお国会議員の職に就き、国会答弁では言い訳に終始し、自ら国家公安担当大臣の役職を辞する事もせず、今に至る。それと同様に、社民党 服部良一が日本の血税で韓国に外遊し、日本の血税で反日デモに参加したとなれば、国会議員の資格どころか、日本人としての資格すら無い。血税で反日デモを行った事実を、地元である豊中市に広めなければいけない。抗議文、質問状も視野に入れ、これから毎週、豊中通いをする。
 
すぐに議員辞職してくれればなんら問題は無いが、そんな気はさらさら無いだろう。いつの日か訪れる解散総選挙の時に、有権者がしっかり判断してくれるように啓蒙説法を続けていこうと思います。
ただひとつ問題がある。比例代表で選ばれた議員である事。服部を糾弾しても、社民党を糾弾しても選ばれる可能性がある事が難点である。その時は再び服部個人の行った反日デモに対する罪、他を糾弾し続けるだけである。
 
そんな阪急曽根駅前での辻説法で、ひとりのお爺さんが激励してくださった。差し入れの品までもいつの間にか置いていって下さってた。お礼をいう間もなくお帰りになったお爺さんへ、この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございます!
 
スポンサーサイト

朝鮮高校無償化よりもヒドイ制度があるのを日本人は知らない。(知らされていない)

 

無償化より深刻な、外国人学校保護者補助金制度

朝鮮高校無償化もヒドイ話だが、
さらにヒドイ話がまだまだある。
 
朝鮮人乞食が文句をヌカしながら
日本人の税金にたかる現状はあちこちで見られているが、
この外国人学校保護者補助金制度のバラマキ。
 
これもまた超ヒドイ。
 
その理由として
まず一般国民に知られていないバラマキであること。
 
 
この制度を知っている日本人は果たして何人いるのか? (*´Д`)
 
地方自治体のホームページにもそれを隠蔽して
表示していないとこがほとんど。
 
東京23区のなかで15区は知らされていない。
 
公金の利用用途が知らされてないまま
日本人拉致犯罪国家、北朝鮮に流されている現実。
 
        怒れ!日本人!
 
 
役所ぐるみで朝鮮人に日本人の税金をコッソリ横流しする制度。
あらゆるところで腐りまくっている日本の政治。
 
 
外国人学校と言うが、アメリカンスクールなんかには出てない。
ほとんどは朝鮮学校だけ
 
即ち朝鮮人が日本の血税に吸い付いている状態だ。
 
しかも補助金額が年次ぐんぐん上昇させて、
今では年額一人あたり20万円ほど出してる自治体もある。
 
しかも所得制限も無し。
 
 
制度を改正、もしくは廃止にしようとすると
全国の朝鮮人が動員をかけて、FAXも流しまくって
恫喝・恐喝を繰り返し、制度を維持させようとする。
 
まさしく「ヤクザのメンタリティー」。
教科書採択の抗議と同じゴネ方だ。
 
 

この日本人差別制度を維持しつつ
朝鮮人学校無償化の「特権」も得ようと企んでいる。

 
 
 
我々はこの知られざる朝鮮乞食制度を周知させ、
このどうしようもない民族を日本から切り離す時期が来ていることを
健全な日本人に拡散させていくべきである。
 
 
↓応援クリック,お願いします。
くつろぐブログランキング~ニュース~社会カテ
 
 
 
 
 


転載元: My favorite ~Osaka, Japan~

円、最高値更新=一時75円73銭―NY市場、野田佳彦首相と安住淳財務相は見守り隊ではなく円高を断ち切る為替介入と日本銀行が供給する通貨量を増やせ、野田政権は被災地より韓国支援の売国政権







人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、NY外国為替市場で円相場が1ドル=75円73銭と戦後最高値を更新したのはご存知だと考えます。

円、最高値更新=一時75円73銭―NY市場

【ニューヨーク時事】25日午前のニューヨーク外国為替市場では、円買い・ドル売りの動きが再び加速し、円は対ドルで一時1ドル=75円73銭まで上昇、21日に付けた戦後最高値を更新した。欧州債務問題に加え、米国の追加金融緩和観測などを背景に円高圧力は一段と強まる一方で、大震災の傷が癒えない日本にとっては景気回復を妨げる大きな足かせとなりそうだ。
(時事通信)抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111026-00000011-jij-int

>ニューヨーク外国為替市場では、円買い・ドル売りの動きが再び加速し、円は対ドルで一時1ドル=75円73銭まで上昇、21日に付けた戦後最高値を更新

安住財務相は24日、21日に最高値を更新した円相場について、「行き過ぎれば断固たる措置を取らないといけない」と、円売り介入の準備に入ったことを明らかにしましたが、口先だけの見守り隊だから、25日も戦後最高値を更新しています。




>欧州債務問題に加え、米国の追加金融緩和観測などを背景に円高圧力は一段と強まる一方で、大震災の傷が癒えない日本にとっては景気回復を妨げる

「円」は、リスク回避時には安全資産として、リスク回避が後退してドル安の流れになっても買われているので、円高を断ち切るには、米長期金利の上昇と、日銀による一段の緩和策の実施により、日米金利差の拡大が必要です。

東証1部・2部上場の主なメーカー121社(3月本決算企業)のうち、2012年3月期決算の業績見通しで、期初の対ドル相場を「1ドル=80円」に想定した企業は60社(構成比49.5%)、83円が21社など、80円より円高に想定した企業はありません。




円高は企業の収益を直撃して、1円の円高で、トヨタ300億円・日産200億円・ホンダ150億円の営業減益になる計算で、円高対策として企業の生産拠点の海外移転、海外での部品調達など、このまま「円高」が続けば日本経済は大打撃を受けます。

円高は製造業を直撃して、中小の製造業は大手企業の動向に左右されやすく、全国の中小製造業656社への「円高により何らかの影響を受けた」のアンケート調査で、「あり」446社(構成比67.9%)、「なし」210社、約3社に2社が影響を受けています。




政府・日銀、円売り介入準備

政府・日銀は25日、海外市場で円相場が戦後最高値を付けたことを受け、円売り・ドル買いの為替介入を日本単独で実施する準備に入った。円が1ドル=75円台に突入した21日以降、安住淳財務相は「投機的な動きが行き過ぎれば、断固たる措置を取る」と介入実施の可能性を繰り返し示唆。
(時事通信)抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111026-00000003-jij-bus_all

>政府・日銀は25日、海外市場で円相場が戦後最高値を付けたことを受け、円売り・ドル買いの為替介入を日本単独で実施する準備に入った

欧米は自国通貨安を容認して円売りの協調介入は望めない状況ですから、2週連続で円相場が最高値を更新したことにより円買い圧力は強まるので、政府・日銀が単独介入しても、円高を止められる可能性は低いです。

>安住淳財務相は「投機的な動きが行き過ぎれば、断固たる措置を取る」と介入実施の可能性を繰り返し示唆

まだ見守り隊か!、安住財務相は早稲田大学社会科学部(夜間学部)卒、財務官僚といえば東大法学部卒のエリート集団ですから、学歴コンプレックスの安住財務相は財務官僚の操り人形で、野田首相も財務相時代は同じでした。

2010年8月24日、円相場は一時15年2ヶ月ぶりの円高水準となる、「1ドル=84円45銭」まで上昇、東証1部・2部上場メーカー121社のうち、101社は想定為替レートを「1ドル=90円」に設定していたので、円高・株安の嵐が吹き荒れる状況でした。

菅内閣で財務相だった野田首相は、「為替動向を極めて注意深く見守る」と、為替介入に積極的な姿勢を見せなかったことから、為替市場では一気に円買いが進んで、円高の対応に数日掛かりました。

リーマンショックで2008年以降、米国はドルを増やしていますが、日本はほとんど増やしていない状況が続いて、デフレ・円高・株安は、日本銀行が供給する通貨量が米国と比べて少な過ぎるからで、その結果として、米ドル安の円高になっています。




日米金利差の拡大には米国の協力が必要なので難しい状況ですが、日本は円高を断ち切る方法として為替介入だけではなく、日本銀行が供給する通貨量を増やすべきです。




私は本ブログ10月20日の記事で、野田首相の日韓通貨スワップ700億ドル拡大合意について書き記しましたが、この内300億ドルは、財務省の「外国為替資金特別会計」(外為特会)と韓国銀行の間でドルとウォンを交換するものです。

9月27日の衆議院予算委員会で、「みんなの党」の江田けんじ議員は、「増税をしないで外為特会を復興予算に使おう」と提案しましたが、野田首相と安住財務相は拒否したのですから、野田政権は復興支援よりも韓国支援を優先しています。




2011.09.27 衆議院 予算委員会 江田憲司(動画)http://youtu.be/9dimL7Q2A7Q

国民一人あたり100万円の外貨預金で40万円の損失・・・予算委で追及/外国為替資金特別会計

財務省所管の「外国為替資金特別会計」。ここに100兆円の外貨準備(資産)がある。
 すべて、国民からの借金(短期国債)で調達され、その大部分は米国債(73兆円)に投資されている。まさに、日本国民のお金で米国財政を支えている構図がここにある。「100兆円の思いやり予算」と言われる理由だ。

 それが、この急激な円高で莫大な為替差損を出しているのである。その額はなんと40兆円!国民一人あたりにすれば、100万円の外貨預金(投資)をして、40万円の損を出していることになる。

 これが民間会社であれば、即刻、社長はクビである。いや、事態がこんなに深刻になる前に「損切り」し、担当者はクビというのが民間相場だろう。
 しかし、財務省は逆に開き直り、胸をはって、この外為特会にある「積立金20兆円」が復興財源に使えない格好の理由としているのだ。国民のお金を100兆円も預かる、資産運用の当事者でありながら、漫然と巨額の外貨資産を放置した結果が、この莫大な国民的損失なのである。

 しかも、財務省から、この「100兆円ファンド」についての情報公開もリスク開示もない。外貨準備の適正規模についての定見もなく、為替介入後の「反対売買」による「為替リスク回避」策もない。無為無策の結果がこの損失なのだ。このファンドが「いかさまファンド」と称されるゆえんだ。

 そして、この一番の責任者が、何を隠そう、現総理の野田さんなのだ。この「為替損」と、そのリスクに備えるための「積立金」の推移をみると、政権交代後の、この二年間で26兆円、35兆円、そして直近では40兆円と、積立金(20兆円/為替変動リスク対応)をはるかに上回る規模で急激に増えているのだ。その間、財務副大臣、財務大臣を野田さんは務めていた。

 そうした、本来なら「クビ」の人が、この政府の中では総理に「出世」した。私の予算委(9/27)での追及にも、その責任をみじんも感じていないことが明らかになった。そして、この事実を国民の多くが知らない。メディアもなぜか黙殺している。国民的議論を切にのぞむものである。
http://www.eda-k.net/column/everyday/2011/09/10040.html

円相場が1ドル=75円73銭と戦後最高値を更新していますが、野田首相と安住財務相は、円高を断ち切るためには為替介入だけではなく日本銀行が供給する通貨量を増やすべきで、野田政権は被災地支援より韓国支援を優先する売国政権です。

良識ある日本国民の皆様、円高での野田政権についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

拡散希望 民主党本部前座り込み抗議行動は、今後24時間体制で継続予定

民主党本部前座り込み抗議行動は、今後24時間体制で継続予定。

10.25 18:30~ニコ生中継中

http://live.nicovideo.jp/watch/lv68572168?ref=ser

10/23現在徹夜組は5名。
この後リレー方式で可能な限り切れ間なく抗議活動を続けて行く予定。

☆☆☆急募☆☆☆

・ニコ生主随時募集!! 
 勇士達の姿を中継してくださる生主いつでも結構です。24時間体制でお待ちしております。
・明日の朝8時以降の座り込み参加者募集!!
 徹夜組の勇士達が明日朝までしかいられないようです。
 この運動の灯を消さないように、引き続きご参加お願いいたします。

☆☆☆差し入れ☆☆☆

・飲み物(大きな声を出して喉が痛むので、あって困らないとのこと)
・のど飴類
・食料は大歓迎(常温でもつ物とか食料のストックがあると安心とのこと)

☆☆☆参加について☆☆☆

明日10/24からは平日なので、民主党本部にも多く出勤してくることと思います。
ここからが本番です!!国民の怒りを民主党にぶつけましょう!!
建物内にはかなり声が響いていると思います。
毎日毎日朝から夜まで国民に罵られるのは、いくら面の皮の厚い民主党の奴らでもこたえるでしょう。
通勤通学の行き帰りにでもぜひ立ち寄って、1時間でもいいので民主党本部へ怒りをぶつけてください。
大声を出すとスッキリします。ストレス解消と何より国のためにぜひともお願いします。
これから持久戦の戦いになります。

なお、19時まで拡声器の使用は可能です。
その後は肉声でもOKです(夜遅くはご近所に迷惑にならない程度に)。
おまわりさんはとっても親切です。なるべく指示には従ってください。

以上、皆さんのご参加と拡散をよろしくお願いいたします。


転載元: 日本を守る為に私たちができること

恥ずかしくないのか?

 

仕分け人に仙谷氏ら8人決定 民主党

2011.10.25 18:50 民主党
 民主党は25日の政策調査会役員会で、政府の事業仕分け第4弾にあたる「提言型政策仕分け」の仕分け人として、仙谷由人元官房長官ら8人を充てる人事を決定した。
 
仙谷氏以外の仕分け人は以下の通り(敬称略)。
 辻元清美、吉良州司、寺田学、階猛、玉木雄一郎(以上衆院議員)、大塚耕平、藤本祐司(以上参院議員)
 


 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
 
民主党の事業仕分け第4弾を始めるらしいが、まずは仕分け人を仕分けなければいけない。誰もがこのメンバーを見たら少なくとも2人、極左が混ざっている事に気付く。
 
仙谷由人  辻本清美
 
 
この二人の売国ぶりはwikiでも読んでくださいませ。
 
事業仕分けのメンバーの中に寺田学という議員がいる。この議員のHPに飛んでみると、恥ずかしげも無く色々と書かれている。おそらく政権交代前から更新、変更はされていないはずである。
 
寺田学
 
 

 

¼¡Âå¤οʹ֤Ȥ·¤Æ


今の政治家は、後世のことを考えたことがあるのだろうか?無計画に借金を積み重ね、方向性もなく、その場しのぎの政策に溺れる。
そんなビジョンなき無責任政治が生み出した多くの「ツケ」。そのツケを払わされるのは他でもない、自分達や、その子供達の世代だ。だからこそ、いますぐ無責任政治を打ち破り、次代日本の指針を示したい。


¤½¤ì¤Ç
Êä½õ¶â¤α¿¤Ӳ°¤«¤éËÜÍè¤ÎÀ¯¼£²ȤØ
地方分権が叫ばれる昨今。国会議員は補助金の運び屋から本業である立法、 外交、経済政策等に専念します。




Íø¸¢À¯¼£¤νªßá¤òÌܻؤ·¤Æ


利権にまみれ、国民不在の今の政治。そのような利権政治の終焉を望む声は多い。だからこそ、国政野党不在の秋田において、利権政治打破の先頭に立ち、政権交代を実現したい。


¤½¤ì¤Ç
̱¼çÅޤ«¤é½ÐÇÏ
今の政治が閉塞感を伴っているのは、政権交代がないことが最大の原因だろう。自民党が長らく政権の座にいることにより、官僚との癒着が生まれ、省益重視の税金の無駄遣いが横行している。
国民本位の政治を取り戻すため、そしてまた、政策本位の政界再編を引き起こす為には、ヌエのように何事も飲み込んでいく自民党を崩壊させる必要がある。それを実現できるのは民主党だけだ。




ͭ¸¢¼ԡ¢¸õÊä¼ԡ¢À¯Åޤλ°°̰ìÂΤΰռ±²þ³×


今の政治界を一言で表す言葉、それは「無責任」であろう。誰もが無責任である。
一部の団体の利益や、自己保身のみを望む政治家。政策よりも知名度をあげることに必死な候補者
。自分の頭で考えずに頼まれるままに投票する有権者。これら三者の無責任が、無責任な政治を作り上げている。
今必要なのは、それら三者が、自らに課せられた立場と責任を再認識する意識改革である。そこで、私自身もいずれかの立場から政治的意識改革を促し、この政治不信を打破したい。


¤½¤ì¤Ç
Áªµó¤ˤª¤±¤뻰°̰ìÂΤΰռ±²þ³פοä¿Ê
政 党現職であることや、知名度のみで優先的に公認候補とせず、実力主義の候補者選定を
候補者名前連呼の「お願い選挙」をやめ、政策中心、論議中心の選挙
有権者しがらみではなく、候補者の人物、政策を基本とした投票

ͽÈ÷Áª¡¦¸øÊç¤μ»Ü
党公認は、党幹部のみの密室協議で決められるべきではありません。公募により候補者を募った上で、党員による予備選によって決定されるべきです。
私はこの予備選または公募を、政党の候補者選出の原則と主張し続けます。


>今の政治家は、後世のことを考えたことがあるのだろうか?無計画に借金を積み重ね、方向性もなく、その場しのぎの政策に溺れる。
 
1~2年後の菅総理の事である。
 
>そんなビジョンなき無責任政治が生み出した多くの「ツケ」。そのツケを払わされるのは他でもない、自分達や、その子供達の世代だ。だからこそ、いますぐ無責任政治を打ち破り、次代日本の指針を示したい。
 
TPPをゴリ押ししようとしている、前原と玄葉の事である。
 
>地方分権が叫ばれる昨今。国会議員は補助金の運び屋から本業である立法、 外交、経済政策等に専念します。
 
補助金の運び屋はどこにいるのか?民主党所属議員は裏献金の運び屋ばかりである。
 
>利権にまみれ、国民不在の今の政治。そのような利権政治の終焉を望む声は多い。だからこそ、国政野党不在の秋田において、利権政治打破の先頭に立ち、政権交代を実現したい。
 
裁判中のお隣の岩手県選出議員「小沢一郎」の事である。『利権を手放せ』と直接言いなさい!
 
今の政治が閉塞感を伴っているのは、政権交代がないことが最大の原因だろう。自民党が長らく政権の座にいることにより、官僚との癒着が生まれ、省益重視の税金の無駄遣いが横行している。
反日国家や労組との癒着がある民主党には、ばら撒き重視の無駄使いが横行している。
 
>国民本位の政治を取り戻すため、そしてまた、政策本位の政界再編を引き起こす為には、ヌエのように何事も飲み込んでいく自民党を崩壊させる必要がある。それを実現できるのは民主党だけだ。
 
自民党崩壊どころか、民主党の政治とカネによる自爆テロで、日本が崩壊してしまう。民主党崩壊を実現できるのは良識ある国民だけだ。
 
>今の政治を一言で表す言葉、それは「無責任」だろう。誰もが「無責任」である。
 
無責任なのは・・・政治とカネの問題や、ご皇室に対する不敬を繰り返してきた民主党所属議員の事だろ?
 
>一部の団体の利益や、自己保身のみを望む政治家。政策よりも知名度をあげることに必死な候補者。
 
自己保身のみを望む政治屋はお前だろ!
 
 
>自分の頭で考えずに頼まれるままに投票する有権者。これら三者の無責任が、無責任な政治を作り上げている。
連合、自治労、日教組、在日帰化人の支持団体の団体票に頼っているのは民主党でしょう?国民のせいにするな。
 
>今必要なのは、それら三者が、自らに課せられた立場と責任を再認識する意識改革である。そこで、私自身もいずれかの立場から政治的意識改革を促し、この政治不信を打破したい。
 
民主党が意識改革をし、政権与党という立場を考え責任をとるために、解散総選挙しろ。
 
>現職であることや、知名度のみで優先的に公認候補とせず、実力主義の候補者選定を
名前連呼の「お願い選挙」をやめ、政策中心、論議中心の選挙
>しがらみではなく、候補者の人物、政策を基本とした投票
 
全て寺田学議員にブーメランとして返っていく。
 
>党公認は、党幹部のみの密室協議で決められるべきではありません。公募により候補者を募った上で、党員による予備選によって決定されるべきです。
私はこの予備選または公募を、政党の候補者選出の原則と主張し続けます。
 
党公認が取れなかった腹いせか?党員(外国人含む)が党公認を選ぶために予備選挙するのか?それら全てを小沢一郎に直接言え。
 
 
 
こんな自分の考えをよくまあ、言えたもんだ。この文章をHPにアップしてから数年後、自己保身の政治家になり、長いものには巻かれ、事業仕分けメンバーに選ばれ、極左2人とともに何を仕分けるのだろうか?寺田学議員をピックアップしてみたが、とことん守銭奴であり詐欺師である。
 
仙谷に対し尖閣諸島での事件を追及したか?
 
辻本に対し東日本大震災時の援助物資横取りを問い詰めたか?
 
正義面した浅はかな考えの国会議員が、我々の血税を無駄使いしている。アカの人間どもが親米に成り下がりTPPへの参加をゴリ押ししている。親米を気取り、親中を紛らわせる。そんな民主党がやろうとしているのは日本の国家解体である。国益を米国に差し出し、領土領海領空を支那共産党に差し出す。残った日本民族はユダヤ民族のように、世界を彷徨うのか?
 
 
 
 
無党派層の皆様。政治家を選ぶ時には売国者ではなく、愛国者を見定めて頂きたい。売国者が選ばれた先の衆院選以降、日本人の、日本民族たる怒りを燃え滾らせるきっかけになった事は間違いない。

 

第52回 論叫警鐘辻説法

 

演説をしていると・・・

目立ちたがりのおっちゃんが私のSPの様な立ち位置に・・・(汗)

いけっち様、毎度毎度の差し入れありがとうございます。
 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
本日は晴れのち曇り所により雨・・・そんな中での演説でした。
 
最初の場所「東大阪某所」とは布施駅前広場である。現場では先客が演説中・・・【大阪教職員組合】の4名がビラを撒き演説している。終わりそうに無いのでビラを貰って難波へ~
 
難波では11:30~15:00までの間訴えてきた。いつもの定位置は「あしなが育英会」が東日本大震災の義捐金募金を行なっている。いつまで活動するのか聞いてみたら夕方18:00まで行うという。あしなが育英会の募金は選挙前になると必ず行なわれる。『あしなが→日教組→民主党』への献金が行なわれてもおかしくは無い。朝鮮学校に150万円寄付する位だから今回も名目上「東日本大震災」で大半が「民主党」へと流れる可能性もある。
 
難波でのお題・・・募金詐欺団体、売国政党
 
演説間もなく沢山の人が聞いてくれていた。
 
画像の通りおじさんSP(コーヒー有難う御座います)
カンパ金を差し出してくれたおじさま(丁寧にお断り致しましたお気持ちだけ頂きます)
中学生の若者(また今度ゆっくりお話しましょう)
龍のひげ様(拙い演説ですがまたお越しください^^;)
いけっち様(いつも有難う御座います)
 
あしなが育英会も、日本ボランティア会も、アグネスの日本ユニセフも、その他NPO法人を名乗る病気の幼児の写真を見せて募金を募る団体も、全て偽善者であり、偽善団体である。募金に関する法律、罰則が無ければ、不特定多数の善意のお金と気持ちが無になってしまう。ボランティアという名の守銭奴がそこら中に蔓延している事を皆さん知って頂きたい。未だにいるのです。東日本大震災を食い物にする偽善団体が!警察の捜査が入る事を望みます。
 
 
難波での演説後、再び布施に戻り演説をする事にする~
 

 
布施のこの場所はとても広く、歩行者の邪魔にもならず、民家も無く、お店はあるが離れているのでハンドマイクの向きと音量さえ気をつければ、苦情は来ない良い場所である。ただひとつ問題があるといえば、難波に比べて人が少ないという事。その辺は東大阪だから仕方ないとする。
 
お題・・・大阪教職員組合、戦後の占領教育
 
1時間の演説のつもりが約2時間となった。まばらな人の流れがいつしか遠くのガードの辺りで足を止め聞いてくれている。段々と近くで聞く人も増えてきたが歩行者の邪魔にはならないので続行。途中、女子中学生3人組が手を振り激励。しばらくしてまた通り過ぎざまに激励。今風の中学生ではあったが、礼儀正しく素直な子たちだった。
 
演説終了後に話しかけて来てくれたお兄さんがこれまた素晴らしかった。元自衛官であり知識も豊富で30~40分ほど話したが、私と同じ想いを抱いている。現在の政権に対する怒り、日本の国防、日本の憲法に対する考え、その他沢山話ができてよかったです。また必ずお会いしましょう!可愛い彼女さんを大事に^^
 
帰り際、布施警察のお二人に呼び止められる。演説最中から居たのは知っていました(笑)ま、府警?南?から話を聞いていたようで、論戦になることなく、こちらの言い分は理解してくださっている様なので、またお世話になるときはご連絡いたします。
 
 
本日行けなかった3箇所目の場所は来週日曜日行きます。来週日曜日は大阪マラソンの為、難波街宣は中止。来週は「東大阪の布施」と「○○市」で辻説法を行います。またお知らせ致します。
 
 
本日のトータル演説時間・・・約5時間!お疲れ様でした!

街頭演説のお知らせ

 
平成23年10月23日(日)  小雨決行(大雨様子見)
 
東大阪某所 AM10:00~AM11:00(予定)
 
難波高島屋前 PM12:30~PM15:00位(決定)
 
大阪府某所 PM16:00~PM17:00(予定)
 
 
お題・・・売国政党
 
<注意事項>
道交法第77条、大阪府条例により、人が集まりだしたら演説終了します。
歩行者の邪魔になるような所で立ち止まる場合、注意致します。
 
<補足>
どなたでも飛び入り演説歓迎
酒、薬物禁止(当然)
思想問わず
禁止用語は当日に説明します
 

リビア独裁者カダフィ大佐 死亡

 
ご冥福をお祈り致します。
 
 
 
独裁者とはいえ、北朝鮮の独裁世襲国家の「それ」とは中身が違うと思われる。チュニジア、シリアも独裁政権崩壊後がうまく進んでいないように見える。反政府体制を敷き、独裁者を捕らえることを目標に戦った革命であるゆえに、その後の議論で勢力争いとなる。
 
宗教、民族間の争い・・・
 
これから数年、十数年の暫定政府が続くであろうし、その間に反対派からのテロ、攻撃もあるだろう。
 
米国が独自で介入するのか?NATOが介入するのか?そこで、親米、親NATO寄りが新政府を作り、更なる戦いになりうる。

ギリシャの崩壊を加速させる労組、日本も危機感を持て。

 
 

最大規模の12万5000人が抗議デモ ギリシャの一斉スト

2011.10.20 01:04


 
催涙弾が発射され、口をハンカチやマスクで覆いながら避難するデモの参加者らと警戒にあたる警官隊(奥)=19日、アテネ
 【アテネ=田村龍彦】債務危機に直面しているギリシャで19日、公務員の人件費削減や年金カットなどの政府の緊縮策が議会で採決されることに反対して官民二大労組の連合組織が48時間のゼネストを開始し、市民生活や観光に影響が出た。最近では過去最大規模となる12万5000人以上が全土で抗議デモを行い、アテネでは若者約200人が警官隊に火炎瓶や石を投げつけ、警官14人が負傷した。
 アテネの地下鉄など交通機関のダイヤは大きく乱れ、商店もホテルなど一部を除いてシャッターをおろした。観光客に人気のパルテノン神殿は閉鎖され、売店が開店休業状態となり、店員のコスタスさん(38)は「債務危機の影響で、ただでさえお金を使う客が少ないのに、また売り上げが減る」と嘆いた。
 現地の報道などによると、23日の欧州連合(EU)首脳会議を前に、改革努力を訴えたいパパンドレウ首相は緊縮策の推進を明言し、ストを「ギリシャの助けにならない」と批判した。労働者団体の代表者は「将来のない政策をわれわれは拒絶する」と対決姿勢を強めている。


 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
お国柄というものなのか?
 
大阪府程の大きさの国(人口、税収)であるギリシャは完全に停滞している。1000万人程の国民のうち7割が国家公務員であるという。もちろん資源や工業製品などは皆無で観光業が主な収入である事をラジオで言っていた。
 
公的債務は34兆円。民主党政権が初めて国債を発行した額より断然小さい。その位、国力の差が日本とギリシャにはある。しかしながら、労働組合の力というものは同レベルとも言えるほどである。財政危機の責任を国のせいとする所も同じで、権利を欲する所も同じである。将来の展望が無い国の政策にストを行うギリシャ二大労組が、国の機能を失わせている。アテネ市内では、若者が大阪西成のあいりん地区での暴動と同じ様な事まで行っている。
 
自国が危機的状況になったときに力を合わせて頑張ろうと想うのが日本人の美徳であるならば、日本人の感性は世界の非常識なのかも知れない。日本人の感覚から考えれば・・・
 
・国家公務員の給料を民間並みに低くする
・国家公務員の人員削減
・国営企業の民営化(外資に小売り)
・観光ビジネスの強化(オリンピック他、国際スポーツの誘致)
 
・・・そんな所から始めろと言いたいが、ギリシャ国内ではそれでさえ反発が起きているのだと予想する。行った事も詳しく調べた事も無いが、国の危機に労組が輪をかけて抵抗するこの行動が、自国の為にならないと思う感覚が欠如しているのであろうか?労組とは元々そういうものなのだろうか?
 
ツイッターで日本が韓国に対し5兆円もの経済支援をするような話があった。その5兆円を東日本、紀伊半島の災害復興のために使え!と言いたい。国が進める特亜に対する歩み寄りが日本の国益に反するもので、近い将来ギリシャの様に日本の財政も危機に瀕する。そこで権利を主張する日本の労組(アカの軍団)が日本の建て直しに冷や水をぶっ掛けかねない。
 
民主党というアカの軍団が特亜にカネを垂れ流す事を放っておいてるような日本のアカの軍団には「スト」という手段は無いのか?韓国ならいいのか?支那でもいいのか?現政権に抗議したとしてもせいぜい音楽を撒き散らしながら集団散歩してお祭り騒ぎする程度でしょうが、労組である前に日本国民であり、日本を守る使命が国民にはあるということを認識すべきである。それと同じ事をギリシャの労組に解って欲しいものだ。
 
もし、支那がカネの力でギリシャを自治区にするという支那共産党の発表があれば・・・さすがのギリシャ労組もストを止め、真面目に考え真面目に働く気がする。

民主党閣僚の問題発言・・・「逃げなかったバカな奴がいる」

 

「逃げなかったバカなやついる」 東日本大震災の津波避難で平野担当相 

2011.10.18 18:37 野田内閣

 
 平野達男復興対策担当相
 平野達男震災復興担当相は18日、東日本大震災の津波被害に関し「私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカなやつがいる。彼は亡くなったが、しょうがない」と述べた。福島県二本松市で行われた参院民主党の研修会のあいさつで語った。犠牲者やその遺族への配慮を欠いた発言で、進退問題に発展する可能性も出てきた。
 平野氏は、大震災時に堤防の門扉を閉めに行った消防団員や、安全とされた避難所などに逃げた人が津波にさらわれ犠牲になった例を紹介した上で、同級生の話を披露。研修会後、記者団に「不快な思いをされた方には心からおわびする」と謝罪した。
 平野氏は参院岩手選挙区選出で当選2回。7月に被災地への“暴言”で辞任した松本龍氏の後任として震災復興担当相に就任、9月に発足した野田佳彦内閣で再任された。野田内閣では9月に鉢呂吉雄経済産業相(当時)が東電福島第1原発事故の周辺地域を「死の町」などと発言し、就任9日目で辞任している。
 平野氏の発言に対し、自民党の大島理森副総裁は記者団に「首相の任命責任と閣僚として適格か追及しなければならない」と語り、小野寺五典衆院議員(宮城6区)も「私の同級生も何人も亡くなったが、『バカ』という言葉は使えない。遺族を傷つける軽率な発言だ」と批判した。民主党の斎藤恭紀衆院議員(宮城2区)は「平野氏は一生懸命やってきたと思うが、台無しだ」と語った。


2011.3.14 AM10:00 仙台空港付近(海から3キロ~4キロ地点)


 
 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
私はこんな記事を見る度に東北出身者である事を「恥」に思う。
 
地元宮城県を想う気持ちは変わらないが
 
その宮城県から選ばれた国会議員は民主党が大多数である。
 
衆議院だけではなく参議院も地方議員も・・・
 
 
 
岩手県選出の平野達男復興担当大臣(以下復興大臣)の発言
 
 
「私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカなやつがいる。彼は亡くなったが、しょうがない」
 
 
これは国会議員として、復興大臣として、立場をわきまえない不適切な発言であると言える。
 
 
これが一般の東北人の発言であるならば
 
 
誰も気にも留めない会話の一部である。
 
 
せめて平野達男復興大臣が大泣きしながら同じ言葉を発したら
 
 
何の問題にもならなかっただろう。
 
 
田舎では大阪で使う「アホ」と同様に使い方がまちまちであり
 
 
「バカ」と「バーカ」は違うのである。
 
 
相手を心配して「あのバカ!」と言う時もあれば、
 
 
怒りを込めて「あのバカ!」と言う時もある。
 
 
少なからず国会議員としての自覚があるのであれば
 
 
方言、ニュアンス、イントネーションに気をつけ
 
 
話さなければいけない。
 
 
関西から選出された国会議員が「アホ」だの「どアホ」だの
 
 
使っているような事は聞かない。気をつけているのであろう。
 
 
 
平野達男復興大臣が問題発言した場所は
 
 
同じ東北(福島県二本松市)であり、
 
 
同じ民主党の身内の中である事が
 
 
言葉の使い方を甘くさせた。
 
 
その場にいた人が「同郷」だけならまだしも
 
 
記者団がいるその場での発言である。
 
 
悲しみのこもったものでもなく、
 
 
泣き崩れるようなものでもない、
 
 
「逃げなかったバカな奴がいる」との挨拶の一文。
 
 
完全に自身の立場を忘れ、遺族に対して配慮も無く、
 
 
亡くなった同級生のご冥福をお祈りするような気持ちで
 
 
語ったわけではない事が感じられる。
 
 
 
「岩手県から選出されたバカな奴が小沢一郎であり、平野達男である」
 
 
「宮城県から選出されたバカな奴が岡崎トミ子であり、安住淳である」
 
 
 
 
生死の分かれ目である72時間を
 
民主党政権は放置していた。
 
新聞見てもTVつけても福島原発の事ばかり
 
たまに映し出される大きな避難所の光景と被災地の航空映像。
 
永遠と続く安否確認の名前と住所の羅列
 
そして繰り返される『ACのコマーシャル』
 
食料、飲料、燃料の情報が全く無く
 
政府が被災地に対し何らかの対策を施したという報道は無し
 
地方自治体は「生活協同組合」通称『生協』からの物資しか
 
避難所に提供しない。
 
いつ届くか解らない援助物資を
 
ひたすら待ち続ける地方自治体。
 
沿岸部では生きるための略奪と
 
私利私欲のための略奪、強姦が横行する。
 
治安の回復に努めたい警察の人員も足りず
 
心ある有志が集い、自警団を結成する。
 
ライフラインの復旧が進まないエリアが多数あり
 
無政府状態の中で、自衛隊と民間が力を合わせて
 
過ごしたあの時期。
 
 
 
 
ここからは宮城県仙台市の話になるが
 
 
私が3.17に仙台市役所に出した要望の1つ・・・
 
 
『全国チェーンのコンビニ、スーパーの食料品を、市の予算で買い取り、各避難所へ輸送してほしい』
 
 
そんな要望も秘書課が握りつぶしむなしく終わる。
 
東日本大震災の真っ只中であるのに
 
全てが縦割り行政で
 
全てが法に則って粛々と・・・
 
震災直後に市議会議員を全て招集し
 
市の権限を最大限に使うべきであったにも関わらず
 
市議会には議長と受付の二人だけ。
 
誰一人市議会議員は集まらない。
 
予算の使い道の承諾さえも取れず。
 
せめて仙台市長が緊急指令なるものを
 
各区役所に発令してれば
 
食料、飲料は
 
各コンビニや各スーパーから調達する事もできたであろう。
 
 
一人当たり、【クリームパン1/3、キャラメル1個】
 
で、一日を過ごしたエリアがあるというのに
 
場所によってはコンビニに行列ができており
 
カネのある奴が買い物をしてお腹を満たす矛盾が生じる。
 
 
 
 
 
 
そんな72時間どころか
 
震災からの7日間を
 
上記の様に被災地の住民は過ごしていながら
 
民主党の議員共はなんの手も打たずに
 
放置していた。
 
7日目以降は自衛隊等からの支援が増え
 
民間企業の努力もあり
 
食料、飲料は次第に入ってくるようにはなったが
 
それでも一部の地域だけである。
 
「買占めは止めましょう」だの
 
「ボランティアはまだ必要なし」だの
 
「まずは義捐金を・・・」だの
 
そんな政府の対応を知らないのか?東北人は?
 
議員が車でもヘリででも被災地へ乗り込み
 
何が必要かを現地で情報収集した人間がいるのか?
 
 
物資の輸送路や調達場所も
 
東北が駄目なら関東、
 
関東が駄目なら北陸、
 
北陸が駄目なら東海、
 
東海が駄目なら関西
 
物資の輸送、燃料の輸送を
 
全国の運送業者の力を借り、
 
ピストン輸送する事が何故できなかったのだ?
 
【辻本清美】なる極左の人間がボランティア担当大臣になり
 
その極左が関与する
 
ピースボートの連中に
 
物資を横流しし、輸送を滞らせた事が
 
どれだけ罪であるか。
 
何でもかんでも自衛隊に運ばせる事しかしなかった民主党は
 
本来の輸送システムを甘く見すぎた。
 
自衛隊のトラックは物資輸送には向かない作りである。
 
民間業者を使うべきであった。
 
阪神淡路の時も同じだっただろう。
 
机上では知りえない事を
 
国民は提案、要望として提供しているのである。
 
私だけではない。
 
全国に多数の提案、要望が届いているはずである。
 
それらに聞く耳を持たない議員と公務員が
 
日本国民の生命、財産を守るなんて
 
よく言えたもんだ。
 
 
そしてこの国には
 
 
「責任をとらなかったバカな奴らがいた」
 
 
と、笑われて終いである。
 

第51回 論叫警鐘辻説法 (平成23年10月16日)

 


 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
昨夜の大雨とは違い、いい天気に恵まれた日曜日。気温23℃のミナミの街中で再び訴えて参りました。
 
 
お題・・・特になし。(フリートーク)
 
 
内容は、民主党の犯罪者、社民党の反日活動、国防論。いつものごとく民主党始めとする糾弾街宣である。反米を自負しながらも米国に関することを勉強し足りない経緯があるので、未だ政治の世界に焦点を置いている。
 
ネットでもそうだが、米国を糾弾すると擁護する奴が必ず現れる。「今の日本があるのは米国のおかげだ」とか言われても、私は「そうですね」としか言わない。説明するのが面倒だからである。
 
 
戦後、米国が戦勝国による東京裁判を行い、一方的に日本が悪者になり、戦後7年間の占領が行われ、占領教育が行われる。日本に当時政治犯であった共産主義者が、GHQ占領軍により無罪放免放たれ、在日朝鮮人が徒党を組んで悪の限りを尽くした。その一方でGHQ占領軍により解散させられていた右翼団体が活動できるようになり、日本国内の思想戦が始まったとも言える。そんな日本は憲法までも米国に作ってもらう始末。米国に逆らったら日本は『どエライ目』にあわされるという恐怖に慄きながら、66年もの長い歳月が過ぎ去った。憲法改正さえも行われず、反米を掲げる事がタブーであるかの様なマスメディアの報道。親米議員が日本と米国の同盟に比重を置き続けた66年間であったにも関わらず、日本が有事の際にはいち早く米国の海兵隊が駆けつけてくれるという約束が取り付けていない。日本の自衛隊が集団的自衛権を行使しなければ海兵隊は動かないのである。同盟ってなんですか?自民党さん?
 
本来、文化も言葉も違う米国による占領を振り返り、日本がここまで「ナショナリズムの骨抜き」にされたのは米国の占領政策、占領教育が原因であると言わなければいけない。もちろん、日本人だけではなく在日韓国朝鮮人、在日台湾人の方々も米国の占領に振り回された被害者であるということを学ばなければいけない。しかし、朝鮮民族は勝ち馬に無理矢理乗る民族性であり、台湾人は日本を変わらず愛してくれる国で在り続けた。親日、反日に判れるきっかけは民族性であっただろう。台湾がチベットやウイグルの様に支那の一部となってしまわぬ様に、日米が守ってやらなければいけない。独立国家として世界が認め、日台の経済国防の強化を進めていくことが必要である。
 
今の日本に台湾へ外遊した議員はいるのか?蓮舫の様な支那寄りの議員ではなく、台湾独立に向けて友好関係を維持する議員がどれだけいるのであろうか?私は少なからず台湾にかかわりのある人間である。親日国である台湾が語る過去の日本の歴史というものを、勝ち馬に無理矢理乗る民族は学ぶべきである。
 
 
 
そして日本人の中の『反日議員』には議員の資格無し!
 
 
 
私の演説場所も色々と変えながら来月後半から2年目の活動を行うことにする。
 
 
<補足>
日の丸行進の会の皆様、お疲れ様でした。そしていつも激励ありがとうございます。お茶も戴き、お菓子も戴きありがとうございます。いつの日か・・・参加いたしますので宜しくお願い致します。

社民党の服部良一衆院議員が慰安婦問題の反日デモに参加「日本の国会議員として恥ずかしい」、朝鮮総督府が「朝鮮王室儀軌」を韓国から奪ってきたので返還とする売国議員は辞職せよ




人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、社民党の服部良一衆院議員が韓国の反日デモに参加したのはご存知だと考えます。

慰安婦問題の反日デモに参加 社民党の服部良一衆院議員

元慰安婦を支援する団体が12日、ソウルの在韓日本大使館前で開いたデモに社民党の服部良一衆院議員(比例近畿)が参加した。服部氏は「野蛮な行いをしながら公式な謝罪をしていないのは、日本の国会議員として恥ずかしい。帰国したら慰安婦問題を広める」と発言。「闘うぞ」とのシュプレヒコールを上げた。
(産経新聞)抜粋
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111012/kor11101223440006-n1.htm

>ソウルの在韓日本大使館前で開いたデモに社民党の服部良一衆院議員(比例近畿)が参加した

大震災など国民が辛苦の状況で訪韓とは・・・、服部は8月18日に「訪中」して、天津市にある在日殉難・労工記念館の開館5周年記念大会に出席、「日本は過去の中国侵略に責任があり、強制労働の被害者に真摯に謝罪し賠償する責任がある」と発言した売国議員です。

>「野蛮な行いをしながら公式な謝罪をしていないのは、日本の国会議員として恥ずかしい。帰国したら慰安婦問題を広める」

2009年の衆院選で、社民党(比例近畿ブロック)比例名簿の下位(4位)で棚ボタ当選したお前が言うな!、日本の国会議員が、歴史を捏造した従軍慰安婦問題で韓国の反日デモに参加したことこそ、日本国民として恥ずかしいことです。

社民党の服部と言えば、「朝鮮王朝儀軌」(李氏朝鮮時代の王室行事等を記録した図書)など、日本政府が保管する朝鮮半島由来の貴重な図書1205冊を一方的に韓国政府に引き渡す、日韓図書協定にも積極的に動いた売国議員の一人です。

韓国へ引き渡す「朝鮮王朝儀軌」167冊のうち4冊は、旧宮内省が大正時代に東京・神田の古書店から購入したもので、日韓併合時に朝鮮総督府より移管されたものと購入したものですが、韓国は「略奪されたので返還」と主張しています。

服部は8月14日にソウル新聞のインタビューで、父親が朝鮮総督府に勤めていたとして、「父は生前に日本人が当時の朝鮮人をひどく扱ったとしばしば言っていた」・「朝鮮総督府が朝鮮王室儀軌を韓国から奪ってきたので、今回の件は明確に返還である」と、韓国の略奪と返還を認めている売国議員です。

服部良一が韓国の反日デモで発言した、慰安婦問題での「野蛮な行い」とは、「日本政府・日本軍が韓国人女性を強制連行して従軍慰安婦にした」と言いたいのでしょうが、すでに事実ではないと証明されています。

服部は、2009年10月28日、衆議院第2議員会館で開催された戦時性暴力問題連絡協議会主催の院内集会に参加、「李容洙」ら慰安婦に対して「東アジア共同体は戦後補償抜きに実現してはならない」と発言していますが、「李容洙」(イ・ヨンス)は大嘘つきで有名な慰安婦です。




↑ 2007年2月23日に埼玉で行われた、「イ・ヨンスさんのお話を聞く会」の配布資料では、当初は「1944年の秋から3年間、慰安婦として生活をした」との証言でしたが、「戦後も慰安婦を続けたことになり嘘だ」と非難されたので「1年弱」に訂正をしました。(年齢も16歳から15歳に訂正)!

元陸軍軍人との吉田清治は、1977年に「朝鮮人慰安婦と日本人」、1983年に「私の戦争犯罪 -- 朝鮮人強制連行」を出版して、韓国の済州島で慰安婦狩りをした経験があり、「泣き叫ぶ女を両側から囲んで腕をつかんでつぎつぎに路地に引きずり出してきた」などとしました。

1996年のインタビューで吉田清治は、「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と、慰安婦強制連行の捏造を認めました。




吉田清治の著書の韓国語訳が出版された際に、地元紙「済州新聞」(1989年8月14日付)の記事でも、「済州島で朝鮮人女性を慰安婦狩りした事実はない」との報道がされています。




↑ 《解放44周年を迎え、日帝時代に済州島の女性を慰安婦として205名徴用していたとの記録が刊行され、大きな衝撃を与えている。(略)しかし、この本に記述されている城山浦の貝ボタン工場で15~16人を強制徴用したり、法環里などあちこちの村で行われた慰安婦狩りの話を裏づけ証言する人はほとんどいない。島民たちは「でたらめだ」と一蹴し、この著述の信ぴょう性に対して強い疑問を投げかけている。

城山里の住民のちょん・たんさん(85歳の女性)は「そんなことはなかった。250余の家しかないこの村で、15人も徴用したとすれば大事件であるが、当時そんな事実はなかった」と語った。郷土史学者の金奉玉氏は「(略)83年に原本(私の戦争犯罪…)が出た時何年かの間追跡調査した結果、事実無根の部分もあった。むしろ日本人の悪徳ぶりを示す道徳性の欠けた本で、軽薄な商魂が加味されていると思われる」と憤慨した。》




私は本ブログ10月8日の記事で、韓国で摘発された韓国人の売春ブローカーと、この韓国人に騙されて日本で売春をした韓国人女性などの問題を取り上げて、日本軍従軍慰安婦と同じだと書き記しましたが、ブログ提供会社に記事を削除されました。

日本政府・日本軍は、慰安婦募集が強制的にならないよう注意を払っていましたが、同じ朝鮮人に「騙される」など、犯罪により慰安婦になった朝鮮人女性が存在して、警察が取り締まりをしていた事は当時の新聞でも報道されています。




↑ 1933年5月5日「東亜日報」より~「市内に住む呉*換は、漢南楼という商号で娼妓していたが、朴*南という16歳の少女を350円で買い、年齢不足で娼妓が出来ないため、兄弟の戸籍を使って営業許可を得ようとしていたことが発覚。前記のような方法で多数の幼い少女を使っていた・・・(一部略)」




↑ 1938年12月4日「東亜日報」より~「群山の紹介業者、田斗*(38歳)は、去る11月15日、釜山に住む下*テイコ(19歳)と同じ市内の菅*静香(17歳)を満州で就職を世話してやると甘言を用い、さらに遊郭に売るという委任状を偽造しようとし、群山につれていこうとしている時に召還、現在取調中・・・」とある(一部略)




↑ 1939年8月31日「東亜日報」より~「1939年3月5日付の「毎日新報」(ソウル発行のハングル新聞)によると、逮捕された河允明は、妻と共に32年から各地の農村を歩き回り「生活難であえぐ貧しい農夫達」に良い仕事があるとだまして、約150人を満州や中国本土などに700円から1000円で売ったという。ついでに河から50余人を買った京城の遊郭業者を警察が呼び出すと、それを察知して彼女達を中国の牡丹江や山東省に転売したことも判明する・・・・」
繰り返される「朝鮮人悪徳業者」と「それを懸命に取り締まる警察」のいたちごっこより抜粋
http://www010.upp.so-net.ne.jp/japancia/gyousyachon.html

社民党の服部良一衆院議員は日本の国会議員でありながら、韓国の反日デモに参加しただけではなく、朝鮮総督府が「朝鮮王室儀軌」を韓国から奪ってきたので返還だと、韓国と同じ主張をする売国議員は辞職すべきです。

良識ある日本国民の皆様、社民党の服部良一についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

反格差デモ 日米の深刻度の違い


米のウォール街デモに呼応 東京でも 貧困・格差や反原発テーマ

2011.10.15 12:56 労働・雇用
 
 反格差社会を訴え開かれた集会に、プラカードを持ち参加した人たち=15日午後、東京都港区
 米ニューヨークのウォール街近くで始まり、世界各地に広がりを見せている反格差社会デモが15日、東京・日比谷公園周辺などで行われた。「オキュパイ・トウキョウ(東京を占拠せよ)」の呼びかけに、数百人が集まり、反格差社会などを訴えた。
 デモは「オキュパイ・トウキョウ」と称する団体などが主催で、東京都内では日比谷公園と六本木周辺の2カ所で行われた。
 日比谷公園には、100人以上が集まり、「労働と消費だけが人生の全てじゃないぞ」などとプラカードを掲げ、休日のオフィス街などを練り歩いた。テーマは「反格差社会」だけに限定されておらず、「原発反対」などと訴えるなど、参加者らがバラバラのテーマを訴えた。
 六本木でも、100人近くが公園で集会を開き、「金持ちに課税を!」「貧困・格差にNO!」などと声を上げた。混乱を避けるために警察官が周辺警備に当たり、周囲には緊張した空気も漂った。
 日比谷公園でのデモの主催者グループのメンバー、松永健吾さん(43)は「一人一人が感じている不安や不満などを自由に表現してもらった。一つ一つの小さな声が大きな力に変わっていけば」と話した。 
 ニューヨークに端を発した「ウォール街」デモは米国各地に拡大。15日には以前から世界同時な行動がインターネットなどで呼び掛けられており、日本でも複数団体が東京での行動を訴えるウェブサイトを作るなどしていた。


 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
「やっぱりな」・・・と思った日本でのデモ主催、参加者。
 
 
写真を見てもお分かりのように「左翼」である。ゲバルトスタイルもいれば、マスクの奴もいれば、髪を整えていながらダンボールに文字を書いてカネ無いアピールの奴もいれば、反原発の奴もいる。単なるパフォーマンスであれば左派による反原発サウンドデモとなんら変わらない「祭り」である。何を訴えたいのか?何を変えたいのかが第三者には伝わらない。
 
 
米国オバマ大統領は米国国債のランク付けが「AA+」になった時でも、
 
「民間の格付け会社が何と言おうとも、米国は「トリプルAだ!(AAA)」
 
と粋って見せたが、ここで大統領と民間の大きな感覚のズレが見受けられる上に、実らない景気対策に反省しない姿がそこにある。
 
 
前ブッシュ政権時に行ったサブプライムローンの焦げ付き、リーマンショックを経て、多数の低所得者が住んでる家を追い出され、ホームレスとなった。それでも仕事があればいいのだが、失業率は9%で日本よりも酷い。20代の失業率は17%にも及ぶ。米国の富裕層と低所得者の格差が如実に現れる。
 
カネが無くても買い物をする一昔の米国人の姿から、個人の借金をひたすら返済する現在の米国人。進まぬ雇用問題、変わらぬ生活にしびれを切らし、ニューヨーク ウォール街でのデモとなったのだろう。自らの散財を反省する人間が参加しているとは思えない。ホームレスが参加している様にも見えない。それは日本のデモにも言えることで、来年の大統領選にオバマを再選させては何も変わらないと感じた米国国民と、反省も努力も放棄した米国国民の権利主張のデモである。
 
もちろん企業側も悪い。幹部職の膨大な報酬と、弱者切捨てで企業を守り続ける経営陣。資本主義社会では当然だが、日本の様に「企業努力」というものが見受けられない。米国政府の管理する国営企業に限れば、対日を掲げて政府ぐるみで誘導する。その矢面に立たされた「トヨタ」と「ホンダ」の損失を考えると、米国のやっていることは重大犯罪である。
 
移民国家である米国。移民の流入を食い止めれず、移民を安い給料で雇う企業。一度入った不法入国者を強制送還する事もできず、国内の混乱に終止符を打つどころか、その混乱が世界を脅かす。この米国の姿を真横で見ている日本にもこれから同じ事が起きるだろう。
 
繰り返される経済の誘導
新たなる戦争勃発
日本を巻き込む戦争の後方支援
 
ベトナム戦争、湾岸戦争、アフガン、イラクでのテロとの戦いに飽き足らず再び戦火が燃え上がる。米国国歌の歌詞の通りに事を繰り返させてはいけない。
 
 
 
 
 
 

グリコ森永事件史⑤

 

【関西事件史】
グリコ・森永事件(5)テロだった「劇場犯罪」

2011.10.7 11:00 (1/4ページ)関西事件史

 
兵庫県西宮市の江崎社長宅前で捜査状況を見守る報道陣
 《江崎グリコの江崎勝久社長が兵庫県西宮市の自宅から連れ去られた》
 新聞記者になって丸2年弱だった。担当していた兵庫県警が摘発した汚職事件の取材に追われ、ほぼ2カ月ぶりの完全休養日。テレビに流れたテロップを見て自宅を飛び出した。
 押っ取り刀で駆けつけた現場は、朝刊の締め切り時間が迫る中、状況がわからずに殺気だった各紙記者がひしめき、怒号が飛び交っていた。凍てつくような寒い夜。締め切りがすぎた後も「何か動きはないか」と制止線ロープの前で震えながら立ちん坊で夜を明かすと、みぞれ混じりの小雨から変わった雪がコートの肩で盛り塩のように凍っていた。
 空が白んだころ、マスコミが事件の報道を自粛する報道協定が結ばれた。身代金目的の誘拐事件と断定されたからだ。すでに各紙の朝刊1面トップで事件が報じられており、前代未聞の協定だったが、「あ~これでこの場を離れられる」。凍えながら頭に浮かんだのはそれだけだった。
 その3日後、江崎社長が監禁先から自力で脱出したのを聞いて、「犯人グループの逮捕に向けてまた厳しい抜き合いやなあ…」。そんな思いがよぎったが、それは長い長い事件の『序章』に過ぎなかった。
 以来、連続6年半を兵庫県警と大阪府警捜査1課担当として直接取材し、その後も府警キャップや社会部デスクなどとして誘拐の時効、青酸菓子ばらまきなど一連の事件の完全時効…。記者生活の中心に常にこの事件があった。
 
2011.10.7 11:00 (2/4ページ)関西事件史

「特ダネ競争」の恐怖
 「毎日新聞が夕刊の1面で『グリコ犯取り調べ』と書いてるぞ!」
 犯人グループによる終結宣言から約3年10カ月が過ぎた平成元年6月1日午後3時前。大阪府警本部2階の産経新聞記者室の電話がけたたましく鳴り、デスクの怒声が響いた。
 当時はグリコ・森永事件捜査の中心である捜査1課担当キャップ。全身の血の気が引いていくのをはっきりと感じた。
 「大阪府警などは主犯と実行犯ら4人を恐喝、脅迫などの容疑で取り調べを始めた」。記事は、「警察庁の金沢昭雄長官(当時)が官邸に竹下首相(同)を訪ね、事件の解決を緊急報告する」とまで書かれていた。
 ファクスで送られてきた記事のコピーを手に、震える手で1課長室に電話したが、グリコ・森永事件の捜査本部に出かけていた。府内の署長に転出していた前任の1課長も不在。しかも、府警本部に行ったとのことだった。「関係幹部が緊急招集されている。あかん…」。泣きたい思いで、捜査本部のある近くのオフィスビルに走ると、他紙の担当記者も青い顔で集まっており、全員がその場にへたり込んだ。
 「グリコを抜かれたら記者を辞める」。どの社の1課担も思いは同じだった。
 先日、NHKで当時の取材合戦や警察の捜査の実態などを再現したドラマが放送された。この中で、石丸謙二郎さん演じる毎日新聞の社会部長が鶴見辰吾さん演じる府警キャップに、自分の机の引き出しに入れてある辞表を示しながら、「グリコで負けたら会社辞めてくれ。おれも辞める」と決意を迫るシーンがあったが、あれは決して誇張ではない。
 「グリコを抜かれた記者」のレッテルを貼られて記者を続けることなど考えもしなかった。このときも、転職後の自分の姿を思い浮かべた。
 
2011.10.7 11:00 (3/4ページ)関西事件史
 が、しばらくして姿を現した1課長は笑いながら答えた。「そんな話は聞いてないで。今までここで部下の昇任試験の模擬面接をしてたんや」
 別の事件の容疑者をグリコ犯と早合点した東京発の誤報だった。振り回されたという点では大阪の毎日記者も同じだった。「いくら取材しても否定される。裏が取れない…」。夜回り先で疲れ果ててうずくまっている毎日の記者を目にしたが、他人事ではなかった。
 「関西ジャーナリズム」という言葉がある。東京と違って大阪には政治部も外信部もない。ニュースを追う中心は社会部だ。各紙が事件・事故の報道でしのぎを削り、「えげつない」特ダネ競争が展開される。極めつけがこの事件だった。
 「かい人21面相」を名乗った犯人グループは昭和60年8月12日の終結宣言を最後に闇に消えたが、担当記者がその後も『呪縛』から逃れられることはなかった。特ダネへの貪欲さと背中合わせに、通常とは比較にならない“抜かれる恐怖”があった。

国民を人質にした「食品テロ」
 「はなよりも みのお(箕面)のさとの もみじがり みのひとつだに とれぬけいさつ」
 この事件の特異性の一つが、犯人グループから産経新聞などに次々と送られてきた挑戦状だった。
 犯行を誇示する一方で警察を揶揄(やゆ)し、時には手の内を明かしたり、警察が公表していない事実を暴露したりもした。
 冒頭の川柳は、森永製菓に対する脅迫を止めることを記した昭和60年2月27日発見の挑戦状の末尾に書かれていた。それまでも挑戦状の文体や内容から、「主犯格はかなりの知識人」という指摘が多かった。
 青酸菓子ばらまきを挑戦状で予告、全国をパニックに陥れた。マスコミを通じて存在をアピールし脅迫効果を高める手口は、『劇場犯罪』という新語を生んだ。
 が、現在の感覚でいえば、一連の事件は明らかに連続企業恐喝事件にとどまらず、国民を人質にした食品テロだった。
 
2011.10.7 11:00 (4/4ページ)関西事件史
 「グリコ事件の犯人は人を殺さなかった」という見方があったが、これは間違いだ。江崎社長の誘拐事件直後に大阪市大正区で起きた小学1年の男児誘拐・殺害事件で、犯人は「グリコ事件をまねて身代金を取るつもりだった」と供述した。
 ハウス食品恐喝事件での犯人取り逃がし(昭和59年11月14日)の責任を一身に背負わされた滋賀県警の本部長は9カ月後、本部長官舎の庭で焼身自殺した。休日返上の捜査で体調を崩し、殉職した刑事もいる。
 事件の関係者の元にメディアが殺到することが社会問題視されている「メディア・スクラム」への反省を込めていえば、江崎社長をはじめ被害者の方々には筆舌に尽くしがたい思いをさせたし、工場の操業がストップして大勢のパート社員が解雇された。身に覚えがないのに疑いの目を向けられ、人生の歯車が狂った人もいるだろう。
 直接手を下してはいなくても、「かい人21面相」の犯した罪の重さに「時効」はない。
(取締役大阪編集局長兼大阪代表補佐 片山雅文)
     ◇
 この記事は平成19年10月、MSN産経ニュースの連載「記者は見た 世紀の事件」に掲載された記事を加筆・修正しました。
◆グリコ・森永事件◆
 昭和59年3月18日夜、江崎勝久・江崎グリコ社長が兵庫県西宮市の自宅から入浴中に拉致され、現金10億円と金塊100キロを要求された誘拐事件が発端。江崎社長は約65時間後に大阪府茨木市内の水防倉庫から自力で脱出したが、グリコ本社(大阪市西淀川区)の施設が放火されるなど犯行はエスカレートした。
 犯人グループはその後も同年6月に丸大食品、9月に森永製菓、11月にはハウス食品などを次々と脅迫。同年10月には兵庫など4府県で、翌60年2月には東京と愛知で、スーパーなどに「どくいり きけん」などのメモを張った青酸菓子をばらまいた。
 この間、「かい人21面相」を名乗る犯人グループから計144通もの挑戦状や脅迫状がマスコミなどに届いたが、同年8月、「くいもんの会社 いびるの もおやめや」と「終結宣言」を出して動きを止めた。
 警察当局は6都府県警で延べ約130万1000人の捜査員を投入。約600点もの遺留品捜査を行う一方、捜査員が目撃した「キツネ目の男」や青酸菓子ばらまきで防犯カメラがとらえた「ビデオの男」などを公開したが、平成12年2月までに計28件の事件すべてが時効となった。


 

グリコ森永事件史④

【関西事件史】
グリコ・森永事件(4)1カ月遅れの「かい人」

2011.10.6 11:00 (1/4ページ)関西事件史
 

江崎社長宅に新たな脅迫状が届いていたことを報じる昭和59年4月10日付のサンケイ新聞社会面
 
 大阪市北区梅田の産経新聞大阪本社。1984(昭和59)年4月9日朝、郵便物を仕分けていた社員が、1通の封筒に目を止めた。
 差出人の名前がない茶封筒である。そして、封筒の表にタイプ打ちの文字でこうあった。
 「江崎勝久」
 封筒は、すぐに本社2階の社会部に回った。
 社会部は、その日の朝刊1面で「グリコ社長誘拐 現金取引で緊迫の攻防」をスクープしていたこともあり、夕刊での続報出稿に力をこめていた。
 くしくもこの日は、江崎社長が兵庫県西宮市の自宅から、22日ぶりに江崎グリコ本社(大阪市西淀川区)に出社する日でもあった。
 そこに突如、出現した「江崎勝久」の茶封筒。封を切ると、白い用紙が出てきた。文面の書き出しに、こうタイプ打ちされていた。
 けいさつの あほどもえ プロやったら わしらつかまえてみ
 消印は「大阪中央郵便局」。受付時間は「7日18時-24時」。8日の捕物劇前夜の投函で、明らかに「翌日の攻防」を意識していた。「つかまえてみ」と言いながら、犯人グループは動かなかった。だから、警察としては捕まえられるはずもなかった。つまり、8日は、あくまでも警察の動きをうかがう「予備日」で、本気で現金を奪取する意図はなかったのだろう。
 タイプ打ちは、さらにこう続く。
 ヒントおしえたる 江崎のみうちにナカマはおらん つこうた車はグレー
 この文書は、産経新聞大阪本社と毎日新聞大阪本社だけに届いた。のちに新聞社や放送局に次々と送られてくる「挑戦状」の最初の1通だった。
 
2011.10.6 11:00 (2/4ページ)関西事件史

「グリコが燃えとる」
 その翌日の10日夜、私は神戸市須磨区にいた。神戸支局の片山雅文(現取締役大阪編集局長)が、8日夜の捕物劇のときに甲子園署(西宮市)で目撃して追跡した「グリコ社員役」の捜査員宅に夜討ちにきたのだ。
 午後9時過ぎ。さあ、玄関に、と思った瞬間だった。
 ピー、ピー、ピー
 ポケットベルが鳴った。そのころ、携帯電話は世になかった。ポケベルだけが緊急連絡の頼りである。近くの公衆電話ボックスに飛び込み、大阪府警の産経新聞ボックス(記者室)に電話を入れた。
 「グリコが燃えとる」
 誰だったかは覚えていないが、その声はうわずっていた。
 (グリコ炎上…。まるで金閣寺炎上みたいや)
犯人グループの仕業(しわざ)なのか。
 身震いした。見上げた夜空に、満開の桜の花が咲き誇っていた。月夜だった。月光と花びらに、紅蓮(ぐれん)の炎が重なって見えた。
 この瞬間、グリコ事件は大阪府警の管轄下に本格的に入った。江崎社長の監禁先が大阪府茨木市だったので、それまでも兵庫県警は大阪府警と合同の捜査体制をとっていた。だが、あくまでも主役は兵庫県警だった。それが「グリコ炎上」で変わった。
 江崎グリコの本社に着いたとき、すでに工務部試作工場(180平方メートル)は、焼け落ちていた。まもなく、時限発火装置の付いたポリ容器が見つかった。
 やはり、放火事件だった。警察庁は一連のグリコ犯の仕業と断定して、「広域重要114号事件」に指定した。
 この指定で、大阪府警を担当する記者にとっても「管轄外の応援取材」から、「犯人逮捕」を他社にスクープされたら辞表を提出しなければならない死活的に重要な「自分の事件」になったのである。
 
 
2011.10.6 11:00 (3/4ページ)関西事件史

かい人21面相登場
 江崎社長の誘拐に端を発した「警察庁指定広域重要114号事件」といって浮かぶ言葉を挙げるなら、次のようなものになるのではないか。
 かい人21面相
 どくいり きけん たべたらしぬで
 青酸菓子
 劇場型犯罪
 空き缶坊や(脅迫テープで「あきかんのなか」と話した子供)
 ビデオの男(コンビニに青酸菓子を置いた野球帽の不審者)
 キツネ目の男(JR東海道線の電車内などで目撃された不審者)  
 ハウス事件をめぐる報道協定
 滋賀県警本部長の焼身自殺
 なかでも、「かい人21面相」は、その代表だろう。江戸川乱歩の「少年探偵団」に登場する架空の大怪盗「怪人20面相」から着想したネーミングなのだろうが、騒がれて「劇場型犯罪」のキーワードにもなった。
 ところが犯人グループが「かい人21面相」を名乗ったのは、実は、事件後すぐではなかった。誘拐事件の発生から1カ月以上が過ぎた4月23日朝に発見された、「第2挑戦状」からなのだ。
 産経新聞と毎日新聞に送られてきた挑戦状には、こうあった。
 けいさつの あほども え
 おまえら うそ ついたらあかんで…(略)… また ヒント おしえたろ
 工場えは 通用門から はいった
 タイプは パンライターや
 ポリよおきは ひろいもんや
   かい人21面相
 この1カ月余の「21面相不在」は、何を意味するのか。私は、その期間こそ、犯人グループが現金を真剣に奪取しようとした「本気度の高い時期」だったのではないか、と思っている。
 
2011.10.6 11:00 (4/4ページ)関西事件史
 そしてこの期間に、次のような犯行モデルを作り上げたと考えている。
 〈最初の取引指定日には動かずに、様子を見る。警察の動きを見計らって、第2の指定日を通知し、本気で現金奪取に動く。警察の動きを知る役割をマスコミに負わせる。つまり、マスコミに挑戦状を送りつけて小出しに情報を提供し、取材させる。記事の中身から警察の捜査状況を把握する〉
 21面相不在の時期の4月に「警察の動きを知る役割」を担わされてしまったのは、不覚にも、産経新聞だったのではないか。
 スクープだと自賛していた4月5日付朝刊の「江崎社長宅に脅迫電話」の記事で、21面相は「マスコミは使える」と思ったに違いない。そして4月9日の「日曜日に緊迫の攻防」の記事が、その思いに拍車をかけた。「記事は、捜査状況を知る上で、格好のバロメーターだ」と。
 江崎のみうちに ナカマはおらん
 こう書いていた21面相だが、実はマスコミこそ、かい人21面相の「仲間」にされていた。そんな無念さが残るのは、私だけではないはずだ。
     (敬称略)
(執行役員東京総合企画室長 平田篤州)
◆グリコ・森永事件◆
 昭和59年3月18日夜、江崎勝久・江崎グリコ社長が兵庫県西宮市の自宅から入浴中に拉致され、現金10億円と金塊100キロを要求された誘拐事件が発端。江崎社長は約65時間後に大阪府茨木市内の水防倉庫から自力で脱出したが、グリコ本社(大阪市西淀川区)の施設が放火されるなど犯行はエスカレートした。
 犯人グループはその後も同年6月に丸大食品、9月に森永製菓、11月にはハウス食品などを次々と脅迫。同年10月には兵庫など4府県で、翌60年2月には東京と愛知で、スーパーなどに「どくいり きけん」などのメモを張った青酸菓子をばらまいた。
 この間、「かい人21面相」を名乗る犯人グループから計144通もの挑戦状や脅迫状がマスコミなどに届いたが、同年8月、「くいもんの会社 いびるの もおやめや」と「終結宣言」を出して動きを止めた。
 警察当局は6都府県警で延べ約130万1000人の捜査員を投入。約600点もの遺留品捜査を行う一方、捜査員が目撃した「キツネ目の男」や青酸菓子ばらまきで防犯カメラがとらえた「ビデオの男」などを公開したが、平成12年2月までに計28件の事件すべてが時効となった。

グリコ森永事件史③

 

【関西事件史】
グリコ・森永事件(3)緊迫の日曜日

2011.10.5 11:00 (1/5ページ)関西事件史

 
江崎社長に1億円の要求があり、警察が大捜査網を敷いたことを報じる昭和59年4月9日付のサンケイ新聞1面
 空は、青く澄み渡っていた。
 1984(昭和59)年4月8日。グリコ事件の犯人グループが、江崎グリコ(本社・大阪市西淀川区)に現金6000万円を要求してきた取引指定日である。
 日曜日の午前中。休日は夕刊がないので、ふだんなら阪神支局(兵庫県西宮市六湛寺町)には、当直明けの記者が1人いるだけである。
 だが、この日は違った。三々五々、記者が集まってきた。それも人目を忍ぶように、である。
 朝日新聞阪神支局は、阪神電鉄本線をはさんで歩いて5分ほど。神戸新聞阪神総局も、支局の前の国道2号線を車で走れば2、3分の所にある。
 「いいか、他社には絶対に気づかれないように。特に警察には…」
 前夜の7日、前線デスクが伝えた指示である。グリコ事件の捜査本部がある兵庫県警西宮署は当時、支局の窓から見えるほど近い距離にあった。支局の真向かいが西宮市役所。そのとなりが県立西宮病院で、そのとなりが西宮署だった。
 「あすは大捕り物や。犯人が現金授受現場で逮捕されるところを、必ずおさえる。写真を撮る。みんな心してかかれ」
 高揚したデスクの声に、誰もがうなずいた。捜査本部のある当の西宮署にこちらの動きを知られては、そんなみんなの思いが吹き飛ぶ。緊張感と期待感、そしてうまくいくだろうか、という不安感も抱きながら、私たちは「Xデー」の朝、支局のドアを、そろりと開けた。
 
2011.10.5 11:00 (2/5ページ)関西事件史
 現金受け渡し役の写真を撮れ
 
 話は、4月6日の金曜日に戻る。
 「気ぃつけや。帳場(捜査本部)の動きが変やで…」
 西宮署に出入りする知り合いの刑事から天の声を聞いた夜、取材班は、総力をあげて「捜査の動き」の真相に迫った。
 「この週末は、ゴルフできへんな」「機動捜査隊の連中は、週末に招集かかっとるみたいやで…」
 取材班が夜回り先で聞いてきた内容は、週末から日曜日にかけて新たな動きがある、という一点に収斂(しゅうれん)していった。
 「グリコが動く。Xデーは今度の日曜日…」
 「捜査員が現金持参人になる。グリコの社員を装って指定場所に向かう」
 「誘拐事件専門の捜査一課の特殊班だけでなく、機捜隊も動く」
 決定的な情報が、次から次へと集まった。そして、私たちはXデーの捜査シナリオの核心部分も入手した。現金持参人役と現金持参車の運転手役になる捜査員の名前を割り出したのである。
 翌4月7日午前6時すぎ。
 朝もやの中、私と神戸支局の片山雅文(現取締役大阪編集局長)は、裏六甲の山道を総局のラジオカー(無線車)で走っていた。めざすは、現金持参人役の捜査員宅だった。
 〈私が朝駆けする。片山はラジオカーの運転席に残る。ラジオカーは30メートルほど離して止める。ピンポンを鳴らす。捜査員が玄関先に出てくる。私が話しかける。その間に、片山が望遠カメラで捜査員の全身写真を撮る〉
 
2011.10.5 11:00 (3/5ページ)関西事件史
 2人の戦略はこうだった。シナリオ通りに進んだ。捜査員は、背広姿で出てきた。片山は、見事に捜査員の顔や全身像をフィルムにおさめた。
 「Xデーの当日に、現金取引を取材する。そのためには、取材にかかわるすべての記者とカメラマンが、配役(捜査員)の顔を覚えなければならない。要(かなめ)になる現金持参人だけでも、写真をおさえられないか」
 そんなデスクの前夜の急な注文に、首尾よく応えることができた。阪神支局への道すがら、片山のハンドルさばきは、軽やかに見えた。私も、花粉症の鼻をずるずるさせながら、少しばかりの達成感にひたっていた。

捜査本部との駆け引きの末…
 再び4月8日のXデー。西宮市の産経新聞阪神支局。
 そろりと集まった取材班は、時間をかけて各自の役割を入念に確認した。配置に着くのは、昼過ぎからだった。
 (犯人グループが動くのは、夕闇に包まれてから)
 そう、踏んでいたからだ。
 私の役回りは、現金持参人を乗せた車両の追尾だった。といっても、車両がどこに待機しているのか、いつから取引が始まるのか、雲の中。車種さえわからない。人海戦術で、捜査本部の動きを追うしかない。裏六甲で撮った「写真の男」を目撃する。すべての取材は、そこから始まるのである。
 午後1時過ぎ。私は、阪神支局の記者、写真部のカメラマンの3人で、西宮署の捜査本部の窓が見通せる、とある空き地に車を回した。ガソリンスタンドの横で、乗用車が長時間停まっていても不思議ではないロケーションだ。
 (捜査員に気づかれても、ここなら不審に思われないだろう)
 双眼鏡を構えた。車窓から捜査本部の様子をウオッチした。2時間、3時間、4時間…。動きはない。
 
2011.10.5 11:00 (4/5ページ)関西事件史
 片山は、同じ西宮市にある甲子園署に張り込んだ。取材班はとなりの芦屋市にある芦屋署、尼崎市の尼崎西署、尼崎中央署などにも張り込んでいる。もちろん、兵庫県警本部(神戸市)の捜査車両のチェックも続けていた。
 午後7時過ぎ。西宮署の駐車場から、捜査車両が猛スピードで出た。躊躇(ちゅうちょ)する間は、なかった。現金持参人役の、あの「写真の刑事」を確認したわけでもなかった。無線で阪神支局に連絡して、迷わず追尾した。
 あたりはすっかり暗い。捜査車両は、国道2号線をひた走った。対向車線の車のヘッドライトが、やたら気になった。前が見にくい。まぶしい…。
 すぐに巻かれた。
 片山も同じころ、甲子園署から飛び出た車両を追った。顔見知りの「グリコの社員役」の刑事が、確かに乗っていた。だが、芦屋市の警察学校付近で見失った。あとになってわかったことだが、捜査本部は、こちらの動きをすべて「お見通し」だった。私が追尾した捜査車両は、おとりだった。
 「ひらっちゃん(平田)、双眼鏡、観すぎやで」
 捜査員は、こう言って苦笑した。

スクープが残したものは
 その夜の取材で、犯人グループは指定してきた現金取引現場には姿を現さず、捜査は空振りだったことがわかった。
 「グリコ社長に1億円要求 誘拐犯グループ異常な脅迫 引き渡し8日指定 警察、大捜査網敷く」
 産経新聞の9日付朝刊1面には、こんな見出しが躍った。大捜査網の様子を記した社会面には、猛スピードで走る捜査車両の写真も、どかんと載った。肩透かしの結果となったので、複雑な思いでの出稿となった。
 だが、他社にとっては、目が飛び出るような衝撃的な記事だった。何しろ、一歩間違えば、産経新聞に「犯人逮捕の現場写真」と「現金取引劇の一部始終」をルポ記事でスクープされるところだったのだから。
 
2011.10.5 11:00 (5/5ページ)関西事件史
 犯人グループは、8日の取引を「前哨戦」と位置付けていた。江崎グリコが警察に知らせているのかを、確かめたかったに違いない。
 江崎グリコが警察に通報していたこと、そして兵庫県警が大捜査網を敷いていたことを、産経新聞のスクープが決定的に裏付けてしまった。
 私たちは先の4月5日付朝刊とこの9日付朝刊の連続スクープが、のちの丸大食品、森永製菓、ハウス食品、不二家、駿河屋と続く、一連の事件の試金石になってしまうことに、この時、まだ気づいていなかった。
     (敬称略)
(執行役員東京総合企画室長 平田篤州)
◆グリコ・森永事件◆
 昭和59年3月18日夜、江崎勝久・江崎グリコ社長が兵庫県西宮市の自宅から入浴中に拉致され、現金10億円と金塊100キロを要求された誘拐事件が発端。江崎社長は約65時間後に大阪府茨木市内の水防倉庫から自力で脱出したが、グリコ本社(大阪市西淀川区)の施設が放火されるなど犯行はエスカレートした。
 犯人グループはその後も同年6月に丸大食品、9月に森永製菓、11月にはハウス食品などを次々と脅迫。同年10月には兵庫など4府県で、翌60年2月には東京と愛知で、スーパーなどに「どくいり きけん」などのメモを張った青酸菓子をばらまいた。
 この間、「かい人21面相」を名乗る犯人グループから計144通もの挑戦状や脅迫状がマスコミなどに届いたが、同年8月、「くいもんの会社 いびるの もおやめや」と「終結宣言」を出して動きを止めた。
 警察当局は6都府県警で延べ約130万1000人の捜査員を投入。約600点もの遺留品捜査を行う一方、捜査員が目撃した「キツネ目の男」や青酸菓子ばらまきで防犯カメラがとらえた「ビデオの男」などを公開したが、平成12年2月までに計28件の事件すべてが時効となった。


 

グリコ森永事件史②

 

【関西事件史】
グリコ・森永事件(2)天の声「気ぃつけや」

2011.10.4 11:00 (1/5ページ)関西事件史

 
江崎社長に新たな脅迫電話があり、警察が逆探知を再開したことを報じた昭和59年4月5日付のサンケイ新聞1面
 不安一色だった心に、ほんのわずかだけれど一筋の希望が灯った。その時、そんな気持ちになったことを、27年が過ぎた今も覚えている。
 1984(昭和59)年4月3日午後8時すぎ。西宮市役所の真向かいにある、産経新聞阪神支局(西宮市六湛寺町)。その阪神支局2階の営業・販売の部屋から、ある刑事の自宅に電話を入れた時のことである。
 「わしは別の事件の関係で、西宮署に出入りすることが多い。だから、グリコの帳場(捜査本部)の様子も少しはわかる。気ぃつけや。最近、変な動きになっとるで…」
 江崎グリコ(本社・大阪市西淀川区)の江崎勝久社長が3月18日夜に西宮市二見町の自宅2階の浴室から誘拐され、監禁先の茨木市の水防倉庫から脱出して無事保護されたのが3月21日夕。その時点で報道協定が解除され、それから連日、熾烈(しれつ)な報道合戦が繰り広げられていた。
 江崎社長は当時、42歳。牡蠣(かき)に含まれるグリコーゲンにヒントを得て江崎グリコを創業した江崎利一の孫である。その創業者一族の若き経営者の身を突然、悲劇が襲ったのだから、報道が過熱するのも無理からぬ面があった。
 私もグリコ事件の取材班に入った。大阪の曽根崎署担当だったが、発生当夜に江崎邸にかけつけたこともあり、そのまま「兵庫県警担当」になった。
 実は、その6カ月前(83年9月末)まで神戸支局勤務で、兵庫県警を担当していた。古巣に戻って取材しろ、というわけである。当然、捜査本部の取材がメーンとなり、捜査員の自宅への夜討ち朝駆けの日々が始まった。
 
2011.10.4 11:00 (2/5ページ)関西事件史
 しかし、捜査員の自宅に夜討ちに行ってもなかなか接触できない。朝駆けでは、六甲の山々から飛び始めたスギの花粉に苦しめられるばかりだった。
 「捜査線上に犯人が浮かんでいるのではないか」
 その一点が取材の眼目なのだが、情報が取れない。だから、「不安一色」だったのである。そんな時の冒頭の刑事の言葉は、「天の声」にも思えた。刑事は、西宮署に出入りする中で、捜査本部に近い部屋にも足を運ぶことが多かった。専従捜査員の動きや、捜査本部の雰囲気を感じとれる、というのだ。
 「ほんまに変な動きや。江崎邸の警備が厳しくなっとる…」
 天の声は会話の後、こう続けたのである。受話器を置いた。

臨戦態勢だった江崎邸
 その夜、私の夜回り用のタクシーは捜査員の家には向かわなかった。「江崎邸が変だ」という情報を神戸支局の片山雅文らに伝えて、江崎邸に向かった。
 片山は、現在の大阪編集局長兼大阪代表補佐である。当時は産経新聞に入社してまる2年を迎えるころで、いわゆる駆け出しの時代だった。ニックネームは「合点のカタ(片山)」。とにかく腰が軽かった。「事件発生や、現場に走れ」とデスクに言われると「合点です」といって、総局2階の編集室から勢いよく、階段をかけおりる。そこまではいいのだが、数秒後、イガグリ頭をかきながら、「あの、現場はどこでしたっけ…」。
 茶目っ気たっぷりの人気者でもあった。
 
2011.10.4 11:00 (3/5ページ)関西事件史
 さて、江崎邸。邸内の様子を知るために、表門ではなく裏側に回った。裏側は雑草がひしめく草原(くさはら)になっており、その雑草越しに邸宅を観察した。20メートルほど離れた遠目からなので、窓に映るシルエットぐらいしか情報としてはない。
 無事保護されてから、2週間が過ぎている。江崎社長への警察の事情聴取は、連日行われていた。それでも夜も9時を過ぎれば、一家団欒(だんらん)の時だろう。もし、事情聴取が江崎邸で行われていたとしても、刑事は帰るのが常識だ。
 シルエットは、その常識を覆すような数で動いていた。表門にも警備車両が張り付いている。江崎社長が保護された直後から、ずっと徹夜体制らしい。
 (まるで、今にも3人組が再び襲撃してくるかのような備えだ…)
 現場百回などとよく言われるが、この時、事件の原点である誘拐現場の江崎邸は、確かに何かを物語っていた。それでも、それが何かは、その時点では、私の頭の中で「輪郭」にまでは、ならなかった。
 翌日から、江崎邸を中心にした周辺取材を進めた。
 「これや、これが核心や」
 私たちは、取材の中で初めて核心をついたと思える情報を手にした。捜査本部が、江崎邸で、電話の逆探知をしているというのだ。
 犯人グループが、江崎社長を「再脅迫」しているのではないか。脅迫の中身は何か。逆探知はできたのか。とにかく、江崎邸は、犯人との攻防の臨戦態勢にある。そんな輪郭が見えてきた。
 その後、どんな取材をしたかは、取材源の秘匿もあるので詳細には伝えられないが、取材班の総力で4月5日付の産経新聞朝刊1面にスクープが載った。
 「誘拐犯が脅迫電話? おびえる江崎氏 警護強化 逆探知を再開」
 誘拐事件は、現在進行形だったのである。
 
2011.10.4 11:00 (4/5ページ)関西事件史
 難しかった「筋読み」
 筋読みは普通だったら、次のようなものだろう。
 〈社長を警察に保護されてしまった。身代金もとれなかった。社長には、こちらの顔や声も知られてしまった。失敗だ。逃げるしかない〉
 ところが、グリコ事件の犯人グループは違った。執拗に身代金をとろうとしている。警察の大捜査網も意に介せず、挑戦的に犯行を続けてきた。
 ふてぶてしい。大胆といっていい。これまでの誘拐事件のシナリオとは、明らかに違うことが、産経新聞の記事によって公知の事実になったのだ。
 犯人グループの動きは、翌85(昭和60)年8月12日朝の「犯行終結宣言」まで続いた。
 くいもんの会社 いびるの もうやめや
 こんな終結宣言が届いた夕刻に、御巣鷹(おすたか)の尾根で、あの日航ジャンボ機墜落事故が起きたのだった。終結宣言までの1年半の間に、多くのスクープが各社から生まれた。社長誘拐から6カ月目の84年9月に報じられた毎日新聞の「今度は森永製菓を脅迫」は、その最たるものだろう。
 グリコへの脅迫について犯人グループは6月26日にいったん、犯行終結宣言を出していた。
 江崎グリコ ゆるしたる
 この時、私たちにも「事件は終息したかもしれない」との思いがあった。そんなときに、犯人がひそかに森永製菓を標的にしていた、という事実をスクープしたのだから世の中は揺れた。
 しかし、今、冷静に考えると、「最初に事件の構図を突いたのは産経新聞ではなかったか」と思えてくる。「誘拐犯が脅迫電話?」のあの記事(84年4月5日付)である。
 
2011.10.4 11:00 (5/5ページ)関西事件史
 誰もが、「あとは犯人を追い詰め、逮捕するだけ」と思っていたのに、当の犯人が不敵にも身代金を再度要求して動いていた。終息とみせかけて犯行を続けていた手口は、「森永製菓脅迫」と同一構図といっていい。
 「事件の筋読み」を根本から見直す転機となるべき、節目の記事だった。そのことにもっと深く思いを巡らせていれば、その後の犯人グループの不可解な手口も、もっと簡単に解きほぐすことができたかもしれない。
 さて、天の声の続きである。「江崎邸厳戒」で緊迫する中、さらに事態は動いていた。犯人グループは、4月8日を指定日にした、身代金受け渡し要求の脅迫状を江崎邸に送りつけていたのだ。
 「気ぃつけや。帳場の動きが変やで…」
 何も知らない私に、再び天の声がこうつぶやいたのは、Xデー(4月8日)の2日前のことだった。(敬称略)
(執行役員東京総合企画室長 平田篤州)
◆グリコ・森永事件◆
 昭和59年3月18日夜、江崎勝久・江崎グリコ社長が兵庫県西宮市の自宅から入浴中に拉致され、現金10億円と金塊100キロを要求された誘拐事件が発端。江崎社長は約65時間後に大阪府茨木市内の水防倉庫から自力で脱出したが、グリコ本社(大阪市西淀川区)の施設が放火されるなど犯行はエスカレートした。
 犯人グループはその後も同年6月に丸大食品、9月に森永製菓、11月にはハウス食品などを次々と脅迫。同年10月には兵庫など4府県で、翌60年2月には東京と愛知で、スーパーなどに「どくいり きけん」などのメモを張った青酸菓子をばらまいた。
 この間、「かい人21面相」を名乗る犯人グループから計144通もの挑戦状や脅迫状がマスコミなどに届いたが、同年8月、「くいもんの会社 いびるの もおやめや」と「終結宣言」を出して動きを止めた。
 警察当局は6都府県警で延べ約130万1000人の捜査員を投入。約600点もの遺留品捜査を行う一方、捜査員が目撃した「キツネ目の男」や青酸菓子ばらまきで防犯カメラがとらえた「ビデオの男」などを公開したが、平成12年2月までに計28件の事件すべてが時効となった。
 


 

グリコ森永事件史①

 

【関西事件史】
グリコ・森永事件(1) 幻の卒園写真

2011.10.3 11:00 (1/5ページ)関西事件史

 
江崎社長の誘拐を報じる昭和59年3月19日の朝刊1面。このあと前代未聞の報道協定が結ばれた
 1本の電話が、その後の10年、15年の私の仕事を決めることになった。電話の主は、寺田泰三。現在の産経新聞執行役員東京総務局長である。
 1984(昭和59)年3月18日午後10時過ぎ。日曜夜。
 「すまんが平田君が現場に一番近いので、行ってくれるか。江崎グリコ(本社・大阪市西淀川区)の社長が西宮(兵庫県)の自宅から拉致されたんや」
 寺田は当時、社会部の記者で大阪府警の捜査2課を担当していた。その夜、府警の2階にある産経新聞のボックス(記者室)で当直勤務をしていた時に警察無線の傍受で、事件を知った。
 通常なら兵庫県で起きた事件なので、神戸支局(神戸市)や阪神支局(西宮市)の記者に任せておけばよいのだが、なにしろ大企業の社長拉致である。管轄など、かまっていられない。
 「これは社会部あげての総力取材になる」
 そう考えた寺田は、当時、大阪の曽根崎署担当だった私に、担当外エリアの事件ではあるが「現場が近い」という理由で、第一出動の手配をしたのだった。
 「えっ、グリコの社長? 拉致?」
 グリコのチョコやポッキーは知っていても、社長は知らない。まして社長の家が、我が家の近くにあることなど全く知らなかった。
 現場は、西宮市二見町の江崎勝久社長邸。当時の私の家は、お隣の尼崎市に広がる西武庫団地。尼崎市と西宮市の市境を流れる武庫川を渡り、車で5分ほど走れば、もう江崎邸の現場である。
 「ほな出るわ」
 パジャマをブレザーに着替えてコートをはおり、家内にこう告げて団地を飛び出した。手には、いつもの取材用のカメラだけでなく、買ったばかりのピカピカのニコンのカメラもひっさげていた。
 2DKの奥の部屋では、あす(月曜日)幼稚園の卒園式を迎える長男(当時6歳)が、次男(同1歳)とともに、夢の中にいた。
 
2011.10.3 11:00 (2/5ページ)関西事件史
 江崎社長の誘拐を報じる昭和59年3月19日の朝刊1面。このあと前代未聞の報道協定が結ばれた

 

金塊100キロ要求 「拉致」から「誘拐」へ
 現場は、騒然としていた。江崎邸の周囲には警察によってロープが張られ、立ち入り禁止になっている。捜査車両やパトカーが次々と到着した。一番乗りではなかったが、おそらくマスコミの中では5本の指に入る早さだった。
 近くの民家に転がり込んで、応接間を取材の前線本部として使わせてもらうことをお願いした。携帯電話やパソコンのない時代である。原稿を書くことのできるスペースの確保と、その原稿を本社や支局に吹き込む電話を確保することが、現場にかけつけた記者の第一の仕事だった。
 「発生は午後9時ごろ」「江崎社長は、入浴中に裸のまま拉致された」「犯人は3人組。江崎邸前の道路にとめていた乗用車に社長を押し込んで、猛スピードで走り去った」
 断片的に入ってくる情報を、前線本部の民家に陣取った阪神支局の支局長や社会部の先輩記者に伝える。
 (なぜ、拉致なのか。誘拐ではないのか)
 そんな思いを抱きながら、とにかく現場周囲の聞き込みを続けた。日付が変わって3月19日午前1時過ぎ。朝刊最終版の締め切り直前の時間帯だった。大阪府警で宿直勤務をしながら取材指揮をとっていた寺田から、一報が入った。
 「現金10億円と金塊100キロを用意しろ」
 そんな内容の身代金要求のメモが、大阪府高槻市の電話ボックスの中で見つかった、というのである。
 「やはり、身代金目的の誘拐事件や」
 原稿は、全面的に差し替えなければならない。締め切り時間まで、あと数分。西宮の現場も大阪本社の編集局も、まさに蜂の巣をつついた状態になった。
 怒号にも似た声が飛び交い、大混乱の中、朝刊1面の大見出しは「グリコ社長、拉致される」から「誘拐される」に変わり、「犯人、現金10億円と金塊100キロを要求」の内容も加えられた。
 
2011.10.3 11:00 (3/5ページ)関西事件史
明日は卒園式 ニコンのカメラは…
 通常、誘拐事件が起きた場合は、被害者の人命を第一に考えて、報道協定が結ばれる。警察当局が、マスコミ各社に「被害者が無事救出されるか、犯人を逮捕するまでの間、いっさいの報道を控えてほしい。協定中の捜査状況については、すべてオープンにする」という約束を結ぶのである。
 身代金要求のメモが見つかった時点で、それに該当する報道協定事件になるはずだった。だが、後の祭り。テレビやラジオはすでに「拉致」を速報している。世間に、事件の発生は伝えられている。いまさら新聞だけが報道を控える選択肢はない…。そんな判断からか、いや、そんな判断をする余裕すらなく、新聞各社は、輪転機をとめずに朝刊で「グリコ社長誘拐」を大々的に伝えた。
 「取り返しのつかない展開になった。社長の命は…」
 締め切りが過ぎた後、みんながそんなことを思いながら、「徹夜取材」になることを覚悟した。
 私はふと、首にぶら下げたニコンのカメラが気になった。出かける時に、家内に言われたことが、重たくのしかかってきたのだ。
 「明日は卒園式やから、そのカメラがいるんよ。ちゃんと帰ってきてね」
 (10分もあれば、自宅にもどれる。徹夜取材になっても、なんとか帰る時間は作れるやろ)。そう高をくくっていたのだが、甘かった。
 
2011.10.3 11:00 (4/5ページ)関西事件史
 「おい、平田。報道協定の話が出ている。兵庫県警本部(神戸)で県警幹部とマスコミ側の話し合いがもたれる。いったん、現場は撤収や。県警本部にすぐ行くぞ」
 大阪府警サブキャップの京原廣行(元編集委員)の声だった。鋭い眼光。大きな体。風貌もさることながら、その事件勘のすごさから、京原は、当時、他社にも恐れられ、警察にも一目置かれていた「凄腕の事件記者」だった。
 こうして、長男の卒園式の記念写真をアルバムにおさめるはずのニコンのカメラは、自宅のある尼崎市とは反対方向の神戸市に向かうことになった。
 神戸への車中、卒園式での長男の晴れ姿と、それをじっと見やるカメラを持たない家内の寂しげな顔を想像してしまった。
 暗闇の中、外は、氷雨が降り始めていた。

 

報道協定解除 取材合戦に突入
 報道協定は結局、3月19日早朝に結ばれた。その日の夕刊にはグリコ事件の続報は1行も載らず、事件は紙面から消えた。テレビやラジオも報じない。読者や視聴者は、どんなにいぶかしく思ったことだろう。
 報道はその後3日間、江崎社長が、監禁先の大阪府茨木市の水防倉庫から脱出する3月21日夕まで、ぴたりと止まった。つまり、江崎社長の無事が確認され、報道協定が解除されたのが、3月21日夕だったのだ。
 それから、嵐のような報道合戦に入った。そして完全時効の2000年2月13日までの間、担当記者の取材は、えもいわれぬ緊張感の中で続くのである。
 
2011.10.3 11:00 (5/5ページ)関西事件史
 ところで、実は、手元には長男の卒園写真がある。家内が、長男の友達のお母さんから「うちの子といっしょに写っていたよ」と言って、思いがけず数日後にいただいた、貴重なスナップ写真だ。
 兵庫県警からいったん尼崎市の自宅に戻ったのは、卒園式の翌日だったと記憶している。家内や長男と、その時どんな話をしたのか、覚えていない。
 ただ、毎年3月の卒園式シーズンになると、心に突き刺さった棘(とげ)が、ずきんと疼(うず)くのである。(敬称略)
(執行役員東京総合企画室長 平田篤州)
◆グリコ・森永事件(警察庁指定114号)◆
 昭和59年3月18日夜、江崎勝久・江崎グリコ社長が兵庫県西宮市の自宅から入浴中に拉致され、現金10億円と金塊100キロを要求された誘拐事件が発端。江崎社長は約65時間後に大阪府茨木市内の水防倉庫から自力で脱出したが、グリコ本社(大阪市西淀川区)の施設が放火されるなど犯行はエスカレートした。
 犯人グループはその後も同年6月に丸大食品、9月に森永製菓、11月にはハウス食品などを次々と脅迫。同年10月には兵庫など4府県で、翌60年2月には東京と愛知で、スーパーなどに「どくいり きけん」などのメモを張った青酸菓子をばらまいた。
 この間、「かい人21面相」を名乗る犯人グループから計144通もの挑戦状や脅迫状がマスコミなどに届いたが、同年8月、「くいもんの会社 いびるの もおやめや」と「終結宣言」を出して動きを止めた。
 警察当局は6都府県警で延べ約130万1000人の捜査員を投入。約600点もの遺留品捜査を行う一方、捜査員が目撃した「キツネ目の男」や青酸菓子ばらまきで防犯カメラがとらえた「ビデオの男」などを公開したが、平成12年2月までに計28件の事件すべてが時効となった。
 【関西事件史~日本を震撼させた日】
 「MSN産経west」のスタートに当たり、関西で過去30年間にあった重大事件事故や出来事を振り返り、「日本を震撼させた日」をサブテーマに、当時の担当記者が取材の舞台裏や失敗談、秘話を綴る。トップを飾るのは、企業トップの誘拐から全国の消費者を人質にする青酸菓子ばらまきへとエスカレートし、「劇場型犯罪」という新語を生んだ「グリコ・森永事件」。計5回のシリーズです。毎日1話ずつ、午前11時ごろアップする予定です。


 

1歳児殺害し、母が首つり自殺か 夫が発見

 【母子心中】
場所:福岡県中間市長津2丁目
加害者;母 (30)・・・首吊り自殺にて死亡
被害者:長男(1)
被害状況:目だった外傷なし(水死の可能性)タオルに巻かれ寝かされていた
殺害時期:2011年3月27日~28日
 
 
 

1歳児殺害し、母が首つり自殺か 夫が発見 福岡・中間市

2011.4.3 10:34
 2日午後10時10分ごろ、福岡県中間市長津2丁目のマンション一室で、1歳の長男が死んでいると、岡田剛さん(37)から近くの交番に通報があった。
 折尾署は3日午前、マンションから約1キロ離れた同県水巻町の河川敷で3月28日朝に首をつって死んでいるのが見つかった女性を、岡田さんの妻(30)と確認。妻が長男の竜之介ちゃんを殺害後、自殺した可能性があるとみて調べている。
 同署によると、岡田さんは別居中の妻と連絡が取れなかったためマンションを訪問。バスタオルに巻いて寝かされた状態の長男を見つけた。目立った外傷はなく水死の可能性があり、司法解剖して調べる。

グリコ森永事件

 
「関西事件史」は毎日1話 午前11時更新
2011.10.3 07:00 関西事件史

 
国電車内などで目撃された「キツネ目の男」
 「MSN産経west」のスタートに当たり、関西で過去30年間にあった重大事件事故や出来事を振り返り、「日本を震撼させた日」をサブテーマに、当時の担当記者が取材の舞台裏や失敗談、秘話をつづります。トップを飾るのは、企業トップの誘拐から全国の消費者を人質にする青酸菓子ばらまきへとエスカレートし、「劇場型犯罪」という新語を生んだ「グリコ・森永事件」。計5回のシリーズで毎日1話ずつ、午前11時ごろアップの予定です。

【3.11から7ヶ月。風化してはならない動画】~犠牲者には、ただただご冥福を祈るのみです。 合掌

【3.11から7ヶ月。風化してはならない動画】
1000年~500年に一度の大災害と言われた、2011.3.11東日本大震災。もう、今日で丁度7ヶ月になりました。

被災地にはまだ瓦礫が残り、ほとんど復興していません。これが現地にいる僕の率直な想いです。

昨日に引き続き、今日も3.11直後の動画をアップしました。
(少し、生々しい画像が出てきます。具合の悪くなりそうなヒトはスルーして行ってくだ。)

僕はこの当時、家の周りに瓦礫がまだまだ残ってる状態でした、瓦礫の整理などやってる場合ではなかったのです。

心配で心配で・・・・・。本当に心配で・・・。
田野畑の親戚と山田町の友人の安否確認に紛争していました。

地元田野畑では人数も少なかったので、すぐに「行方不明」というは確認できました。結局、今でもその親戚は行方不明です。

一方、山田町の同級生の友人の安否確認には、車にシュラフを積んで、残り少ないガソリンを気にしながら、山田町に行きました。
田野畑村の光景もそれはひどいものでしたが、山田町に入り、もっと唖然としたのを覚えています。
その友人宅は、山田の境田地区にあり、街の中心部。1件もなく。それは、まるで原爆でも落とされたような光景でした。
とりあえず、4箇所の避難所を周り、名簿を確認しました。それは、おびただしい数でそれだけみるのにも、1日かかりました。どこにも、掲載されていないその氏名。
車で寒かったのですが、シュラフと毛布にくるまり車で泊り・。

次の日も同じ事を、繰り返しました・・。しかし、氏名を見つけることは出来ずに・・。
行きたくはなかった、「死体安置所」に行きました。
これも、3箇所に別れていました。
「お願いだから氏名が掲載せれていないでほしい・・・。」そういう願いもありながら、それをしないと安否確認にはなりません。
行ってみると、入り口に大きなは大きな紙に「死体に連番の付いた名簿」が貼りつけてあり、氏名が分からない人については、「?」マークがあり、「男女別」と「おおよその年齢」が書いてありました。

複雑な気持ちで名簿を何度も、何度も確認しましたが、やはりその氏名はなかったのです。
すると、?マークの人ってことになります。?マークの人は、発見された直後に撮影した顔と、着衣などなどの写真がアルバムのようになっています。
写真で安否確認するしかありません。その、ページをめくるときに・。「いないで欲しい」と願いながらページをめくっていきました。

3.11の海はと言えば、三陸の海の水温が一番低い時です。4℃ぐらいだったはずです。
そのアルバムの遺体の顔や身体は、冷たい海の水温でみんな真っ赤になっていました。しかも、色々なものにぶつかったためにその打撲で腫れ上がっていました。中には、顔の状態すら分からない写真も沢山ありました。

遺体安置所の隙間から、そお中が見えたのですが・・。おびただしい遺体が並べられていて、ご遺体と出会った家族の泣き声が、あちこちから聞こえてきました。
その時の線香の香りが独特だったのです。忘れられない匂いとなっています。

この作業を3箇所の安置所でおこないました・・・・・。
結局、その友人は僕の安否確認では・・。見つけることがその時は出来なかったのです。
その時の想いというものは、今でも鮮明に覚えていて・・。
まさに、地獄絵。悲惨ではなくて、津波の残酷さを通関したのです・・。

それから、だいぶ経過してから「行方不明名簿に掲載されていました」
その名簿を見たときに・・。全身の力が抜けたのです。

その友人は、数カ月後に宮城県まで流されていて、発見されましたがその腐乱状態はひどく、DNA鑑定で、身元が判明しました。


http://youtu.be/MVKWtxXtZ3E


テレビでは報道しない、テレビで放送できない

被災地の様子。(写真はNYTからの提供)
この事をみなさんに分かってほしい
東日本大震災のみなさん頑張ってください!
是非何か見て感じたら、多くの人に広めてください。
写真は海外のニュースサイトからお借りしております。


この動画は、「日本のメディアでは絶対に放送されない画像」です。

3.11の悲惨な出来事は今や多くの人の中で風化の一途をたどっています。

あれから、7ヶ月。

僕は、あえてこの画像を選びました。この多くの亡くなられた犠牲者の死を無駄にしたくない。
そんな、想いからです。

3.11の犠牲者には、
ただただ、ご冥福を祈るのみです。

 合掌



転載元: 山と土と樹を好きな漁師

【3.11から7ヶ月。風化してはならない動画】~全世界に放送された3.11東日本大震災@Tsunami Disaster in Japan

【3.11から7ヶ月。風化してはならない動画】
1000年~500年に一度の大災害と言われた、2011.3.11東日本大震災。もう、7ヶ月になろうとしています。

被災地にはまだ瓦礫が残り、ほとんど復興していません。これが現地にいる僕の率直な想いです。

この大災害のあと、政治は与野党は一致せず、国会は政局絡みの議論ばかりで、全く進まなかった復興策。
また、メディアも今では、まだ7カ月しか経過しておらず、復興などしていない被災地を放送で取り上げることすらなくなりました。

古来、東北人は「ガマン強い」、「粘り強い」、「お上にモノを申さず、おとなしい」と言われてきました。しかし、皆生身の人間です。
阪神淡路大震災と比較され、東北人には復興の意欲がないとか言われることがあります。
僕は、
阪神淡路大震災の現場は見ていません。それと、どう考えても福島原発の問題もあります。それと、その範囲は広いです。個人ではどうすることもできない問題が山のようにあります。地盤沈下位、公共道路、公共の港、鉄道の崩壊などなど・・。
こんなに、復興が遅れてのは、やはり政府の対応の遅さだと思うのです。
7ヶ月間、おとなしくして、じっと粘り強く、ジッと我慢してきました。
しかし、これから寒くなり、やがて雪が降る長い長い冬がやってきます・。

下の画像は、海外メディアによって全世界に放送された、津波の録画です。

全世界に放送された3.11東日本大震災@Tsunami Disaster in Japan

















@海外編集版より。初めて目にした地方沿岸部を襲った巨大津波の映像は我々日本人だけでなく世界中を現実の恐怖に陥れたと言われています。
無駄に騒然とけたたましく感情を
操作しようとする野次馬気質の日本の民放テレビとは違い、津波災害の恐怖が深々と画かれています。

------ US's major media company had broadcasted 45 min's TV-documentary"Witness:disaster in Japan"in mid-April 2011. This video is a edited short-version of the part of tsunami. This program has reported very deeply and dignity about this enormous natural disaster. it's a excellent work.

                                                 もう一度あの、津波のことを思い出して欲しい・・。そういう願いから
明日で、7ヶ月をむかえる時期に際してこの動画をアップしました。6;16秒の時間をがありましたらz是非見て欲しい画像です。

明日は
日本では放送できない 報道できない 震災の裏側」 
をアップする予定です。
    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
漁師きんちゃんのWEB
沖で捕って、一旦、生簀で活かして、すぐに船で箱詰め作業します。
きんちゃん「船揚げの究極、鮮度抜群の魚介類」です。

「田野畑 漁師の直売所」しました。



            ↑↑ポッチ。ぜひご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イメージ 4
ZaitusLand(ザイタスランド)
「ザイタスランド」は東日本大震災で被災した事業者の復興を応援する

”予約購入型復興支援サービス”です。


掲載していただいております。みなさん応援してください。

津波に奪われたささやかな夢をもう一度。生涯現役漁師でいたい。


転載元: 山と土と樹を好きな漁師

第50回 論叫警鐘辻説法 (平成23年10月10日)

 
辻説法の画像を取り忘れたのでこのポスターの9人の顔を見て怒りを増幅させて下さい。

 
本日の辻説法は申請を出していない日である。(仕事の関係上申請不可能)来週のはとっているので今日は無許可街宣である。
 
 
いつもの定位置に到着し準備をしようとした際、警備二人と再び論戦。昨日散々30分もの間こちらの意見を述べ、ブログにもこちらの意見を載せたにも関わらず、本日は無許可街宣だから容認はしないとの事。15分で終わらせる様に言われた為、1時間にも及ぶ論戦に突入。内容は一番下に載せておきます。
 
 
本日のお題・・・特になし(フリートーク)
 
 
訳ありすぎて、カメラの用意もできず、いつでも移動できる荷物の配置にし、カバンは背負ったままの辻説法。15分の時点で一度止めて様子を伺うことにする。
 
内容は・・・
拉致被害者家族との会談を行った野田の発言
北朝鮮という無法国家の危険度
想定外を考える(第2次朝鮮戦争勃発に巻き込まれる日本)
 
・・・をトータル45分程喋りました。15分の時点でなんらいつもと変わらないミナミの状況。警備も遠くにいるのでそのまま続行。30分辺りで
警備に早く終わらせるように促される。そしてたったの45分間で終了。
苦情も来ない、人も集まらない、邪魔になっていない、他に団体が来たという理由での強制終了。仕方なく家に帰る事になる・・・短い辻説法ではありますが激励、握手をして下さった方に感謝致します。ありがとうございました!
 
 
 
 
 
日本の警察は法の番人である事は確かであるが
 
【必要の無い申請は出さない宣言】
 
をしてからというもの、国家権力の職権乱用ともとれる法に反した意見を述べていた警備二人。昨日の警備には
 
【目立つような活動を無許可で行えば一般人では有り得ないような名目で逮捕となるから、許可を取れ】
 
との意見を述べられる始末。(こんな事書かせないで下さい!)
 
 
法を守る事が何故いけないのか?辻説法を行うにあたり、人が集まってきたら歩行者の邪魔になるような聴衆者を邪魔にならない所に誘導するとまで言ってるではないですか?もし必要であればこちらに警備の人間を用意するとまで言ってるではないですか?どこかの『有名芸能知事』のように混乱に陥るような事が万が一あるならば、辻説法を中止~移動するとも言ったじゃないですか?何度も何度も言いますが・・・
 

道路交通法 第七十七条
第七十七条  次の各号のいずれかに該当する者は、それぞれ当該各号に掲げる行為について当該行為に係る場所を管轄する警察署長(以下この節において「所轄警察署長」という。)の許可(当該行為に係る場所が同一の公安委員会の管理に属する二以上の警察署長の管轄にわたるときは、そのいずれかの所轄警察署長の許可。以下この節において同じ。)を受けなければならない。
 省略
 省略
 省略
 前各号に掲げるもののほか、道路において祭礼行事をし、又はロケーシヨンをする等一般交通に著しい影響を及ぼすような通行の形態若しくは方法により道路を使用する行為又は道路に人が集まり一般交通に著しい影響を及ぼすような行為で、公安委員会が、その土地の道路又は交通の状況により、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るため必要と認めて定めたものをしようとする者

大阪府道路交通規則
(道路の使用の許可)
第15条 法第77条第1項第4号の規定による署長の許可を要する行為は、次の各号に掲げるもの(公職選挙法の規定に基づきすることができる選挙運動のためにするもの及び選挙運動期間中における政治活動として行うものを除く。)とする。
(1) 省略
(2) 省略
(3) 省略
(4) 道路に人が集まるような方法で、演説、演芸、奏楽、映写、ロケーシヨン等をし、又は拡声器、ラジオ、テレビジヨン等の放送をすること。
(5) 省略
(6) 道路において、旗、のぼり、看板その他これに類する物を持ち、又は数人で楽器を鳴らし、若しくは特異な装いをして、広告若しくは宣伝をすること。
(7) 広告又は宣伝のためし、車両等に著しく人目をひくような特異な装飾その他の装いをして通行しくは人が集まるような方法で車両等に備えた拡声器を用いて通行しながら広告又は宣伝をすること。
(8) 道路において、人が集まるような方法で寄付を募集し、若しくは署名を求めること。
(9) 省略
(10) 省略
(昭46公委規則12・平13公委規則13・平18公委規則4・一部改正)

上記の道交法と大阪府条例がある限り私はそれに従うだけである。「人が集まるかどうか」はこれまでの一年間の活動と、あの定位置の人の流れを見ていればわかるはず。
 
しきりに「法律の話は置いといて・・・」と前置きした上で警察の意見を述べておりましたが、それが言論弾圧だと言ってるんです。私のように辻説法を行う人が増え続けたら警察的に「まずい」との感覚になるのは理解してます。ただ、誰も一人でやらないでしょうに。皆、徒党を組みたがり集団で動いた方が効率的である。様々な団体がある中で一人で辻説法を行う人は、「政治家の卵」位である。
 
私が何故団体に所属しないか(できないか?)を知ってるならば、何も言う必要は無い。ただただ、ひたすら辻説法を行うだけであり、他が真似できないほどに自分の活動の形を作り続けるだけである。
 
辻説法が違法であるならば文書にして理由をください。それが出来ない上に圧力を加え続けるのであれば、辻説法の場所も日時も電話でお知らせする事は致しません。警備の氏名をブログ内で明かし抗議いたします。そんなことはしたくないからこそ、長い時間を割いて建設的な話をしているではないですか。
 
 
警察という法の番人であり、正義感を感じて職務を全うしたいのであれば、上層部に道交法の改正と、大阪府に条例の改正を行うように内部から働きかけてください。少なくとも「左翼政党、左翼団体」の検挙に繋がり、日本の国益につながる財源が確保できると思います。
 
 
せっかくの私の誕生日(10月10日)が台無しです・・・(泣)

第49回 論叫警鐘辻説法 (平成23年10月9日)

 

 
 
本日の辻説法の直前の論戦は『論叫警鐘辻説法・・・直前の論戦。長文ですがお読み下さい。 』をご覧下さい。
 
http://blogs.yahoo.co.jp/wnjhr964/21314730.html
 
 
街中は【御堂筋KAPPO】というお祭りに行くために自転車と人で溢れかえっていた。もちろん私の定位置も自転車置き場と化している。何とか隙間を開けて辻説法開始。
 
 
お題・・・特になし(フリートーク)
 
 
内容は、小沢一郎の裁判、民主党の犯罪人、遅れる復興、国防論を喋って来ました。人も多く、聴いてくれる人も多数おり、手を振ってくれる人や、握手をした人もいる。そんな反応が有難く思います。
 
 
そんな反応のひとつを動画にてご覧下さい。
 
 
 
 
 
投げキッス(照)
 
 
そんな反応に動揺しながら喋り続けていると、演説内容を間違えてしまう。動画の中の「当時の外務大臣が・・・」は本当は「当時の内閣官房参与が・・・」と言わなければいけなかった(汗)理解はしていたが、元外務大臣松本と、内閣官房参与松本氏がごっちゃになった訳である(言い訳)
 
 
日本の政治家が党内の勢力争いを行い、会派を作り、派閥を作る。それが良いか悪いかは置いといて、衆議院と参議院の役割までもがおかしくなっている。議員になればそれなりの給料も貰え、文書通信費他、多数のお金(手当て)が飛び込んでくる。辞めた後でも議員年金までもが貰える。総理経験者は辞めた後でもSPが付き、党?からお金も貰える。現に菅は四国をSPつけてお遍路巡りしているのである。もちろん血税で。ソフトバンクの孫正義との自然エネルギー法案可決に伴い、何らかの密約があるのではないか?とも感じる。
 
 
国民は監視しなければなりません。
 
官房機密費をたった2年間で15億使った民主党を・・・。
国会閉会中の現在、国会議員の外遊という名の無駄使いを・・・。
小沢の股間から石が出てくるまでお預けになっている裁判の行方を・・・

論叫警鐘辻説法・・・直前の論戦。長文ですがお読み下さい。

 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
 
いい天気ながらも夜勤明けの為、睡魔に勝てず11時には間に合わなかった。さらにブログでの「演説のお知らせ」もしていなかった。何もかも空回りした状態でようやくPM2時から演説開始のはずだったが、道路使用許可の不当性を訴え、「許可無し街宣」を宣言した私に対して再び30分程度「警」と論戦。以前の宣言記事をご覧下さい。http://blog.with2.net/in.php?1237020
 
 
【目立つような活動を無許可で行えば一般人では有り得ないような名目で逮捕となるから、許可を取れ】
 
 
との脅迫?(笑)それが不当逮捕であり、別件逮捕である。警察の常套手段ではないですか?左右の団体の中で数人身柄を押さえている警察が、よくぞ語ってくれました。ビデオ回しておくんだったな。。。
 
 
何の罪状で逮捕なんですか?まずは現在の法律、大阪の条例を変えるように動いてください。一個人の訴えで法律、条例が変わるわけ無いでしょうに?国家公安委員会の認識は法律、条例の外側の事である。道交法の第77条「道路の使用許可」の条文の中に・・・
 
 
 
【選挙期間中、平日、休日、祝祭日に、音の大小問わず、人が集合するしないに関わらず、公道、市道、所有者の土地の使用許可があるなしに関わらず、拡声器を使用する際は、所轄警察署での届出が必要であり、許可なしに車両街宣、街頭演説、辻立ちを行ったものは以下の罰則を受けるものとする】
 
 
 
・・・などの条文が書かれているならば今までどおりに許可は取ります。それが無い上に、現行法に逆らって警察に申請代を支払い続けるのは、警察に対する賄賂と取られかねない。
 
日本共産党は許可取っていないのに捕まらないのは賄賂があるのですか?無いでしょ?届出をしている政党がOKならば政党を作りますよ。
 
 
「みんなたちあがれ日本民族党」
 
略して「みんたち党」(´・ω・`)y-・~~
 
 
・・・作ったあかつきには支持宜しくお願い致します。日本国籍を持つ純粋な愛国者である日本人による政党。党員、サポーターは年5000円(未定)代表選は小沢と菅の様に血税を使うことなく代表を決めます(当然)
 
 
ま、冗談は置いといて、法律を作る為に政治家がいろいろと考えなければいけない。言論の自由、表現の自由、集会結社の自由。それらは日本国民1億2千4百万人の国民の権利であり、憲法で保証されているのです。警察組織の公安が職務を全うしたいと考えるのは解ります。その職務が道交法に反していると解っておきながら許可を取るように誘導したり、何らかの些細な事で(交差点斜め横断等)別件逮捕するようであれば、支那と同じで「言論統制、言論弾圧」が国家権力により横行するだけである。
 
 
 
…ここまで警察が道路使用許可にこだわりを見せる理由とは…
 
・現公安のTOPである「マルチ山岡」の職務命令ですか?
・前々 公安TOPの「反日活動家岡崎トミコ」の仕業?
・前々々 公安TOPの「秋篠宮殿下への暴言議員 中井ハマグリ」の仕業?
 
 
 
民主党批判をする個人、団体を不当逮捕する命令があったのかな?道路使用許可を誘導する国家ぐるみの「マルチ商法」と捉えられても仕方が無い。法の隙間を縫って警察が金儲け・・・反則金、違反キップ目当てに点数稼ぎをし、些細なスピードオーバーを捕まえる白バイ、高速機動隊と同じですね。
 
 
話は戻り・・・私が右派だの右翼だのと思われるのは勝手ですが、公安の一方的な決め付けです。事実私は現在、右翼団体には所属しておらず、右翼思想との認識も無い。ツイッターのプロフィールに書いてあるように「反米民族主義」との認識である。一般の個々人が意識的に「民族主義」を認識しているいないに関わらず、民族主義が全て右翼と捉えるならば、過去の日本の9割以上が「右翼」となる。元々右翼、左翼と分けるのはフランス?での議会の席位置でしょう?公安が解りやすくするために決め付けた左右が、国家権力による弾圧を受ける事になれば、一般人の別件逮捕もありうる。
 
 
 
現に反原発デモの左翼の逮捕劇も動画で見たが(下に貼り付け)、接触を待ち望んでいるかのような警察の立ち位置が異常であった。動画の中で警察を挑発する参加者も見られるが、捕まるのは黒いリュックの男の方では無かろうか?別に左翼を擁護はしないが、あれが警察の左右の区別無しに普通の警備方法であるならば、それこそ日本国内は支那色になってしまう。
 
 
 
 
 
 
さらに言うならば、左右の街宣の問題だけではない。政治家を志す人間の活動の場を奪う恐れがある。許可を取らねばいけない法律が存在するのであれば何の問題も無い。カネのある奴だけが政治家になる道筋が出来上がるだけである。しかし道路使用許可2000円(1週間)の金額の根拠は何なのか?私がコメントを残した県議会議員のブログにも同じ事が書かれてあった。
 
 
 
そんな政治家を志す人間が身銭を切り、自分でのぼりを作成し、タスキがけをし、政治を語る一個人が法を守って許可無し街宣を行なった際に、逮捕されるような事があったら政治家を志す人間の経歴に泥を塗る事になる。不当逮捕でも逮捕という事実は消えない。そこをどう想っているのか?警察諸君にまた明日以降語って頂きたい。
 
 
 
道交法をしっかり守って車の運転している人間(10年間無事故無違反)が、車に乗らない所で道交法違反になることがあったら恥ずかしくて逮捕されたくありません。しかし、辻立ち、街頭演説が条例でも法律でもグレーである。しかもそれを「警」は認めているではないですか?そんな道交法がある限り、許可は必要ないとの認識です。
 
 
 
警察の職務として言わなければいけないのは重々承知しております。しかしその職務が間違っているのであれば糺さなければいけません。もちろん私は「警」を敵視するような人間ではありませんし、そこらの「左」とは認識が違います。しかし「左」が道交法の道路使用許可に関するまっとうな意見を持っているならば、そこには思想の違いはなんら問題ではない。私もそのまっとうな合法である認識を持つだけです。過去の大阪地裁の判例も出ております。不当逮捕の際は裁判で戦いますので一個人としての覚悟をして下さい。
 
 
 
さらに・・・「警」の御二方。本日10/9の演説の周りの反応見てたでしょ?どれだけの人が会釈をしてくれてるか?どれだけの人たちが聴きに来てくれているか?誰一人文句を言う通行人もおらず、逆にバスの中から手を振ってくれる人がいる程。
 
 
 
これまで輩が多数現われましたが、そのほとんどが「左」か「アル中」か「競馬で大損した輩」かです。その辺を理解しているのであれば、不当逮捕、別件逮捕など口にするのは論外です。脅迫じみた事を繰り返すのであれば、職権乱用」も視野にいれ、告発するしかないでしょう。そんな事をしたくないから、これまで時間を割いて説明しているわけです。
 
 
 
大阪府警、南署の皆さんには犯罪から国民を守って欲しいだけです。それが警察官としての使命であると私は言いたい。一般人を犯罪者に仕立て上げる事が警察の職務であるならば、それは既に「正義」ではない。誰も警察を信用しなくなります。ただでさえ警察の不祥事が多いというのに(エロ関係)脅迫じみた事は止めて頂きたい。
 
 

民主党に猿がいる・・・捕獲し駆除せよ。

 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
タチ悪い。
 
茨城県選出の一年生議員のようですが
 
次期総選挙の際には
 
選挙活動を見に行きたい。
 
同じ猿顔してくれるでしょうか?
 
有権者の皆さんは・・・
 
お猿さんなのでしょうか?
 
こんな人間に一票を入れた人々の反応を見てみたい。
 
 
 
こちらもタチ悪い(笑)
 
国会ではこの様な態度でも大丈夫なんですね。
 
2mダイビングも事故と言い張り、
 
「ずっこけ騒動」という私の認識を
 
三宅雪子氏はダイレクトメールにてこう返答しております。
 
 
論叫警鐘の会
@
ん~なるほど。そのブログ専門の記者さんが、三宅雪子先生のズッコケ騒動、階段転げ落ち騒動、マンション4階からの落下騒動に言及された事はありましたかね?真相がわからないまま風化しそうです。今後もマッコリ飲み過ぎずにお身体ご自愛下さい。
 

国会で事故に遭ったことはありますがずっこけ騒動など存在しません。また、最期お酒を飲んでから、5時間が経過しており、これも関係ありません。風化もなにもシンプルな話です。映画やドラマの見すぎではないですか?久しぶりに笑いました。
 
お酒を飲んでから5時間経てば平気らしいです。
 
運転する人ならばわかるでしょう?
 
5時間ではアルコールは完全に抜けません。
 
この様にツイッター上で正々堂々と意見を述べず、
 
ダイレクトメッセージという形で反論し、
 
さらに加えるならばこのメッセージを境に
 
『ブロック』されてます。
 
せっかく三宅雪子氏に「先生」という名称をつけてあげたのに
 
やはりこの女は国民の声を真摯に受け取らないお馬鹿さんです。
 
三宅雪子よ。蓮舫を見習え!
 
完全無視を通しているぞ(´・ω・`)y-・~~
 
 

生後間もない女児を病院から誘拐。24歳女を逮捕

 【乳児誘拐】
場所:福岡県北九州市小倉北区
加害者:杉本雪恵(24)
被害者:広田直美さん(35)の長女で生後4日の彩花ちゃん
被害状況:病院から乳児を誘拐し、自宅に連れて帰った。
誘拐日時:2011年10月6日
逮捕日:2011年10月7日
 


女児略取容疑で女を逮捕 北九州、病院から連れ去る

(10/07 10:12)

一時行方不明になった女児が見つかった、杉本雪恵容疑者の自宅マンション=7日午前、北九州市小倉北区

 

 北九州市で6日、生後間もない女児が病院から一時行方不明になった事件で、福岡県警は7日、女児を連れ去ったとして、未成年者略取の疑いで、同市小倉北区、自称会社員杉本雪恵容疑者(24)を逮捕した。

 杉本容疑者は「病室には入ったが、女児を連れ去っていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は6日午後4時15分ごろ、同市小倉北区の北九州市立医療センターの病室から、同区の広田直美さん(35)の長女で生後4日の彩花ちゃんを連れ去った疑い。

 同居中の男性がマンションの部屋で寝かされている彩花ちゃんを見つけ、同署に通報していた。


滝行で中2少女窒息死 父と僧侶が逮捕

 【身体的虐待】・・・死亡
場所:熊本県熊本市帯山
加害者:父 舞鴫淳(50)   宗教団体「中山身語正宗」の僧侶木下和昭(56)
被害者:次女 舞鴫ともみさん(13)
被害状況:椅子に座らせベルトで縛って身動きができない状態にし、約10分間顔に水を浴びせ窒息死。
虐待時期:2011年8月27日
逮捕日:2011年8月27日夜
 


「滝行」で熊本の中2少女窒息死 父親と僧侶を逮捕

(09/27 11:26、09/27 13:44 更新)

滝行と称して、中2少女を窒息死させる事件があった宗教団体施設=27日午前、熊本県長洲町

 

 熊本県警は27日、滝行と称して中学生の娘の顔に水を浴びせて窒息死させたとして、傷害致死容疑で父親の熊本市帯山、会社員舞鴫淳容疑者(50)と同県長洲町、宗教団体「中山身語正宗」の僧侶木下和昭容疑者(56)を逮捕した。

 県警によると、舞鴫容疑者らは「除霊のためで、死ぬことは理解できない」と、容疑をそれぞれ否認。

 逮捕容疑は8月27日午後9時ごろ、長洲町にある宗教団体の敷地内で、滝行と称して、舞鴫容疑者の次女で中学2年のともみさん(13)を椅子に座らせベルトで縛って身動きができない状態にし、約10分間顔に水を浴びせるなどして、窒息死させた疑い。


9ヶ月の乳児を窒息死させる28歳の父逮捕。母23歳は別居中だった。

 【身体的虐待】・・・死亡
場所:栃木県宇都宮市西川田本町2
加害者:原田良太(28)千葉県中央区大森町(現住所)
被害者:次男 恭輔ちゃん(9ヶ月)
被害状況:鼻や口を押さえられ窒息死
虐待時期:2011年3月15日(震災の4日後)
逮捕日:2011年9月25日
 
 
二人の小さな子どもを父親に預け、別居生活していた23歳の母の神経を疑う。しかも別居生活中に東日本大震災が起きている。さらに現在長男を連れて生活しているが、長男の命の危険も考えられる。 


9カ月次男死なせた容疑で逮捕 28歳の男、栃木県警

(09/25 13:14、09/25 13:54 更新)

 栃木県警宇都宮南署は25日、生後9カ月の次男の顔を毛布で押さえるなどして窒息死させたとして傷害致死の疑いで、千葉市中央区大森町、土木作業員原田良太容疑者(28)を逮捕した。

 同署によると、原田容疑者は「泣きやまないことに腹を立てた」と供述している。

 逮捕容疑は3月15日午前6時10分ごろ、当時住んでいた宇都宮市西川田本町2丁目のアパートで、次男恭輔ちゃんの口や鼻を毛布で押さえるなどして窒息死させた疑い。

 原田容疑者は当時、無職で長男と恭輔ちゃんの3人暮らし。妻(23)とは2月ごろから別居中だった。6月下旬に離婚した後、1人で千葉市に住んでいた。


生後間もない乳児に暴行し重症を負わせる25歳の父逮捕

 【身体的虐待】
場所:北海道札幌市白石区東札幌3-5
加害者:父 境勇気(25)
被害者:長女 (0)生後間もない
被害状況:床に投げ、殴り、硬膜下血腫や頭部骨折などの重傷
虐待時期:2011年5月~8月
逮捕日:2011年10月7日
 


25歳父、乳児虐待 札幌白石署、容疑で逮捕 日常的に暴行

(10/08 01:09)

 生後間もない長女に暴行を加えて重傷を負わせたとして、札幌白石署は7日、傷害の疑いで、札幌市白石区東札幌3の5、会社員境勇気容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月から8月にかけ、自宅で長女を床に放り投げたり、殴ったりするなどの暴行を加え、硬膜下血腫や頭部骨折などの重傷を負わせた疑い。長女は現在、生後5カ月で、命に別条はないが、手や足に障害が残る可能性があるという。<北海道新聞10月8日朝刊掲載>
 


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。