スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人参政権で日本に在日の国を建国するのか、在日人という鄭大世らは済州島に移住させよ



















人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、北朝鮮代表サッカー選手で在日3世の鄭大世選手が母国は在日の国との発言はご存知だと考えます。

サッカー選手チョン・テセの本当の国籍は?~「私の母国は日本ではありません。在日という国です。」

「私の母国は日本ではありません。日本の中にもう一つの国があります。それが在日という国です。北朝鮮でも韓国でも日本でもない在日という国が私の母国で在日人という存在を広く世界に向かって広報することが自分の生き様の主題でないかと思います。」

韓国国籍の北朝鮮国家代表サッカー選手、鄭大世(チョン・テセ)選手の言葉だ。驚くべきことに彼は自分の母国は北朝鮮でも韓国でも日本でもないと言う。'在日'という国は地球上に存在しない。地図にもない。
(6月27日 メディアトゥデイ:韓国語)より一部抜粋
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1277569563/

>日本の中にもう一つの国があります。それが在日という国です。北朝鮮でも韓国でも日本でもない在日という国が私の母国で在日人という存在

日本の中には「在日」という国も「在日人」という民族も存在しませんし、在日3世の「鄭大世」(チョン・テセ)選手の「父親は韓国籍」の在日2世で「母親は朝鮮籍」の在日2世であり、朝鮮学校の教師だった母親の勧めにより「朝鮮学校」を卒業した「鄭大世」選手は「朝鮮学校で教育を受けたため心の祖国は北朝鮮であり、ずっと祖国(北朝鮮)の代表になりたかった」と語っており、「鄭大世」選手は本心では「北朝鮮」を母国と考えています。

>韓国国籍の北朝鮮国家代表サッカー選手、鄭大世(チョン・テセ)選手の言葉だ。驚くべきことに彼は自分の母国は北朝鮮でも韓国でも日本でもないと言う

韓国籍の「鄭大世」選手は「韓国籍を放棄」して「朝鮮籍を取得」しようとしましたが「韓国は北朝鮮を国家として承認していない」ので拒否され、「北朝鮮も韓国を国家として認めていない」ため「朝鮮総連」の助けを得て「北朝鮮のパスポート」を取得し「国際サッカー連盟」(FIFA)も「北朝鮮代表選手」として出場する事を認めていますが、ブラジルとの試合でも分かるように「鄭大世」選手は本心では「北朝鮮」を母国と考えています。

「北朝鮮のルーニー」国歌に敗戦に号泣

王国ブラジルに1-2と食い下がった北朝鮮のなかでも、川崎フロンターレのFW鄭大世(チョン・テセ)は一際目立つ存在だった。試合前に整列しての国歌を聴いては号泣。・・・(略)・・・わずかに1点及ばず試合終了の笛が鳴ると、そのままピッチに座り込み、また涙。
(6月16日 サンスポ)より一部抜粋
http://www.sanspo.com/worldcup2010/news/100616/wcb1006161145016-n1.htm

[[attached(3, center)]]

↑ 北朝鮮のために号泣する「鄭大世」選手! これでも「在日国」の「在日人」か(笑)

私は本ブログで再三再四「外国人参政権」とは憲法15条・93条に反した「違憲行為」であり、「反日国家に日本を売り渡す」だけの「危険」な「亡国法」だと書き記しましたが、本ブログには投稿文字数に制限がありますので1995年の「最高裁判決」(憲法15条・89条)や「反日勢力」の主張などは本ブログ以下の記事をご覧下さい。

「在日韓国人への地方参政権は差別ではなく違憲であり危険だ、亡国法成立を阻止せよ」http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/32497704.html

[[attached(4, center)]]

長崎県議会は、「長崎県は、対馬の問題を抱えている。対馬は韓国領だと主張する韓国人がいて、実際に韓国資本により対馬の土地の多くが買われ、韓国人が移住しているという現在、もし、在日韓国人に地方参政権が与えられたとしたら、韓国政府の意向を受けた地方公共団体の長や議員が誕生し、実質的に対馬を韓国領とされてしまうという悪夢が実現するのではないかという大きな懸念を持っている」など「外国人参政権を反対する意見書」を当時の鳩山内閣に提出しています。

[[attached(5, center)]]

有権者が約3万人の対馬市に「外国人参政権成立により数万人の在日韓国人が移住(住民登録)した場合、住民投票によって対馬は分離独立宣言がされた後に韓国に併合される恐れがある」と危惧する声さえも高まっています。

私は本ブログで記事としましたが、在日韓国人で組織する「在日本大韓民国民団」(民団)の昨年5月の「民団新聞」にも「在日人」について書かれていました。

<女性コラム>在日と言われた喜び

「私もう、あなたを外国人だなんて思えないわ」というのは韓国留学中の妹が先日、韓国の友人に言われた言葉である。 妹の留学歴はもう8年ほどで、大方の言葉は話せる(と姉は信じている)。GWにも韓国に遊びに行ったが、一家の期待を一身に背負い通訳兼ガイドとして走り回されていた。そんな妹だから、友人はきっと喜ぶと思い言ってくれたのだ。しかし、妹は思わず「えー外国人だと思っててー」と返してしまったという。

うん、なんだかわかる気がする。いや、韓国人だと言われるのが嫌なわけではない。ずっと韓国人だと思って生きてきた。しかし、私も数年韓国に住んでみて、そこに生まれ育った人との違いは、正直思ったよりあると感じた。だから先の言葉には違和感を覚える。 そういえば留学中のある日、当時よく面倒をみてくれていた韓国人の先輩に「僕は君が在日だからよくしてあげたいと思っている」と言われたことがある。真意はわからない。でも素直に嬉しかった。韓国人でも日本人でもなく、はっきり在日と言われたことが。

小さい頃は、なぜ日本に生まれたのに日本人でないのかと悩み、大きくなってからは言葉を覚え胸を張って、韓国人といえるようになりたいと思った。だけど、いつの間にか私の中には在日人という芯が確立されていたのだ。留学していなければ気がつくのにもう少し時間がかかったかもしれないが、いつかきっと出会っていた。在日人‐、当時ようやく落ち着くところを見つけたような気がした。 李慶姫(神奈川県・歯科医師)
(5月27日 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=212&corner=8

私は本ブログで再三再四書き記しましたが、「外国人参政権」とは「日本国籍を持たない外国人」に対して参政権を与えるべきか否かという問題で、「選挙権」の国・都道府県・市区町村の議員を選ぶ選挙に「投票できる権利」と、「被選挙権」の国・都道府県・市区町村の議員を選ぶ選挙に「立候補できる権利」の事で、反日勢力は「永住外国人地方参政権」が認められれば次に適用範囲を「国政選挙」、更には「被選挙権」まで要求して来るのは明白です。

母国である「韓国」・「北朝鮮」から差別を受けている「鄭大世」選手など「在日韓国・朝鮮人」は、日本に帰化している「議員」を地方議会に送り出すだけではなく、いずれは在日のままで「国会議員」となり「日本」の中に「在日の国」を建国して「在日人」となる目的を持っているのです。

在日韓国・朝鮮人の約16%が「済州島」出身者の理由として、流刑地だったことなどから朝鮮本土から差別され貧しかった済州島民は「日本」に「密入国」し、大東亜戦争終結後に起きた「済州島4.3事件」により日本へ「密入国」した朝鮮人も多くいました。(済州島4.3事件 1948年4月3日に現在の大韓民国南部「済州島」で起こった人民遊撃隊の武装蜂起にともなうとされる虐殺事件。南朝鮮労働党が関わっているとされ、政府軍・警察による粛清と鎮圧によって多くの島民が虐殺された。事件前に28万人いた島民は1957年には3万人弱にまで激減した)

[[attached(6, center)]]

民主党の小沢氏は母方の墓参には「韓国の済州島」へ行くとの風評がありますし、政界の「不動産王」と呼ばれるほど財力があるのでしょうから「済州島」を買い取って「在日国」を建国し、日本より「全ての在日韓国・朝鮮人」は移住させて「特別永住者」ではなく「在日人」にさせるべきです。

良識ある日本国民の皆様、外国人参政権による在日の国についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

スポンサーサイト

民主党に参院選で過半数を与えるな、亡国法案阻止のために衆院選で騙された国民は目覚めよ
















人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、参院選が公示されたのはご存知だと考えます。

消費増税めぐり舌戦=各党党首が第一声―参院選

 菅直人首相(民主党代表)は大阪市の南海なんば駅前で演説し、「日本はバブル崩壊から20年、閉塞(へいそく)状況にある。間違った経済政策の結果だ。消費税を上げたくないが、赤字国債が増えるとギリシャのようになる。そういう事態は避けたい」と述べ、財政再建のための消費増税に理解を求めた。
(6月24日 時事通信)より一部抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000071-jij-pol

>消費税を上げたくないが、赤字国債が増えるとギリシャのようになる。そういう事態は避けたい」と述べ、財政再建のための消費増税に理解を求めた

参院選が公示された24日、菅首相は「消費税増税」に理解を求めて「各党首」の第一声も、自民党の谷垣総裁は「消費税のことも申し上げ、将来の国民に責任を持つ」、公明党の山口代表は「消費税(率)10%は国民への裏切りだ」、共産党の志位委員長は「消費税増税に絶対反対という思いを託してほしい」、社民党の福島党首は「消費税率引き上げをストップ」、国民新党の亀井代表は「消費税の増税は庶民をいじめる話だ」など、「消費税増税」問題が大半を占めています。

私は本ブログで「自民党政権」より「消費税の増税」が議論される度に「財政難」と「少子高齢化社会」の日本の現状を考えれば「消費税」は「一般税率」と「特定品目の低減税率」に分けて新たに「贅沢税」の導入をすべきだと書き記して来ましたが、本ブログには投稿文字数に制限がありますので「先進国」の大半は「消費税率」をひとくくりにせず「生活必需品」と「それ以外の商品」とでは「税率を分けて設定」して「イギリス」等の国々では「食料品の消費税率は0%」(無税)との事実や、「消費税率の引き上げ」が実施されれば「低所得者層になるほど相対的に負担の増加幅が大きくなる」問題は本ブログ以下の記事をご覧下さい。

「消費税の増税は一般税率と特定品目の低減税率に分けろ、贅沢税を導入すべきだ」http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/31874063.html


私は「有権者」が参院選で投票するのに「何が重要な問題」と考えているかを「ヤフー・みんなの政治」で実施中の「7月11日に投開票される参院選。あなたが投票する際に最も重視するテーマは?」で調べましたが、現時点(24日18:00)では「財政再建・消費税」は8%しかなく「経済成長戦略」の15%を抜いて堂々の「1位」は「夫婦別姓・外国人地方参政権」の26%であり、有権者と各政党の参院選での「重視する問題」は大きく違います。(↓調査結果はアドレスをクリック)

「7月11日に投開票される参院選。あなたが投票する際に最も重視するテーマは?」http://seiji.yahoo.co.jp/vote/result/201006180003/?sel=22


民主党の「政策集INDEX2009」で、「永住外国人の地方選挙権」には「民主党は結党時の基本政策に定住外国人の地方参政権などを早期に実現すると掲げており、この方針は今後も引き続き維持していきます」とあり、「選択的夫婦別姓の早期実現」には「民法を改正し、選択的夫婦別姓等を導入します」とありますが、民主党内にはごく一部の「慎重派」・「反対派」の議員がいる事から「政権交代実現」を最優先にして昨年の衆院選の「マニフェスト」に掲げなかったのです。

衆院選で圧勝して昨年9月16日に「鳩山内閣」が誕生すると「民主党」は衆院選の「マニフェスト」に掲げなかった「永住外国人への地方参政権」と「選択的夫婦別姓」との「亡国法案」成立を目指しており、「参院選で民主党が過半数」を取れば次々と「亡国法案」が成立します。

私は本ブログで再三再四書き記しましたが、「外国人地方参政権」とは「違憲」であり「危険」で「反日国家に日本を売り渡す」だけの亡国法ですが、本ブログには投稿文字数に制限がありますので1995年の「最高裁判決」(憲法15条・89条)や「反日勢力」の主張などは本ブログ以下の記事をご覧下さい。

「在日韓国人への地方参政権は差別ではなく違憲であり危険だ、亡国法成立を阻止せよ」http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/32497704.html

「選択的夫婦別姓制度」は家族の絆を弱めて「日本の家族制度の崩壊」を危惧する声が多く、時事通信社が3月5~8日に実施した世論調査では「選択的夫婦別姓制度」に「賛成する」が「35.5%」で「反対する」が「55.8%」と日本国民は「反対」の立場が多く、民主党の支持層でも「賛成」が「33.6%」で「反対」が「59.4%」と民主党の支持者でも「反対」の立場が多いのです。

[[attached(3, center)]]

民主党といえば、宮内庁の「30日ルール」を破り「天皇陛下と中共の習近平国家副主席」との会見をさせ「天皇陛下を政治利用」したり、年々増加しすでに約14万人の「中共人永住者」にも「外国人地方参政権」の付与を目指したりと「中共」第一の売国政党で、菅首相が「靖国神社に参拝するつもりはない」との発言を受け「中共」では「民主党に歓迎や期待の声」が上がっています。

「民主党」を「支持」(指示?)する「中共」ですが、中共人とは「幼少の頃」より徹底した「反日教育」を受けて育った「反日民族」で「日本国民を恨む」犯罪を起こしており、日本で暮らす「中共人」は年々増加して「在日韓国・朝鮮人」や「韓国・北朝鮮」よりも「日本を危険」にしているのであり、警察庁の「来日外国人犯罪の検挙状況」(平成21年確定値)を見れば「中共人」の犯罪や検挙状況が理解できます。

警察庁「国籍等別総検挙状況:総検挙人員」(平成21年確定値)

1位「中共」36.3% 2位「韓国」12.4% 3位「フィリピン」10.2%

(1)来日中国人犯罪組織等の動向

平成21年中の来日外国人犯罪の検挙を国籍別に見ると、中国は、刑法犯、特別法犯を合わせた総検挙件数の45,2%、総検挙人員の36,3%、また、刑法犯検挙件数の49.2%、刑法犯検挙人員の38,2%を占め、他の国籍外国人と比較して、最も高い割合を占めている。さらに、過去10年間(平成12年から平成21年まで)でも、総検挙人員に占める中国人の割合は、一貫して4割程度を維持している。
「警察庁・来日外国人犯罪の検挙状況」(平成21年確定値)より一部引用
http://www.npa.go.jp/toukei/index.htm#kokusaihanzai


[[attached(4, center)]]

法務省「平成20年末現在における外国人登録者統計について」(平成21年7月)

外国人登録者数は,2,217,426人で,我が国総人口の1.74パーセントを占め,いずれも過去最高を更新している。

外国人登録者の国籍(出身地)数は190であり,そのうち,中国(注)が655,377人で全体の29.6パーセントを占め最上位を占めている。韓国・朝鮮は,前年に比べ4,250人減少し,589,239人で全体の26.6パーセントとなっている。
(法務省入国管理局)より一部引用
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/press_090710-1_090710-1.html

[[attached(5, center)]]

第22回参院選は7月11日に投開票ですが、参院選は定数242の半数121が3年ごとに改選されるので「民主党」は非改選議席が62議席あり、今回の参院選で「60議席以上」を獲得すれば「単独過半数」、国民新党と合わせて「56議席以上」を獲得すれば「与党過半数」となり数々の「亡国法案」の成立が可能となります。

民主党の昨年の「衆院選」のマニフェストに騙された多くの国民は「参院選」では騙されないように目覚めるべきで、「民主党」は政権公約にない亡国法案成立を目指して「日本国民を騙す詐欺政党」です。

良識ある日本国民の皆様、民主党による亡国法案阻止の参院選についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

民主党マニフェスト2009は、おふざけ構想



無駄削減「せいぜい2兆円」=消費税上げの必要性指摘―官房長官

6月18日22時17分配信 時事通信
 仙谷由人官房長官は18日夜、BS朝日の番組収録で、事業仕分けなどによる歳出削減に関し「残りせいぜい(無駄を)2兆円切れればいいところだ」との見通しを示した。また、昨年の民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)について「のんきな構想で作ったが、税収が当初予算(の見通し)よりも減った」と指摘し、消費税引き上げが必要との認識を示した。
 参院選で民主党の獲得議席目標については、「首相の言っている54が目標ラインだ」と述べる一方、「極めて楽観的希望としては過半数の60を超えたい」と述べた。
 官房機密費(内閣官房報償費)については、使途を原則公開する方向で検討する考えを示した。ただ、公開時期については「何十年か先の話だ」と語った。 

 
 仙谷官房長官が言った一言に、日本国民は馬鹿にされたと感じなければならない。
 
>衆院選マニフェスト(政権公約)について「のんきな構想で作ったが、税収が当初予算(の見通し)よりも減った」
 
日本国という先進国を作り上げた先人たちの努力が現在の我々の豊かさとなる。その裏で腐った政治家と官僚により財政状況が危機的状況であることがバレた近代。そして・・・先の衆院選。
 
各党が党内で論議を重ね、マニフェストを作り上げたものだと勘違いする日本国民。政治に無関心な国民を操る民主党の言葉『政権交代。』に騙され、不特定多数の国民はその言葉に『夢』を抱いた。そして、民主党が圧勝の結果となる。
 
その民主党マニフェストを「のんきな構想で作った」とつぶやく仙谷官房長官は、国民を馬鹿にしているのか?国民を騙す為だけに作られた【財源無き実現不可能なマニフェスト】をもって選挙を戦った民主党議員全てが、馬鹿ばっかりである。
 
早いうちから、元民主党 『土屋敬之都議』が民主党マニフェストに関する批判と、裏マニフェストと言われる「INDEX2009」に関する批判を行なっていた。同じ民主党といえども、「ばら撒きであり詐欺である」と訴えていた。その様なマニフェストには反対していた。それが元で、独裁者小沢に離党勧告される。現在無所属であるが、この人こそ本来あるべき姿の政治家である。がしかし、その他民主党議員は、保身に走りダンマリを決め込む。政治と金の問題に対してもダンマリ。逮捕者が出てもダンマリ。
 
小沢、鳩山が役職辞任した現在でも、証人喚問に応じない小沢と、見てみぬ振り&逃げの管。野党が民主党を攻めればメディアは、「政治と金の問題はいいから、マニフェスト実現させて欲しい」と言う一国民の勝手な街頭での発言を垂れ流す。
 
 
なぜ野党が民主党を攻めるのか?なぜ我々が街頭で民主党の実体を叫ぶのか?それは国の政権与党である民主党が犯罪者であり、叩けば「ほこり」が出る政党であるからだ。現在もほこりは収まらない。その様な犯罪者が謝罪も説明責任もしないまま、総理となり、閣僚の椅子に座り、権力を握り、国益を損ねる行動を起こしている。それを放っておいて公約実現して欲しいと願う国民は、先の衆院選で学習できない馬鹿者である!
 
日本国民よ!いい加減に目を覚ませ!日本の古き良き時代を取り戻すべく覚醒せよ!一人一人が声を挙げ行動に移せ!金に汚い政治屋を引きずりおろし、自身の命を託せる勢力をしっかり見極めよ!
 

マニフェストとは何なのだ?

 
鳩山政権発足以前から、『ばら撒きマニフェスト』が問題視され、子ども手当てと、公立高校無償化(私立は授業料同額負担)が始まってしまった。高校無償化に関しては自民党も同様の公約を出していた為、厳しい反対は出なかったが、「朝鮮高級学校」の件については反対意見が多い中、鳩山辞任と共に、「朝鮮高級学校を含む」方向で動き出している。橋下府知事が朝鮮高級学校に視察し、厳しい条件を言い渡したが橋下府知事は朝鮮総連の圧力に屈するかのような動きを見せ始めている。
 
鳩山政権のマニフェストに批判が集中し、管に総理交代。そして管総理は鳩山政権のマニフェストを一部変更し、新マニフェストを作成する。総理が変わればマニフェストも変わる。その様なマニフェストの在り方は絶対におかしい!単なる『民主党総裁の理想公約』ではないのかと考える。
 
鳩山は、あの『ばら撒きマニフェスト』を実現する為に、4年間解散はしないと明言しているにも関わらず、総理が変わっただけで、ばら撒きマニフェストを訂正し、新しいマニフェストに仕立て上げる。マニフェストを作成する段階で、民主党幹部連中がしっかり話し合っていれば、何も訂正する必要など無い。しかし、何も議論されていない事が明らかであり、民主党総裁である管総理の意向を最大限に反映させたマニフェストを作り上げる。・・・管直人の議員公約でしかない!
 
管が新しくマニフェストを発表したが、中身を見ていると『消費税を含む税制の抜本改革に関する協議を超党派で開始する』と書いてある。6月17日夜のニュースでは、消費税を10%(自民も10%案)にする論議を超党派で行っていくとの会見を行ったようだ。社民、共産、公明、みんなの党は消費税増税に反対である。
事業仕分けも中途半端で、子ども手当ても今年の13000円は海外に子どもがいる人にも支払われることになる。【来年からは国内居住用件を課する】今年、外国人に支払われる子ども手当ては捨て金となる。血税をばら撒いた責任は誰が取るのか??
 
まだまだ改善の余地がある現在の経済状況を放っておいて、消費税10%案を話し合うなど、国民の生活を何も考えていない!
 
マニフェストは何の為にあるのだ?党の誰が話し合った結果の公約なのか?コロコロ公約が変わり、現在の子ども手当て、高校無償化のばら撒きを精査することの無い、管直人率いる民主党、その他の政党には今度の参院選は『白票』がお似合いである!

闇に潜む小沢の残した血税の無駄遣い

 もうすぐ始まる参院選が揺れ動く。小沢一郎が独裁的に決定した「選挙区2人擁立」の方針が管直人新総理により、見直されるはずだと期待していたが、やはり、小沢の『闇からの一言』があったのだろうか?「選挙区1人擁立」にはならず、メディアの誘導されたアンケートによる支持率アップが功を奏して、ほとんどの選挙区で2人擁立することになりそうだ。
 
 >13日現在で、選挙区、比例代表合わせて409人が立候補を予定
 
選挙区だけで239人が立候補する事になるが、この選挙に政権の存続を賭けている民主党はどれだけ金をかけているのか?選挙費用は政党助成金や、政党に渡る企業献金、各議員の個人献金、パーティ券売り上げ等のお金が使われる。
 
下記は2010年度政党助成金総額
民主党 172億9700万円
自民党 103億7500円
公明党 23億8900万円
社民党 8億6400万円
国民新党 3億9700万円
新党日本 1億3500万円
みんなの党 3億6100万円
改革クラブ 1億2000万円
 
さらに全議員に一ヶ月100万円支給される、「文書通信交通滞在費」が選挙資金に使われることもあるだろう。民主政権9ヶ月が経ち、政党助成金がどれほど残っているか解らないが、参院選の候補者の面々を考えると大半が新人議員、元議員であろう。それらの選挙費用は党が負担することになり、409人のうち半数が新人、元議員だと推測すると、200名が党の金で選挙を行う。2週間ほどの選挙で1人1000万を使うとしたら、20億円かかる。残りの209名(現役参議院議員など)が1500万使うとしたら、31億円強かかる。さらに、閣僚の選挙応援演説や全国の民主党事務所にも金が流れ、軽く100億越すだろう。
勝手な金の予想をしたが、【前田日明】氏が民主党と揉めた際の金額は1億円を超える選挙活動費である。その事を考えてみると、民主党の推薦を受けて候補者となる人物には、私の予想よりも多い金が使われていると思う。芸能人、有名人候補者は、顔も名前も売れているから金は少なくて済むというが、比例代表での擁立であれば、全国を飛び回り応援演説に回り、余計に金がかかる。
 
 
小沢が選挙区2人擁立をごり押しした背景には、やはり政権与党の座の維持と、売国法案の制定、政党助成金、官房機密費などの金が目当てである。これだけ多くの議員候補者がいるにも関わらず、誰一人『議員給料の半分をふるさと納税します』などの公約を掲げるものはいない。候補者がどんな素晴らしい人物であろうとも、国民の為の立候補ではなく、自身の糧の為の立候補であると感じてしまう。
 

 
政治家の仮面をかぶった政治屋、守銭奴は政界から辞職せよ!下っ端議員の言論封殺を平気で行い、権力にしがみつき、辞任した後も圧力を加える小沢一郎は議員を辞職せよ!

パラオ KBブリッジ

 
パラオ本島とコロール島の間に約200メートルの橋が架かっています。
 
これがKBブリッジです。
 
イメージ 1
 
実はこの橋は1996年に一度崩落しているのです。
 
イメージ 2
 
KBブリッジは、「Koror-Babeldaob Bridge」 の名前のとおり
 
首都コロール島と空港のあるバベルドアブ島を繋ぐ橋で、
 
島国パラオの交通の要衝として1977年に開通しました。
 
 
建設するにあたり日本の鹿島建設も見積りを出したのですが、
 
韓国の下請け会社が日本の半額で落札し、工事を行いました。
 
イメージ 3
 
ところがこれがひどい手抜き工事だったようです。
 
コンクリートの固め方でさえでたらめだった。と言いますから恐ろしい限りです。
 
その様子をつぶさに見ていた現地住民は、
 
当初からこの橋に不安を抱いていたようで、
 
車で橋を渡るときは、もし海に落ちてもすぐ逃げられるようにと
 
必ず窓を開けていたそうです。
 
 
また、竣工直後から橋の中央部がたわみはじめ、
 
15tだった通過制限重量が、すぐに10tにまで減らされました。
 
 
 
このたわみはやがて、通過する時おかしな揺れを体感できるほどに
 
大きくなり、崩落事故の起きる頃には、
 
徐行運転で渡るほかないという状態に陥っていたのです。
 
イメージ 4
 
 
そして1996年9月28日、悪夢は現実となります。
 
KBブリッジは突如真っ二つに折れ海に突き刺さりました。
 
たまたま通行車両の少ない時間帯だったのですが、
 
1名死者も出てしまいました。
 
橋の内部には電線、水道、電話線が通されていたため、
 
パラオのライフラインは分断され首都機能は麻痺。
 
一時は国家非常事態宣言も出されました。
 
この時、パラオと姉妹都市の三重県からはコンテナ空輸で飲料水が
 
運ばれています。
 
 
 
パラオ政府は、すぐに橋を造った韓国の業者に賠償請求しようとした
 
のですが、この時すでにこの会社は解散していて、手がかりすらなかった
 
そうです。これは一体どういうことなのでしょう?
 
 
この建設会社は、1994年にソウルで崩落した橋を施工した業者でも
 
あったというのです。

 
イメージ 5
ソウルで橋崩落、48人死亡23人けが 聖水大橋 
1994/10/21, 産経新聞 夕刊
 【ソウル21日=黒田勝弘】ソウルで二十一日朝、市の中心を流れる漢江にかかっている聖水大橋の橋げたが五十メートルにわたって崩れ落ちた。通行中の満員バスや乗用車などが約三十メートル下の川に落下、四十八人が死亡、けがをした二十三人が救助された。水面に落ちた橋げたには市内バス一台が大破してあおむけになり、マイクロバス一台と乗用車四台が乗っかっている。このほかにも、水没したり流されたりした車もかなりあるとみられ、犠牲者はさらに増えるものとみられている。
 聖水大橋は一九七九年に完成し、長さ一千百六十メートル、幅十九メートルの四車線。原因は調査中だが、手抜き工事の可能性が出ている。重量制限を無視した車両の通行などで橋の老朽化が進んでおり、前夜から橋の路面の一部で補修工事が行われていた。
 
 
ともかく途方に暮れるばかりのパラオ政府だったのですが、
 
日本ではまず仮設橋の建設を援助し、日本のODA政府開発援助により
 
約30億円の新たな橋を無償で架ける事になりました。
 
施工にあたったのは因縁の鹿島建設です。
 
 
工事中、現地の人達は「カシマ」という言葉を覚え、
 
日本人を見掛けると「ありがとうカジマ」と声をかける子供もいたそうです。
 
 
 
実に5年の年月をかけ、橋は完成しました。
 
2002年1月11日、開通式典が開かれ、
 
橋の新しい正式名称が発表されました。
 
イメージ 6

その名も「Japan-Palau friendship bridge」
 
太平洋上を走るこの橋は、
 
3000kmの距離を越えてパラオと日本に新たな時代の友情を結ぶ、
 
「友好の橋」なのです。
 
イメージ 7
 
 


転載元: バイクでなくっちゃダメなんだ!!

民主党 細野豪志幹事長代理が生駒にやってきた




参院選を間近に、新生民主党が動き出している。新閣僚が発表され、新民主党幹部が選ばれてからまだ、一週間も経っていない。相当参院選に力を入れているようだ。小沢が行おうとしていた複数の候補者擁立は、未だ生きている。捨て駒とならないように候補者を見極めて変更するところは変更すると言っていたのが2日前。現在、小沢の決めた通りの戦略を推し進めようとしているように感じる。


仕事で訪れた奈良県生駒市の至る所に、

【細野豪志幹事長代理が来る・・・6月12日(土)PM2時45分~近鉄生駒駅北口ロータリー】


と言う「捨て看板」が設置されていた。丁度タイミングよく、私は生駒駅を同時間以降に通る。文句でも叫んでやろうかと思い、生駒駅へ向かう。
私が通りかかった時には演説中で、TVカメラも来ており、地元選挙区の候補者と、民主党党員、支持者らしきおばさんが70名程が、細野議員の演説に相槌のごとく【拍手】していた。鳩山元総理が答弁の際に一年生議員がやっていたあの【拍手】と同じアレである。少ししか聞こえなかったが、鳩山政権時は「副幹事長」。現在は「幹事長代理」。その違いを何やら熱弁していたようだ。つまり、政党助成金を振り分ける金の扱える権限が増えたと言いたかったのではないかとも思う。
何とか邪魔・・・イヤイヤ・・・抗議したい衝動に駆られ、クラクションを1回鳴らしてその場を去った。

サクラの様なギャラリーは、党員があちこちに声をかけ集めたものだとしても少なすぎる。自民党「高市早苗議員」が来たときはもっと人が多かったと聞いている。これが現在の民主党の実態なのだろうか?でも・・・何故生駒なのか。人など元から少ない町だが。

細野豪志議員は数年前に「山本モナ」との【路チュー】を激写された。

山本モナ 民主党衆議院議員と不倫

不倫熱愛が発覚した民主党・細野豪志衆議院議員(左)と、NEWS23のフィールドリポーター山本モナ
Photo By スポニチ
 キャスター陣をリニューアルして25日にスタートしたばかりのTBSの報道番組「筑紫哲也 NEWS23」がいきなり“ニュース”の発信源になった。フィールドリポーターに抜てきされた山本モナ(30)が不倫現場をキャッチされたもので、29日発売の写真誌「FRIDAY」が報じている。相手は民主党のホープとして期待される細野豪志衆院議員(35)で、妻子ある身。2人はそれぞれ「反省」のコメントを出した。

 元NHKアナウンサーの膳場貴子キャスター(31)とともに鳴り物入りで「NEWS23」に仲間入りを果たした山本が、いきなりお騒がせだ。

 「FRIDAY」によると、山本と細野氏は8月下旬に東京・南青山でデート。路上で熱いキスを交わしている場面をはじめ、今月19日にも細野氏が山本のマンションに消え、一夜を過ごした経緯が掲載される。フィールドリポーターが逆にリポートされた形だ。

 ノルウェー人の父と日本人の母との間に生まれた山本は、大阪・朝日放送を昨年退局して上京。フリーとしてテレビやラジオで活躍し、今回の起用となった。エキゾチックな顔立ちの美女で、お茶の間の評判も上々。今回の件については所属するオフィス北野を通じて「細野さんは今年春に仕事で知り合った友人の1人ですが、今回こうした写真を雑誌に掲載されたことは残念であり、軽率だったと深く反省しています。今後は自らを律し、襟を正してまいります」とコメント。

 突然のスキャンダルに困惑のTBS。広報部では「プライベートに関することなのでコメントは差し控えたい。今後も予定通り出演する運びで、降板という話は聞いていない」と話した。

 一方の細野氏もファクスで反省の弁。「支援者の皆さま、山本さん、民主党関係者に多大なるご迷惑をおかけし、大変、申し訳なく思っております。私の不徳の致すところであり、深く反省しております。今後は、信頼を取り戻すべく、国政に全力を尽くす所存であります」としている。

 細野氏は民主党政調会長代理の要職に就いたが、イケメンで女性層にも人気のあるセンセイだけに影響が懸念される。

 山本は28日夜の「筑紫哲也 NEWS23」に通常通り出演し、淡々とニュース原稿を読み上げた。番組冒頭で、不倫報道についてコメントを出したりすることはなかった。

民主党議員の悪い癖は、説明責任が必要な問題に対して説明せず、さらに過去に問題を起こしている議員が平気な顔して役職に就いている。「人の噂も75日」ということわざがあるが、自分自身で「時効」なるものを決めているのではないかとさえ思う。「不倫は文化?」の細野議員や事務所費問題が挙がっている蓮舫議員、輿石東、小林千代美・・・などなど、疑惑が浮かんでは流れ、浮かんでは流れの繰り返しである。こんな民主党が新生民主党として動き出しているが、中身はなんら変わらない。民主党贔屓のメディアの勝利とでもいえよう!

自民党政権時代の麻生総理は漢字の読み間違いで批判を受け、(故)中川昭一議員の身体が不調時に起きた酩酊疑惑などにより、解散総選挙そして退陣となった訳だが、何か悪い事したのか?漢字読めないことが犯罪なのか?酩酊疑惑が世界に迷惑をかけたか?格好悪かったとはいえ、他国のメディアは批判はしていない。様子がおかしいぞ?どうしたのだろうか?という記事を書いていた。

自民党と民主党を戦わせる様なメディアが作り上げる『政治劇場』は陰謀であり、その陰謀をフルに活用する芸能人もどきの政治屋こそが、国民を誘導する主犯格である。福島瑞穂よ!原口総務大臣よ!山本一太議員よ!TV出演は自粛せよ!

大阪府の橋下知事は朝鮮総連に屈するなら辞任せよ、朝鮮人の強制連行は捏造された歴史だ
















人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、大阪の橋下知事が強制連行の記述がある銘板撤去を拒否しているのはご存知だと考えます。

橋下知事、強制連行の記述を擁護? 市民団体「根拠不明…撤去を」

大阪府が戦後50年記念事業として、府内に残る旧軍施設跡などに設置した銘板をめぐり、市民団体と橋下徹知事が対立している。4カ所の銘板に「強制連行された朝鮮人」が働かされた-との説明があり、団体側は「強制連行の定義や根拠が不明」と銘板の文言変更か撤去を府に要求したが、知事は根拠を示す資料はないとした上で「教科書でも使われている表現」などと拒否。
(6月10日 産経新聞)より一部抜粋
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100610/acd1006101328004-n1.htm

>府内に残る旧軍施設跡などに設置した銘板をめぐり、市民団体と橋下徹知事が対立している。4カ所の銘板に「強制連行された朝鮮人」が働かされた

大阪府は戦後50年記念事業として府内の旧軍施設跡などに設置した「4箇所の銘板」には「強制連行された朝鮮人」との説明が記されており、平成20年に市民団体「戦争資料の偏向展示を正す会」が「強制連行の根拠を示す資料の提示」を大阪府に要請し、府側からは「資料は存在しない」との回答があった為に「橋下知事」へ銘板の「文言変更か撤去」を求めました。

[[attached(3, center)]]

↑旧軍施設跡が残る大阪城公園の銘板に「強制連行などにより集められた…」との記載がある

大阪府の「橋下知事」側は「朝鮮人強制連行の根拠の資料はない」と認めても、「過去の戦争や植民地支配を謝罪した村山談話があった」・「募集や徴用などでやむなく来た人もいた」・「教科書に一般用語として使われている」と拒否していますが、4箇所のうち「生玉公園地下壕跡」(大阪市天王寺区)・「タチソ地下壕跡」(高槻市)・「大阪警備府軍需部安威倉庫跡地」(茨木市)の3箇所では「在日朝鮮人」で組織する「在日本朝鮮人総連合会」(朝鮮総連)が被害証言を集める活動をするなど「市側に圧力」をかけたのです。

茨木市は当初「銘板の文案で強制連行に触れなかった」ところ「朝鮮総連から抗議」を受けて、当時の担当職員は「2回ほど面談し、事実を示す資料がないと説明した。しかし、激しい口調で『歴史認識がなってない』『もっと日本の加害に踏み込め』と要求され、強制連行の言葉を入れた」と「朝鮮総連の圧力に屈した」と認めています。

大阪府の「橋下知事」は「朝鮮人が強制連行された」との「捏造された歴史」を信じているのかは分かりませんが、「朝鮮総連」の行為とは「無実の人を殺人罪で告発」して「その事実が証明できない」となれば「殺意はあっただろうから人殺しにしろ」と脅す「犯罪的行為」であり、それを追及する立場である「橋下知事」まで朝鮮総連に屈するなら「辞任」すべきです。

私は本ブログでも記事としましたが、昨年7月に川崎市平和館に「在日コリアンの戦争体験」とのビデオコーナーが設けられた際に、在日朝鮮人1世の「徐類順」(ソユスン)氏は「(自分の)おじさんが畑仕事の時、強制徴用された」と証言して「徴用を強制」だと歴史を捏造していますが、「国民徴用令」とは工場や炭鉱などに国民を勤労動員することを可能にする法律で、当時の朝鮮は「日本国朝鮮地方」ですから当然朝鮮人も徴用に応じる義務があり「強制」ではなく「日本国民の義務」でしたし、徐類順氏は「過去の発言」と大きく食い違っている「大嘘つき」です。

徐 類順さん(ソ ユスン)【日本での生活のはじまり】

日本人母子に付き添って福岡へ渡ってから一年も経たない間に、徐類順さん一家は生活の場を日本に移すことになります。

すでに上のお兄さんは日本で仕事に就き、下のお兄さんは専門学校に通っていました。一家そろって暮らすために、一九四〇年、徐類順さんとお母さんは海を渡りました。当時、十四歳だった自分を徐類順さんはこう振り返ります。

「日本に来る時はどんな気持ちっていうよりも、お兄さん二人とおじさんも日本にいたから不安っていうことも分からなかった、ただ親についてきたから。ただ、おばあちゃんと離れるのが、それが一番辛かったのね。」
(川崎の在日一世ミニ生活史より一部抜粋)
http://halmoni-haraboji.net/exhibit/report/kikigaki/personal/per02.html

私は本ブログでも記事としましたが、大東亜戦争中に「鉱山でマンガン採取」に従事した在日朝鮮人1世の「李貞鎬」(イジョンホ)氏 も、「強制連行され、劣悪な環境下で酷使させられた自分たちの生きた証しに」と「丹波マンガン記念館」(京都市右京区)を1989年5月に設立しましたが、李貞鎬氏は1932年生まれで「1歳の時に日本で仕事を求める父親と一緒に来日」しているので「強制連行」ではありませんし、「朝鮮から日本へ食えなくなってきた者も強制連行だ」と話して「出稼ぎ労働者も強制連行」としており、在日朝鮮人は「大嘘つき」ばかりです。

[[attached(4, center)]]

私は本ブログで再三再四取り上げましたが、外務省が昭和34年7月11日付の資料として「現在日本に居住している朝鮮人の大部分は、日本政府が強制的に労働させるためにつれてきたものであるというような誤解や中傷が世間の一部に行われているが事実に反する」・「現在日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き一名もない」などと報道発表したものを、本年3月に自民党の「高市早苗」衆議院議員が「外務省」へ「資料請求」をしていましたが、「そんなに古い資料はもうない」との立場であった外務省が昭和35年2月発行の「外務省発表集10号」にあったと明らかにし「再確認」されたのです。

[[attached(5, center)]]

↑「大半、自由意志で居住--外務省、在日朝鮮人で発表--戦時徴用は245人」

全文はこちらをお読み下さい。(1959年7月13日付 朝日新聞)http://mblog.excite.co.jp/user/hogetest/entry/detail/?id=2057269

在日韓国・朝鮮人は自らの都合が良いように歴史を捏造して「日本へ強制連行された」と言いますが、存在したのは「日本への出稼ぎ労働者」で「強制連行」がなかった事実をご紹介致します。

欧米諸国の植民地政策の中「朝鮮」はその国力の無さで独自には存続し得ない状況にあり、1910年(明治43年)8月22日に「日韓併合条約」」(韓国併合ニ関スル条約)が終結した事により「貧しさを極める朝鮮」から「豊かな日本」に渡ってくる朝鮮人が激増し、日本国内での働き手が少ない事もあり「民間企業」が日本で働きたい朝鮮人を募集しました。

昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は「約100万人」で昭和20年には「約200万人」となり、増加した100万人のうち「70万人は自分から進んで日本へ職を求めてきた個別渡航者」で、残りの「30万人も工鉱業・土木事業の募集に応じてきた者」で強制連行ではありません。

1938年の「国家総動員法」に基づき、朝鮮では39年「朝鮮人労働者募集要項」(募集方式)、42年「朝鮮人内地移住斡旋要綱」(斡旋方式)がありましたが、これらは強制連行ではなく「朝鮮人の自由意志」でしたし、1944年頃の九州の炭坑では「朝鮮人の月収は150~180円」で「巡査の月給」(45円)のおよそ3~4倍、「大卒事務系初任給」(75円)の2倍以上の金を稼いでおり、炭坑や鉱山での仕事は過酷でも、労働環境が厳しい分給与が厚遇され「朝鮮人の就労希望者は多かった」のです。

1939年の「国民徴用令」(徴用方式)は日本内地では実施されましたが「朝鮮への適用」はさしひかえ、44年9月に朝鮮で徴用が行なわれましたが「翌年3月までのわずか半年間」だけであり、これも強制連行ではなく「日本国民の義務」でしたし、「強制連行」とは大東亜戦争終結後の1965年に「朝鮮総連」の活動家である「朴慶植」という人物が「捏造した」言葉で強制連行はありませんでした。

朝鮮人の強制連行は捏造された歴史であり、大阪府の橋下知事は「強制連行された朝鮮人」との銘板を撤去しないで「朝鮮総連」に屈するなら辞任すべきです。

良識ある日本国民の皆様、大阪府の橋下知事についてご考慮ください。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

北朝鮮による拉致実行犯釈放に署名した管直人の言い訳



安倍晋三 
「菅さん、今いろいろヤジを飛ばされましたけども辛光洙というスパイがですね
これは拉致に関わっていたスパイ、これを釈放しろと言ったのは菅さんですからね」

菅直人
「ちょっと待ってください、これだけはちゃんと答えさせて、ちょっとまって、ちょっとまって、ちょっとまってください
これだけは、いやいやそうじゃない、これはですね今から約20年前に社会党が中心になって、在日外国人 ・・・つまり日本生まれの・・かい・・がいこく・・あのー韓国人があのー・・んん・・民主化運動をやって逮捕されたので それに対して、その釈放要求の署名をしてくれと当時の、えーあの多分んーあのー土井委員長から当時私の居た 社民連の、ちょっと待ってください、委員長のえー田さんに話があって、私は田さんからの話しだったので それに署名しました。それは日本生まれのですよ、日本生まれの・・あの・・韓国人が、あーいや・・あのー 全斗煥政権で、そういう活動したのを、釈放してくれっていう趣旨だからということで、えー署名した事はあります。
しかしその人間が、だ・誰かというのをですね、えーいちいち調べるような余裕が無い時の署名です。

管は本当に知らなかったのであろうか?千葉景子も言い訳をしている。どちらも言い訳はするが、謝罪は絶対にしない。交通事故現場での責任の擦り合いのようなこのやり取りを国会にて再び繰り返すのであろうか?

先日報道番組で、管直人が拉致実行犯『シンガンス』の釈放に署名した事を政治評論家が『口撃』していた。総理となった現在、逃げも隠れも出来ない身で、何を語るのか?さらに拉致問題をどの様な方法で解決に導くのか?色々考えたが想像つかない。過去の清算をする為に国会にて経緯を説明するべきであり、謝罪した後『解散総選挙』をするべき問題である。

総理になり、支持率回復にほくそえんでいる管直人。裏では小沢一郎が再び表舞台に出るような圧力を加えている。亀井が閣僚を辞めようが、瑞穂が民主党を攻撃しようが、現在の支持率は明らかに誘導質問され、回答操作された数字である。国民の本当の声を聞け!政治に無関心な外見ばかりを映し出すメディアに踊らされた国民の意見など、何の当てにもならないのだ!

自己紹介

             <私は純粋なる日本人である>

 団塊ジュニア世代と言われる私は、思想的な教育を受けた覚えも無く、平凡な家庭で平凡に生活を送ってきたつもりである。もちろん父はサラリーマンであり、母は専業主婦であった。極々普通の人間である。

 社会人となり、何度か職を変えたが、必ず『右翼』と呼ばれる思想団体所属の方が会社に居た。強面だが皆心優しい。色々な話をしていくうちに思想を持つことが当たり前の事で、両極にいる右翼も左翼も紙一重である事がなんとなく解った・・・何か思想というものに『憧れ』の様な物を感じ始めた。 

 そこで私の思想観を考えてみる。私の育ってきた環境、自分の親、祖父母、親戚・・・戦死した祖父がおり、自宅には祝祭日に掲げる国旗がある。親戚の中には警察もいれば、議員もいる。銀行員もいれば、高級中華料理の料理長もいる。さらに書道家もいれば、華道家もいる。農家もいるが神主もいる。私の育った環境には「先祖を敬い、昔ながらの親戚付き合い」が当たり前だった。盆と正月に親戚を回り、墓参りする当たり前の環境である。それを思想と捉えるのであれば【中道】である。 

 30歳を過ぎた辺りから難病を患い、日常生活には支障はないものの、『爆弾』を抱えている現実に嫌気が差してきた。TVをつけても小泉元総理のパフォーマンスや、その後続く短命な総理大臣。日本の先行きと自身の先行きが重なる。 

 靖国神社に参拝しない総理大臣。靖国神社を否定する国会議員。終戦記念日に靖国神社に押し寄せる左翼団体。国旗を燃やす左翼。内政干渉する反日国家・・・戦死した祖父を想うと、現在の日本の腐れきった内情に対し怒りが込み上げる。 

 歴史をねじ曲げる反日国家にどう対処するのか?不法占拠されている日本の領土をどの様に取り戻すのか?日本国民の愛国心、誇りを覚醒させる為には何をすればいいか?全ては米国占領軍の7年間の「日本民族精神破壊教育統治」と、米国が作った「後に日本国憲法となる草案」が、現在の腐った日本を形成していると考える。
 
様々な考えを私的には【中道】と認識しているが、世間では【右翼思想】というらしい。馬鹿げた左翼団体は革命という名の破壊を行い、中道を右翼と位置づけ、『中道左派こそが中道』と言いのける左翼。現在の日本に、自分と同じ考えの思想無き国民がどれほどいることか?しかし、私から見た右翼思想こそが【中道】であり、【正論】である。よって現在の中道と言われる「中道左派」に成り下がった無関心な国民に元に戻っていただきたい。
 
 
                     <論叫警鐘とは?>
 
 今から1年ほど前に、大阪府寝屋川市駅前で行われる街頭演説会に、初めて傍聴しに行き衝撃を受けた。老若男女がマイクを持ち、街行く市民に対し訴えかける。中学生弁士から始まり、民族派団体の隊員の方々、各民族派団体の会長、最後は議長。街行く人は足を止める者もあり、遠巻きに傍聴している者もいる。私は間近で傍聴していた。様々な話を聞くだけで勉強にもなり、さらに自分で堀り下げて調べ、日本のおかれている状況に危機感を感じずに居られなくなった。自分がTVや新聞を見て文句を言っていた事に対し、恥ずかしさを感じる様になった。これまで30数年間何をしてきたのか?自分が世の中を変えられるとは思わないが、自分が感じた日本の危機を、同じように街行く人へ伝えなければ・・・と思うようになり、某右翼団体へ加入することを決意した。しかし、「思うこと」が多々あり過ぎて2ヶ月程で辞める事となった。
しかし、右翼民族派によるこの寝屋川街宣が私にとってのきっかけであり始まりである。ここでマイクを握る民族派団体の会長様には、本当に優しく接して下さったことをありがたく感じております。今でも寝屋川街宣を傍聴したい!その様に考えておりますが、今はもう叶わない。しかし一方からの話だけではなく、私からも辞める経緯を是非知って頂きたく思っている次第です。
 
 
 
個人として・・・『街頭で自分の想いを論じ、政治に無関心な国民に叫び、日本のおかれている様々な危機に対し警鐘を鳴らしていく』それがこれからの活動方針であり、【論叫警鐘】の意味である。
 

やはり蓮舫は政治屋だった・・・


賃借料計上の事務所が「自宅」 

 事実とすれば興味深い。云く、「事業仕分け」で舌鋒鋭い詰問で注目を浴びた民主党の蓮舫参議院議員。そんな仕分け女王」に、なんとも歯切れが悪い「政治資金疑惑」が発覚した」(週刊ポスト)と始まる誌面が表題である。蓮舫氏の「政党交付金使途報告書」記載の「事務所経費」(賃借料)の項目に「不透明な支出」がある、との指摘が持ち上がった、と記し、渡辺龍二氏(ジャーナリスト)の次の指摘を紹介している。

 云く、「報告書によれば、この団体(蓮舫氏の資金団体)は06年には63万3280円、07年には54万5980円、08年には54万4980円、3年間で約172万円の事務所賃借料を計上しています。しかし、この報告書には、その支払先についてはまったく記されていない。さらに、蓮舫議員に近い筋から話を聞いても、“彼女は議員会館以外に事務所をもっていないはずだ”というのです」(同)と。この指摘にもとづいて、誌面が「(報告書に)記された東京・目黒区内の住所を尋ねてみた。ところがその場所にそびえ立っていたのは、敷地400平方メートル、高さ2メートルはある荘厳な白壁に覆われた2階建ての“白亜の豪邸”だった」(同)、と事務所の表札すら無い蓮舫氏の個人宅であった、との様子を記している。
----------

蓮舫氏のケースに注目

 事実とすれば、いわゆる、蓮舫氏は自宅を“事務所”として報告し、架空の賃貸料を報告していた疑惑が生じる可能性がある。鳩山由紀夫氏や、小沢一郎氏の、政治資金収支報告書における巨額の不実記載に比べれば、「金額の多寡(たか)は関係あるまい。だって、蓮舫サン、一連の自民党議員の事務所経費疑惑にも、「金額は問題ではない」と一番厳しく追及していたはずだし」、と誌面は指摘している。思い出せば、赤城元農水相の類似したケースでは、参議院選挙の投開票の直前に、連日の大報道がなされ、同氏は辞任したが、こうした、メディア報道の“優遇”を受けるのは自民党議員のみのようだ。その後、たとえば、浜四津敏子氏(前公明党・代表代行)の疑惑などについては、メディア報道がほとんど無かった。

 最近の、鳩山由紀夫氏の不実記載(政治資金収支報告書)での、偽装献金と脱税の指摘は報じられたが、高額な「事務所経費粉飾」疑惑について論及するメディア報道は実に少ない。この事柄を含め、「私は知らなかった」(要旨)、との同氏の辞任無きうわべの“謝罪会見”で幕引きにすべきではない。果たして、上記の、蓮舫氏の疑惑に対してはどうか。報道されるのか、どうか。報道されるとすれば、少額といえども、その中身は、かつての元農相と同様の大報道にさえ価するはずだが、その動向に注目したい。【2010年1月15・22日号(P141)より抜粋引用 】


最年少で閣僚入りした『蓮舫議員』

 蓮舫議員の事業仕分けでの活躍?はメディアによって演出されたものである。事業仕分け自体がパフォーマンスと言われる中、何も知らない政治音痴な国民は、拍手喝采する始末。事業仕分けは法的拘束力を持たないものだと言う事は知らないのであろう。パフォーマンスにより炙り出された無駄を、削減するか否かは、『官僚、独法、財法』側が予算を組みなおすだけに留まる。

そんな蓮舫議員の政治資金団体は、事務所費と偽り、実際は蓮舫の豪邸の支払いに回っていたのでしょうか?貿易商の娘には現金一括で支払える財産があると思う…よって自宅の支払いでは無さそうだ。では172万円はどこに消えたのだろうか?1円単位で政治資金の用途は明らかにするべきであるが、明らかにしたのは『小沢一郎』と同じ手法の無責任かつ大雑把な説明だけである。


小沢も鳩山も小林千代美も輿石東も蓮舫も・・・国会の場にて証人喚問を受ける義務がある。それが日本国民の多数派民意であることを認めねばならない!

ブーメラン菅直人氏が第94代首相、鳩山氏の首相辞任にはあの国のあの法則が発動した



















人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、民主党の新代表である菅直人首相が誕生したのはご存知だと考えます。

菅新首相が初会見、「人事すべては全くの白紙」

衆参両院で第94代首相に選出された菅直人新首相は、民主党本部で4日午後6時から記者会見した。

 菅新首相は組閣について、「官邸機能の強化、内閣の一体性、党としての全員参加、そうした体制をつくらなければならない。そのためには、一度、頭を休めることも含め、時間を貸して欲しい。週明けのそう遠くないうちに、会見で報告できると思っている」と語った。
(6月4日 産経新聞)より一部抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000856-yom-pol

最後まで迷走した鳩山内閣(平野官房長官)は3日、新内閣発足に必要な「天皇陛下による首相の任命式と閣僚の認証式」について「陛下のご静養は5日から8日と聞いている」と述べ4日の日程(ご公務と静養出発)に支障はないとして、本ブログでも記事としました昨年12月に民主政権が「30日ルール」を破り「天皇陛下と中共の習近平国家副主席」との会見をさせた「天皇陛下の政治利用」が又されるかとご心配された方も多いと考えます。

私は本日(4日15:00)宮内庁担当者に状況をお聞きしましたが「両陛下は本日より葉山の御用邸で予定通り8日までご静養されます」とのご回答を頂きました。

私は本ブログ開設時より述べてきましたが、私は自民党支持者ではなく「自民党にも売国議員」がおり問題も多く「創価学会」の政界出先機関である「公明党」との「売国連立政権」を続けていると批判した上で、民主党こそは政権交代の為には実現不可能でも「国民受けの良い政策」を並べ立て「政権交代後」には「政策集INDEX2009」にある数々の売国法案成立を目指す「亡国政権」だと糾弾して来ました。



私は一民族主義者であり政治ブログ主宰者ですが、本日は菅直人氏が民主党代表に就任して「第94代内閣総理大臣」が誕生した日なので「菅氏については極力ソフト」な記事を書かせて頂きますが、民主党は「自民党のスキャンダルを攻撃」すると「100%の確立で民主党にも同じ問題が発生する」と言われ「民主党のブーメランの法則(攻撃)」と笑われていますが、特に「菅氏が問題を攻撃する発言」をすると「ブーメラン発生率が跳ね上がる」とまで言われています。

菅氏が、小泉政権の3閣僚が年金未納だったことを「未納三兄弟」と攻撃するが管氏も未納であった事が発覚。管氏は代表を辞任し頭を丸めて四国へお遍路の旅に出る。その後、管氏の年金未納は厚生労働省の不手際である事が判明して管氏は「厚生労働省の責任だ」と与党を攻撃するが、当時の厚生労働大臣は管氏である。

菅氏が小泉首相に「靖国参拝は憲法違反だ。総辞職しろ」と非難する。小泉総理が1月1日に靖国神社参拝をすると菅氏は「8月15日に参拝しないのは公約違反だ。総辞職しろ」と呆れた発言をする。

菅氏が「二世議員の存在は絶対に良くない」と批判する。菅氏の息子が選挙に出馬すると「政治家として優れた人間がたまたま息子だった」と言い訳する。

管氏が、橋本元総理の女性スキャンダルを追求中に管氏自身の戸野本優子との不倫が発覚する。「一夜を共にしたが、男女の関係は無い」と管氏は世間が呆れるような言い訳をする。

管氏がテレビに出演している民主議員の情けない状況に「TVタックルに出てやられっぱなしじゃないか。しっかりしろ」・「ハマコーさん、金配っていましたね」と言えばいいと指南。浜田氏より「あれは小沢からのカネだ」と暴露される。

菅氏が自民政権の経済政策を非難していたが、政権交代後の民主党政権で「鳩山不況」と言われ二番底も懸念される経済状況の中、担当大臣である菅氏は自分のHPに「最近経済における『第三の道』を考えている」などと堂々と記した。本来は政権交代前にきちんと考えておくべき課題で何も政策がないことを認める経済音痴を発揮する。

[[attached(3, center)]]

私は本ブログで再三再四記事としていますが、民主党は野党時代から「韓国第一」の反日政党で、「永住外国人への地方選挙権付与」は1998年の「民主党結党時から基本政策」の一つに掲げられ、「民主党」と言えば支持母体に在日韓国人で組織する「在日本大韓民国民団」(民団)がおり昨年の衆院選でも「永住外国人参政権付与」に賛同する「民主党」の候補を支援すると表明しました。

小沢氏は2008年2月に訪韓した際には李明博大統領の就任直前の会談で「在日韓国人の地方参政権」を認めるよう求められ「実現できるよう努力する」と積極姿勢を表明し、2009年12月に訪韓した際には日韓の歴史について「現代史の中で不幸な時代があった。日本国と国民として、謝罪しなければならない歴史的事実だ」と述べ、永住外国人地方参政権付与についても「政府提案で出すべきだと思っている」と述べたばかりか、韓国が「天皇陛下に土下座して謝罪せよ」と言う「ご訪韓」についても「韓国の皆さんが受け入れ、歓迎してくださるなら結構なことだ」と快諾したかの発言をしました。

民主党の金融対策チームは2008年11月25日、金融危機対応策の追加策として「行動計画」の原案の中にIMF(国際通貨基金)への資金支援だけでなく「特定国への個別支援」を発表しており「民主党の指す特定国」とは経済危機にある「韓国」で、小沢氏は母方の墓参には「韓国の済州島」へ行くとの風評があり、これを考えれば小沢氏が率いる民主党が「韓国第一」の反日政党なのも不思議ではありません。

鳩山氏も「永住外国人地方参政権」だけではなく、日韓強制併合や朝鮮植民地支配など「韓国が捏造した歴史」を認めており、「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」(慰安婦と名乗り出た韓国人に謝罪と賠償金を支払う)の成立まで目指していますが、現在の日本占領憲法下で「歴代5位の短命政権」に終った原因は「政治と金の問題」・「米軍普天間基地移設問題」ではなく、本ブログでも記事としている「あの国のあの法則」が発動したと考えます。

本ブログには登校文字数に制限がありますので「あの国のあの法則」についてはアドレスをクリックしてご覧下さい。「あの国のあの法則」(歴史と実例が証明する朝鮮半島の法則)http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/housoku.html

5月25日に「東京ヤクルトスワローズ」は、6月6日の千葉ロッテマリーンズ戦で「韓流(はんりゅう)Day」とのイベントを行う予定を発表し、両チームで「韓国人選手が活躍している」ことから当日は「ハングル語」で「ヒムネラ(頑張れ)」と書かれた「ハングル応援ボード」と「韓国の美容クリーム」を配布して「両チームの韓国人選手を応援」してもらいながら「トッポギの炒めもの」・「海鮮キムチチヂミ」などの販売をする「韓国物産展」や「韓国ペア旅行」・「韓流ドラマ」(PPV-DVD)などのプレゼントの実施で「来場の皆様に韓国を身近に感じていただきます」としましたが、発表された翌26日には「高田繁監督が休養(辞任決断)」を表明して「あの国のあの法則」が発動したと考えます。

鳩山氏は首相辞任前の5月29日、韓国の済州島で李明博韓国大統領と会談し「韓国海軍哨戒艦沈没」をめぐる北朝鮮対応で「日本として心から韓国を支持する」と表明しましたが、帰国直後の6月2日には「首相辞任」を表明して「あの国のあの法則」が発動したと考えます。

[[attached(4, center)]]

[[attached(5, center)]]

鳩山氏だけではなく、鳩山夫人が韓国人男優(ペ・ヨンジュンなど)を大好きなのは有名で、韓国人男優であり永住外国人地方参政権を求める「民団」の「イ・ソジン」広報大使は首相公邸に招くほど親密な関係なのです。

鳩山婦人については常日頃ご来訪を頂いている方々よりいろいろな情報を頂戴していましたが、私としては一応でも「日本国総理婦人」(ファーストレディ)との立場を考慮して取り上げませんでしたが、本日の記事は以下のネット上の風評をご紹介して終らせて頂きます。(↓右下クリックで拡大)

[[attached(6, center)]]

良識ある日本国民の皆様、菅新総理誕生と鳩山前首相辞任についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

鳩山、小沢の無理心中と管直人を推す民主党議員



菅氏を岡田氏・前原氏が支持、樽床氏も出馬表明 6月3日13時38分配信 読売新聞

鳩山首相の退陣表明を受けた民主党代表選は、4日の投開票に向けて、党内各グループが準備を本格化させた。

 菅直人副総理・財務相(63)は3日夕にも立候補表明の記者会見を行う方針で、前原国土交通相や岡田外相、野田佳彦財務副大臣が相次いで菅氏支持を表明し、菅氏への支持が広がっている。中堅・若手の支持を受ける樽床伸二衆院環境委員長(50)も同日昼、出馬する意向を表明した。新代表は4日午後0時30分ごろ、選出される予定だ。新代表は4日中に衆参両院で首相指名を受け、同夜、新内閣を発足させる方向だ。同党は、7日に衆参両院で新首相の所信表明演説を行いたい考えだ。

 菅氏は3日午前、国会内で岡田外相に会い、代表選での支援を要請した。

 岡田氏は菅氏との会談後、記者団に「権力の二重構造は好ましくないことと、政治とカネの問題で民主党らしさを取り戻す必要があると伝え、条件が満たされると理解し、菅氏を支持する」と述べた。党運営から小沢幹事長の影響力を排除するよう求めたものとみられる。

 菅氏はこの後、羽田元首相らに面会した。菅氏は小沢氏にも協力を求めることを検討しているが、岡田氏や枝野行政刷新相ら菅氏支持の有力議員が「小沢氏の影響力排除」を求めており、小沢氏への対応が焦点となる。

 前原グループと野田グループも3日、それぞれ都内で会合を開き、菅氏を支持する方針を決めた。

 一方、樽床氏は3日昼、国会内で開いた会合で出馬する考えを表明し、「日本の明日を切り開く先頭に立たせていただきたい」と語った。樽床氏周辺は、立候補に必要な推薦人20人の確保のめどはついたとしている。

ようやく鳩山と小沢の退陣が決定した。退陣ではなく今すぐ議員辞職が相当である!この時期の退陣は現在の民主党議員全てに責任がある。金にまつわるTOP2に対して何を言ってきたか?権力を振りかざす小沢一郎を怒りを買わないよう、自身に火の粉が降りかからないようだんまりを決め込んでいた議員が、この先新しい総理大臣のもとで何が出来ると言うのだろうか?「国民の為」と言い続けてきた鳩山、小沢は「国民の為」に早期に辞めるべきであり、「国益の為」に政権を放棄するべきであった。

現民主党内では小沢派約150人がいる。一年生議員を除けば5~60人程の小沢信者が民主党に巣食っている。国民の為ではなく保身の為に働く議員が多数いる。その様な小沢派が今後の総理大臣、幹事長選びに関わり、裏から圧力を加えることがあれば権力の二重構造は、これからも続くであろう。小沢の思いを行動に移す側近が多数いる。「検察と徹底的に戦う」と言ったあのときの側近どもが動き出すことでしょう。山岡、松木、宗男…管直人が総理になろうとも、幹事長が誰になろうとも、党の多数派を占める小沢派が、【数の論理】で政界を動かしていくことには変わりない。

管直人に限って言えば、厚生労働大臣時代に年金未納をしており、後に発覚。wiki参照
菅の厚生大臣時代の国民年金未納期間も国民年金に加入していたということに訂正された。菅が主張したとおり国民年金の資格喪失は「行政上のミス」によるものであるにも関わらず、事後納付もできないため、未納は解消されず(未納期間2ヶ月)、「自身の無年金のおかしさに気付き、対応しなかったのは、政治家としてうかつさがあった」といった指摘もなされた[7]。この点につき自身は、年金の専門家であるはずの社会保険庁職員でさえ誤った手続きをしてしまう現状の年金制度の複雑さを指摘し、一元化を目指すべきだとしている。 ただし、この「行政上のミス」は菅自身が厚労相の時に発生したミスであり、菅自身の責任に還元される。

同年7月、菅は年金未納騒動を吹っ切り自己を見つめ直したいという意図から伝統的な「お遍路さん」スタイルで四国八十八カ所巡りを開始した。また、この間法政大学大学院の客員教授に就任し、「国民主権論」と題して講義を行った 。
さらに北朝鮮による拉致実行犯の在日韓国人「シンガンス」の釈放を求める署名をしていた事も明らかになっている。どのような思想があり、どのような経緯があって署名したかは説明がない。署名した議員は下記参照
要望書に署名した国会議員 [編集]
日本社会党 [編集]
衆議院
阿部未喜男、五十嵐広三、池端清一、石橋大吉、石橋政嗣、伊藤茂、伊藤忠治、稲葉誠一、井上泉、井上一成、井上普方、岩垂寿喜男、上田哲、上田利正、上原康助、大原亨、大出俊、緒方克陽、岡田利春、小川国彦、奥野一雄、小澤克介、加藤万吉、角田堅次郎、河上民雄、河野正、川崎寛治、川俣健二郎、木間章、上坂昇、小林恒人、左近正男、佐藤観樹、佐藤敬治、佐藤徳雄、沢田広、沢藤礼次郎、渋沢利久、嶋崎譲、清水勇、城地豊司、新村勝雄、新盛辰雄、関山信之、高沢寅男、田口健二、竹内猛、田中恒利、田邊誠、田並胤明、辻一彦、土井たか子、戸田菊雄、永井孝信、中沢健次、中西績介、中村茂、中村正男、野口幸一、野坂浩賢、馬場昇、早川勝、広瀬秀吉、細谷治通、堀昌雄、前島秀行、松前仰、水田稔、三野優美、武藤山治、村山喜一、村山富市、安田雄三、山口鶴男、山下八洲夫、山花貞夫、吉原栄治、渡部行雄
参議院
青木薪次、赤桐操、穐山篤、秋山長造、一井淳治、糸久八重子、稲村稔夫、及川一夫、大木正吾、大森昭、小川仁一、小野明、梶原敬義、粕谷照美、久保亘、久保田早苗、小山一平、佐藤三吾、志苫裕、菅野久光、鈴木和美、高杉延恵、千葉景子、対馬孝且、中村哲、野田哲、浜本万三、福間知之、渕上貞雄、松前達郎、松本英一、丸谷金保、村沢牧、本岡昭次、八百板正、安恒良一、安永英雄、矢田部理、山口哲夫、山本正和、渡辺四郎
公明党 [編集]
衆議院
小川新一郎、鳥居一雄、西中清
参議院
猪熊重二、塩出啓典、和田教美
社会民主連合 [編集]
衆議院
江田五月、菅直人
参議院
田英夫
無所属 [編集]
衆議院
安井吉典(社会党系)
参議院
青島幸男、宇都宮徳馬、喜屋武真栄、山田耕三郎

管直人が総理になるだろうが、我々国民は過去の売国的問題を忘れることなく、『四国八十八ヶ所お遍路巡り』などの血税パフォーマンスに騙されず、監視の目を緩めてはいけない!解散総選挙は我々国民の民意である!それを感じ取れない政権与党「民主党」はやはり、国民の為の政権ではなく、日本国籍を有しない他国民の為の政策を推すのではないか?そう感じるのは私だけではないはず。

【拡散】日本政府、FAOの受け入れ拒否!

同志より連絡頂きました
 
【拡散】日本政府、FAOの受け入れ拒否!
 
http://merci905.blog93.fc2.com/転載します
 
 
これはおそらくテレビでは報道されないでしょう!

いつものことですが、重要な問題であるはずなのに、

海外と日本との温度差がありすぎですね。

これは日本にとって、重大な懸念事項です!

日本の食糧を守る気がないとしか思えません。

やはり民主党政権は、確信犯として日本を壊滅させる気満々のようです!

【口蹄疫】の問題で、

日本政府は、

国連食糧農業機関(FAO)の専門家チーム派遣を断っていたことが判明 !!!http://mdn.mainichi.jp/mdnnews/national/news/20100521p2g00m0dm040000c.html

Gov't to compensate farmers for losses due to foot-and-mouth disease

TOKYO (Kyodo) -- The farm ministry on Friday unveiled the government's additional measures over the foot-and-mouth disease outbreak in Miyazaki Prefecture to compensate farmers for slaughtered cows and pigs at market values, rather than uniform rates as initially planned.

The government will also shoulder the cost of feed for the domesticated animals until their slaughter.

In Saito, Miyazaki, a cow suspected to be infected with the disease was found at a farm, the municipal office said. If the infection is confirmed in tests, it means the disease has spread to two cities and four towns in the prefecture.

The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries also decided to pay farmers 59,000 yen for each slaughtered cow as financial support for them until resumption of their operations and to pay farmers for rents of land lots used to bury the slaughtered livestock.

Farmers will also receive the state subsidy to lease cows and pigs when they restart their work.

While farm minister Hirotaka Akamatsu told a press conference Friday morning that he would like to begin vaccination on the same day, senior vice farm minister Masahiko Yamada said in Miyazaki that it would be difficult to start it Friday as no agreement has been reached with the local authorities.

Meanwhile, the Japanese government has declined a proposal by the U.N. Food and Agriculture Organization to send an expert team to contain the escalating infection in Miyazaki.
Japan told the Rome-based FAO through the Japanese Embassy there that Japan would like to continue taking proper advice from FAO.

(Mainichi Japan) May 21, 2010

赤字の部分訳
『その間に、日本政府は、宮崎で拡大している感染症を封じ込めるために
専門家にチームを送るという国連食糧農業機関による提案を断りました。』

参考までに・・・
この方のブログはとてもわかりやすくまとめられています。
 ↓
【噂の真相-真実を追い求めて!】
http://kenshin.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/05/post_164d.html


また、別の視点から・・・
【口蹄疫】の問題に触れている幸福実現党 黒川白雲さんのブログ
 ↓
【盲点?「口蹄疫の人への感染」】
http://kurokawa-hakuun.hr-party.jp/2010/05/522.html
 
さらに!!
 
せと弘幸氏のブログでもhttp://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52492066.html
 
 その後、英国の研究所で香港で発生した口蹄疫の菌と99%酷似していることが確認された。香港で発生したのが2月、韓国で同型のものが確認されたのが4月であるので、香港から直接来たのか、或いは韓国から来たのかのいずれかであることが推測される。

 ところが農水省はその後、この感染経路については何も言っていない。国内における爆発的な感染拡大を阻止するために忙しいのは分かるが、発生源とその感染経路を明らかにしないのは異常としか言いようがない。ところで、また今回驚くべきことが起きた。

国連の専門家チームの受け入れを拒否

日本政府 口蹄疫で 国連専門家チームの受け入れ断る

 日本政府は、宮崎県内で拡大している口蹄疫封じ込めのため、国連食糧農業機関(FAO)が派遣を提案した口蹄疫専門家チームの受け入れを断った。

 在ローマ日本大使館を通じて 21日までに、 ローマのFAO本部に伝えた。日本側は「ワクチン使用などの対策を行っている最中で現在は受け入れを考えていない」とした上で「今後もFAOから適切な助言を得たい」と答えたという。

 FAOのファン・ルブロス首席獣医官は、世界の口蹄疫封じ込めの経験と知識を持つFAOが、助言や勧告のため日本に専門家チームを派遣する用意があるとの提案をしていた。
http://mdn.mainichi.jp/mdnnews/national/news/20100521p2g00m0dm040000c.html

 これらの調査団はこの農水省がやっていない発生源の特定と感染経路の調査を行ない、これを発表することは間違いなくやるでしょう。だからこそ赤松広隆農水相は恐れてこれを拒否したとも考えられます。

 日本よりも遥かに経験が豊富で知識もある専門家チームの受け入れを断るなど、およそ常識では考えられません。これは専門家チームが宮崎県に入って調べられると余程困ることがあると考えるのが普通です。

 ではその背景に一体何があったのか?

「口蹄疫の火元韓国研修生ねじこみは民主党議員らしい」

 こんな情報がネットでは飛び交っています。詳しいブログを見つけたので紹介しておきましょう。

 クリスタル・ピープルというブログです。
http://plaza.rakuten.co.jp/akaifusen/diary/201005230001/
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52492583.html
 


 

ル・マンの日
1923(大正12)に自動車耐久レースの最高峰、ル・マン24時間耐久レースの第1回大会が、フランス北西部の町ル・マンで開催された。
 
東名高速道路全通記念日
1969(昭和44)のこの日、大井松田・御殿場間が開通し、東名高速道路の東京・小牧間、346kmが全通した。
 
ラッキーゾーンの日
1947(昭和22)年、甲子園球場にラッキーゾーンが設置されました。 広すぎてホームランが出にくいとの理由で設置されましたが、1992(平成4)年に撤去されました。
参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)より
 





転載元: 吉田明彦

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。