スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トモダチ作戦継続の前に菅総理にして欲しい事。



ルース米大使「トモダチ作戦継続」


「今後も必要な支援を続ける」と話すルース大使=29日、仙台市宮城野区のKスタ宮城

 ルース駐日米大使は29日、仙台市で河北新報社などの取材に応じ、東日本大震災の被害や復旧について「すさまじい困難に直面しながら、忍耐強く過ごす東北の人々の姿に深い感銘を受けている」と話し、米軍の被災地支援「トモダチ作戦」を今後も最大限続けていく方針を示した。
 被災地のがれき撤去や仙台空港の復旧を担ったトモダチ作戦に関しては「十分に成功を遂げてきた。今後、復興期に移行するが、親しい友人として、同盟国として、被災地の人々をできる限り助けていくという役割は変わらない」と強調。「復興に向け、民間分野でも協力関係を築いていきたい」と話した。
 福島第一原発事故をめぐり、米政府が80キロ圏内の米国人に避難を勧告していることには「米国内で同様の事故が起きた場合の基準で設定した。目に見えて状況が変われば、新たに判断を下すことになる」と説明した。
 ルース大使は同日、宮城県庁で村井嘉浩知事と会談した後、日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城、宮城野区)で、東北楽天の本拠地開幕戦を観戦。「被災者の苦しみはなお続いているが、記念すべき試合に立ち会うことができて、とても光栄だった。2万人ものファンが応援する姿はとてもすばらしかった」と話した。

◎復興支援の継続 宮城知事に約束

 ルース駐日米大使は29日、宮城県庁を訪れ、村井嘉浩知事と会談した。ルース大使は「復興のプロセスに役立ちたい」と述べ、必要な支援の継続を約束した。
 ルース大使は「両国民は深い絆で結ばれている。大統領が公の場で全面的な支援を打ち出さなくても、米国民は本能的に窮地の日本を支援した思う」と強調した。
 村井知事は、米国や米軍の支援に謝意を示し、「復旧、復興への歩みが日米同盟の新たな一歩になることを願っている」と話した。会談には楽天の三木谷浩史会長も同席した。会談後、ルース大使、三木谷会長、村井知事らは、同日行われたプロ野球東北楽天の本拠地開幕戦を観戦した。
2011年04月30日土曜日


米国による「トモダチ作戦」第一弾は終了している。第2弾以降の継続は日本の「感謝」「感激」「信頼」「予算」を手中に収めておきたい米国の思惑が感じられる。米国は日本に対し100億円弱の義援金を出している。比較するのもではないと思うが、台湾より少なく、ソフトバンクの孫正義氏のポケットマネー以下である。米国は義援金以外に米軍の無償活動費や支援物資で数十億かかっている。これに対して日本国内では「米国サンキュー」ムードが広がっているのだが、本当にそれでいいのだろうか?感謝はするべきであるが、同盟国である両国の関係上、米国の支援というものは
 

 
なのである。そんな「トモダチ」が震災前に前原元外務大臣と【米軍思いやり予算】を決定した。【年間1881億x5年間=9405億円】の大きな予算である。
 
思いやり予算の内訳は在日米軍基地職員の労務費、基地内の光熱費・水道費、訓練移転費、施設建設費などである。細かく言えば米軍兵士の休暇時のレンタカー代金米軍が訓練する為にかかる費用負担等、福利厚生から訓練費用まで日本が支払っている現状がある
 
それ以外に沖縄タイムスの記事を見てもらえば解かるが、米軍退役軍人の福利厚生施設の建設費用まで日本が負担をさせられそうになっている。


米軍、施設を独断転用 牧港補給地区

浦添市建設負担 退役用→現役用へ


キャンプ・キンザー内の臨港道路近くに建つクラブハウス「ベテランズクラブ」(赤円内)=1月12日撮影、浦添市
2011年2月5日
 
 浦添市が進める西海岸開発事業に伴う米軍提供水域返還の条件として、米側が牧港補給地区(キャンプ・キンザー)内の老朽化した退役軍人の会員制クラブハウス移設を求めた問題で、新たな施設を米軍関係者が利用するコミュニティーセンターへ転用する方向で米軍が調整していることが、4日までに分かった。実行されれば、日米合同委員会の合意に反する上に市側が建設費6700万円を負担して、米軍の福利厚生施設を整備することになる。思いやり予算など日米関係に詳しい前田哲男元東京国際大学教授は「遊休化した施設は返還されるのが原則。公金支出の妥当性も問われる」と指摘している。
 関係者によると、現在、クラブハウス会員の退役軍人は数人。建物が使われるのは月2回程度だったという。新たな施設となる「コミュニティーセンター」の利用者は、実際には軍人・軍属とその家族が大部分を占めることになる。同クラブの移設で合意した日米合同委員会の条件と、実質的に大きな食い違いが生じることになる。
 前田元教授は日米地位協定が米軍人・軍属とその家族を対象としていることから「保護の対象でない退役軍人クラブの移設が日米合同委員会で議題となり移設を返還条件とする事自体、地位協定上根拠がないのに、その上でこっそりと米軍の厚生施設に転用するのは二重、三重のごまかしだ」と批判。「地方自治体による米軍施設建設は『第2の思いやり予算』ともいうべきあしき前例となる。米軍に異を唱えず移設を認めた日本政府も問題だが、市側は公金支出の根拠を適切だと言い切れるのか」と指摘する。
 沖縄防衛局は2008年の日米合意を踏まえ「あくまでクラブハウスの移設が条件。途中で変わることはあり得ない」とコメント。市側に、正式な連絡はなく、儀間光男市長は「事実関係を確認したい」と話している。現在、市と米軍は新たな施設の着工へ向けて、具体的な手続きを進めており2月末着工、8月にも完成する予定という。
[ことば]
西海岸開発事業 キャンプ・キンザーの沖合18.3ヘクタールを埋め立て、商業用地などとして整備する。産業や経済活動振興とともに基地返還後の跡利用を先導する役割が期待されている。事業費約50億円。事業主体の浦添市土地開発公社の費用負担約40億円を同市が担保し、金融機関から融資を受けて事業が進められている。


 
さらに報道に出てこない米軍施設の「箱物」が日本の負担になっている事を知って頂きたい。

ほとんどの建設費は返還してもらえていない
 


 
日本が未曾有の大震災に見舞われ、これから日本の財政も厳しくなってくる。国民に負担を強いる前に、米国が受け取ろうとしている9405億円の思いやり予算をまずは一旦白紙にしておくのも必要ではないか?共産党が既にTV番組の中で言っているが、相手にされていなかった(笑)メディアも評論家も米国にモノ言える人間は切り捨てされるのだろう。
 
しかし本当に早期の復興を考え、東北地方の被災してしまった工場を復活させ、他国に仕事を移譲させられる前に、「思いやり予算」の白紙化と予算の有効活用を声高に訴えていかなければいけない。復興利権に群がる小沢一郎始めとする政治家を監視しつつ、自民党を議員辞職した「野中広務」氏を含めた動きに注視が必要である。
 
パフォーマンスに終始する菅には、米国の「思いやり予算」を白紙化すると発言して欲しい。米国が怒り狂って菅潰し、日本企業潰し、さらなるトヨタ潰しが行なわれるかもしれない。それと同時に在日米軍の必要性を解からせる為に何らかの行動を起こす。時を同じくして再び大震災が起きる事があれば、小沢と同じで米国は「限りなくクロに近いグレー」となるでしょう。脱米軍~日本国軍の創設が必要です。
 
…ところでSONYの7700万人情報漏えいは、米国のハッカーが起こしたものだと思っているのは私だけでしょうか?
スポンサーサイト

マンションに乳児置き去り 翌日警察に問い合わせ

【育児放棄 ネグレクト】
場所:神奈川県川崎市高津区久本
加害者:中村真理容疑者(22)
被害者:生後1,2ヶ月の女児
被害状況:無し すぐに見つかるように放置、その後警察に問い合わせ
逮捕日:2011年3月31日
 


マンションに乳児置き去り、気温1度の寒空下/川崎

2010年3月30日

 30日午前6時40分ごろ、川崎市高津区久本3丁目のマンション駐輪場に、衣服にくるまれた女児が置き去りにされているのを、住民男性(29)が発見、男性の母親が110番通報した。女児に外傷はなく、命に別条はないという。

 高津署が保護責任者遺棄容疑で捜査している。同署によると、男性が泣き声に気付き、駐輪場の柱付近にいる女児を見つけた。女児は生後1、2カ月とみられ、身長約60センチ、体重約5・3キロ。灰色の大人用パーカーにくるまれ、黄色と白の横じま模様のつなぎ服、紙おむつを着用していた。

 約1時間半前に警備員が巡回した際は、泣き声などに気付かなかったという。女児は近くの病院で健康が確認され、市中央児童相談所に引き取られた。同市環境局によると、高津区の同日午前6時現在の気温は1・1度だった。

生後2カ月の娘置き去りの容疑で22歳女逮捕「自宅で出産、出生届出さず」/川崎

2010年3月31日
 生後2カ月の長女をマンション駐輪場に置き去りにしたとして、高津署は31日、保護責任者遺棄の疑いで、住居不定、無職中村真理容疑者(22)を逮捕した。

 逮捕容疑は、30日午前6時半ごろ、川崎市高津区久本3丁目のマンション駐輪場に、生後2カ月の長女を置き去りにした、としている。

 同署によると、長女は約10分後に住民男性(29)に発見された。同日午後8時ごろ、同容疑者が同署に「乳児が保護されていませんか」などと連絡。事情を聴いたところ遺棄を認めたという。

 同署によると、「1月14日に自宅で出産したが、出生届は出していない。妊娠を実家に相談できなかった。お金がなくなり実家に戻る際に遺棄した。早く見つけてほしかったので、人通りの多い場所に捨てた。娘が気になり署に問い合わせた」などと供述しているという。


両親がパチンコ中に乳児が自宅にて死亡

【育児放棄 ネグレクト】
場所:神奈川県横浜市鶴見区上末吉
加害者:父 大町勇希(30)  母 大町綾(28)
被害者:長男 燈希ちゃん(生後9ヶ月)
被害状況:両親がパチンコしている間に「うつぶせによる窒息死」・・・予想
育児放棄時期:2011年4月29日午前~同日夕方(およそ8時間)
逮捕日:2011年4月30日


 

自宅に乳児置き去り容疑 横浜で両親逮捕

2011.4.30 08:22
 神奈川県警鶴見署は30日未明、自宅マンションで生後9カ月の長男を自宅に放置したとして、保護責任者遺棄の疑いで、横浜市鶴見区上末吉の会社員、大町勇希容疑者(30)と妻の無職、綾容疑者(28)を逮捕した。
 同署によると、長男は燈希ちゃんで、病院に運ばれたが死亡。両容疑者と長女(1)の4人暮らしだった。
 両容疑者は29日午前中に子ども2人を残して外出。夕方にパチンコ店から帰宅し、居間の床で呼吸していない燈希ちゃんに大町容疑者が気付き、110番した。いずれも「間違いない」と逮捕容疑を認めている。
 鶴見署は同遺棄致死容疑も視野に、燈希ちゃんの死因を調べる。


 

置き去りで乳児死亡 両親逮捕

4月30日 7時2分 
29日夕方、横浜市のマンションの部屋で生後9か月の男の乳児がぐったりした状態でいるのを両親が見つけ、その後、病院で死亡が確認されました。警察は、両親が朝からパチンコに出かけ、乳児を自宅に長時間、置き去りにしていたとして、保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、詳しいいきさつを調べています。
29日午後4時ごろ、横浜市鶴見区上末吉のマンションの部屋で、この部屋に住む生後9か月の大町燈希ちゃんが、ぐったりして倒れているのを帰宅した両親が見つけ、119番通報しました。燈希ちゃんは病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。一緒に部屋にいた1歳の長女にはけがなどはなく、体調も良好だということです。警察が両親に事情を聴いたところ、「燈希ちゃんと長女を自宅に残して、朝からパチンコに出かけていた」などと供述したため、30日午前0時すぎ、2人を保護責任者遺棄の疑いで逮捕しました。逮捕されたのは、父親で会社員の大町勇希容疑者(30)と妻の綾容疑者(28)の2人で、調べに対し、いずれも容疑を認めているということです。警察は、燈希ちゃんの死因を調べるとともに、2人が子どもたちを置き去りにした詳しいいきさつを調べています。


乳児を放置、両親逮捕=死因特定急ぐ-神奈川県警

 パチンコに行くため、生後9カ月の長男らを自宅に置き去りにしたとして、神奈川県警鶴見署は29日、保護責任者遺棄容疑で、横浜市鶴見区上末吉、会社員大町勇希容疑者(30)と妻の綾容疑者(28)を逮捕した。2人は容疑を認めているという。長男は死亡しており、同署は司法解剖して死因の特定を急ぐ。
 逮捕容疑では、2人は29日午前、パチンコに出掛けるため、自宅マンションに長男で生後9カ月の燈希ちゃんと1歳10カ月の長女を置き去りにした疑い。
 同署によると、2人が午後4時に帰宅した時、燈希ちゃんは息をしていなかった。勇希容疑者が110番し、市内の病院に搬送されたがまもなく死亡。長女は無事だった。
 一家は両容疑者と長女、燈希ちゃんの4人暮らしだった。(2011/04/30-01:54)

2歳の次男を平手打ち

【身体的虐待】
場所:高知県佐川町
加害者:父 大川内昭士郎(20)
被害者:次男(2)
被害状況:平手で殴り、打撲など20日間のけが
虐待期間:2011年2月10日から14日の間
逮捕日:2011年3月8日


2歳の次男を平手打ち 傷害容疑で父親逮捕

2011.3.8 22:21
 高知県警佐川署は8日、次男(2)の顔を平手で殴りけがを負わせたとして、傷害の疑いで父親で無職、大川内昭士郎容疑者(20)=同県佐川町=を逮捕した。同署によると「言うことを聞かないから殴った。しつけの範囲だと思っていた」と供述している。
 逮捕容疑は2月10日から14日の間に、自宅で次男の顔を平手で殴り、打撲など20日間のけがを負わせたとしている。同署によると、次男は顔以外に目立った外傷はなかった。


同居女性の4歳長女を虐待

【身体的虐待】
場所:奈良県桜井市
加害者:竹本新吾(41)
被害者:同居女性の長女(4)
被害状況:頭をつかんで瓶に額を打ち付ける等の暴行
虐待期間:2010年4月  2010年10月18日夜~翌19日朝
逮捕日:2011年4月26日


同居女性の4歳長女を虐待 傷害容疑で逮捕 奈良県警

2011.4.26 21:40
 同居女性の長女を虐待したとして、奈良県警桜井署は26日、傷害の疑いで和歌山県橋本市原田のアルバイト作業員、竹本新吾容疑者(41)を逮捕した。「なつかず腹を立ててやった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は昨年10月18日夜から翌19日朝までの間、奈良県桜井市内の当時同居していた女性(26)宅で、女性の長女(4)の頭をつかんで瓶に額を打ち付けるなどし、軽傷を負わせたとしている。
 同署によると、昨年4月にも暴行があり、長女は児童養護施設で保護されたが、当時は帰宅していた。昨年10月の事件以降は再び保護されている。


あなたはそれでも米国を信用できますか?【9.11同時多発テロ関連】

 
 
ニコラス・ロックフェラーとの会話
『America:Freedom to Fascism』が話題となった後、ルッソはジャーナリストアレックス・ジョーンズのインタビューに答え、その中で旧知の友人ニコラス・ロックフェラーとの会話の内容を披露した。ルッソによると、ロックフェラーはアメリカ同時多発テロ事件の11ヶ月前の時点で、米国でアフガニスタン侵攻イラク戦争のきっかけとなる事件が起こることを、すでに予告していたという。そしてロックフェラーは同時に、その事件及び後に起こる米軍侵攻の全てが、「巨大なでっち上げ」であるとも語ったという[1][2]。 この会話を発表した半年後、6年前から患っていた膀胱癌により、ルッソは死去した
【wiki 抜粋】


 
この和訳が間違っているとか、この人が嘘をついているとか、言い出す人がいそうですが、この話が本当であれば、米国との同盟関係を破棄したほうが日本国の為である。
 
9.11はロックフェラーが起こしたものであるならば、3.11の東日本大震災も怪しい。スマトラ沖地震も怪しい。疑惑が広がる・・・

韓国はA級戦犯合祀で侵略戦争正当化だと国会議員の靖国神社参拝を非難する資格はない、大東亜戦争終結まで日本の国会議員や日本の軍人が多数いた韓国こそ集団歴史健忘症だ







人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、韓国が日本の国会議員が靖国神社を参拝したことに集団歴史健忘症と非難しているのはご存知だと考えます。

日本指導層の集団歴史忘却症

日本の一部極右保守指導層の時代錯誤な反人倫的行動が繰り返されている。与野党議員が意を決して群れをなし、靖国神社を参拝したのだ。何が良心で何が道徳なのか、世界がどれほど後ろ指を差すのか全く分からない無脳集団の暗くて悪どい群舞を見るようだ。

東京に位置する靖国神社は太平洋戦争戦没者246万人余りの霊魂を安置したところだ。国を守る護国神社という名分で第二次世界大戦当時の戦没者を安置することによって天皇を崇拝し軍国主義を鼓舞する象徴的場所に位置した。特に1978年、こちらに東条英機らA級戦犯14人を安置、侵略戦争を正当化、合理化した。
(大田日報:韓国語)より抜粋
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1303478509/

>世界がどれほど後ろ指を差すのか全く分からない無脳集団の暗くて悪どい群舞を見るようだ

世界共通の認識として、「いかなる国家も、その国家のために命を捧げた国民に対して敬意を払う権利と義務がある」のは常識で、この世界共通認識により「大東亜戦争終結後」に米国など戦勝国が日本に対してさまざまな「占領政策」をしたにもかかわらず、日本占領憲法では「政教分離」を行っただけで「靖国神社の解体」はしなかったのですし、靖国神社には「民族」・「国家」・そして「宗教」を超えて、国家元首や王族・軍人など「世界の要人が参拝」されていますが、本ブログには投稿文字数に制限がありますので、靖国神社を参拝された各要人の写真は、本ブログ以下の記事をご覧下さい。

「祖国日本の平和のために尊い命を捧げられ殉じられた英霊が祀られている靖国神社を国家護持せよ、世界の要人も参拝する靖国神社を否定する反日勢力は国賊だ」http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/34376496.html

>靖国神社は太平洋戦争戦没者246万人余りの霊魂を安置したところだ

明治2年に東京招魂社として創建され、明治12年に改称された「靖国神社」に祀られている英霊246万6千余りの方々は、「明治維新」・「西南の役」・「日清戦争」・「日露戦争」・「第一次世界大戦」・「満洲事変」・「支那事変」・「大東亜戦争」などにおいて殉じられた「軍人」ばかりではなく、戦場で救護のために活躍した「従軍看護婦」や学徒動員中に軍需工場で亡くなられた「学徒」など、軍属・文官・民間人など「祖国日本のために殉じられた方々」が合祀されています。




>天皇を崇拝し軍国主義を鼓舞する象徴的場所に位置した。特に1978年、こちらに東条英機らA級戦犯14人を安置、侵略戦争を正当化

韓国は、「天皇崇拝」・「軍国主義の象徴」だと「捏造」して、「A級戦犯合祀」で「侵略戦争正当化」と言っていますが、日韓併合より、日本国内で暮らす朝鮮人には参政権も被参政権も与えられ、2回も代議士になった「朴春琴(paku chungumu)」 や、帝国議会の貴族院にいた「朴泳孝(paku yonhyo)」など、大東亜戦争末期には、何と7人もの朝鮮人が帝国議会の議席を得ていたのですし、朝鮮人は、志願制が導入される以前から「士官学校」に入学して、日本軍の士官になる事も許されていたので、ニューギニア戦線で戦い少尉になった「崔慶禄(che・gyonroku)」や、日本陸軍の中将にまでなった「洪思翊(hon sakui)」などもいたのですから、「韓国は被害者」ではありません。

大東亜戦争終結後の「極東国際軍事裁判」(東京裁判)とは、「戦勝国が敗戦国を一方的に裁く」との理不尽で「裁判の名を借りた」だけの、「連合国」による日本への「復讐の儀式」で、「日本は侵略国家」として断罪され、A級戦犯「平和に対する罪」・B級戦犯「通例の戦争犯罪」・C級戦犯「人道に対する罪」として有罪判決を受け「処刑」された方々もいましたが、当時の国際法ではB級戦犯「通常の戦争犯罪」のみが法的に有効であり、「A級戦犯」と「C級戦犯」は事後法で法的根拠がなかったのですし、日本の「国内法」で裁かれたのでもなく、連合国側でも「不当な裁判」との声もあるのです。




「最高司令官マッカーサー元帥は、終戦後、「日本が太平洋戦争(大東亜戦争)に立ち上がったのは正当防衛であった」と証言した。マッカーサー元帥は、昭和25年10月にウェーク島においてトルーマン大統領と会見して「東京裁判は誤りだった」と告白している。翌26年、米国上院で「日本が行った戦争は自国の正当防衛のためであり、即ち侵略戦争ではなかった」と証言している。

「東京裁判関係者証言」も注目に値する。東京裁判ウェッブ裁判長は、帰国後、「東京裁判は誤りであった」と反省した。日本糾弾の急先鋒であった東京裁判首席検事キーナンは、裁判後数年にして「東京裁判はいくつかの重大な誤判を含むのみならず、全体として復讐の感情に駆られた、公正ならざる裁判だった」と告白している。

インドのパール判事は「日本は国際法に照らして無罪である」と主張し続けた。インドのパール判事は国際法上から全被告の無罪を主張し続け、オランダのレーリンク判事、フランスのベルナール判事は、裁判の進行中から、東京裁判にはいくつもの法的手続き上の、又、南京大虐殺のごとき事実認定上の誤りが犯されていることをみてとり、裁判終結後にはそれを公然と口にするようになった。

パール博士は日本の戦後教育を大心配した。「大東亜戦争における日本は無罪である。(田中正明著『パール博士の日本無罪論』慧文社)欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人である」と主張した。日本の教育書は子弟に「日本は侵略の暴挙をした」「犯罪を犯した」と教えている。日本の子弟が、歪められた罪悪感を背負って卑屈、退廃に流されてゆくのを、私(パール)は平然と見過ごす訳には行かない」云々。

英国枢密院顧問官国際法権威ハンキー卿。『戦犯裁判の錯誤』を著わし、裁判官パール氏の主張が絶対に正しいことを、「私は全然疑わない」と言明し、東京裁判の不公正を衝く。 英法曹界重鎮FJPビール氏。『野蛮への接近』を著し、「東京裁判は戦勝者が敗戦者に加えた野蛮な行為にほかならない。」云々。英国国際法で有名な W・フリードマン教授。国会議員であり、王室弁護士R・T・パジョット博士等、皆パール博士を支持した。ロンドン世界事情研究所監修『世界情勢年鑑』(1950)は東京裁判を解説し、パール判定が正論であることを裏付けた。
【「正当防衛論」】
http://www.gameou.com/~rendaico/daitoasenso/what_seisenron2.htm

日本が主権を回復した、1952年4月28日の「サンフランシスコ平和条約」発効直後の5月1日、木村篤太郎法務総裁から「戦犯の国内法上の解釈についての変更」が通達され、戦犯拘禁中の死者はすべて「公務死」として、戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」として取り扱われる事となり、戦犯とされた人々のために数度にわたる国会決議もされました。

1952年4月に施行された「戦傷病者戦没者遺族等援護法」も一部改正され、1952年6月9日「戦犯在所者の釈放等に関する決議」、1952年12月9日「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」、1953年8月3日「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」、1955年7月19日「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」が可決され、これらにより「日本政府は公式に戦犯の名誉回復を表明してはいないが、以上の事実より実質上は名誉回復されている」とされています。

A級戦犯とされて刑死された方々と、B・C級戦犯とされて刑死された方々は「昭和殉難者」として靖国神社に祀られていますが、すでに「すべての戦犯の名誉は法的に回復」されており、「A級戦犯」と呼ばれた方々は戦争犯罪人ではないのですから、「A級戦犯が合祀」されていることを理由に、国会議員の靖国神社参拝を非難する「韓国」の論理は破綻しています。




韓国は、A級戦犯合祀により侵略戦争正当化だと国会議員の靖国神社参拝を非難する資格はなく、日韓併合より大東亜戦争終結まで、朝鮮人が日本の国会議員や日本軍人に多数いた事実を忘れた、韓国こそ集団歴史健忘症です。

良識ある日本国民の皆様、国会議員の靖国神社参拝に集団歴史健忘症と非難する韓国ついてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

米国による戦争犯罪を絶対に忘れる事無かれ!【松本人志】

 
 
 
ダウンタウン 松本人志氏の言葉は、ごく当たり前の日本人の感情であると願いたい。
 
米国が広島、長崎にウラン型、プルトニウム型の2つの原爆を落とし、人体実験したあの惨劇はたった66年前の話である。未だに原爆の後遺症に苦しむ日本国民もいる。日本政府は原爆症の認定を裁判で係争中である。毎年広島、長崎で行なわれる平和祈念式典では諸外国からの参加者もいるが、世界に向けて発信してくれる人であるかどうかは疑問である。だからなのか、米国の戦争犯罪を正当化している事に疑問も持たない米国国民が過半数以上おり、米国民主党議員までもがとんでもない発言をしているのだ。
 
 
日本国政府はこの米国議員に対し抗議したのだろうか?この時期は鳩山政権時代であり、普天間問題に対応を迫られている最中である。今、反政府軍、多国籍軍との砲撃を繰り返しているカダフィ大佐もこういっている。
 
 
カダフィ大佐が「同盟国」と述べているが、実際は「属国」である。経済を牛耳られ、国防を米国にお任せしている、世界を見渡してみてもこんな中途半端な国家は他に無い。話を戻すが・・・松本人志氏が言っていた番組の動画をご覧下さい。
 
 
 
あくまでも真珠湾攻撃が戦争のきっかけだと言う米国。私は「ハルノート」がきっかけであるという認識。ハルノートを全て受け入れていたら、日本国という国家は無かったであろう。アジア各国の独立も無かっただろう。戦わせるように仕向け、誘導した米国の外交戦略、ハルノートこそが大東亜戦争が始まった一発目の爆弾である。

<ハルノート>  
  1. アメリカと日本は、英中日蘭蘇泰米間の包括的な不可侵条約を提案する
  2. 日本の仏印(フランス領インドシナ)からの[即時]撤兵 [NOTE: the Japanese translation includes the word "sokuji" which is not in the original English and was added by the Japanese.]
  3. 日本の中国からの[即時]撤兵 - 中国(原文China)[NOTE: the Japanese translation includes the word "sokuji" which is not in the original English and was added by the Japanese.]
  4. 日米が(日本が支援していた汪兆銘政権を否認して)アメリカの支援する中国国民党政府以外のいかなる政府を認めない
  5. [日本] 英国または諸国の中国大陸における海外租界と関連権益を含む治外法権の放棄について諸国の同意を得るための両国の努力(原文will endeavor to obtain the agreement)[NOTE: the Japanese translation normally used (not this translation) is incorrect. The original says "Both Governments will endeavor to obtain the agreement of the British and other governments to give up extraterritorial rights in China, including right in international settlements and in concessions and under the Boxer Protocol of 1901."  It does not say Japan.]
  6. 通商条約再締結のための交渉の開始
  7. アメリカによる日本の資産凍結を解除、日本によるアメリカ資産の凍結の解除
  8. 円ドル為替レート安定に関する協定締結と通貨基金の設立
  9. 第三国との太平洋地域における平和維持に反する協定の廃棄 - 日独伊三国軍事同盟の廃棄を含意する、と日本側は捉えていたようである。
  10. 本協定内容の両国による推進


 
 
米国に対し日本政府が【平成のハルノート】を突きつけたとしたら・・・日本に対する外交的圧力、その他経済制裁、場合によって国籍不明船籍を装い、攻撃を仕掛けてくる事間違いない。今の日本は、米国との同盟国という名の植民地でしか無いと私は考える。
 
 

東国原英夫氏の本を読み終えた


 
東国原英夫氏はこの本が発売された後に、東京都知事選に出馬した。・・・結果は落選。
 
選挙後の「TVタックル」に出演した時に、【独立総合研究所 青山繁晴氏】が「最初から2位狙いだったのではないか?」の問いに苦笑いしていた。都知事選により東京での票を確認??とも思える。
 
この本を読んでいくと、宮崎県知事就任後すぐに「鳥インフルエンザ」発生。そして口蹄疫の拡大がとても辛かったようである。いずれの問題も現地に出向き、農家に対する説明、お願いに走っていた事が解かる。政府にもスーパーエースの種牛を殺処分しなくて済む様にお願いに行ったが、鳩山→菅へと政権が変わり、農水大臣も変わってしまう。そして殺処分決定。知事としての職務を行い、宮崎県民の生活を第一に考え、行動に移すその努力は当たり前のことの様であるが、そう簡単に出来るものではない。一般市民目線で物事を捉えるその政治手法は他の知事、議員にも見習って欲しいものだ。
 
都知事は落選したが、おそらく衆院選を狙っているのではないか?とも思う。党に属するか解からないが、以前自民党総裁を狙う発言があった様に、未だその野望を持ち続けていると思う。
 
 
一点勿体無いのが・・・過去の犯罪である。反省しているのは解かっているが、未成年者との性交渉が未だに印象深い。あるツイッターでは未だに東国原氏の性犯罪を糾弾している人もいる。それさえなければ良かったのにな~。

国家権力の方々に騙されたようである

4月17日~4月27日
 
 
選挙など何も無い。
 
許可申請を先送りしたのに、意味無しである。
 
 
 
 
 
悔しいのでゲリラ街宣を行なうつもりです。
 
 
 
 
ここで報告をさせて頂きます。
 
 
 
 
 
 
 

YAPOOS 肉屋のように

 
 
懐かしや
 
知ってる人はそこそこマニアです。

長渕剛 「蝉」

 
 
喧しい事蝉の如し
 
 
 
七日間の大合唱は
 
命を繋ぐ音である
 
 
 
被災地での蝉の音は聞けるのでしょうか?
 
 
(聴くときは「YOUTUBEで見る」をクリック)
 
 
 
 

アグネス・チャン日本ユニセフ協会大使は震災より1ヶ月以上して宮城県訪問し被災地支援に全力を挙げるとは大嘘だ、日本ユニセフ協会は役員名簿に並ぶマスコミ役員をなぜ消したのか

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/1122261/img_1122261_34673067_0?20110416220403

人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、アグネス・チャン日本ユニセフ協会大使が宮城県の避難所を訪問したのはご存知だと考えます。

アグネスさん、被災地支援に全力 宮城の避難所を訪問

日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんが15日、宮城県庁で記者会見し「わたしたちにできることはたくさんある。心を強くして支援していきたい」と同協会として被災地支援に全力を挙げる意向を表明した。

 アグネスさんは、12日から14日に宮城県石巻市や南三陸町などの避難所を訪問した際の感想について「何もしゃべらなくても被災者の悲しみが染み込んできた。東北の皆さんの強さ、優しさも感じた」と述べた。

28日から5月2日には岩手県の被災地も訪問する予定。
(47NEWS)より抜粋
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041501000548.html

>「わたしたちにできることはたくさんある。心を強くして支援していきたい」と同協会として被災地支援に全力を挙げる

アグネス・チャン日本ユニセフ協会大使は、「1日も早く被災地を訪ねたい」とコメントしていたのに、香港で行われる東日本大震災のチャリティイベント参加のために「香港に行っていた」のですから、東日本大震災発生より1ヶ月以上も経過してから、今さら宮城県の避難所を訪問して被災地支援に全力を挙げるとは誰も信用しませんし、日本ユニセフ協会の「現在の支援物資到着状況」を見ると、私は本ブログ3月30日の記事でご紹介した内容とほぼ同じなので、とても全力を挙げての支援とは考えられません。

「現在の支援物資到着状況」2011年4月13日午前9時現在(広報室まとめ)http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/2011_0414.htm

被災地への支援物資の「男児・女児用下着」・「2Lペットボトル」・「ランドセル」・「子ども用おむつ」などは「寄贈企業」よりの提供ですし、これまで「福島県」には水だけしか支援されていません。

>「何もしゃべらなくても被災者の悲しみが染み込んできた。東北の皆さんの強さ、優しさも感じた」

被災者にしゃべってもらえなかったのでしょうか^^、アグネス・チャン日本ユニセフ協会大使だけではなく、誰もが何も話さなくても東日本大震災の被災者の悲しみは分かっていますし、アグネス・チャンは自身の公式ブログで、「香川県からうどんの炊き出しをしに来た方から「おいしいよ、食べて」と暖かいうどんをご馳走になりました。昼ご飯を食べてなかった事に気付き、おうどん、ありがたかったです」と書き記していますが、被災者への炊き出しの「うどん」を食べるとは非常識です。

「アグネス・チャン オフィシャルブログ」http://ameblo.jp/agneschan/theme-10015932129.html

>28日から5月2日には岩手県の被災地も訪問する

福島県には行かないのは原発事故が恐いのでしょうか^^、アグネス・チャン日本ユニセフ協会大使は、昨年2月に「遺書」まで書いて危険な「ソマリア」に行き「戦乱と貧困に苦しむ子どもたちを視察した」ことが「大嘘」だとばれて、実際には安全な「ソマリランド」へ行った事実が判明し非難されたので、福島の避難所で生活する子供たちよりも自分の安全を優先し、原発事故に脅えて福島の被災地を訪問するとは言えないのです。

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/1122261/img_1122261_34673067_1?20110416220403

私は本ブログで再三再四、アグネス・チャン日本ユニセフ協会大使の問題を書き記し、国連の一機関である「ユニセフ(UNICEF)」(国際連合児童基金)とは、発展途上国における子供の支援を目的として設けられ、「黒柳徹子」氏がユニセフに任命された親善大使ですが、「日本ユニセフ協会」とは、ユニセフに協力協定を結んだ「一民間団体」で、「アグネス・チャン」は日本ユニセフ協会の大使で、「ユニセフ」と「日本ユニセフ協会」とは別の組織ですし、日本ユニセフは「寄付金総額の最大25%」までを、人件費や啓蒙費など「事業経費」としています。

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/1122261/img_1122261_34673067_2?20110416220403

↑ 都心の一等地である港区高輪には、「寄附金から25億円」を使って「ユニセフハウス」を建設!

私は本ブログ2010年3月22日に、「日本ユニセフ協会の2008年度収支報告書」を記事としましたが、2009年度の収支計算書によると、事業活動収入は「約190億」(90%以上が募金収入)で、ユニセフ本部への拠出金が「約163億円」(業務分担金約11億円を含む)なので、日本ユニセフには「約27億円」が残り、募金活動事業費・啓発宣伝事業費などの支出も2008年度とほぼ同じで、日本ユニセフ協会は公益法人なので法人税も払いません。

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/1122261/img_1122261_34673067_3?20110416220403

↑(右下をクリックで拡大!)日本ユニセフ協会の「2008年度収支報告書」で、「啓発宣伝事業費」・「啓発宣伝支部強化費」の中から、日本ユニセフでの「アグネス・チャンの講演料」が支払われている可能性があります。

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/1122261/img_1122261_34673067_4?20110416220403

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/1122261/img_1122261_34673067_5?20110416220403

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/1122261/img_1122261_34673067_6?20110416220403

私のブログへご来訪下さる方より、「日本ユニセフの役員名簿から、マスコミ関係者の名前がなくなっている」とのお知らせを頂いたので確認しましたが、現時点では、任期が平成22年11月30日から平成24年11月29日までとなっていた、日本ユニセフ協会の「評議員名簿に並ぶマスコミ役員」が表示されていませんし、これは週刊ポスト(4月15日号)の記事により日本ユニセフが書き換えたのかもしれません。

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/1122261/img_1122261_34673067_7?20110416220403

週刊ポスト(4月15日号)日本ユニセフ協会「被災者に渡らない募金」が暴かれた~より一部抜粋

大マスコミとの〝共存共栄〟 

しかしながら、そうした日ユニの「裏の顔」は、ほとんど報じられない。日ユニが数多くの大マスコミ幹部を役員に迎え入れていることと無関係とはいえないだろう。秋山耿太郎・朝日新聞社長、朝比奈豊・毎日新聞社長ら、全国紙のトップが評議員に名を連ねる。

日ユニの役員は常勤の専務理事以外は無給だが、大マスコミの旨味は大きい。日ユニは大新聞に頻繁に広告を掲載し、新聞社が主催するイベントを協賛する形でサポートしている。

反対に、ハイチやスマトラの大地震など、海外で大災害が発生すると大マスコミは自社媒体で募金を呼びかけ、集めた金を日ユニに寄託する。それが広告や協賛金として戻ってくる構図は、まさに持ちつ持たれつの関係といえる。

秋山 耿太郎 (株)朝日新聞社代表取締役社長 

朝比奈 豊  (株)毎日新聞社代表取締役社長

老川 祥一  (株)読売新聞東京本社代表取締役社長・編集主幹

住田 良能  (株)産業経済新聞社代表取締役社長

喜多 恒雄 (株)日本経済新聞社代表取締役社長

日枝 久   (株)フジテレビジョン代表取締役会長

福地 茂雄  日本放送協会会長(NHK)

「日本ユニセフ協会 役員名簿」
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_off.html


アグネス・チャン日本ユニセフ協会大使は、1日も早く被災地を訪ねたいと言っていたのに香港へ行き、東日本大震災より1ヶ月以上も経過して宮城県の避難所を訪問し、被災地支援に全力を挙げるとは大嘘つきで、日本ユニセフ協会の役員名簿に並ぶマスコミ役員を、日本ユニセフはなぜ消したのかも疑問です。

良識ある日本国民の皆様、アグネス・チャン日本ユニセフ協会大使についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

福島県知事に続き、茨城県知事にも指摘される

放射性物質:放出の事前連絡ない 茨城知事も首相に苦言

 福島県内の農業協同組合(JA)関係者は15日、首相官邸に菅直人首相を訪ね、福島第1原発事故の風評被害防止や、農家への一時金仮払いを要請した。茨城県の橋本昌知事も、菅首相と会い、原発の放射性物質を含む汚染水や空気の放出の際、事前連絡がなかったことに苦言を呈した。
 JA福島中央会の庄条徳一会長は「スピードある政治の力で、もう一度、青空の下の豊壌(ほうじょう)の大地で農業を営める環境を作ってもらいたい。明日の生活すらおぼつかない農家が出てきた」と速やかな一時金支給を訴えた。首相は「補償は最終的に国が責任を持って実現する」と理解を求めた。
 また庄條氏が「かつてカイワレを食べて風評被害を飛ばした」と、菅首相の96年厚相時代のパフォーマンスに触れて、福島県産のキュウリとイチゴの試食を勧めたのに対し、首相は「きれいなキュウリと真っ赤なイチゴですね」と応じて、頬張った。
 茨城県の橋本知事は、放射性物質を含む汚染水などの放出について「事前に言ってもらえれば、いろいろ手立てもある」と述べ、首相は「不十分な点があった。大変申し訳ない」と陳謝した。【山田夢留】


仮免総理が学科試験にも技能試験にも落ちる。何故ならば適性試験を受けていないからである。そんな総理が現在「無免許運転」で多重追突事故を起こし、事故現場から逃げ袋小路に入り込んだ所で見つかっている。
 
反省した顔で事故現場に戻るも・・・福島さんには「来るな!」と言われ、茨城さんには『運転のダメ出し』をされる始末。
 
今度は宮城さんか?もしくは岩手さんか?
 
自分の運転技術を過信した末の多重事故である事は間違いなく、フタを開けてみれば無免許であった。事故現場は燃え尽き嫌な空気が漂う。保険には入っていると言うが一向に保険金がおりない。保険屋は保険金を渡したく無いようなそぶり。事故現場には救急隊と地域住民と野次馬が集まり、被害者に食料と飲み物を分け与え、被害者の怪我の具合を診る。野次馬が現場の写真を撮りまくる。見てられない周りの人々がお金を修理代にと差し出してくれている。


総理は原発の対応に追われ、被災者の援助物資を二の次にした。この状況をどう思っているのだろうか?未だに物資を必要としている場所がある。燃料に至っては未だ完全復旧とはいえない。原発30キロ圏内での捜索は1ヵ月経った先日行なわれた。それまでに自衛隊が捜索していたが、被爆しているご遺体は動かす事が出来ないままである。
 
初動どころか今もなお動きが悪い。動いたと思えば、くだらん発言をしつつ農産物を食べてみせる。カイワレ大根を頬張ったあの時のように、パフォーマンスで乗り切ろうとしている。節電担当大臣である蓮舫は薄汚れたプライドを捨てきれず、言い訳と演技でごまかす。ボランティア担当大臣の辻本清美は「ピースボート」のボランティア要員を送り込み、被災者の傍らで囁く・・・「私達がいる限り大丈夫です」・・・どいつもこいつも(怒)
 
自民党はこんな民主党政権を攻めきれていない。地震の後始末、尻拭いを菅にやらせたいという気持ちの裏に、政権交代のチャンスである。ここで攻め込もう!という2つの気持ちである。民主党の玄葉が総理の挿げ替えを企む勢力に釘を刺しているが、もう菅には何も対策案は無い。すっからかんの脳みそだけがうごめいている。亀井静香が言ったあの言葉。
 
「バカ+バカ+バカ=バカ」
 
バカが集まってもバカである。
例えるならば「一本の弓矢ではすぐ折れるが、10本の弓矢を集めれば…やはり折れる」芯の無い弓矢には空洞があり、虫が巣食っているのである。そんな政権がいつまで続くのか?いつまで国民を苦しめるのか?いつまで国益の垂れ流しを行い、国際社会への信用を失い続けるのか?
そして誰が・・・この尻拭いをするのか?
 
国民ひとりひとりが尻拭いする事になるのである。
 
 
 
復興と言う名の税を作り
 
国民からの募金以外の強制的な税金を搾取する
 
東北、関東を護る為に賛成する国民はいるでしょうが
 
その税を暫定的に・・・と決める事があるのであれば
 
燃料代にかかる暫定税率と同じで
 
数十年続く事になるのである。
 
 
復興には数十兆~100兆円ほどかかる。それ以外に減収の痛手を負う。被災地には負担させる事は無いでしょうが、被災地から全国に避難している数万人の避難民に支払い義務が生じる。矛盾が生じるような増税は絶対に反対である。

長女に虐待し指骨折 兵庫

【身体的虐待】
場所:兵庫県加古川市
加害者:別居中の父 塗装業江口清孝(41)
被害者:長女(14)
被害状況:脇腹を蹴り、左手薬指骨折
虐待期間:2011年3月6日AM10時10分~
逮捕日:2011年3月6日


加古川署は6日、中学2年の長女(14)を蹴るなどして大けがを負わせたとして、住所不定、塗装業江口清孝容疑者(41)を傷害の疑いで逮捕した。 逮捕容疑は、6日午前10時10分ごろ、加古川市内の長女宅で、友人と騒いでいたことに立腹。長女の左脇腹を蹴り、左手薬指の骨を折るなど加療約2カ月のけがを負わせた疑い。 同署によると、江口容疑者は長女と別居中。ふだんから暴力を振るっていたといい、調べに対し、「しつけがすぎた」などと供述し、おおむね容疑を認めているという。


長女に針刺す、虐待疑いで母親逮捕 上京署

【身体的虐待】
場所:京都府京都市上京区
加害者:母親(43)
被害者:6歳の長女
被害状況:殴打、裁縫用針で指を刺す
虐待期間:2011年3月27日AM8時~PM7時
逮捕日:2011年3月28日
 


保育園に通う6歳の長女を虐待したとして、上京署は28日、傷害の疑いで、京都市上京区の無職の母親(43)を逮捕した。 逮捕容疑は27日午前8時〜午後7時ごろの間に、自宅で長女の頭を殴ったり、裁縫用の針で指を刺すなどし、打撲などの軽傷を負わせた疑い。 上京署によると、母親は「長女に数の数え方を練習させていたが、うまくできないのでいらだってやった」と容疑を認めているという。母親は27日夕、長女を殴ったことを自分の親に電話で話し、様子を見に訪ねた親族が通報したという。


日野市で2歳児に暴行虐待死

【身体的虐待】
場所:東京都日野市
加害者:内縁の継父 天雲玲央(28)あまぐもれお
被害者:内縁の妻の長男2歳 佐藤依輝(いつき)君
被害状況:殴打による外傷性十二指腸穿孔の傷害を負わせ、翌21日に化膿性腹膜炎で死亡
虐待期間:2011年3月20日正午ごろ
逮捕日:2011年3月?日


日野の虐待死:傷害致死罪で同居の男起訴 /東京

 日野市で同居女性の長男(当時2歳)に暴行を加え死亡させたとして、地検立川支部は11日、同市南平5、保育士、天雲玲央(あまぐもれお)容疑者(28)を傷害致死罪で地裁立川支部に起訴した。
 起訴状によると、天雲被告は3月20日正午ごろ、同居する内縁の妻(28)の長男、佐藤依輝(いつき)君(当時2歳)の腹を平手で2回殴り、外傷性十二指腸穿孔の傷害を負わせ、翌21日に化膿性腹膜炎で死亡させたとしている。【浅野翔太郎】


1歳女児を殴打し殺害

【身体的虐待】
場所:岩手県花巻市石神町
加害者:母 阿部千尋(26)
被害者:生後1ヶ月の次女 月明(ひかり)ちゃん
被害状況:殴打により死亡
虐待期間:2011年3月19日PM10:30~2011年3月20日AM
逮捕日:2011年3月?4月?
 


花巻の次女殺害:容疑者を鑑定留置 /岩手

 盛岡地検は生後1カ月の次女を殺害したとして殺人容疑で逮捕された花巻市石神町、無職、阿部千尋容疑者(26)について、盛岡地裁に鑑定留置を認められたと発表した。決定は7日付で、期間は8日から6月7日まで。
 逮捕容疑は、今年3月19日午後10時半ごろから翌朝にかけて、自宅で次女月明(ひかり)ちゃんの頭を手で数回殴り、殺害した疑い。阿部容疑者は県警の調べに対し、容疑を大筋で認めていた。【宮崎隆】


大震災~福島原発~生活保護を受ける在日外国人が子ども置き去り

【育児放棄】
場所:被災地
加害者:支那、韓国、フィリピンの永住権を持つ在日外国人
被害者:子ども達(年齢は様々)
 
 
 


【東日本大震災】
 東日本大震災による東京電力福島第1原発の放射性物質(放射能)漏れ事故を受け、政府の指示を超えて自主避難が広がるなか、生活保護を受ける外国人が日本人との間に生まれた子供を置き去りにして帰国するケースが相次いでいることが分かった。福祉現場からは「児童虐待のネグレクト(育児放棄)に当たる」と懸念の声が上がっている。
 
 原発から150キロ圏にある関東地方の市の福祉事務所へ今月18日、生活保護を受給する中国籍の40代の母親から電話があった。
 「成田空港にいる。祖父が危篤なので帰国する」
 担当者が自宅を訪ね、高2の長男と中2の次男に事情を聴いたところ、母親は「原発が怖い」と中国へ帰ったことが分かった。2人は児童相談所が介入し、離婚した父方の祖母宅へ身を寄せたという。
 この福祉事務所が全国の福祉事務所の仲間内で調べたところ、生活保護を受給する外国人の帰国は少なくとも東日本の84事務所で64件に上った。中国韓国フィリピン、タイ人などで、中国人が最も多かった。永住者資格などを取得後に日本人男性と離婚した母子家庭や単身女性がほとんどを占め、子供と帰国した人が多い一方、友人の中国人や日本人へ預けて単身で帰国したり、子供を置き去りにしたケースも少なくないという。
 担当者は「皆一様に『祖父母が危篤で』と言う。ただ申告するのは良心的なほうで、黙って帰国するほうが多く実態がつかめない」と話す。申告がない場合、数カ月に1度の定期訪問まで帰国の事実が分からず、保護費が口座へ振り込まれ続けることになる。帰国の旅費も保護費をためた貯金でまかなっているという。
 生活保護法上の受給対象は日本国籍者だが、厚生労働省の見解では「人道的見地から永住者や定住者、日本人の配偶者等の在留資格を持つなど一定要件を満たす者は受給できる」(保護課)といい、平成21年度に世帯主が外国籍で生活保護を受けた人は6万952人に上った。保護費は全額が税金でまかなわれている。
 担当者は「永住権というのは永住を前提にしているはずなのに、帰国するのでは永住とは言えない。国は出入国管理などを適正化してほしい」と訴えた。
 生活保護問題に詳しい森川清弁護士(50)は「法的に問題はないが、子供を置いて逃げるといった行動が反発を招いているのだと思う」と指摘する。


2歳長男に無理矢理パンを食べさせのどに詰まらせる

【身体的虐待】
場所:東京都町田市
加害者:母の名取理枝(28)
被害者:2歳の長男
被害状況:パンがのどに詰まり低酸素脳症により意識不明の重体(植物状態となる可能性)
虐待期間:2011年1月~(殴打?) 2011年4月7日(パン詰まらせ)
逮捕日:2011年4月12日?
 


東京・町田市で2歳長男に無理やりパン食べさせ、のどに詰まらせた疑い 28歳母親逮捕

フジテレビ系(FNN) 4月12日(火)13時2分配信
2歳の長男に無理やりパンを食べさせ、のどに詰まらせた疑いで、28歳の母親が逮捕された。
傷害の疑いで逮捕された名取理枝容疑者(28)は、4月7日、東京・町田市内の自宅で、2歳の長男に無理やりパンを食べさせ、のどに詰まらせた疑いが持たれている。
長男は、意識不明の重体で、のどからはパンの塊が5つ、見つかったという。
近所の人は「主人が見ていたんですけど、子どもさんの目のあたりに、あざがあった。あいさつに来られた時、(男の子にしては)お子さんの元気がないように感じました」と話した。
名取容疑者は調べに対し、容疑を否認しているという。
しかし、2011年1月には、神奈川・川崎市の自宅で、長男に暴行を加えた疑いも持たれていて、警視庁は、日常的に虐待が行われていた可能性があるとみて捜査している。


2歳男児、のどにパン詰め込まれ意識不明 母親を傷害容疑で逮捕

産経新聞 4月12日(火)14時5分配信
 長男(2)ののどにパンを詰め込み、意識不明の状態にさせたなどとして、警視庁捜査1課は傷害と暴行の疑いで、東京都町田市成瀬台の主婦、名取理枝容疑者(28)を逮捕した。長男の体にはあざがあり、同課は名取容疑者が日常的に虐待していた疑いがあるとみて調べている。

 同課によると、名取容疑者は容疑を否認し、「あざは転んでぶつけたんじゃないか。パンはおなかが減ったというので食べさせたが、トイレに行っている間にのどに詰まらせた」と供述。周囲に対し、「男の子が好きではなかった」と話していたという。

 逮捕容疑は1月中旬、川崎市麻生区の友人方のマンションで長男がはしゃいでいたことに腹を立て、顔を殴打したうえ、今月7日午後には自宅で、長男の口にパンを押し込んでのどを詰まらせ、低酸素脳症の傷害を負わせたとしている。男児は意識不明のままで、植物状態になる恐れがあるという。

 同課によると、名取容疑者はトラック運転手の夫(34)、長男、生後4カ月の長女の4人暮らし。名取容疑者は長男が意識不明になった後、自分で119番通報した。搬送先の病院で背中や顔に数カ所のあざが確認され、医師が町田署に通報した。


<虐待容疑>口にパン押し込み、2歳児意識不明 母親逮捕

毎日新聞 4月12日(火)13時14分配信
 長男(2)の口にパンを押し込んで意識不明にさせたとして、警視庁捜査1課は12日、東京都町田市成瀬台2、無職、名取理枝容疑者(28)を傷害と暴行容疑で逮捕したと発表した。「そんなことはしていない」と容疑を否認しているというが、長男の背中や顔など数カ所にはあざがあり、捜査1課は日常的な虐待があった可能性もあるとみている。

 逮捕容疑は4月7日夕方、自宅でパン切れ5~6枚をのどに詰まらせ低酸素脳症にさせたとしている。また1月中旬には、川崎市内の友人宅で長男の顔面を平手打ちしたとしている。長男は今も意識不明で入院している。

 名取容疑者は長男がぐったりした直後に119番し、駆けつけた救急隊員に「自分がトイレに行っている間にむせていた」と話していたという。搬送先の横浜市内の病院から虐待の疑いがあると警視庁に通報があった。

 捜査1課によると、名取容疑者はトラック運転手の夫(34)と生後4カ月の長女の4人暮らしで、事件当時は夫は不在だったという。「男の子は好きではなかったと聞いた」とする周囲の証言もあるという。【山本太一】


2歳長男の口にパン押し込み重体…母親逮捕

読売新聞 4月12日(火)13時0分配信
 2歳の長男の口にパンを押し込んで窒息させたなどとして、警視庁は12日、東京都町田市成瀬台、無職名取理枝容疑者(28)を傷害と暴行の疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕は今月9日。長男は病院に搬送されたが、意識不明の重体という。長男の顔や背中には複数のあざがあり、同庁は日常的な虐待がなかったか調べている。

 同庁幹部によると、名取容疑者は今月7日午後5時10分頃、町田市の自宅で、長男の口に食パンの切れ端を無理やり押し込み、呼吸困難な状態にしたほか、今年1月中旬、川崎市内の友人宅で長男の顔を平手で殴った疑い。名取容疑者は調べに対して容疑を否認し、「腹が減ったというのでパンを与えたら、自分で食べてむせた」などと供述しているという。
最終更新:4月12日(火)13時0分


虐待跡を携帯で撮って保存、2歳長男傷害容疑で母親再逮捕「注意を聞かず腹立った」

2011.4.28 19:24
 東京都町田市で、幼児ののどにパンを詰め込み、意識不明の状態にさせたとして母親が傷害容疑で逮捕された事件で、警視庁捜査1課は、長男をたたくなどの暴行も加えていたとして、別の傷害容疑で母親の名取理枝容疑者(28)を再逮捕した。同課によると、名取容疑者は「私の注意を聞かなかったため、腹が立ってたたいたことは間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、昨年10月下旬、当時住んでいた川崎市麻生区の自宅で、長男の流絃(るいと)ちゃん(2)が飼い犬をたたいたことに腹を立て、背中を素手で複数回たたき、全治約1カ月のけがを負わせたほか、11月初旬には後頭部を平手で殴打するなどし、全治2週間のけがを負わせたとしている。
 同課によると、名取容疑者は流絃ちゃんの傷跡を携帯電話で撮影し、保存していた。
 一方、東京地検は最初の傷害事件については処分保留で釈放した。パンをのどにつめられた流絃ちゃんは、今月25日に低酸素脳症で死亡。同課は容疑を傷害致死に切り替えて調べていた。


友人夫婦の男児虐待 ゆさぶられ症候群も 傷害容疑

【身体的虐待】
場所:大阪府和泉市内田町
加害者:運送会社社員、新垣大雅容疑者(31)
被害者:友人夫婦の男の子(4)
虐待期間:2009年10月頃~ 2010年10月18日午後1~2時ごろ
被害状況:急性硬膜下血腫や頭蓋骨骨折などの重傷(揺さぶられ症候群?)
逮捕日:2011年4月8日
 
 


友人夫婦の男児虐待 ゆさぶられ症候群も 傷害容疑で男逮捕

産経新聞 4月8日(金)23時23分配信
 友人夫婦から預かった男児(4)を虐待し大けがをさせたとして、大阪府警は8日、傷害の疑いで、同府和泉市内田町、運送会社社員、新垣大雅容疑者(31)を逮捕した。「風呂から上がった直後に理由なく倒れた。叱ってもいない」と否認している。

 逮捕容疑は平成22年10月18日午後1~2時ごろ、当時住んでいた和泉市光明台の集合住宅で、男児を暴行し、急性硬膜下血腫や頭蓋骨骨折などの重傷を負わせたとしている。

 府警によると、男児は乳幼児揺さぶられ症候群の症状がみられ、昨年末まで入院していた。男児は「ほほをつねられたり、鼻の穴に指を入れられたりした」と医師に話しているという。

 新垣容疑者は男児の両親と小、中学校の同級生。男児は21年10月ごろから、新垣容疑者に時々預けられるようになった。ほほや頭部に度々あざができ「あそこのお父さん怖い」と訴えていたが、新垣容疑者は両親に「子供同士でけんかした」と説明していた。

 事件当日は午前9時ごろから男児を預かり、午後2時ごろに「子供が倒れた」と119番。搬送先の病院が虐待を疑い、和泉署へ通報した。


3歳児長男ゴミ袋に入れ窒息死

【身体的虐待】
場所:大阪市城東区
加害者: 母の田中有維(ゆい)(26) 同居の無職、杉山裕幸(20)
被害者:長男の雫(しずく)ちゃん(3)
被害状況:両手と両足を粘着テープで縛り、ポリ袋をかぶせて袋の口を縛り、息ができない状態にして殺害
逮捕日:2011年3月31日AM
 


 
 

<幼児虐待>3歳長男ごみ袋に入れ窒息死 母親ら逮捕 大阪

毎日新聞 3月31日(木)9時27分配信
¡ãÍĻùµÔÂԡ䣳ºÐĹÃˤ¡­¤ßÂޤËÆþ¤ìÃâ©»ࡡÊì¿ƤéÂáÊᡡÂçºå
雫ちゃんが殺害された自宅マンションのベランダには子供服が干されたままになっていた=大阪市城東区で2011年3月31日午前8時5分、西村剛撮影
 3歳の長男をごみ袋に入れて窒息死させたとして、大阪府警城東署は31日、母親のパート従業員、田中有維(ゆい)(26)と同居の無職、杉山裕幸(20)の両容疑者=大阪市城東区東中浜8=を、殺人の疑いで逮捕した。2人は「30日、いろんな物を箱に捨てるのをやめないのでごみ袋で全身を包んで密封した」と供述。殺意については「しつけのためで、殺すつもりはなかった」と否認しているという。城東署は日常的な虐待がなかったかどうかなど、詳しく調べている。

 逮捕容疑は30日夕、自宅マンション1室で、長男雫(しずく)ちゃんの両手と両足を粘着テープで縛ったうえ、ごみ捨て用のポリ袋をかぶせて袋の口を縛り、息ができない状態にして殺害した、としている。雫ちゃんが動かなくなり、田中容疑者が午後7時55分に119番通報したが、約1時間後、病院で死亡が確認された。

 城東署などによると、現場のマンションには田中容疑者と雫ちゃんが暮らしていたが、今年2月ごろから、杉山容疑者と同居を始めた。雫ちゃんはごみ袋に入れられたまま、リビングの隣の部屋に放置されていた。救急隊が到着した際は、リビングであおむけの状態で寝かされていた。体に目立った外傷はなかったが、両手と両足にうっ血の痕があった。

 両容疑者は「ごみ袋に入れたら自力で破って出てきたので、両手足を粘着テープで縛って、再び別のごみ袋に入れた。5分ぐらいで静かになり、約20分後に開けると、唇が紫色になって動かなかった」と説明しているという。

 一方、大阪市こども相談センターによると、雫ちゃんに関しての虐待情報などは寄せられていないという。

 現場は大阪市営地下鉄中央線の深江橋駅から北西約800メートルの住宅街。

保育所が体臭指摘も母「風邪で風呂に…」 健診も受けず
2011.4.1 14:45
 

 
同居する3歳の男児、田中雫ちゃんをポリ袋に入れて窒息死させたとして殺人容疑で送検された杉山裕幸容疑者(20)=1日午前、大阪市城東区の城東署(渡守麻衣撮影)
 大阪市城東区の田中雫(しずく)ちゃん(3)がポリ袋に入れられ窒息死した事件で、保育所が3月25日頃、雫ちゃんの体臭に気づき、母親の田中有維(ゆい)容疑者(26)に指摘していたことが1日、わかった。田中容疑者は「風邪で風呂に入れていない」と説明したが、雫ちゃんに風邪の症状はみられず、その前後に欠席したこともなかったため、保育所は不自然な印象を受けたという。
 府警は同日、田中容疑者と交際相手の杉山裕幸容疑者(20)を殺人容疑で地検へ送検。虐待の経緯を調べる。
 雫ちゃんが2月以降に予定されていた3歳児健診を受診していなかったことも城東区保健福祉センターへの取材で判明。同センターは田中容疑者の留守番電話や自宅に2~4月の別の健診日を知らせるメッセージや封書を数回残したが、最後まで連絡が取れなかったという。田中容疑者は「風邪をひいて受診させられなかった」と供述している。
 府警によると、田中容疑者は共犯で逮捕された杉山容疑者と昨年末に出会い系サイトで知り合い、今年2月から同居していた。このころから育児への関心が薄れた可能性もあるという。
 杉山容疑者は自らの経歴を「筑波大医学部の学生だったが、面白くなくてやめた」と説明。一方、筑波大は否定している。

「この子が死んでも泣かない」 鬼母、ネットに書き込みか
2011.4.1 10:28
 
 
同居する3歳の男児、田中雫ちゃんをポリ袋に入れて窒息死させたとして殺人容疑で送検された杉山裕幸容疑者(20)=1日午前、大阪市城東区の城東署(渡守麻衣撮影)
 大阪市城東区の田中雫(しずく)ちゃん(3)がポリ袋に入れられて窒息死した虐待事件で、殺人容疑で府警に逮捕された実母の田中有維(ゆい)容疑者(26)とみられる女性が昨年8月26日、インターネットの会員制交流サイトの日記に、「この子が死んでも泣かないかもしれない」と書き込んでいたことが31日、分かった。
 この女性は田中容疑者と同じ誕生日で「有維」と名乗り、雫ちゃんと同じ生年月日の男児の写真を複数枚掲載。
 昨年8月26日の日記で、山口県内で乳児を投げ落とし重傷を負わせたとして母親が逮捕された虐待事件を引き合いに、「赤ちゃんはこちらの都合無視で自分の欲求を泣くことだけで訴えてきます。手を上げた事はありませんが、『ベランダから落としたら死ぬよね。この子が死んでも泣かないかもしれない』くらいはしょっちゅう考えてました」と書き込んでいた。
 また府警への取材で、田中容疑者が雫ちゃんをポリ袋に入れた理由を、「大事なゲーム機をゴミ箱に捨てたりしたので、そういうことをしたら『雫も捨てるよ』と分からせるしつけのつもりでゴミ袋に入れた」と供述したことが判明。
 雫ちゃんがポリ袋から逃げ出したため、共犯として逮捕された交際相手の杉山裕幸容疑者(20)が「今度は俺がやる」と雫ちゃんをポリ袋へ入れ直したという。司法解剖で、雫ちゃんの死亡時刻は30日午後8時ごろと推定。ポリ袋をかぶせられ、短時間のうちに死亡したとみられる。


 

大阪府民、大阪市民は選択を間違ったと断言する。

大阪府議選、市議選が始まり、一番最初に参加した講演会が「大阪維新の会」である。
 
場所は「大阪市生野区巽神社」PM19:30から。
 
この生野選挙区は私には関係ないが、通りかかったので参加する事にした。巽神社の前には大阪維新の会、角谷庄一選挙事務所の手伝い(若造)が多数おり、ただならぬ雰囲気を醸し出していた。警備のおっさんに駐車場を案内して貰っている時に、若造が凄い形相で走ってきた。私が警備のおっさんに文句を言ってると思ったのだろう。急に立ち止まり知らん顔する始末。すかさず私は話しかけたが、「何でもありません!」というばかり・・・警備のおっさんもあたふた・・・こんな連中が大阪維新の会の取り巻きなのである。
 
車を止め、神社の中に入ると100人ほどの爺さん婆さんに混じり、支持者、後援会関係者と思われる人らが多数いた。TV局?と新聞記者?の姿もチラホラ見られた。全くの無関係者は私だけであろう。奥に入ると
3人座っている。左から・・・
 
橋下府知事

大阪府議候補者 荻田ゆかり

大阪市議候補者 角谷庄一

 
 
 
強運の持ち主である私。運よく?橋下徹府知事に出くわした(笑)しばしの間話を聞く事となる。

ピンボケすまぬ・・・
途中からだが話を聞いてみる。大阪都構想を話しているようだ。詳しい構想を知りたかったのだが、メリットばかりでデメリットには触れていない。大阪都構想を成し遂げる!という事ばかりが耳に残る。さらに・・・
 
橋下府知事は角谷候補者(現市議)を「当選して当然」と言う。
 
そして荻田候補者を「応援してください」と言う。
 
橋下府知事は「僕の政治家としての価値観は自民党と同じ」と言う。(先の衆院選で民主党を応援した事を消したいのか?)
 
さらに「自民党が動かないから大阪維新の会を作った」と言う。
 
荻田候補者は聴衆者に「ゼロからのスタートです」などと言い残し、
 
橋下府知事と共に次の講演会場へ・・・聴きたい事が聴けなかった約15分間が終わってしまう。
 
私の真横を通り過ぎる時にここぞとばかりに「強めの握手」をしておきました。ただ橋下府知事よ、握手するとき位、目を合わせたら!?選挙期間中でしょ?支持されたいんでしょ?私が何者かバレた(笑)?
 
 橋下府知事と荻田候補者と取り巻き10人程がいなくなり、私は角谷候補者のど真ん前に陣取る。そこで初めて気付いた。国旗「日の丸」をよ~く見ると国旗に画鋲が刺さっている。しかも5個。しかも神社の柱部分に。。。応神天皇を主祭神としている巽神社の柱に国旗を画鋲で張りつけ!
 
そんなもんですよ、大阪維新の会という連中は。先の衆院選で民主党が行なった国旗貼り合せ事件と、なんら変わらない取り扱い方。その前で橋下が講演を行い、候補者が演説する。
 

 
小沢も橋下府知事も国旗に対して興味がなさ過ぎる。支持者初め、後援会の爺さんどもも国旗の取り扱い方を知らない。本当に日本人なのだろうか?生野区ということもあるので、その辺は疑問である。国旗損壊罪という法律は絶対に必要である。政治家を取り巻く後援会が国旗に画鋲を通すなんて、知らないにも程がある。SPのスキンヘッド君に注意を促すこととする。
 
その後の後援会の爺さんの話や、角谷候補者の話は・・・忘れた。
 
「私の信念とは・・・」
 
と喋っていたが内容が薄かった。熱意と裏腹に中身がない。大阪都構想の中身も知らないようであった。知識は一般市民程度。候補者自身も詳しいビジョンを聞いていないのだろう。
 
 
そして昨日の開票では「大阪維新の会」が大躍進!・・・が、今日になったら上記の記事のように大阪都構想は白紙に戻す事になる。市議会で過半数を取れなかったからという理由であり、メディアに対する不満や、大阪市役所の役人に対する不満をぶちまけ、既成政党との大阪都構想を実現する為に議論を行なう様だ。
 
最初から話し合えよ!って思うのは私だけだろうか?
民主党が先の衆院選で行なった「バラマキマニフェスト」と同じで、「大阪都構想」をチラつかせ票をかき集めたと感じるのは私だけだろうか?
 
議員を多数生み出した後で「公約撤回」する独裁主義者は、詐欺師以外の何者でもない。期待するだけ無駄である。
 
 
 
 
 
 

拡散歓迎 竹島の領有権に関する我が国の一貫した立場Japan's Inalterable Position on the Sovereignty of Takeshima

竹島の領有権に関する我が国の一貫した立場
  1. 竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土です。
  2. 韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。
    韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立した以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていません。
 

Japan's Inalterable Position on the Sovereignty of Takeshima

  1. In the light of historical facts and based upon international law, it is apparent that Takeshima is an inherent part of the territory of Japan.
  2. The occupation of Takeshima by the Republic of Korea is an illegal occupation undertaken on absolutely no basis in international law. Any measures taken with regard to Takeshima by the Republic of Korea based on such an illegal occupation have no legal justification.
(Note: The Republic of Korea has yet to demonstrate a clear basis for its claims that, prior to Japan's effective control over Takeshima and establishment of sovereignty, the Republic of Korea had previously demonstrated effective control over Takeshima.)
 
 

다케시마 영유권에 관한 일본국의 일관된 입장

  1. 다케시마는 역사적 사실에 입각해 봐도, 국제법상으로도 명백한 일본국 고유의 영토입니다.
  2. 한국에 의한 다케시마 점거는 국제법상 아무런 근거 없이 이루어지고 있는 불법 점거이며 한국이 이런 불법 점거에 의거해 다케시마에서 행하는 어떤 조치도 법적인 정당성이 있는 것은 아닙니다.
* 한국측으로부터는 일본국이 다케시마를 실효적으로 지배하고 영유권을 확립하기 이전에 한국이 이 섬을 실효적으로 지배하고 있었다는 사실을 보여주는 명확한 근거가 제시되지 않고 있습니다.
 
 
 
 
 
 
  • 隠岐諸島の北西約157キロメートル、北緯37度14分、東経131度52分の日本海上に位置する群島。島根県隠岐の島町に属する。
  • 東島(女島)、西島(男島)の2つの小島とその周辺の数十の岩礁からなり、総面積は約0.21平方キロメートル(日比谷公園とほぼ同面積)。
  • 各島は、海面からそびえ立つ急峻な火山島であり周囲は断崖絶壁をなす。また、植生や飲料水に乏しい。

竹島問題の概要

1.竹島の認知 → 詳細へ

 現在の竹島は、我が国ではかつて「松島」と呼ばれていました。そして竹島の西北西約92キロメートル先にある鬱陵島が「竹島」や「磯竹島」と呼ばれていました。竹島や鬱陵島の名称については、ヨーロッパの探検家等による鬱陵島の測位の誤りにより一時的な混乱があったものの、我が国が「松島」と「竹島」の存在を古くから認知していたことは各種の地図や文献からも確認できます。
 例えば、経緯線を投影した刊行日本図として最も代表的な長久保赤水(ながくぼせきすい)の「改正日本輿地路程(よちろてい)全図」(1779年初版)ほか、竹島と鬱陵島を朝鮮半島と隠岐諸島との間に的確に記載している地図は多数存在します。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
これに対し、韓国が古くから竹島を認識していたという根拠はありません。

2.竹島の領有 → 詳細へ

 我が国は、江戸時代初めの17世紀初頭、鳥取藩伯耆国米子の町人大谷甚吉、村川市兵衛が、同藩主を通じて幕府から鬱陵島(当時の「竹島」)への渡海免許を受けて以降、両家は交替で毎年1回鬱陵島へ渡航し、あわびの採取やあしかの捕獲、そして竹などの樹木の伐採等に従事しました。
 この際、竹島は、鬱陵島に渡る船がかり及び魚採地として利用されており、我が国は、遅くとも江戸時代初期にあたる17世紀半ばには、竹島の領有権を確立していました。
 
 
 

 
 
 
 
 

3.鬱陵島への渡海禁止 → 詳細へ

 大谷・村川両家による鬱陵島での事業は約70年間平穏に続けられていました。しかし、1692年に村川家が、1693年に大谷家が鬱陵島に出向くと、多数の朝鮮人が鬱陵島において漁採に従事しているのに遭遇しました。これを契機に、日本と朝鮮の政府間で鬱陵島の領有権をめぐる交渉が開始されましたが、最終的に幕府は1696年1月、鬱陵島への渡海を禁止することとしました。(いわゆる「竹島一件」)。ただし、竹島への渡航は禁じませんでした。
 このことからも、当時から我が国が竹島を自国の領土だと考えていたことは明らかです。
 
 
 

 
 
 

4.竹島の島根県編入 → 詳細へ

 今日の竹島において、あしかの捕獲が本格的に行われるようになったのは、1900年代初期のことでした。しかし、間もなくあしかの捕獲は過当競争の状態となったことから、島根県隠岐島民の中井養三郎は、その事業の安定を図るため、1904(明治37)年9月、内務・外務・農商務三大臣に対して「りやんこ島」(注)の領土編入及び10年間の貸し下げを願い出ました。これを受けた政府は、島根県の意見を聴取しつつ、1905(明治38)年の閣議決定をもって竹島を島根県に編入し、竹島を領有する意思を再確認しました。
 (注)「りやんこ島」は、竹島の洋名「リアンクール島」の俗称。当時、ヨーロッパの探検家の測量の誤りなどにより、鬱陵島が従来の「竹島」に加え「松島」とも呼ばれるようになり、現在の竹島は 従来の「松島」とともに「りやんこ島」と呼ばれるようになっていました。
 
 
 

 
 
 
 

5.第二次大戦直後の竹島 → 詳細へ

 我が国が占領下にあった1946(昭和21)年、連合国総司令部より発せられた連合国総司令部覚書(SCAPIN)第677号により、竹島は、日本が政治上又は行政上の権力を停止すべき特定地域の一つとされ、また、連合国総司令部覚書(SCAPIN)第1033号により、竹島は、日本漁船の操業区域外の地域として指定されました。
 しかし、これら連合国総司令部覚書の文中には、いずれも領土帰属の最終的決定に関する連合国側の政策を示すものと解釈してはならないことが明記されています。また、我が国の領土を確立したサンフランシスコ平和条約が発効する以前の竹島の扱いにより、竹島の帰属の問題が影響を受けるということはないのは明らかです。

6.サンフランシスコ平和条約起草過程における竹島の扱い → 詳細へ

 1951(昭和26)年9月に署名されたサンフランシスコ平和条約は、日本による朝鮮の独立承認を規定するとともに、日本が放棄すべき地域として「済州島、巨文島及び鬱陵島を含む朝鮮」と規定しました。この部分に関する米英両国による草案内容を承知した韓国は、米国に対し、日本が権利、権原及び請求権を放棄する地域の一つに竹島を加えるよう要望しました。
 これに対し米国は、かつて竹島は朝鮮の領土として扱われたことはなく、また朝鮮によって領有権の主張がなされたとは見られない旨回答し、韓国側の主張を明確に否定しました。このやりとりを踏まえれば、竹島は日本の領土であるということが肯定されていることは明らかです。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

7.米軍の爆撃訓練区域としての竹島 → 詳細へ

 米軍は、連合国総司令部覚書(SCAPIN)第2160号をもって1950(昭和25)年7月以来竹島を海上爆撃訓練区域として使用していましたが、1952(昭和27)年7月、米軍が引き続きその使用を希望したのを受け、日米行政協定に基づき同協定の実施に関する日米間の協議機関として設立された合同委員会は、竹島を米軍の爆撃訓練区域に指定しました。
 同協定では、合同委員会は「日本国内の施設又は区域を決定する協議機関」としての任務を行うとされていますが、竹島が合同委員会で協議され、かつ在日米軍の使用する区域としての決定を受けたということは、とりも直さず竹島が日本の領土であることを示しています。
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

8.「李承晩ライン」の設定と韓国による竹島の不法占拠 → 詳細へ

 1952(昭和27)年1月、李承晩韓国大統領は「海洋主権宣言」を行い、いわゆる「李承晩ライン」を国際法に反して一方的に設定して、そのライン内に竹島を取り込みました。1953(昭和28)年7月には海上保安庁の巡視船が、韓国漁民を援護していた韓国官憲から銃撃を受ける事件も発生、1954年(昭和29)6月、韓国内務部は、韓国沿岸警備隊が駐留部隊を竹島に派遣した旨の発表を行いました。これ以降、韓国は、引き続き警備隊員を常駐させるとともに、宿舎や監視所、灯台、接岸施設等を構築しています。
 韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。このような行為は、竹島の領有権をめぐる我が国の立場に照らして決して容認できるものではなく、竹島をめぐり韓国側が何らかの措置等を行うごとに厳重な抗議を重ねるとともに、その撤回を求めてきています。
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

9.国際司法裁判所への提訴の提案 → 詳細へ

 我が国は、韓国による「李承晩ライン」の設定以降、韓国側が行う竹島の領有権の主張、漁業従事、巡視船に対する射撃、構築物の設置等につき、累次にわたり抗議を積み重ねました。そして、この問題の平和的手段による解決を図るべく、1954(昭和29)年9月、口上書をもって竹島の領有権問題を国際司法裁判所に付託することを韓国側に提案しましたが、同年10月、韓国はこの提案を拒否しました。
 また、1962(昭和37)年3月の日韓外相会談の際にも、小坂善太郎外務大臣より崔徳新韓国外務部長官に対し、本件問題を国際司法裁判所に付託することを提案しましたが、韓国はこれを受け入れず、現在に至っています。
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 


転載元: 底質汚染・底生生物減少・水域汚染&国境警備 独学帳

無能は・・・

松本剛明外相
 
無能である。
 
 
どこまで媚韓なのだろうか?こんな奴が外相であっていいのか?
 
ロシア、支那が大震災で混乱する日本に向けて戦闘機を飛ばし、航空自衛隊がスクランブル発進する様な事態が起きているというのに、何一つ問題視していないのではないか?
 
反日国家はどんな状況でも反日である。救援隊を出そうが、物資を援助しようが、タンカーで10000㌔㍑ものガソリン、軽油を無償提供しようが、その裏では万全の態勢で攻め込む用意は出来ているのである。
 
 
民主党との大連立の話が再び浮上している上に、民主党に対し解散総選挙をチラつかせなくなった自民党 谷垣総裁は、何がしたいのだ?

統一地方選 大阪府議会議員選挙 投票


 
白票を投じる!
 
たった10日で有権者に何を知ってくれというのだろうか。
 
こんな選挙ばかり繰り返し、間違った投票を繰り返す。
 
候補者らは名前を売る為に連呼するだけ。
 
気になった少数派の国民だけが夕方から始まる講演会に参加する。
 
講演会ではほぼ全ての参加者が支持者である。
 
支持者は候補者のタニマチを気取りたいだけなのでは?
 
それが後援会だと言うのならば、仕方ないが・・・
 
その裏に利益の誘導が潜んでいるならば、クリーンではない。
 
候補者が本音を選挙期間中に言うわけもなく、
 
国民は候補者に対して質問する場所もない。
 
質問の最中、後援会に監視されてしまうのは何故だろうか?
 
・・・
 
ま、選挙のありかたと、候補者、後援会の意識が変わらなければ
 
選挙はギャンブルである事は変わらない。
 
正々堂々と国民の質疑応答に応えられる候補者が政治家にならなければ
 
この国は変わらない。
 
 

抗議文、公開質問状(内容証明にて送付)


抗議文
 去る二千十一年三月十一日に起きた東日本大震災の影響により、東北~関東の都市機能が麻痺している。その影響は日本全国のみならず、世界各国の工場にまで飛び火している。一ヶ月程経った現在でも全てのライフラインが復旧していない宮城県沿岸北部、岩手県沿岸部。飲料、食料、燃料が未だ足りない状況である。その為、数十万人の被災者が全国で避難所生活を余儀なくされており、被災地を離れ新天地での生活を始める方々もいる。
 
私は震災三日目の三月十三日に大阪から仙台入り。津波が襲った沿岸部を回り、数ヶ所の避難所を行き来し物資を降ろし身内、親戚の安否確認に走った。市内では全てのガソリンスタンドが閉まっており、何時開くか解からない店舗の前で数キロにも及ぶ車列をなしていた。長い待ち時間と夜間には氷点下にもなる寒さの中で、車内泊を余儀なくされている方が多数おり、二日間程お話を伺いながら温かい飲み物を配り回る事となる。その方々の切なる声を私が貴殿市長へ届けるべく、三月十七日に市役所秘書課へとお伺いした訳である。
 
 いくつか挙げさせて頂いた要望のひとつに、人命救助の観点から二次被害を出さぬ様、燃料待ちの長蛇の列の中で、寒さを堪えて車内泊を余儀なくされている方々への燃料提供または、避難所への誘導が必要であると口頭で指摘し、貴市、そして貴殿市長が行動に移して欲しい旨をお伝え願ったのである。それは既に貴殿市長も報告を受けているものと認識しております。
 
それから十日後の三月二十七日に悲劇が起きる!福島県棚倉町にて八十二歳の男性が燃料待ちの車列の中で、暖を取る為に練炭を焚き、一酸化炭素中毒にて命を落とした事件をご存知であろう。
 
貴殿市長への要望を託した「ナルセカツノリ」氏が、要望を真摯に聞き入れ貴殿市長へ伝えたのか疑問に思い、二十八日に電話をした訳でありますが、その応対は以前に直接お会いした時とは全く違うもので、余りに酷い対応であった。それでも私は宮城県始め、被災地全域で同様の死亡者を出さない為にも、【各被災地の自治体で情報を共有】【警察との連携による夜間パトロール】【各役所の広報車を使い避難所への誘導】などの広報活動が必要であると必死に伝えたが、電話越しに黙って聞いている(無視している?)様な対応をされる。電話の後ろでは大笑いする声も聞こえる始末。その時点で貴市に不信感を覚え、四十二分間に渡る通話の記録を残す事にする。(ナルセカツノリ氏に通告済み)
 
その後「ナルセカツノリ」氏より、折り返し電話をかけなおすという事で一度電話を切り、大凡三時間後に「放送各局へ注意する様呼びかけをする事で対応します」との一方的な報告をもって電話を切られてしまう。その報告内容に疑問が多々ある為、すぐ電話をかけなおす事三回、同様の対応をされる。「ナルセカツノリ」氏から「脅迫」や「電話を録音する」と言う言葉が含まれる暴言を発せられ一方的に電話を切られた為、この抗議文となった訳である。
 
私が行なったのは、被災地で路頭に迷う市民の喫緊なる現状を要望として伝えたのである。決して脅迫では無い!貴市の対応不足、説明不足に対する私の意見を聞こうともせず、一方的な形で通話を断たれたのである。この大震災の混乱の中での出来事とはいえ決して許されるものではなく、誠意ある対応とは到底呼べるものでは無い!「ナルセカツノリ」氏の被害妄想著しいその電話応対は酷いものであった。私に対し「脅迫」「電話を録音」という文言を発し、クレーマー同様の扱いをした秘書課主査「ナルセカツノリ」氏に対し断固抗議すると共に、暴言に対する謝罪を書面にて求める。
 
貴殿市長に対しては管理責任者として公開質問状を同封別紙に記す。百万人都市貴市民の生命と財産を預かる首長としての誠意ある回答を求める次第である。
 
 
 
公開質問状
 
質問一、貴殿市長は三月十七日の私の要望を「ナルセカツノリ」氏に何時報告を受け、どの様な対応策を講じたか?対応策が必要でないと感じたならばその理由を教えて頂きたい。
 
質問二、三月二十七日に福島県棚倉町で車内泊により亡くなられた八十二歳男性の報道を受け、貴殿市長はどの様な対応策を講じたか?
 
質問三、三月二十八日の電話にて市側の策として、【放送各局へ注意を呼びかける】との対応を決めましたが、電気の復旧も済んでいない地域があり、車載TVも無く燃料も無い車両に対し、貴市の対応策は有効なものだと考えているのか所見を求める。
 
質問四、 三月二十八日の電話にて、「ナルセカツノリ」氏が一般市民に対して発した暴言を、貴殿市長はどの様に感じ、どの様な処分が妥当であるか所見を求める。
 
質問五、 貴市HPの【市長行動記録】三月十四日~三月十七日までの行動が記されておりません。貴殿市長の行動の詳細を教えて頂きたい。
 
以上五つの質問を一ヶ月後の五月八日までに、書面にて御返答賜ります様御願い致します。
 
 平成二十三年 四月八日
差出人 
〒五七八-〇○○○ 大阪府東大阪市○○ ○ー○-○-○○○
田村 哲哉
 
受取人
〒九八〇-〇八〇三 宮城県仙台市青葉区国分町三-七-一
仙台市役所 市長 奥山恵美子殿
 

再び講演会に参加

とある場所で150人程の支持者、後援会の中に混ざり話を聞いてきた。
 
やはりここでも余計な市議、後援会会長などが10分程度づつの応援演説を行なう。一番最初の市議は「票」の事しか言わない。
 
「票を皆様に集めて頂いて・・・」
 
そんなこんなで30分が経ち、現役府議の候補者が現われる。話を聞いていくと一貫した信念の元、大阪府知事橋下へ質疑を繰り返し、ダメなものはダメと食い下がり、大阪府庁移転問題、成人病センターの建替え問題を今なお戦っている。話を詳しく書いたら誰だかバレるのでこの辺にしておくが、とても熱い信念を持つ議員が府政にいる事を少し嬉しく思う。
 
講演会終了後、取り巻きのおっさんにギャーギャー言われながらも、10分程、現役府議の候補者と色々と話をさせて貰った。そして橋下に対する本音をぶちまけて頂いた(笑)。その本音の部分をさらけ出したい気持ちを抑えた演説であったようだ。ちなみに朝鮮学校初級中級に補助金を決定した事には「絶対反対」の立場だった様である。目がその本気度を物語っていた。選挙終了後にでも是非事務所へ来て下さいとのこと。名刺まで頂いた・・・ま、取り巻きのおっさんどもが邪魔なので行く事は無かろう。
 
選挙期間中であるからという訳ではなく、何時も揺るがない候補者の信念が感じられた。なかなかの人材である!おそらく私が票を入れなくても当選するであろう。。。
 
居る所にはいるんですね~府政では勿体無い。是非ともいつの日か国政に出て欲しい。影ながら応援致します。

統一地方選始まるが。。。

大阪府民は興味無いようだ。東北関東大震災に対する興味にも疑問が残る程であった。選挙など「今やるべきなのか?」「投票したって変わらない」というのが本音であろう。
 
これまでの選挙のように私は党を決めずに、行き当たりばったりの講演会参加をしている。どんな事を言いのけるのか?どんな支持者が集まるのか?問題行動、問題発言をするのであればすぐに「チクッ」と釘を刺す。そんな講演会の楽しみ方を皆さんに知って頂きたい。
 
 
 
本日で3日目、であるが、一度講演会に参加した。地域の住民(サクラ含む、支持者含む)に混ざり、とある場所で約1時間聞いてきた。候補者の話を聞きたいが、地域の有力者、候補者の後援会会長などのくだらん話を聞くことになる。その話の内容は間違いだらけの政治論である。その後候補者の演説。候補者のやる気と府政市政に対する思いを訴える一方で、聴衆者の機嫌を損なわない様に思想的なモノを絶対に言わない。選挙を戦う為にいいことしか言わないのである。(当然か)
 
日の丸を掲げ目にも耳にも訴える。傍からみたら素晴らしい候補者であるが、先の衆院選での国旗切り裂き貼り合せの事件同様に、国旗に対する扱い方を知らない後援会や支援者がいることを知る。
 
 
国旗を画鋲(5個)で張り付ける事はしてはならない!
 
 
国旗に平然と画鋲を刺し穴を開け、その前で「選挙に皆様のお力を・・・」などと言っている事に違和感を感じたのは100名程の中で私だけである。講演会終了後に後援会の方(SP)へ釘を打っておきました。聴衆者の中にはどこかの記者もいたのですが、全く気がついていなかったようである。
 
 
どの党のどの候補者の後援会であるかは、統一地方選終了後に画像付きで記事にします。
 
 
本日も出かけてみるか。奈良県知事選ではもっと面白いものが見れるかもしれないな。。。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。